デジタル大辞泉 - 天鈿女命の用語解説 - 日本神話で、天照大神(あまてらすおおみかみ)が天(あま)の岩屋に隠れた際、その前で踊り、大神を誘い出した女神。天孫降臨に五伴緒神(いつとものおのかみ)として従い、天の八衢(やちまた)にいた猿田彦神に道案内をさせた。 埋まる(うず-まる) 埋み火(うずみび) 埋もれる(うず-もれる) 埋め木(うめき) 埋め草(うめくさ) 埋める(う-める) 埋もれ木(うもれぎ) 埋もれ木に花咲く(うもれぎにはなさく) 埋もれる(う-もれる) 〈埋葬虫〉(しでむし) 埋玉(マイギョク) 埋骨(マイコツ) 仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。... 「コトバンク」は朝日新聞社の登録商標です。「コトバンク」のサイトの著作権は(株)朝日新聞社及び(株)VOYAGE MARKETINGに帰属します。 No reproduction or republication without written permission. 京都市 右京区梅津以北から京都市 北区に挟まれた住宅地が、現在の太秦の範囲である。 木嶋坐天照御魂神社などの神社、京都最古の寺である広隆寺、蛇塚古墳などの前方後円墳が良く知られている。. 「渦」という漢字: 漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。 (「渦」は中学生で習います。: 成り立ち、読み方、画数・部首: 意味: ①「うず」 ア:「ぐるぐる回りながらのぼる階段(螺旋階段)のような流れになって いる水。 京都市右京区梅津以北から京都市北区に挟まれた住宅地が、現在の太秦の範囲である。木嶋坐天照御魂神社などの神社、京都最古の寺である広隆寺、蛇塚古墳などの前方後円墳が良く知られている。, 広隆寺は秦氏の氏寺であり、国宝[1]の木造弥勒菩薩半跏像(宝冠弥勒)を安置した京都最古の寺である。『日本書紀』推古11年(603年)11月条には、聖徳太子から秦河勝が仏像を賜り、蜂岡寺(はちおかでら、現在の広隆寺)を建立したとある。『上宮聖徳太子伝補闕記』『聖徳太子伝暦』などは秦河勝が聖徳太子に仕えて活躍したとしている[2]。, 雄略天皇の御世、 渡来系の豪族秦氏(秦酒公)が絹を「うず高く積んだ」ことから「禹豆満佐=うずまさ」の号を与えられ、これに「太秦」の漢字表記を当てた[3]。, かつて多くの映画会社が時代劇映画の撮影所を置いていたことで知られ、牧野省三・マキノ雅弘親子らのマキノプロ、阪東妻三郎プロ、片岡千恵蔵プロなどのほか、中小の映画会社のおびただしい数の撮影所が密集し、やがて日活(戦時統合で大映)、松竹、東宝(前身のJ.O.スタヂオ。1941年閉鎖、跡地は大日本印刷 京都工場。)など大映画会社の撮影所に集約されていった。1950年代の時代劇最盛期はこの界隈は大変な賑わいを見せた。, 大映はすでに撤退したが、東映京都撮影所(大映から旧新興キネマの京都第二撮影所を買収。一部を東映太秦映画村として公開)、松竹京都撮影所(1965年閉鎖、現在は松竹京都映画が使用)の2か所のスタジオが現在も映画・ドラマなどを制作している。, 鉄道は山陰本線(JR嵯峨野線)、京福電気鉄道(嵐電)嵐山本線と北野線、京都市営地下鉄東西線の3線が通っており、太秦区域内には山陰本線に太秦駅、京福電気鉄道嵐山本線に太秦広隆寺駅(旧称:太秦駅)、蚕ノ社駅、嵐電天神川駅、北野線に撮影所前駅、地下鉄東西線に太秦天神川駅がある。, 京福電気鉄道の太秦広隆寺駅と蚕ノ社駅以外の駅はて全て平成になってから開業した新しい駅である, 座標: 北緯35度01分01.5秒 東経135度42分05.2秒 / 北緯35.017083度 東経135.701444度 / 35.017083; 135.701444, この弥勒像はしばしば「国宝第一号」として言及されるが、この像と同じく1951年6月9日付けで国宝に指定された物件は他にも多数ある。「, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=太秦&oldid=78011921. また、当サイトで提供する用語解説の著作権は、(株)朝日新聞社及び(株)朝日新聞出版等の権利者に帰属します。 出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例, …神々は集まって評議し,中臣(なかとみ)氏の祖天児屋命(あめのこやねのみこと),忌部(いんべ)氏の祖太玉命(ふとたまのみこと)などに祭りを行わせた。そのとき猿女(さるめ)氏の祖天鈿女命(あめのうずめのみこと)が槽(おけ)をふみとどろかし神憑(かみがか)りして,胸乳もあらわに踊り狂ったので神々は大いに笑った。それを怪しみアマテラスが岩屋戸から少し出たところを手力雄神(たぢからおのかみ)がぐいと外に引き出すと,世界はまた照り輝いた。…, …[日本の芸能の歴史] 日本の芸能は村々における神祭りの場を母胎として花をひらいた。《古事記》や《日本書紀》所載の天の岩屋戸(あまのいわやど)における天鈿女(あめのうずめ)命の演じた俳優(わざおぎ)は,冬至のころ人と自然の生命力を更新させるために,植物を身につけた巫者が神がかりして鎮魂の所作や託宣を行った古代のシャマニズム儀礼の形を示している。大和朝廷では猿女(さるめ)氏や物部(もののべ)氏がこれを行い,のち芸能化して神楽(かぐら)の基を作った。…, …この論争はいまだに続いているが,アレという語が神の誕生を意味する古語で,それに立ち会う巫女の名にふさわしいこと,《古事記》にはあきらかに巫女の霊能への共感が示されていることなどの理由から巫女とみるべきだろう。さらに平安朝のものとはいえ,阿礼が天鈿女(あめのうずめ)命の後裔(こうえい)であるとする資料(《弘仁私記》序)も見逃せない。アメノウズメは,天の岩屋戸神話,天孫降臨神話などでシャーマン的な能力を発揮した女神で,猿女(さるめ)氏の祖である。…. 概要. ©The Asahi Shimbun Company / VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved. 部首がしめすへんの漢字一覧です。示部に属する部首で左側に位置するときは「しめすへん」と呼びます。常用漢字と一部の人名用漢字では「礻」の形になります。神・祭事などに関する漢字、「礻」を含む漢字などが集められています。