「どんぐりの背比べ」ってなんだか、かわいらしい言葉ですよね。 でも騙されてはいけません。 実はこの言葉、意味や使い方は全然かわいくないんです・・・。 かわいらしい雰囲気にだまされて、間違えた使い方をしないためにも、どんぐ・・・ どんぐりは形も大きさもほぼ一様で差がないので、背比べをしても優劣が決められないことからいう。 「背比べ」は「背競べ」とも書く。 【出典】 - 【注意】 - 【類義】 一寸法師の背比べ/五十歩百歩/大同小異/似たり寄ったり 【対義】 - 【英語】 どんぐりの背比べ - 抜きん出たものが存在しない集団をあざけって言うこと。似たり寄ったりで、大きな差がないこと。人のことをとやかく言う本人が、それと同じような状態にあること。 どんぐりまなこ - 大きな丸い目のこと。 随筆. どんぐりの背比べだなと. どんぐりの背比べ(どんぐりのせいくらべ) 「どんぐりの背比べ」は子供でも知っている諺ですよね。なぜこんなにも有名なのかは、確か、絵本などでも扱われていますし、幼稚園などでも教えるところがあるのかも知れませんね。 どんな由来があるのでしょうか? どんぐりを拾って. 子供の教育法で知る人ぞ知る【どんぐり倶楽部】。最近の主流の教育法とは、全く違った教育法ですよね。だからこそ気になるのが、取り入れたことによる「失敗」や「後悔」。どんぐり倶楽部を取り入れたことによって失敗する事ってあるのでしょうか? 見比べてみると分かりますが、 形も大きさも差がないのです。 レアな木の実とは違いどんぐりは、 森や林に行けば簡単に 「どんぐりの背比べ」ってことわざがあります。なんとなく使っていましたが、「どうしてどんぐりに背比べさせるのだろう」と思いました。どんぐりの木でしょうか?あのころころしたどんぐりそのものでしょうか。 調べたことをまとめてみます。 なぜなら、一口にどんぐりと言っても、沢山の種類があって、なんと世界中では6属600種類以上のどんぐりがあるそうです。 この記事では、そんなどんぐりが、どんな種類の木でできるのか、どんぐりの世界を紹介しています。 言われたものです^^ どんぐりの背比べという言葉には.