イングランドの州名と州都名を分かりやすく1枚の絵にまとめました。地図の上や右側の州名の上にマウスをのせるとその場所と州都名、が表示されます。 トップページ; 絵で見る英語; イングランドの地図; イングランドの州と州都地図 Clickable Map of England. ロンドン 歴史的建築物と現代的なビルが並ぶ世界有数の大都市ロンドン。 壮麗な姿を今に残す宮殿、世界最大級の博物館、建築物としても貴重な寺院、そして劇場にショッピングスポットとあらゆる観光名所が. イギリスの地図. イギリス 地図. イギリスの正式名称は「グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国(United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)」です。 略はUKです。 イギリスはもともと別々だった四つの国が連合して成立した国です。 この長い名前には今. イギリス ロンドン 地図 イングランド中央部 イングランド南海岸地方 イングランド北部 スコットランド ウェールズ スイス ユングフラウ登山鉄道 ツェルマット 地図 モンブラン ヨーロッパ最高峰(4810m) チューリヒ 地図 ルツェルン 地図 ベルン(首�. 湖水地方 地図 - 湖水地方の地図 ヨーロッパ イギリス (UK) イングランド カンブリア州 湖水地方 湖水地方 ホテル 湖水地方の地図 検索 湖水地方のホテル187軒をすべて表示 湖水地方の地図 検索結果: チェックイン — / — / — — / — /. Massive new airport planned, Number of international students in London continues to grow, = 1&articleid=52922 IOC elects London as the Host City of the Games of the XXX Olympiad in 2012, http://webarchive.nationalarchives.gov.uk/20110824211423/http://www.statistics.gov.uk/downloads/theme_population/mid-2010-pop-ests-30-june-2011.zip, Largest EU City. Santos, Georgina, Kenneth Button, and Roger G. Noll. ロンドン 歴史的建築物と現代的なビルが並ぶ世界有数の大都市ロンドン。 壮麗な姿を今に残す宮殿、世界最大級の博物館、建築物としても貴重な寺院、そして劇場にショッピングスポットとあらゆる観光名所が. イギリスの観光情報をご紹介します!魅力的なイギリス観光をお楽しみください! イギリス . 旅行者のクチコミをもとにしたイギリス旅行の情報満載。カカクコムグループのフォートラベルでは旅行者の人気ランキングからイギリスの観光地を探すことができます。ホテル、ツアー、航空券の予約・料金比較・検索も可能です. イギリス地図に色を簡単に塗れます。 注意 保存した地図はURLを知っている人であれば誰でも閲覧が可能です。他者に知られてはいけない情報を保存しないでください� イギリス United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland 人口 6349万人 面積 24万3610km2 主要言語 英語 通貨 ポンド 1ポンド=184.95円 1人当たりGNI 3万8500ドル 正式名称ではグレートブリテン(イングランド、スコットランド. イギリスの地図 イギリスの地方行政区画 (イギリスのちほうぎょうせいくかく、 英 : Subdivisions of the United Kingdom ) は、複雑、重層的かつ不均質で、 イングランド 、 スコットランド 、 ウェールズ 、 北アイルランド のそれぞれで異なる� イギリスの大きな地図です。ロンドンをはじめとした主要都市の場所が判り、イギリス旅行や目的地の場所を知るのに役立ちます。多くの場合記載されている都市は、インターネットによるホテル予約が可能です。赤丸の都市が、首府です� イギリス のカントリー(英: Countries of the United Kingdom )とは、イギリス(グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国)を構成する4つの地域である 、イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドのこと. 20,672 Views, イギリスといえば、私たちにとってなじみ深い国の1つにあげられると思います。それはテレビなどで、イギリス王室が取り上げられることが多いためだと思います。そんな私たちにとって身近な国イギリスのことをどのくらい知っているのでしょうか?, イギリスの首都や正式名称を聞かれたとき、あなたは答えられますか?今回はイギリス通になるべく、歴史や成り立ちもあわせて、ご紹介したいと思います。, 皆さんはイギリスの正式名称をご存知ですか?実は「グレートブリテン及び北アイルランド連合王国(United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)と言います。GBやGBRが正式な略称となっています(ISO国際標準化機構)。よくUKという略称が使われていますが正式ではありませんので、この機会に正式名称と合わせて、覚えておくのも良いと思います。, グレートブリテンのイングランド・ウェールズ・スコットランドと北アイルランドの4っつの自治権を持つ国が連合して主権国家体制を築いているグレートブリテンおよび北アイルランド連合王国がイギリスの正式名称なのです。, イギリスの首都が何処だかご存知でしょうか?そう、かの有名なロンドンです。さらにイギリスを築いている4つの国にも、もちろんですが首都があります。グレートブリテンの首都からご紹介します。イングランドの首都はイギリスと同じロンドンです。ウェールズの首都は美しい絶景が広がるカーディフにあります。, さらにスコットランドの首都は美しい中世の街並みが広がるエジンバラ。そして北アイルランドの首都はタイタニック号が作られたドックを持つベルファストとなっています。イギリスには美しく、歴史を感じさせてくれる首都が4つもあるのです。イギリスの首都巡りをするのも素敵ですね。, イギリスの人口は2011年の推定で6300万人です。その内訳としてイングランド人5300万人(84,1%)、ウェールズ人300万人(4,7%)、スコットランド人530万人(8,4%)、北アイルランド人180万人(2,8%)となっています。現在はイギリスの人口は6500万超となっています。, ここで、豆知識をご紹介します。イギリスを旅行した際に、ウェールズ人・スコットランド人・北アイルランド人に向けて「English(イングランド人)」とは呼びかけないでください。相手を不愉快に、ひいては自分自身も嫌な思いをすることになりかねません。そこで、イギリス人と言いたい場合には「British」を、イギリスと言いたい場合には「Britain」を使いましょう。, イギリスの歴史は古く、ここでは紹介しきれないくらいです。そこで、簡単にご紹介させていただきます。10世紀にスコットランド王国とイングランド王国が設立します。その後、13世紀にウェールズ国が、16世紀にアイルランド王国が次々と設立されました。1649年の清教徒革命によってイングランド王国を収めていたチャールズ1世が処刑されます。, その後1660年までイングランド王国は共和制政治を行っており、アイルランドとスコットランドの両王国はイングランド王国に支配されていたのです。17世紀になるとその4つの王国が1つとなりイングランド共和国を設立します。18世紀にはグレートブリテン王国が設立され、19世紀にはグレートブリテンおよび北アイルランド共和国が誕生します。, 20世紀になるとアイルランド独立戦争が起こり、アイルランド自由国が成立しますが、北アイルランド葉イギリス統治下にとどまり、現在も未解決のままとなっています。また、21世紀の2014年にスコットランド政府は独立を目指すべく国民投票を実施したが、今なお実現できずにいるのです。興味のある方はより深く探求されてはいかがでしょうか。, イングランドは、北にスコットランド、西にはウェールズと接しています。他方では、アイリッシュ海・イギリス海峡・大西洋・北海に面したグレートブリテン島の南2/3を占めています。イングランド最大の都市ロンドンやビートルズで有名なリバァプール、マンチェスター・ユナイテッドFCを擁するマンチェスターなどの都市があります。, イングランドの気候は温帯で比較的穏やかですが、季節によって気温の変動が大きくなっています。一年を通して雨が多い事から、体感温度は低く感じられるので、訪れる際には防寒対策をしっかりすることをお勧めします。夏の時期も比較的涼しい半面、日差しは日本よりも強く感じるので、UVケアと合わせて、注意した方が良いかもしれません。, ウェールズは、東がイングランドと接しており、ブリストル海峡とアイリッシュ海に面しています。グレートブリテン島の南西にあります。ウェールズでは、公用語として英語の他にヨーロッパ最古の言語の1つであるウエールズ語が使われています。そのため道路標識や公文書等は2か国語表記となっています。, また、南部より北部のほうがより原型に近いウェールズ語がつかわれています。ウェールズは「歌の国(The Land of song)」と言われ、讃美歌の多くはウェールズ人作詞家によって生み出されてきたのを始め、アーティストやロックグループを輩出しているのです。, 毎年、ウェールズの各地では、ミュージック・カルチャーフェスティバルが開催され世界中から数多くのミュージシャンが集まります。また、「ハリーポッターと死の秘宝」や「タイタンの戦い」をはじめとする数多くの映画やドラマのロケ地があるので、音楽や映画好きの方には、おすすめです。, スコットランドは、南がイングランドと接しており、北海・大西洋・ノース海峡・アイリッシュ海に面したグレートブリテン島の北部1/3を占めています。さらに790以上の島から構成されています。スコットランド最大の都市であるグラスゴーやヨーロッパ最大の金融センターである首都のエディンバラなどの都市があります。, スコットランドといえば民族衣装のタータンチェックやキルトは誰もが知っていると思います。その他にもスコッチウイススキーが有名です。スポーツでは、ゴルフの発祥の地と言われており、セントアンドルーズは世界中のゴルファーの聖地となっています。また、スコットランド発祥のスポーツにカーリングがあり、「果敢なるスコットランド」が国際大会の前に演奏されています。さらに、実業家、学者、医師、発明家ほか多数の著名人を輩出しています.。, 北アイルランドは、アイルランド島の北東にあり、アイルランド共和国と接しています。19世紀にアイルランドがグレートブリテンおよびアイルランド連合王国となったもののアイルランド国内はユニオニストと呼ばれるイギリスとの連合維持派とナショナリストと呼ばれるイギリスからの独立派の対立するようになったのです。, その結果、武力弾圧やテロが起こり、社会経済野混乱が続きます。1990年代には、平和を求める声が上がり、「ベルファスト合意」に至り、北アイルランド議会が設置されたのです。過激派のテロも収まることになった功績が認められ、当時の穏健派の党首はノーベル平和賞を授与され、北アイルランドに和平がもたらされたのは、ごくごく近年のことなのです。, 現在では、イギリスの中でも赤丸急上昇中の観光地となっています。ぜひ、一足先に訪れてみてはいかがですか?, ここまで、イギリス(正式名称:グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国)二ついて大まかにご紹介させていただきました。そこで、さらに探求するべく、世界遺産、経済状況、言語、通貨、文化について簡単にご紹介したいと思います。, イギリスの世界遺産を地域別にいくつご紹介したいと思います。まず、イングランドでは1986年にダラムにあるダラム城と大聖堂、ノースヨークシャー州にあるファウンテンズ修道院遺跡群を含むスタッドリー王立公園、シュロップシャー州にあるセヴァーン川にあるアイアンブリッジ峡谷の3か所が最初の登録となっています。, 次にウェールズでも1986年にグウィネズのエドワード1世の城郭と市壁(14世紀にたてられたコンウィ城・ビューマリス城・カーナーヴォン城・ハーレフ城の総称)が登録されます。スコットランドでも同じく1986年北大西洋ノース・ウイスト島の西北西にあるセント・キルダが登録されている。, 最後に北アイルランドでは、1986年に唯一アントリム州ブッシュミルズから北に2㎞のところにある海岸にある火山活動によって出来た4万もの石柱群があるジャイアンツ・コーズウェーとコーズウェー海岸が登録されています。4つの地域すべて合わせると世界遺産の登録数は30を数えます。イギリスの世界遺産巡りも楽しそうですね。, イギリスにおける経済状況について少し触れたいと思います。イギリスを支える主要産業は、工作機械・電力装置・鉄道・造船・航空機・自動車・金属・石油となっています。産業比率は一次産業である農林水産は0,7%と低く工業電力を含む二次産業は20,5%です。大部分を占めるのは、通信や金融、サービス、小売り関連などの三次産業が78,9%を締めているのです。, 2015年には、名目国内総生産(GDP)が189か国中、第5位(EU内では2位)、(PPP)は189か国中、第9位(EU内では2位)となっています。国民一人当たりでは、GDPが188ヶ国中第15位、PPPは188ケ国中第28位となっています。なかなかの高水準となっています。輸出国としては世界11位、輸入国としては世界第6位です。対内・対外直接投資はともに世界第2位となっており、世界の中でも経済の1つといえます。, イギリスで話されているのは、英語が公用語になっています。その他の地域ではケルト系の言語も使われています。ウェールズではケルト語派ブリソン諸語のウェールズ語、スコットランドではゲルマン語派のスコットランド語という中英語からから分離した言語です。北アイルランドではケルト語派に属し現存するゲール語の1つアイルランド語が使われており、日本でいう方言という区分けではなく、独立した言語となっているのです。, イギリスの通貨について、ご紹介します。イギリスの通貨はPound Sterling(ポンドスターリング)を使用しています。パウンドやパウンズ(複数形)と呼び、GBPや£で表します。8種類の効果と4種類の紙幣が使われています。イギリスでは多くの偽札が出回っているので、買い物をした際にお店の人に紙幣を確認されることが多くあります。お店の自衛措置なので、不快に思わず、気にしないでくださいね。, また、スコットランドと北アイルランドでは独自の紙幣が流通していますが、通貨はポンドを使用しており、貨幣価値も同じなので、イギリス国内では何の問題もなく、それぞれが使用できるので、不便はありません。とは言ってもスコットランドや北アイルランド方面に行かないとなかなか実物を目にすることはないかもしれません。, 日本で換金する際にスコットランドと北アイルランド銀行で発行された紙幣は換金できません。ですから、記念に1~2枚を残し、帰国前にイングランド銀行紙幣に両替しておくことをお勧めします。高額紙幣がイングランド銀行以外の発行紙幣だと泣きたくなってしまうかもしれません。, イギリスの公式宗教は、The Anglican Church英国国教会、キリスト教です。そのh除荷にもイスラム教やヒンドゥー教を始め、様々な宗教を認めている多信仰国家でもあります。その割合はキリスト教が約60%、イスラム教4.4%、ヒンドゥー教1.3%その他の宗教1.9%となっており、やはりキリスト教の割合が高いことが分かります。, また、イギリス人の2割超の人が信仰する宗教を持っていないという調査結果も出ているようです。歴史古いイギリスもにほんじんと同じように無宗教の人が増えているのでしょうね。, イギリス王室で最もなじみ深いのはダイアナ妃をあげる方も多いと思います。その人気は亡くなってからも衰えることがありません。最近ではキャサリン妃も人気があります。そんなイギリス王室についてご紹介します。イギリス王室はイギリス国王と家族、その親族で構成されています。その範囲には明確な規定がないので、必要に応じて広げられていくといいますから、驚きですね。, 現在の国王であるエリザベスⅡ世が半世紀以上にもわたって、「開かれた王室」を掲げ、公務を行っています。国民からの人気は絶大で、退位せずに女王でいて欲しいと願う人々が多くいます。愛される王室ということで、日本の皇室に通じるところがありそうですね。, イギリスのロンドンといえば、どんなことを思い浮かべるでしょうか?王室や中世の建造物、ロンドンバスなどでしょうか…。それ以外にもロンドンにはまるでおもちゃ箱の中のように様々な魅力あふれる愛すべきものがたくさんあります。少しご紹介します。, ロンドン発のファッションブランドをご紹介します。まずは、L.K.Bennettは、キャサリン妃がお気に入りのパンプスブランドです。中でもエナメルのヌードパンプスがお気に入りです。日本の靴のデザインに近く、サイズも小さいので、私たちにも買いやすいパンプスといえます。, 次にREISSは1971年に設立されたブランドですが、こちらもキャサリン妃が公式の場で多く着用していることから人気のあるブランドです。最後にキャサリン妃つながりで、キャサリン妃が大学を卒業後アクセサリー部門のバイヤーをしていたというIGSAW(ジグソー)。こちらは女性用だけでなく男性服や子供服にも力を入れているブランドです。, この他にもたくさんのブランドがあり、お手頃に購入できるブランドもあるので、ロンドンでブランド巡りなんて、買わなくてもセレブ気分を味わえそうですね。, ロンドンには世界遺産が4つもあり、アクセスもとても良い所にあります。背の4つの世界遺産をご紹介したいと思います。まずは、イギリス国教会の教会であるウェストミンスター寺院です。歴代の王や女王、政治家などが壁や床に埋葬されているのが特徴です。ステンドグラスの美しさは必見です。, 次はグリニッジ子午線出有名な旧国立天文台がある公園などがある河港都市グリニッジです。船から眺めるグリニッジは一見の価値があります。続いては、牢獄や処刑場などとしても使われた中世の城塞、ロンドン塔です。場所柄怖いエピソードも聞かれますが、世界最大のダイヤモンドが展示されています。怖いもの好きにも宝石好きにもたまらないスポットです。, 最後に、王立植物園のキューガーデンには24の庭園と4万種以上の植物が展示されています。トラムに乗って園内を周遊することができるので、ゆったりした気分で観光できそうです。, ロンドンは歴史も古いことから、多くの観光スポットが点在しています。壮大なルーベンスの天井画が美しく豪華な館バンケティング・ハウスはウェストミンスターエリアにあります。バッキンガムエリアには、エリザベスⅡ世の居城でもあるバッキンガム宮殿は19世紀初めのジョージアン建築の最高傑作ともいわれている美しい城と庭園は夏のみ観覧できます。, シティエリアにあるタワーブリッジは日が落ちる寸前のライトアップされてすぐのころの美しさはおとぎの国に迷い込んだと錯覚しそうになるほどです。それ以外にも美しい観光地がたくさんありますので、ぜひお気に入りを探して訪れてみてくださいね。, ロンドンでは、多くのスポーツが盛んです。夏季オリンピックが3回開催されたほか、イギリス連邦の国や各地域から参加して4年ごとに行われる総合競技大会コモンウェルスゲームズの開催地でもあります。2017年には世界陸上選手権戴赤井の開催が予定されています。, 最もロンドンで盛んなのはサッカーで40ものクラブチームの中には5つのプレミアムリーグがあります。またラグビーのプロクラブチームも3つあります。さらに2つのクリケット場があり、クリケットのワールドカップが4度も開催されています。ロンドンで世界的に有名なのがテニスのウィンブルドン世界選手権が開催されていることは誰もが知っていると思います。, そのほかにもロンドンマラソン、ザ・ボートレースなどが開催されるスポーツ都市でもあります。, いかがでしたか?イギリスのついてより広域な知識をご提供できたなら、嬉しいです。歴史も古く4つの国のが集まっているのですから、深く突き詰めるとよりたくさんの「そうだったのかぁ」に出会えると思います。これを機会にイギリス探求をしてみてはいかがですか?. イギリス大学 地図 イギリスには、大都市ロンドン、産業都市マンチェスター、歴史的な都市エジンバラ。隣国アイルランドにはダブリンをはじめ、魅力的な都市が数多くあります。どのような大学がどこにあるのか地図でみてみましょう� 4,400イギリス地図、880イギリス マップ、720イギリス map、260世界地図 イギリス、22イギリスの州 地図、46イギリス 鉄道地図 オリジナル地図の非商用・個人使用可です。 但し、いかなる責任も負わないものとする。 また、著作権を放棄し. ジブラルタル - イギリス地図 Googleマップ上のジブラルタル - イギリス ジブラルタル - イギリス 時計のウェブサイト 無料オンラインのFlash時計はあなたのウェブサイトに多くの訪問者をもたらす!あなたは色やオンラインフラッシュ. コッツウォルズ地方でも人気が高い村。中心部をウィンドラッシュ川が流... 13世紀から羊毛業で発展おとぎ話の世界が広がる イギリスの都市地図 こちらのページでご紹介しています。 3. 中世に羊毛取引の市場が設けられて繁栄した街。中心部のハイ・スト... ウィリアム・モリスも讃えた 「英国でいちばん美しい村」 "HC 501 0304.PDF" (PDF). イギリスの地図 留学サイト「成功する留学」へようこそ。 こちらはイギリスの地図ページです。 学校選びから留学手続き、現地生活に至るまで、留学に必要な情報を網羅。 留学セミナーや無料留学相談も実施しています� イギリス(詳細図)の地図データを紙に印刷しました。大きくて見やすい、便利な紙の白地図です。紙の地図は、当店の地図データを白い紙にプリントしたアナログな地図です。通常のノートと同じように「鉛筆やマジックペンで書く」「ハサミ� ノースヨークシャー州の地図をトリップアドバイザーでチェック! イギリスの最新国勢資料と精密国旗画像 地図 / 国旗 国名 日本語名 グレートブリテンおよび北部アイルランド連合王国(英国) 英語名 United Kingdom of Great Britain and Northern Irelan, イギリスのトイレ事情 土地勘のない場所で、まず困るのがトイレ。イギリス・ロンドンでは旅行者でも気軽に使えるトイレはある? 有料? 紙は流れる? ウォシュレットは?オートルーって?などなど、いざという時のために知っておくと安心ですね�. "London Congestion Charging/Comments." 首都の一覧(しゅとのいちらん)は、現存する世界の国の首都を五十音順に並べた一覧。. イギリス連邦へは、加盟や脱退する国があるため地図としては、作成していません。. Royal Netherlands Meteorological Institute, London, United Kingdom Forecast : Weather Underground (weather and elevation at Heathrow Airport), Government Offices for the English Regions, Fact Files: London, “"World's Most Economically Powerful Cities".”, https://www.webcitation.org/5yo0LhcwS?url=http://www.forbes.com/2008/07/15/economic-growth-gdp-biz-cx_jz_0715powercities.html, http://www.independent.co.uk/travel/news-and-advice/london-capital-of-the-world-766661.html, London is the world capital of the 21st century... says New York | News, London is world capital of culture says LSE expert – 2008 – News archive – News – News and media – Home, Cultural Strategy | Greater London Authority, “London tops ranking of destination cities”, http://www.independent.co.uk/travel/news-and-advice/london-tops-ranking-of-destination-cities-2291794.html, Beijing to overtake london as world's largest aviation hub. イギリス > イギリス ロンドン といえば、上のフォトの 「ビッグベン」 のような観光名所が多く、世界中から人が集まる 世界有数 の観光地です。それだけに、あまりにたくさん 観光スポット があるので、計画的に回らないといけないですね。 イギリスの国土と住民 現在のイギリス本国の面積は24万 と日本の3分の2程しかありませんが、その国土はさらに4つの地域に分かれます。 正式国名を グレートブリテン及び北アイルランド連合王国 と呼ぶように、グレートブリテン島にはイングランド、スコットランド、ウェールズの3つの国が. Table 3 in Santos, Georgina, Kenneth Button, and Roger G. Noll. イギリスってどんな国?【街とエリア】4つの国とは, イギリスは4つの国からなる連合国です!イギリスはイングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドの4地域で構成され、おのおののエリアや街が独自の特徴を持ち、ユニークな文化と豊かな自然の両方が楽しめる。, ブリテン島の3分の2を占めるイギリスの中心となる国。ヨーロッパを代表する大都市ロンドンをはじめ、コッツウォルズや湖水地方など、人気観光地が数多く集まる。シェイクスピアをはじめ、ビートルズなど世界的な文化人を輩出, 英国の心臓部といえば首都ロンドン。歴史的建造物の観光スポットや美術館・博物館など、文化的な見どころが多く、年間を通して多くの観光客が訪れる。ショッピングやエンターテインメントも充実している。, のどかな風景が広がる湖水地方をはじめとして、風光明媚なエリア。一方で、ビートルズの街リヴァプールなど個性あふれる街も多い。, 大学の街ケンブリッジをはじめ、こぢんまりとした街が点在。産業革命時代には重要な工業都市として繁栄した街も。田園風景も多い。, コッツウォルズの村々をはじめ、人気のカントリーサイドや田園都市がいろいろ。文豪ゆかりのストラトフォード・アポン・エイヴォンなども。, 比較的温暖で、花や緑が豊かな土地が多いため“イングランドの庭”と呼ばれている。個性あふれる街や、魅力的な海辺の街もめじろ押し。, 首都エディンバラ、建築家でデザイナーのマッキントッシュが生まれた洗練の街、グラスゴーなどの個性的な都市と、ダイナミックな自然が併存する。有名なキルトスカートやバグパイプなどは北部のハイランド地方の文化。, 最後に連合王国に編入されたアイルランド。宗教や民族の違いから独立したが、北部の6州は連合王国の一部として残った。長年、紛争が続いていたが、現在は落ち着いている。, 長くイングランドの統治下にあるが、独自の文化を保ち、現在もウェールズ語の話者が多いなど、ケルトの色が濃く残る。アーサー王伝説など多くの伝説が生まれた土地でもある。, 正式名称はグレートブリテンおよび北アイルランド連合王国といい、イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドの連合体。中心となるイングランドを除く3国も独自の議会と法律を有している。イギリスは、ヨーロッパの北西沖に位置し、グレートブリテン島とアイルランド島の北部からなる島国。国王を元首とする立憲君主制を採っている。19世紀には世界中に植民地を持つ世界一の超大国となった。一時ほどではないが、現在も欧州連合(EU)の主要構成国として、国連の常任理事国の一国として、大きな影響力を持っている。, 王族やBBCが使うクイーンズイングリッシュ、ロンドンの労働者階級のコックニーのほか、地域ごとの方言などがある。階級や出身大学によっても、発音や単語が異なる。また、日本人になじみのあるアメリカ英語とは、語彙が多少異なるものがあるので注意したい。, 人口 約6510万人(2015年推計) バッキンガム宮殿やビッグ・ベンなどをはじめとするイギリスの観光スポットの中で、トリップノートの4万7千人の旅行好きトラベラー会員(2019年10月現在)が実際に行っているイギリスの人気観光地ランキング.. イギリスの都市地図 更新日:2018年1月11日 当館が所蔵するおもなイギリスの都市地図(一枚もの)を紹介いたします。 【 】内は当館請求記号です。 都市地図帳についてはイギリスの地図のページ をご覧ください。 利用方法について. 2017年1月24日 州名 クイズ. 全著作� イギリスとイングランドの資料 グレートブリテンおよび北部アイルランド連合王国(United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland) 右の島が「グレートブリテン島」。イングランドとスコットランド・ウェールズがこの島にあります� イギリス観光 観光スポット ストーンヘンジ 地図 イギリス観光 アフタヌーンティーやパブ文化も楽しみたい ホーム 記事 旅フォト ホテル グルメ ショッピング リラクゼーション 観光スポット 記事 お店・スポット ストーンヘンジ. yuka グレートブリテン及び北アイルランド連合王国のことを、日本語では通称、イギリス、英国(えいこく)を用います。 グレートブリテン及び北アイルランド連合王国のことを、日本語では通称、イギリス、英国(えいこく)を用います。 このイギリスに含まれる4つの国 イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドという歴史的経緯に基づく4 London 2012 Olympic Transport Infrastructure. イギリスの地図 イングランド 広さ、人口の両方で最大の要素を持っている。 スコットランド 2番目に大きな国であり、グレート・ブリテン島で3番目となる北部を占めている。オークニー諸島 (Orkney) 、シェトランド諸島 (Shetland) 、ブリ. イギリス - 興味深い場所の詳細な地図、計画や休日やその他の旅行に最適、ガイドに関する情報、交通機関や旅行に関する情報 詳細な地図イギリスそれはとりわけ、道路のある都市を含む様々な場所の詳細な地図を提供します。 これはあなたがあなたの道を簡単に見つけるのを助けます�, (イギリスの地図) [最寄駅]下松(山口)駅 [住所]山口県下松市駅南1丁目7-6 [ジャンル]スナック [電話]0833-43-8041 カフェトレビ カフェ 喫茶店 下松(山口)駅から徒歩7分 コリアンキッチンオンマソン 焼肉 下松(山口)駅から徒歩12分 こんにちは下松店 お好み焼�. "London Congestion Charging/Comments." 日本の半分程度。元来居住している白人が9割を占めている。ジャマイカやインド、パキスタンなど旧植民地からの移民も多い。, 面積 約24万400㎢ Zazzleのおしゃれなイギリス 地図アクセサリーを手に入れましょう! 21世紀に入り建てられた新しいウェンブリー・スタジアムは前にあったスタジアム同様の目的で収容人員は9万人である[261]。トゥイッケナム・スタジアムはロンドン南西部にあり、ラグビー専用競技場で収容人員は8万4,000人を擁し現在新しいサウススタンドが完成している[262]。, ロンドンのクリケットは2つのテスト・クリケット場であるローズ・クリケット場(ミドルセックス・カウンティ・クリケット・クラブ(英語版)の本拠地)[263]とジ・オーバル(サリー・カウンティ・クリケット・クラブ(英語版)の本拠地)がある[264]。ローズでは4度のクリケット・ワールドカップの決勝が行われている。ロンドンでもっとも世界的に知られたスポーツイベントにはロンドン南西部のマートンのウィンブルドンにあるオールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブで毎年行われるウィンブルドン選手権である[265]。他の大きなイベントには春にロンドンマラソンがあり、3万5,000人のランナーがシティ周辺の26.2マイル (42.2km) のコースを走る[266]。陸上競技では夏にIAAFダイヤモンドリーグ・ロンドングランプリが開催される。またザ・ボート・レースがテムズ川のパットニー(英語版)とモルトレーク(英語版)の間で行われる[267]。, 6大陸、46の場所にロンドンに因んだ名称の場所がある[268]。ロンドンの特別区は独自に世界の地域と姉妹都市の関係を結んでいる。グレーター・ロンドン・オーソリティーが結んでいる姉妹都市は以下の通り。, 各列内は五十音順。「その他」は国家の承認を得る国が少ない、または無い国であり、国際連合非加盟。国家承認を得た国連非加盟の国と地域の一覧も参照。斜体は都市国家にあたるため、首都が存在しない。, E, EC, N, NW, SE, SW, W, WC, BR, CM, CR, DA, EN, HA, IG, KT, RM, SM, TN, TW, UB, WD. ノースヨークシャー州のホテル、観光名所、レストランの場所を地図で紹介しています� イギリス産業革命地図―近代化と工業化の変遷 1780‐1914 J. 首都名・国名は原則として『2003年版 世界の国一覧表』(外務省編集協力、(財)世界の動き社)に準拠した(イギリス、中国などを除く)。 掲載基準は国の一覧と同様(バチカン、モナコ、香港は除く 住所の読み方・書き方 ポストコードについて 海外に行く際は、その国の住所の見方を知っておくと通学や日常生活での移動や国内の旅行などに役立ちます。特に日本とイギリスでは書き方が大きく異るので、出発前にイギリス式の住所に見慣れておくと初めて見るロケーションでも落ち着いて. Beds, Herts and Bucks Travel — All you need to know about the M25, http://www.tfl.gov.uk/tfl/roadusers/congestioncharge/whereandwhen/, “Boris Johnson mulls 'intelligent' congestion charge system for London”, https://www.webcitation.org/5yoK1Mq9U?url=http://www.guardian.co.uk/politics/2009/mar/16/boris-johnson-congestion-charge, http://www.tfl.gov.uk/corporate/modesoftransport/1548.aspx, London's bus improvements get Parliamentary seal of approval, https://web.archive.org/web/20070502045940/http://www.tfl.gov.uk/corporate/modesoftransport/londonunderground/1604.aspx, https://web.archive.org/web/20111215025236/http://www.tfl.gov.uk/corporate/modesoftransport/londonunderground/1608.aspx, https://web.archive.org/web/20061006013919/http://de.geocities.com/u_london/london.htm, “Oyster card celebrates 150th Tube anniversary”, http://www.bbc.co.uk/news/uk-england-london-20641351. イギリス地図から旅行情報を探そう!日本最大級の旅行クチコミサイト フォートラベルでは地図の他にもイギリスの旅仲間を募集したい。イギリスに関連したスポット情報などが満載です�, イギリスの観光情報をご紹介します!魅力的なイギリス観光をお楽しみください! 外務省 〒100-8919 東京都千代田区霞が関2-2-1地図電話(代表)03-3580-3311 法人番号 9000012040001. 夏は日本の夏より気温が低く、盛夏でも夜には15℃を下回りコートが必要になることがある。時折暑くなることもあるが、30℃以上となることは少ない。ヒートアイランドによりロンドンの中心部では気温が郊外に比べ5 °C (9 °F) も高い。ロンドンの夏の平均気温は 24 °C (75.2 °F) で、年に7日は 30 °C (86.0 °F) を超え2日は32 °C (89.6 °F) を超える。気温が26℃(80 °F)を超えることは6月半ばから8月後半にかけて見られる。大陸からの熱波の影響を受けることがあり、2003年の欧州の猛暑 (英語版) では14日間連続で気温が 30 °C (86.0 °F) を超え、2日連続で 38 °C (100.4 °F) を超えた。数百人が猛暑に関連し死亡している。雨は夏の期間、2日から10日の範囲で見られる。春や秋は季節が混在するため、5-6月や9-10月にも防寒対策が必要となることもある。2011年10月1日に気温が 30 °C (86.0 °F) に達し、2011年4月には28 °C (82.4 °F) に達した。しかしながら、近年ではこの最高気温を記録した月に雪が降ることもある。ロンドンの気温の幅は−10 °C (14.0 °F) から 37.9 °C (100.2 °F) である。, 雨が多い都市という評判がロンドンにあるが、実際にはロンドンの降水量はローマの 834 mm (32.8 in) やボルドーの923 mm (36.3 in) より少ない[99]。降水量自体は少なくとも、降水日数が多いため雨が多いと感じるのである。, ロンドンは広大な市街地が広がっていることから、よくブルームズベリーやメイフェア、ホワイトチャペルのように地区名が使われている。これらはいずれも、非公式な名称で都市の広がりによって吸収された村を映したものや教区、グレーター・ロンドン以前の旧区を表したものである。これらの名称は今でも残って使われており、それぞれの地域を表したり自らの地区を特徴付けているが現在は公式には使われていない。1965年以来、ロンドンは32の自治区に分けられ、これに古くからのシティ・オブ・ロンドンが加わる[105][106]。シティ・オブ・ロンドンはロンドンの金融の中心で[107]、カナリー・ワーフは近年では再開発が進み新たな金融や商業の中枢になっている。東側はドックランズである。ウェスト・エンドはロンドンのエンターテイメントやショッピングの中心地区で観光客を惹き付けている[108]。ウェスト・ロンドン(英語版)は高級住宅地を含む地区で不動産価格は1000万ポンドにもなる[109]。ケンジントン・アンド・チェルシーの不動産の平均価格は89万4,000ポンドでセントラル・ロンドンのほとんどは同様である[110]。, イーストエンド・オブ・ロンドンは元のロンドン港(英語版)に近く、高い移民人口で知られロンドンでも最も貧しい地区の一つである[111]。北東部(英語版)はロンドンでは初期に工業開発が行われた地域で現在ではブラウンフィールド(汚染地区)の一部として再開発が行われているテムズゲートウェイ(英語版)にはロンドンリバーサイド(英語版)や低リー・バレー(英語版)も含まれ、これは2012年のオリンピックとパラリンピックのためのオリンピックパークを含んでいる[111]。, ロンドンの建築物は様々な年代のものがあり多様である。多くの大きな建物やナショナル・ギャラリーのような公共の建物はポートランドストーン(英語版)と呼ばれる石灰岩により造られている。市街地の一部とくに西部や中心部では化粧しっくい(スタッコ)や水しっくいで特徴付けられた建物を見ることが出来る。セントラル・ロンドンでは1666年に起こったロンドン大火以前の建物が若干見られ、古代ローマの跡も僅かに残されている。ロンドン塔やシティに点在したわずかなチューダー様式の建物が残っている。さらにチューダー期(英語版)のイングランドで残っている一番古いチューダー宮殿、ハンプトン・コート宮殿はトマス・ウルジー枢機卿により1515年建てられた[112]。, クリストファー・レンの17世紀後半の教会や金融機関の建物、18世紀や19世紀の王立取引所(英語版)やイングランド銀行、20世紀初期のオールド・ベイリー(英語版)、1960年代のバービカンエステート(英語版)は建築遺産の一部を形成している。1939年に建設されたバタシー発電所はテムズ川の南西側に位置し今では使われていないが、地元のランドマークになり再開発も計画されている。鉄道のターミナル駅ではヴィクトリア建築(英語版)(ネオ・ゴシック様式)の代表例としてセント・パンクラス駅とパディントン駅が上げられる[113]。ロンドンは地域により建物の密集状態が異なり、セントラル・ロンドンは高い就業人口集積がありインナー・ロンドンは高い住宅密度である。アウター・ロンドンは低い密度になっている。, シティにあるロンドン大火のモニュメント(英語版)はロンドン大火を記念し現場の近くに建てられている。マーブル・アーチとウェリントンアーチ(英語版)はシティ・オブ・ウエストミンスターのパーク・レーン(英語版)の北側と南側にそれぞれある。また、アルバート記念碑とサウス・ケンジントン(英語版)のロイヤル・アルバート・ホールは王室とのつながりがある。ネルソン記念柱はホレーショ・ネルソン提督の業績を記念し、トラファルガー広場に据えられロンドン中心の焦点なる場所の一つである。古い建物は主に煉瓦で建てられ、ほとんどは黄色っぽいロンドンストック煉瓦(英語版)か明るいオレンジや赤系統のもので、彫刻やプラスターの繰形が施される[114]。, 密集地帯のほとんどでは中層や高層のビルが建てられる。ロンドンの高層ビルには30セント・メリー・アクス、タワー42、ブロードゲートタワー(英語版)、ワン・カナダ・スクウェアがあるがこれらはシティ・オブ・ロンドンやカナリーワーフの二つの金融街などで見ることが出来る。高層ビルの建築はセント・ポール大聖堂や他の歴史的な建築物など歴史的な建物の景観を保護するため、特定の場所に制限されている。それでもやはり、多くの超高層ビルがロンドン中心部では見ることができ、イギリスでは一番高い高層ビルであるザ・シャード (310m) も含まれる。他にロンドンを特徴付ける建物には大英図書館や2002年に完成したサザークのシティ・ホールで楕円形の建物は目に付く[115]。以前のミレニアム・ドームは現在は改名され複合娯楽施設The O2として使われている。, 中心部で一番大きな公園はロンドンの王立公園(英語版)のうちの一つであるハイドパークで、近隣にはセントラル・ロンドンの西側にケンジントン・ガーデンズが、北側にリージェンツ・パークがある[116]。リージェント・パークには、世界で一番古い科学的な動物園であるロンドン動物園があり、近くには観光名所である蝋人形館のマダム・タッソー館がある[117][118]。ロンドン中心近くには小さな王立公園であるグリーンパーク(英語版)とセント・ジェームズ・パークがある[119]。ハイド・パークは特にロンドンのスポーツのスポットとして有名で、しばしば野外コンサートが行われる。中心部の外へ出ると多くの大きな公園があり、その中には南東部の王立公園のグリニッジパーク[120]や、南西部のブッシーパーク(英語版)やリッチモンドパーク[121][122]、東側のヴィクトリア・パーク(英語版)がある。プリムローズヒルは市街地の北側にあり、リージェントパークからのロンドン中心部のスカイラインの眺めはポピュラーである。いくつかの非公式な、自然なオープンスペースに準じた空間があり、ノース・ロンドンのハムステッド・ヒース(320ヘクタール)も含まれる[123]。ハムステッド・ヒースにあるケンウッド・ハウスは元は邸宅で、夏の期間はクラシック音楽のコンサートが行われるポピュラーな場所で、週末には数多くの人が音楽や景色、花火を楽しんでいる[124]。, ロンドンの人口は、19世紀から20世紀初期にかけて産業革命を契機として急速に増加し、19世紀後半から20世紀初期にかけては世界一人口の多い都市であり、1925年までニューヨークの人口を上回っていた。人口のピークは第二次世界大戦が勃発する直前の1939年であり、861万5,245人に達していた。2011年時点のグレーター・ロンドンの公式の人口は817万4,100人であった[125]。, しかし、ロンドンの市街地はグレーター・ロンドンの境界を越えて広がっており、2011年時点の都市的地域の人口は827万8,251人、都市圏の人口は1370万9,000人に達している。ユーロスタットによれば、ロンドンは欧州域内の都市圏で最も人口が多い。1991-2001年にかけての流入人口は、72万6,000人であった[126]。グレーター・ロンドンの範囲は1,579平方キロメートルであり、人口密度は5,206人/km2である。これは、他のイギリスの地域の人口密度(NUTS内で)の10倍以上である[127]。, 世界の諸都市のうち人口は25番目に多く、都市圏では18番目に多い。世界で4番目に米ドルベースで億万長者が多い地域である。[128]ロンドンは東京やモスクワと並んで物価が高い都市という調査結果もある[129]。, 国家統計局によれば、2011年ベースの統計でロンドンの人口 817万4,100人のうち、59.7%が白人で、白人の英国人は44.9%、白人のアイルランド人は2.2%、他の白人の人々は12.6%であった。南アジア系の人々は18.4%で、インド系はロンドンの人口のうち6.6%、続いてパキスタン系が2.7%、バングラデシュ系が2.7%であった。4.9%は他のアジア系に分類されている。ロンドンの人口のうち10.1%は黒人であり、5.3%は黒人英国人、7.0%はアフリカ系、4.3%はカリビアン系、2.1%は他のグループに分けられている。5%は混血、1.5%は中国系、1.3%がアラブ系、3.4%はその他の民族グループに属している[131]。2011年の人口国勢調査によれば、2001年から2011年の間に、62万人の白人英国人がロンドンから去り、人口の45%に減少し少数派となった[132][133]。, ロンドンの一部では、アジア系や黒人の子どもたちが白人の英国人の子どもの数を上回る地域もあり、4-6校の公立学校では数で上回っている。[134]だが、依然として白人の子どもの数は62%で過半数を占め、2009年の統計局による調査では0-15歳の層における白人人口は149万8,700人であった。そのうち、55.7%は英国系、5.6%は他のEU加盟国出身である[135]。2005年1月の調査では、ロンドンでは300以上の言語話者がおり、50以上の非先住のコミュニティには10,000人以上の人々が暮らし、宗教や民族の多様性が見られる[136]。統計局の調査では、ロンドンにおけるイギリス国外の出生者数は2010年現在で265万人と人口の33%を占め、1997年の1,63万人より増加している。, 2001年の国勢調査では、グレーター・ロンドンの人口の27.1%はイギリス国外の出生者であった[137]。統計によると20の共通する国の出身者がロンドンに居住している。ドイツ出身者は、親がドイツに駐在したイギリス軍に就いていたものである[138]。公式の統計では、2009年7月から2010年6月にロンドンに居住する国外出身者は、主にインド、ポーランド、アイルランド、バングラデシュ、ナイジェリア出身者であった[139]。, ロンドン市民の信仰する宗教は、主にキリスト教で58.2%を占めている[140]。これに続き、無宗教が15.8%、イスラム教が8.5%、ヒンドゥー教が4.1%、ユダヤ教が2.1%、シク教が1.5%、仏教が0.8%、その他が0.2%であった。8.7%は2001年の国勢調査で無回答であった[140]。ロンドンでは伝統的にキリスト教が信仰されており、シティ・オブ・ロンドンには多くの教会が所在する。シティのセント・ポール大聖堂やサザーク大聖堂、聖公会は有名であり[141]、カンタベリー大主教はイギリス国教会の大主教である。大主教のランベスパレスがランベス・ロンドン特別区にある[142]。, 王室の重要行事は、セント・ポール大聖堂とウェストミンスター寺院に分けて行われる[143]。ウェストミンスター大聖堂はイングランドおよびウェールズでは最大のカトリック教会の大聖堂である[144]。 イギリス地図 イギリス白地図 イギリスモノクロ地図 商業印刷にも使えるAdobe Illustratorのデータ(有料)はこちら デザインイギリス地図 jpg、png、AI(Adobe Illustratorファイル) イギリスの基礎データ 面 積 243,000km² 首 都 ロンドン 英語. イギリスは4つの国からなる連合国です!イギリスはイングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドの4地域で構成され、おのおののエリアや街が独自の特徴を持ち、ユニークな文化と豊かな自然の両方が楽しめる。連合王国の政治経済の中心 イン�, ロンドン中心部の観光情報が満載の阪急交通社が提供するイギリス観光ガイド。バッキンガム宮殿やウエストミンスター寺院、エリザベスタワー(ビッグベン)、トラファルガー・スクエアなどロンドン中心部の観光スポットを詳しくガイドいたします�. Interesting Facts About London, Friendship agreement to be signed between London and Delhi, The New York City-London sister city partnership, Beijing, London establish sister city ties, Mayors of London and Dhaka, Bangladesh sign friendship agreement, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ロンドン&oldid=79914752. せっかくイギリスまで旅行へ行って、あとから「あの観光地に行くのを忘れた!」と後悔しないために、ぜひとも立ち寄ってほしいおすすめ定番観光名所を11スポット選びました。 これだけ回ればきっと満足できるイギリスツアーになるはずです イギリスの情報提供元 山口県下松市の天気 今日5/1(金) 注意報 17:00発表 晴れ 28 [+3] / 11 [+4] 地図 マイページ 地図ヘルプ 天気ヘルプ 路線ヘルプ 郵便ヘルプ 天気 各地の天気 ピンポイント アメダス 雨雲の動き 季節情報 防災. 日本人の2.8倍。18世紀以来、喫茶の習慣が深く根付いている。紅茶に限れば世界トップクラス。, パブの軒数 約5万軒 ロンドン(英語: London [ˈlʌndən] (音声ファイル))は、イギリスおよびこれを構成するイングランドの首都。. 世界地図ナビ 西ヨーロッパ イギリス ロンドンの地図 ロンドンの地図(Google Map) ロンドン(London)の地図を上下左右にスライドしながら旅行や観光したい場所を探して、詳細な地図へ移動してルート検索や徒歩や自動車、電車などの公共交通機関での移動距離や時間を確認しよう�, バカ質問ごめんなさい。地図見ても分かりません。イギリス(ロンドン)から見て、日本(東京)は、西ですか?東ですか?西に行っても東に行ってもブチあたりますからどっちでも正解です。正解ですが・・・。東に行く方が西に行くより先� イギリスが認めた伊能図 イギリス海軍の地図づくりの技術は、世界の最高水準にあった。イギリス海軍が日本の地図を作ろうとした時、イギリスをおどろかせたのは伊能忠敬のつくった日本地図だった。 関連キーワード� 海外旅行に役立つ情報を地図でサーチ!地球の歩き方で人気の観光スポット、世界遺産、ホテルの位置、またその付近に寄せられた、旅行口コミや現地情報ブログなど、気になる情報を地図からお探しいただけます� イギリスで便利な「Global NAVITIME」。イギリスの地図を見たり、宿泊ホテルの周辺検索、ルート検索ができます。パソコンとも連携が可能なので出張計画にも便利 イギリス 地図の情報はこち�. ロンドン(英語: London [ˈlʌndən] ( 音声ファイル))は、イギリスおよびこれを構成するイングランドの首都。, イギリスやヨーロッパ域内で最大の都市圏を形成している。ロンドンはテムズ川河畔に位置し、2000年前のローマ帝国によるロンディニウム創建が都市の起源である[4]。ロンディニウム当時の街の中心部は、現在のシティ・オブ・ロンドン(シティ)にあたる地域にあった。シティの市街壁内の面積は約1平方マイルあり、中世以来その範囲はほぼ変わっていない。少なくとも19世紀以降、「ロンドン」の名称はシティの市街壁を越えて開発が進んだシティ周辺地域をも含めて用いられている[5]。ロンドンは市街地の大部分はコナベーションにより形成されている[6]。ロンドンを管轄するリージョンであるグレーター・ロンドンでは[7]、選挙で選出されたロンドン市長とロンドン議会により統治が行われている[8]。, ロンドンは最高水準の世界都市として、芸術、商業、教育、娯楽、ファッション、金融、ヘルスケア、メディア、専門サービス、調査開発、観光、交通といった広範囲にわたる分野において強い影響力がある[9]。また、ニューヨークと並び世界をリードする金融センターでもあり[10][11][12]、2014年時点の域内総生産は世界第5位で、欧州域内では最大である[13]。世界的な文化の中心でもある[14][15][16][17]。ロンドンは世界でもっとも来訪者の多い都市であり[18]、単一の都市圏としては世界でもっとも航空旅客数が多い[19]。欧州ではもっとも高等教育機関が集積する都市であり、ロンドンには大学が43校ある[20]。2012年のロンドンオリンピック開催にともない、1908年、1948年に次ぐ3度目のオリンピック開催となり、同一都市としては史上最多となる[21]。, ロンドンは文化的な多様性があり、300以上の言語が使われている[22]。2011年3月時点のロンドンの公式の人口は817万4,100人であり、欧州の市域人口では最大で[23][24]、イギリス国内の全人口の12.7パーセントを占めている[25]。グレーター・ロンドンの都市的地域は、パリの都市的地域に次いで欧州域内で第2位となる827万8,251人の人口を有し[26]、ロンドンの都市圏の人口は1,200万人[27]から1,400万人[28]に達し、欧州域内では最大である。ロンドンは1831年から1925年にかけて、世界最大の人口を擁する都市であった[29]。2012年にマスターカードが公表した統計によると、ロンドンは世界でもっとも外国人旅行者が訪れる都市である[30]。, イギリスの首都とされているが、他国の多くの首都と同様、ロンドンの首都としての地位を明示した文書は存在しない[31]。, ロンドンの語源ははっきりとしていない[32]。古代の名称はその典拠が2世紀からのものに見られる。121年にロンディニウムの記録があり、ロマーノ・ブリティシュ文化(英語版)が起源である[32]。最初期の説は今日では軽視されているジェフリー・オブ・モンマスのブリタニア列王史である[32]。名称の説の一つにルッドから仮定されるもので、主張によればこの王が街を占領しKaerludと名付けたとしている[33]。, 1898年以降は「Londinosと呼ばれる男の所有する土地」を意味するケルト語に語源を求めるのが一般的であったが、この説は否定されている[32]。1998年、言語学者のリチャード・コーツ(英語版)は古ケルト語の(p)lowonidaを語源とする説を提示した。(p)lowonidaとは、「渡るには幅が広すぎる川」を意味し、ロンドンを東西に貫通するテムズ川を指すものとして提案されている。ケルト語の形でLowonidonjonとなり、これが集落名になったとした[34]。しかしながら、この説は大きな修正を必要とした。可能性としてウェールズ語の名称が英語から借用されたものに戻り、基礎から元の名称を再構築して使用することが困難であると言う可能性も排除できない。1889年まで"London"の名称は公式にはシティ・オブ・ロンドンにのみ適用されていたが、カウンティ・オブ・ロンドン(英語版)を表すものとなり、現在ではグレーター・ロンドンを表すものとなっている[5]。, 漢字表記は「倫敦」が用いられるが、明治期前後には「龍動」と記載した例もある[35]。現代中国語をピンイン式でアルファベット表記すると、倫敦は「lundun」で、龍動は「longdong」となる。龍動と表記したのは、清国から伝わった外来表記であった可能性がある。, ロンドン周辺にはケルト系のブリトンの集落跡が点在した形跡が確認される。最初の大きな開拓地はローマ帝国によって43年に創建された[36]。この開拓は17年間続いたが、61年ころブーディカが率いるイケニ族により強襲され焼き討ちされた[37]。また一説には紀元前1103年ごろ、トロイ王族の孫ブルートゥスがトロイヤ人の一団を率いてイタリアから移住、「ニュー・トロイ」としてロンドンが建設されたという[38]。紀元前1200年前後のトロイ崩壊後、トロイ王族のアイネイアースはトロイの移民を率いてイタリアに移住、ラテンの王ラティヌスの娘と結婚。ブルートゥスはアイネイアースの孫である。, その次の都市は繁栄し、紀元100年にそれまでブリタニアの首都であったコルチェスターから取って代わった。2世紀のローマ支配のロンドンは6万人の人口があった。, 最近の2つの発見により、ロンドンは考えられていたよりも古くから人が住んでいたことが分かった。1999年に青銅器時代の橋がヴォクスホール・ブリッジの北側の砂浜で発見されている[39]。この橋はテムズ川を渡っていたか、今はない川の中に浮かぶ島を渡っていた。樹木学では紀元前1500年にさかのぼる木材が使われている。2010年には紀元前4500年にさかのぼる大きな木材で築かれた建物がヴォクスホール・ブリッジ南側の砂浜で発見された[40]。中石器時代のもので機能は分かっていないが、50メートル×10メートルの範囲で30センチの干潮時に見ることができる。この2つの構造物は南岸のテムズ川とエッフラ川が自然に合流する地点にあり、ローマ時代のシティ・オブ・ロンドンの上流4キロの場所にある。これらの構造体を構築するのに必要な労働力、貿易、安定性などから少なくとも数百人規模のコミュニティがあったことを示している。, 5世紀初期にはローマは事実上、ロンドンを放棄している。6世紀からアングロ・サクソン人がルンデンヴィック(英語版)で知られる開拓地がローマ人の古い街のわずかに西に築かれ、これは現在のコヴェント・ガーデンやロンドン(英語版)で、人口は1万人から1万2,000人程度に達した。ただし、宗教的な中心地はカンタベリーであり、この側面でだけはロンドンは後塵を拝することになる。フリート川の河口には漁業や交易で栄えた港があったと思われるが、ヴァイキングからの防衛上の見地から、かつてのローマ人の市街壁を用いるため、東のロンディニウムへの移動を強いられた[41]。ヴァイキングの襲撃は増加の一途をたどり、886年にアルフレッド大王がデーン人の指導者であるガスラム(英語版)とウェドモーアの和議を締結するまで続いた[42]。アングロ・サクソン人のルンデンヴィックLundenwicは「旧市街」を意味するエアルドヴィックEaldwicと改称され、現在のシティ・オブ・ウェストミンスターのオールドウィッチにその名を残している[43]。10世紀、すでに国内最大の都市となり、貿易面でももっとも重要な都市となっていたロンドンは、イングランド統一によりさらに政治面での重要性も高めた。さらにこのころ、ウェセックスの伝統的な中心地であるウィンチェスターとの競合にも直面した。, 11世紀、エドワード懺悔王はウェストミンスター寺院を建設し、シティより少し上流の地であるウェストミンスターに居住した。この見地に立てば、ウェストミンスターはシティの政府機能を担う立場を着実に奪っていったといえる[44]。1066年のクリスマスの日、ヘイスティングズの戦いで勝利し、イングランドを征服したノルマンディ公ギヨーム2世は1066年のクリスマスの日に、ウェストミンスター寺院でイングランド王ウィリアム1世として即位した[45]。ウィリアム1世はホワイト・タワー(のちのロンドン塔)をシティの南東に建設し、市民を威圧した[46]。1097年、ウィリアム2世はウェストミンスター寺院にほど近い場所に、ウェストミンスター宮殿の基礎となるウェストミンスター・ホールを建設した[47][48]。12世紀、それまで国中を移動していた宮廷に同伴していた中央政府の各機関は次第に一箇所に固定化し、規模を増大させ、洗練されていった。多くの場合、政府機関はウェストミンスターに集中したが、国庫の機能はロンドン塔に置かれた。ウェストミンスターが首都として政府機能を果たす一方、シティは自治機能を有するイングランド最大の商業都市に発展していた。シティはその経済力を背景として、12 -13世紀に市長を選出する権利や独自の法廷を持つ権利を獲得し、14世紀半ばからは市参事会を選出し、王権から独立した高度な自治都市としての独立を保持した。人口は1100年に1万8,000人、1300年までには10万人ほどにまで成長していた[49]。, 14世紀半ばにはペストが発生し、人口は3分の1程度減少した。1381年、ワット・タイラーの乱が発生した[50]。, テューダー朝の時代、宗教改革にともなうプロテスタントへの移行が次第に進むにつれ、教会の私有化が進んだ[51]。ネーデルラント周辺地域へは未加工のウール生地が海上輸出された。生地の主たる用途は、大陸ヨーロッパの富裕層向けの衣服であった。しかし、当時のイギリスの海運会社は北西ヨーロッパ以外の海にはほとんど進出しなかった。イタリアや地中海への商業ルートは、通常アントウェルペンまたはアルプス山脈経由であった。海上輸送ではイタリアやドゥブロヴニクの貿易商と同様、ジブラルタル海峡を経由した。1565年のオランダとイギリス間の貿易再開は、瞬く間に活発な商取引をもたらした[52]。1566年、王立取引所が設立された。重商主義は進展し、イギリス東インド会社をはじめとする勅許会社が設立され、貿易は新世界へと拡大した。ロンドン港は北海において重要性を増し、国内外から移住者が来航した。1530年の人口は推計で5万人、1605年には22万5,000人に上昇した。, 16世紀、ウィリアム・シェイクスピアや同時代に生きたロンドンの劇作家は、イギリス・ルネサンス演劇をはじめとして劇場の発展にしのぎを削った。テューダー朝が終わりを告げる1603年まで、ロンドンはまだ非常に小規模な都市であった。1605年、ジェームズ1世の暗殺計画を企てた火薬陰謀事件が発生した[53]。17世紀初頭や1665 - 1666年にはペストが流行し[54]、10万人または人口の5分の1が死亡した[55]。1666年、シティのプディング・レーンにてロンドン大火が発生し、市内の家屋の約85パーセントが焼失した[56]。建築家ロバート・フック指揮のもと[57][58][59]、ロンドン再建に10年の歳月を要した。1708年、クリストファー・レンの最高傑作であるセント・ポール大聖堂が完成した。ハノーヴァー朝の時代には、メイフェアをはじめとする新市街が西部に形成され、テムズ川には新たな橋が架橋され、南岸の開発が促進された。東部では、ロンドン港がテムズ川下流のドックランズに向かって拡張された。, 1762年、ジョージ3世はバッキンガム・ハウスを手中に収め、以後75年間にわたって同邸宅は拡張を続けた。18世紀、ロンドンの犯罪率は高く、1750年にはロンドン最初の専業の警察としてバウストリートランナーズ(英語版)[60]が設立された。総計で200件以上の犯罪に死刑判決が下され[61]、小規模な窃盗罪でも女性や子どもが絞首刑に処された[62]。ロンドンで生まれた子どもの74パーセント以上は5歳未満で死亡していた[63]。コーヒー・ハウスが意見を交わす社交場として流行したのにともない、リテラシーの向上やニュースを世間一般に広める印刷技術が向上し、フリート・ストリートは報道機関の中心地となっていた。, 1777年のサミュエル・ジョンソンによる言葉を記す。「ロンドンに飽きた者は人生に飽きた者だ。ロンドンには人生が与えうるものすべてがあるから」[64], 1831 - 1925年ごろ、ロンドンは世界最大の都市であった[65]。著しく高い人口密度によりコレラが大流行し[66]、1848年に1万4,000人が死亡、1866年には6,000人が死亡した。特に、1854年8月の大流行は『ブロード街の12日間』というノンフィクションにまとめられている。1855年に、首都建設委員会(英語版)が設立される。渋滞が増加し、首都建設委員会はインフラ整備を監督した。世界初の公共鉄道ネットワークであるロンドン地下鉄が開通している。首都建設委員会は1889年にロンドン郡議会(英語版)になり、ロンドン最初の市全域を管轄する行政機構として機能した。第二次世界大戦時、ザ・ブリッツをはじめとするドイツ空軍による空爆により、3万人のロンドン市民が死亡し、市内の多くの建築物が破壊された。終戦直後の1948年、ロンドンオリンピックが初代ウェンブリー・スタジアムにて開催され、同時に戦後復興をわずかに果たした。, 1951年、フェスティバル・オブ・ブリテン(英語版)がサウス・バンクにて開催された。1952年、ロンドンスモッグの対応策として大気浄化法 (1956)(英語版)が掲げられ、「霧の都」と揶揄されたロンドンは過去のものとなったが、大気汚染の問題はいまだに残されている[67]。1940年代以降、ロンドンには大量の移住者が流入した。多くはイギリス連邦加盟国の出身者である。内訳としてはジャマイカ、インド、バングラデシュおよびパキスタン出身者で、ロンドンに欧州屈指の多様性をもたらす要因となっている。, 主として1960年代半ば以降、ロンドンは世界的なユースカルチャーの中心地となっていった。キングス・ロード、チェルシー、カーナービーストリート(英語版)といった地域ではスウィングロンドン(英語版)といったスタイルが流行した。流行の発信拠点としての役割はパンク・ロックの時代に復活し、1965年、ロンドンの都市的地域の拡大にともない、管轄範囲を拡大したグレーター・ロンドン・カウンシルが設立された。北アイルランド問題に関連し、ロンドンではIRA暫定派による爆破事件が発生した。1981年のブリクストン暴動(英語版)では、人種差別問題が注目を集めた。第二次世界大戦以後、グレーター・ロンドンの人口は次第に減少していった。ピーク時の1939年の推計人口が861万5,245人だったのに対し、1980年代では約680万人に減少していた。ドックランズのカナリー・ワーフ再開発事業にともない、ロンドンの主要港は下流に位置するフェリクストウ港(英語版)やティンバリー港(英語版)に移転した。また、カナリー・ワーフ再開発事業により、ロンドンの国際的な金融センターとしての役割は増加の一途をたどった。, 1980年代、高潮による北海からの海水の流入をせき止め、洪水を防止するテムズバリア(英語版)が完成した。1986年、グレーター・ロンドン・カウンシルが廃止され、ロンドンは世界で唯一、中央行政機関が存在しない大都市となった。2000年、グレーター・ロンドンを管轄するグレーター・ロンドン・オーソリティーが設立された。ミレニアム記念事業の一環として、ミレニアム・ドーム、ロンドン・アイ、ミレニアム・ブリッジが建設された。2005年、ロンドン同時爆破事件が発生し地下鉄車両とバスが爆破された[68]。2012年、第30回オリンピックが開催された。1908年や1948年に次ぐ3度目のオリンピック開催であり、同一都市としては史上最多となる。, アメリカのシンクタンクが2017年に発表した総合的な世界都市ランキングにおいて、世界1位の都市と評価された[69]。, 2020年、フランスのエマニュエル・マクロン大統領より、レジオンドヌール勲章を授与される[70]。, グレーター・ロンドンは、シティ・オブ・ウェストミンスターを含む32の特別区とシティ・オブ・ロンドンにより構成されている[71]。グレーター・ロンドンは選挙で選出されたロンドン市長とロンドン議会により構成されている。ロンドン市長は行政上の力を有し、ロンドン議会は市長が提案する年度毎の予算の可否や裁定に関して精細に調査する。グレーター・ロンドンの本庁はサザークのシティーホールにあり、現在の市長はサディク・カーンである。市長の法定戦略計画はロンドンプラン(英語版)として公開され、最新のものは2011年に改訂されている[72]。, グレーター・ロンドンのうち、シティ、都心部の13区はインナー・ロンドン、その外縁部の19区はアウター・ロンドンと呼ぶ。1965年、グレーター・ロンドン全体を管轄する広域自治体としてグレーター・ロンドン・カウンシルが発足したが、1986年にサッチャー政権の地方行政改革により廃止された。グレーター・ロンドン・カウンシル廃止以後、各区は「ユニタリー」と呼ばれる状態にあり、カウンティレベルの行政組織として機能していた。ところがブレア政権下の住民投票により、2000年にグレーター・ロンドンを管轄するグレーター・ロンドン・オーソリティーが設立され、グレーター・ロンドンの市長は直接選挙で選出されるようになった。初代市長ケン・リヴィングストンはロンドンの主要な政策課題である公共の安全性の確保と交通問題に努めたが、2008年にボリス・ジョンソンとの選挙に敗れ、ジョンソンが2代目市長となった。シティは中世から自治組織を有し、ロード・メイヤーと呼ばれるロンドン市長を選出してきたが、現在ではシティの「市長」は名誉職になっている。また、英国では伝統的に大聖堂(大寺院)がある町(Town)を都市(City)と呼称し、シティ・オブ・ロンドンにはセント・ポール大聖堂、シティ・オブ・ウェストミンスターにはウェストミンスター寺院がそれぞれ存在する。一方、サザークは大聖堂を有するが、16世紀からシティではなく特別区を名乗る。, 特別区は一番身近な行政サービスである地区計画や学校、社会福祉援助、地域道路の整備、ゴミ収集に関して責任がある。ゴミ収集のような行政サービスはロンドン清掃事務当局(英語版)等の機関を通じていくつかの特別区ごとにそれぞれ共同で行っている。2009 - 2010年のロンドン議会とグレーター・ロンドンを合わせた歳入歳出規模は220億ポンドで、そのうち147億ポンドは特別区、74億ポンドはグレーター・ロンドンであった[73]。, グレーター・ロンドンの治安はロンドン市長公安室(英語版)下のロンドン警視庁により担われている。シティ・オブ・ロンドンは自らの警察機構であるロンドン市警察を有している[74]。イギリス鉄道警察はロンドンのナショナル・レールやロンドン地下鉄に関してその責任を有している[75]。, ロンドン消防庁はイギリスの消防に関する法律により、ロンドン消防・緊急事態計画局(英語版)のもと、グレーター・ロンドンを管轄する、世界で5番目に大きな消防組織である[76]。救急はロンドン救急サービス(英語版)(LAS)により担われ、無料の救急車サービスでは世界で最大規模である[77]。ロンドン航空救急(英語版)はLASと連携して慈善で運営されている。イギリス沿岸警備隊と王立救命艇協会はテムズ川で運用されている[78][79]。, ロンドンはイギリス政府の首都としてウェストミンスター宮殿周辺に官庁が多く集まっている。特にホワイトホール沿い界隈に集中しており、首相官邸のダウニング街10番地も含まれる[80]。イギリス議会は「議会の母(Mother of Parliaments)」と呼ばれ、この愛称は最初にイングランド自体にジョン・ブライトが用いた[81]。議院内閣制のモデルである。, グレーター・ロンドンは一番上の行政機構で、特別区がそれぞれロンドンをカバーしている。小さい範囲のシティ・オブ・ロンドンはかつてすべての範囲の街区が含まれていたが、都市地域の成長によりシティ・オブ・ロンドン自治体(英語版)により郊外との合体が試みられた。それぞれ異なった目的により「ロンドン」が定義され、かつて法的に議論された[82]。グレーター・ロンドンの40パーセントはロンドン郵便カウンティ(英語版)によりカバーされ、郵便の住所では 'LONDON'の範囲を構成している[83][84]。, ロンドンの市外局番は(020)でグレーター・ロンドンと同じように広範囲をカバーし、外側の地区のいくつかは外れるがグレーター・ロンドンの外の地区のいくつかは含まれている。M25モーターウェイの内側が通常、ロンドンとみなされ[85]、グレーター・ロンドンの範囲は変化している (en) [86]。市街地の拡張は現在、メトロポリタン・グリーンベルト(英語版)により防がれているが[87]境界を越えて市街地は広がっており、グレーター・ロンドン都市的地域(英語版)と定義が分かれる。超えた範囲は広大なロンドンコミューターベルト(英語版)になっている。, グレーター・ロンドンはいくつかの目的によってインナー・ロンドンとアウター・ロンドンに分かれている[88]。シティはテムズ川によりノース・ロンドンとサウス・ロンドンに分けられ、形式的にセントラル・ロンドンはその内側にある。ロンドンの中心はもともとチャリングクロスのエレノア・クロス(英語版)でウィンチェスターとトラファルガー広場の結合する部分の近くに位置し、北緯51度30分26秒 西経00度07分39秒 / 北緯51.50722度 西経0.12750度 / 51.50722; -0.12750である[89]。, シティ・オブ・ロンドンとシティ・オブ・ウェストミンスターはシティステータス(英語版)を有し、シティ・オブ・ロンドンはグレーター・ロンドンとは別個の典礼カウンティとして残っている[90]。現在のグレーター・ロンドンには、かつてのミドルセックス州、ケント、サリー、エセックス、ハートフォードシャーが編入されている。, ロンドンの、イングランドやのちのイギリスの首都としての地位は法律や書物には認められない[note 1]。しかしその地位は、憲法会議を通してイギリスの憲法で実質的な首都として制定されている。12世紀と13世紀にかけて、イングランドの首都は、ウェストミンスター宮殿の開発の進展によりウィンチェスターからロンドンへ王宮が恒久的に移されてから、国家の政治の中心たる首都となった[93]。, グレーター・ロンドンは1,583km2 (611 sq mi) の面積があり、人口は2001年現在7,172,036人で人口密度は4542人/km2。より広い範囲はロンドン大都市圏またはロンドン大都市圏密集体と呼ばれ面積は 8,382km2 (3,236 sq mi) で人口は12,653,500人に達し人口密度は1510人/km2である[94]。現代のロンドンはテムズ川河畔に位置する。テムズ川の特徴として、航行可能で、ロンドン市域を南西部から東部にかけ横切っている。テムズ低地(英語版)は氾濫原で周辺部はなだらかな丘陵地である。その中にはパーラメント・ヒル(英語版)やアディントン・ヒル(英語版)、プリムロズ・ヒルが含まれる。テムズ川はかつてはより川幅が広く、水深も浅くて沼地が広がり、満潮時には河岸は通常の5倍にも達していた[95]。, ヴィクトリア朝以来、テムズ川は広い堤防が築かれ多くのロンドンの支流は現在地下を流れている。テムズ川は潮の流れの影響を受ける川で洪水による被害を受けやすい[96]。この脅威は時間と共にゆっくりと継続的に高い潮汐レベルで増す。これは緩やかに傾いたイギリスの後氷期地殻均衡復元(英語版)による[97]。1974年に脅威を防ぐため10年計画でウーリッジでテムズ川を横切るテムズバリア(英語版)の建設が始まった。バリアは2070年まで機能するように設計され、さらなる拡張や再設計の話し合いがすでに行われている[98]。, 西岸海洋性気候で、イギリス南部の多くの地域と同様である。日本と比べると暖候期である春から夏の気温が低いため、相対的に秋から冬にかけての季節が長く感じられるが、年間を通してみると温和な気候である。冬は比較的寒いが、1月の気温を平均すると約6℃で日本の東京や大阪とほぼ同じで北欧諸国や大陸の地域と比べて高緯度の割りに温暖である。しかし、日々の変動が大きく、最低気温が8~9℃となる日もあれば最高気温が1~2℃となることも珍しくない。また冬の日照時間は短く曇りの日が続く。霜が郊外で11月から3月にかけ平均2週間発生する。降雪は通常、4-5回12月から2月にかけ発生し、大雪となっても10cm程度である。3月や4月に雪が降ることは希であるが、2-3年毎に見られる。冬の気温は−4 °C (24.8 °F) 以下や14 °C (57.2 °F) 以上を超えることは滅多に起こらない。比較的近い北極や北欧方面からの寒波の影響を受けることがあり2010年の冬には郊外のノーソルトで−14 °C (6.8 °F)の最低気温を記録し、20年に一度の大雪も見られロンドンの交通機関は大きく混乱した。