インスタントコーヒーの魅力を知った彼ら兵士は、戦地から母国へ帰る際に『ベルナ』を持ち帰ります。これによって、インスタントコーヒーの存在は一般の人々にも普及していきました。 4.どのタイミングを“発明”と呼ぶか… 1945年(昭和20) コーヒー豆不足が5年後の輸入再開まで続き、コーヒー豆は貴重品となる. ネスレのインスタントコーヒーの歴史は?どうやってできたの? インスタントコーヒーのはじまりは、1920年末期コーヒーの産地であるブラジルでは、大豊作でコーヒーの価格相場が急落して農民が困窮してしまったのです。 化, セールスの時の「何割引き」には要注意, ゲーム内ではほとんど存在しないパズルゲームの広告、イギリスで禁止に, 女性の自殺が増加しているとの話, Twitterは「無料相談ツール」ではない, 「インバウンド消滅」という言葉, 「預金の伸び率が過去最高更新、給付金滞留や個人消費抑制」の話, パソコンのドライブはなぜCから始まるのか. 1948年(昭和23) コーヒー豆の輸入が完全に途絶え。戦時中は統制会社日本コーヒーによりレギュラーコーヒー、インスタントコーヒーが製造され、軍に納入された. コーヒー, インスタントコーヒー,種類と歴史 食品関係の粉粒体(3) (コーヒーの花) (コーヒーの実) <粉粒体の部屋(4-3)> ここでは,最も身近な食品用粉粒体の応用である「コーヒー」を紹介しています。 Copyright(C) Holly’s Corporation All Rights Reserved. agf®(味の素agf)公式ウェブサイト。マキシム®・ブレンディ®などの商品情報、コーヒー関連情報、コーヒーオリゴ糖に関する研究開発、企業情報などをご紹介します。 コーヒーが日本に伝えられてから、生活に密着するまでにとても時間がかかりました。 現代の生活の中で、コーヒーがなじみ深いものになった背景には、インスタントコーヒーの開発が影響しているといえ … インスタントコーヒーが初めて世に出たのは1901年。 ニューヨーク州バッファローで開催されたパンアメリカン博覧会で、日本人の科学者加藤博士が『ソリュブル・コーヒー』(溶けるコーヒーの意)と名付けて発表したのがインスタントコーヒーの始まりです。 時間のない朝や来客時など、手軽に、素早く、おいしいコーヒーを淹れたい時に大活躍するのがインスタントコーヒーですよね。, 別名「ソリュブルコーヒー」(ソリュブル:水に溶ける)と呼ばれるインスタントコーヒーは、お湯や水に溶かすだけですぐに飲める便利さだけでなく、抽出後にコーヒー豆のカスが残らないというのも嬉しいかぎりです。, そんな、私たちにとって身近なインスタントコーヒーを発明した人物が、「私たちと同じ日本人だった」という説があることをご存知ですか?, お湯や水を注ぐだけで風味豊かなコーヒーを飲むことができるインスタントコーヒーの製造方法には、大きく分けて2種類の方法があります。, コーヒーの抽出液に高温の熱風を吹きつけて水分を飛ばし、コーヒー成分を結晶化する方法が「スプレードライ製法」です。, 熱して結晶化したインスタントコーヒーは粒が粉のように細かくなり、お湯や牛乳などの液体にすぐ溶けます。, 生産には大規模な設備が必要になりますが、比較的安価に作ることができるので、大量生産に向いている製法です。, コーヒーの抽出液を超低温で冷却し、真空状態にして水分を昇華させる方法が「フリーズドライ製法」です。, 熱の影響を受けないので、スプレードライ製法と比べてコーヒーの風味や香りが失われにくいメリットがあり、水分の除去と真空状態によって長期保存にも向いています。, 家庭やオフィスでのコーヒーブレイクが手軽になり、コーヒーの存在がより身近になるきっかけにもなったインスタントコーヒーって、いつ頃にできたものなのでしょうか?, 実は、このインスタントコーヒーの発明に、私たちと同じ日本人が深く関わっていたとの説があります。, 1899年、アメリカのシカゴに在住していた日本人科学者の加藤サトリ氏は、緑茶を粉末化する実験の途中に、コーヒーへの応用をひらめきます。, スプレードライ製法を用いて緑茶を粉末化する技術を活かした実験の結果、コーヒーの抽出液の粉末化に成功。その後、1901年にニューヨーク州で開かれた「パンアメリカン博覧会」に、世界初のインスタントコーヒーを発表します。, 加藤氏は、1903年に自身が考案した製法の特許を取得しますが、残念ながら「コーヒー特有の香りに欠ける」との理由で、それほど注目されなかったそうです。, また、その当時に飲まれていたコーヒーはレギュラーが定番で、なかなか一般には浸透しないだろうとの予想から、加藤氏発明のインスタントコーヒーは商品化されませんでした。, 加藤氏の特許取得から3年後の1906年、アメリカ人の発明家ジョージ・ワシントンが、スプレードライ製法を改良した別の方法でインスタントコーヒーに関する新しい特許を取得します。, ワシントンが発明したインスタントコーヒーは、1909年に『ベルナ』という商品名で大量生産が始まりました。, 過酷な戦地で手軽にあたたかいコーヒーが飲めることは、心身ともに疲れきった兵士たちを癒やしたのです。, インスタントコーヒーの魅力を知った彼ら兵士は、戦地から母国へ帰る際に『ベルナ』を持ち帰ります。これによって、インスタントコーヒーの存在は一般の人々にも普及していきました。, 現在、インスタントコーヒーの製造方法には、「スプレードライ製法」と「フリーズドライ製法」の2種類がありますが、日本人の加藤サトリ氏が世界で初めて発案した製法は、スプレードライ製法によるインスタントコーヒーでした。, 年代だけで言えば、加藤氏の発明が世界初と呼べるのですが、アメリカ人発明家のジョージ・ワシントン説も根強く残る理由には、実験成功か、特許取得か、製品化成功かなど、どのタイミングを「発明」と定義づけるかにさまざまな意見があるようです。, ただ、今日世界に普及しているインスタントコーヒーの発明に日本人が関わっていることはまぎれもない事実です。, その歴史を知ると、なんだか、インスタントコーヒーにより親近感がわくような気がしませんか?. インスタントコーヒーは日本人が発明していたこと、商業化はネスレによるもの、日本に浸透したのは戦後の進駐軍による援助物資によってであることなど、身近ながらも実はあまり知られていなかったインスタントコーヒーのトリビアが。 日本のコーヒー業界全体の団体として社団法人全日本コーヒー協会がありますが、日本インスタントコーヒー協会は、同協会を構成する業界5団体のひとつで1961年9月に業界の健全なる発展を目指して設立されたインスタントコーヒーの製造・輸入業者の団体です。 今回は、ネスレという会社に焦点を絞って、種類、価格、歴史についてまとめていきたいと思います。, ネスレといえばというのであげられるのは、ネスカフェゴールドブレンドではないでしょうか。, このインスタントコーヒーは、スタンダードではあるものの、喫茶店で飲むコーヒーにも劣らないおいしいさとコクがありますので、人気の高い商品です。, 一番安いとご紹介したネスレカフェエクセラは一杯11円、ゴールドブレンドで1杯あたり22円、香味焙煎で26円、一番高いプレジデントというインスタントコーヒーでも1杯あたり32円で飲むことができます。, インスタントコーヒーのはじまりは、1920年末期コーヒーの産地であるブラジルでは、大豊作でコーヒーの価格相場が急落して農民が困窮してしまったのです。, これに苦慮したブラジル政府がネスレに要請して、スプレードライ方によるインスタントコーヒーを完成させるのです。, ネスレのインスタントコーヒーは、身近にあるもので、歴史・価格・種類がどれなんてあまり考えたことがないのではないでしょうか。, 安くておいしいインスタントコーヒーを開発してくださったのには、頭が上がりませんね。, ブラジルは当時大変だったのかもしれませんが、これがあって今のインスタントコーヒーがあると思うと意味があるものだと思いますね。, タグ : ネスカフェエクセラ, ネスカフェゴールドブレンド, 値段, 歴史, 香味焙煎.