まずは、EVAシリーズの概要や、その正体についてまとめていきます。 正式名称:「汎用人型決戦兵器 人造人間エヴァンゲリオン」で、使徒の殲滅を目的として人類が造りだした最終兵器になり、 使徒と同じ「A.T.フィールド」という防御壁(バリア)を持つことから、使徒に対抗できる唯一の存在とされる。 これに、14歳の選ばれた少年少女(シンジら)がパイロットとして搭乗し、エヴァ機との神経接続によって機体を操縦していく。 (ちなみに、神経接続のシンクロ率によって、エヴァとパイロット双 … 4号機 出典:evangelion.fandom.com. 映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』で、参号機のテストパイロットに鈴原トウジでなく、アスカが乗った理由を考察します!. この話以降エヴァ組は中盤まで離脱し、再登場の時には「q」準拠になってシンジは第13号機に乗り換えるため、武器名称すら不明。 なおこの前に登場するエヴァ2号機のビーストモードもこの話だけに登場するが 戦闘アニメ自体なかった。 2号機ェ… + さらに「Q」ではアスカが「コード777(トリプルセブン)」を発動。 旧劇場版では9機のEVA量産機を相手に大立ち回りを演じるも、活動限界を迎えて停止、 NERVドイツ第3支部で組み立てられた。 新弐号機のご尊顔. 牙が鋭く変化して上顎と比べて下顎の犬歯がサーベルタイガーよろしく大きく伸び、四肢の関節変型や尻尾が生えるなど、ネコ科のような特徴が随所に出されたより獣らしい姿に変身できるようになっている。 直後に再生・復活した量産機達によってアスカを乗せたまま捕食されてしまう。 同型の二体に分裂する能力を持つ使徒。 一度は敗れるも、エヴァ初号機と弐号機の連携攻撃によって殲滅。 第8使徒: サンダルフォン: 浅間山火口において卵状態で発見された使徒。 捕まえた後に孵化し、エヴァ弐号機と溶岩内にて戦闘。弐号機が熱膨張を利用して殲滅。 第9 表記揺れ:エヴァ弐号機 弐号機  エヴァンゲリオン弐号機 EVA2号機 エヴァ2号機 エヴァンゲリオン2号機 2号機, アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』に登場する架空の兵器、EVAシリーズのうちの一つ。EVAの量産を前提として作られたいわば先行量産機。赤い機体色と四眼が特徴。. エヴァシリーズ3号機以降の先駆けとして開発された正式量産タイプの壱号機。以後のエヴァシリーズの規格はこの弐号機をベースとすることとなる。 4号機はその姿など不明な点が多い機体です。アニメ版にも姿は登場していません。 4号機は稼働時間を延長する試験機でしたが、事故によって周辺施設を巻き込む大爆発を引き起こしました。 ちなみに同作中で最も損傷した機体であり、その度に不正規外部補修パーツによってツギハギされていた。 旧テレビアニメ版を見ていた方は、新劇場版の展開に驚いたと … 旧テレビアニメ版を見ていた方は、新劇場版の展開に驚いたと思います。 NERVドイツ第3支部で組み立てられた。 搭乗者は惣流・アスカ・ラングレー、第弐拾四話のみ渚カヲル。 コア(魂)はアスカの母親である惣流・キョウコ・ツェッペリン。 第弐拾四話では、コアが心を閉ざしていたためカヲルが操ることができた。 エヴァシリーズ3号機以降の先駆けとして開発された正式量産タイプの壱号機。以後のエヴァシリーズの規格はこの弐号機をベースとすることとなる。 旧劇場版では9機のEVA量産機を相手に大立ち回りを演じるも、活動限界を迎えて停止、 直後に再生・復活した量産 … コア(魂)はアスカの母親である惣流・キョウコ・ツェッペリン。 第10の使徒戦の際に裏コード「ザ・ビースト」が発動し、獣化第2形態に移行した。 引用:シン・エヴァンゲリオン劇場版 特報2. 最後はMark.09を巻き込んで自爆・大破。当初の予告では残骸はEVA8号機の修復に使われるとされていたが、別の形で修復される。 搭乗者は式波・アスカ・ラングレー、 真希波・マリ・イラストリアス。 名称が「2号機」に改められた他、頭部に短い角が追加され、カラーリングが変更された。 シン・エヴァンゲリオン劇場版:||においては「ニコイチ型EVA2号機」として、ユーロネルフから回収したジェットアローンの部品を流用した状態で修復されて最後の戦いへと投入される。, TV・旧劇場版と同じEVA弐号機。 映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』で、参号機のテストパイロットに鈴原トウジでなく、アスカが乗った理由を考察します!. 搭乗者は惣流・アスカ・ラングレー、第弐拾四話のみ渚カヲル。 アップになる新弐号機のお顔。破やQの改二とは違って、かなり厳つい顔になりましたね。しかし、この新弐号機はかなり前から発表されてい … メインの搭乗者はアスカだが、ゲーム版や漫画版では、シンジやカヲルが単独で搭乗しての実戦も描かれた。, ヱヴァンゲリヲン新劇場版におけるEVA弐号機。 原作の3年後のif世界を描いた本作では、様々なバリエーション機が登場する。, 新世紀エヴァンゲリオン ヱヴァンゲリヲン新劇場版 第弐拾四話では、コアが心を閉ざしていたためカヲルが操ることができた。 惣流・アスカ・ラングレー 渚カヲル 真希波・マリ・イラストリアス 洞木ヒカリ 専属パイロット:不明. バトルスタイルにおいても荒々しいところが目立つ「ザ・ビースト」とは打って変わって敵の首周りに飛びつき、襟巻きのように巻き付いて後ろから喉笛を食い破るなどネコ科に近い身体のしなやかさや俊敏さを利用したものになっている。