オランダの歴史(オランダのれきし)では、北欧のネーデルラント(オランダ語: Nederland、英語: Netherlands; オランダ)王国の域内で展開した歴史について解説する。なお、「オランダ」はネーデルラント連邦共和国・ネーデルラント王国の日本における通称なので、以下の本文ではこの地域をネーデルラントと呼ぶ。, 古代のネーデルラント(低地地方)はライン川下流以南がローマ帝国領、以北はフランク人やフリース人などが住むゲルマン系諸族の土地であった。森林が多い低地帯で、バタウィ族やフリース族などが共存していた。, ネーデルラント(低地地方)は紀元前58年、ガイウス・ユリウス・カエサルが率いるローマ帝国軍の侵攻を受け、ローマ帝国領最北端の地域に編入された(ガリア戦争)。ただし、帝国軍はネーデルラント北部のフリースラント地方の大部分は平定することが出来なかった。帝国はライン川を帝国領北端の国境線として、低地ゲルマニア属州の辺境を守る砦や町を造った。これらの中で重要だった町は、現在のユトレヒト、ナイメーヘン、マーストリヒトである。また、この時初めて文字がこの地にもたらされた。, 以前からこの地に住んでいたバタウィ族とローマ帝国の関係は当初は良好なものであり、次第にローマ文化が浸透してゆき、土着の神を奉るローマ風の寺院なども造られた。また、北海で産出される塩も重要な交易商品として帝国各地へ運ばれた。69年には、皇帝ネロの自殺に伴う帝国内の混乱に乗じる形で、ガイウス・ユリウス・キウィリスが首謀したバタウィ族の反乱(革命)が発生した。70年に新皇帝ウェスパシアヌスが実権を握り帝国内の混乱を収める中で、バタウィ族の反乱に対してもローマ軍団を派遣してこれを平定した。以後この地にはローマ軍団が常駐するようになった。, その後ローマ帝国が分裂し、この地を治めるのは西ローマ帝国となるが、帝国の勢力が衰えるとともにこの地域も衰退していったと思われる。, 4世紀以降の民族移動時代には、ネーデルラントは多くのゲルマン人の通過経路となった。なお、この時代の記録はほとんど残されていない。北のフリース人、南のフランク人、東のサクソン人の勢力圏に囲まれていたと考えられている。, 民族大移動期にローマ帝国はフランク人のサリ族を傭兵として利用するためにフォエデラティの資格でネーデルラント南部のトクサンドリアに入植させたが、西ローマ帝国の衰退にともない、サリ族入植地から発展して成立したフランク王国に、ネーデルラント全体が取り込まれていった。フランク王国の初代国王クロヴィス1世がカトリックに改宗したことにより、ネーデルラントにもキリスト教がもたらされた。, フランク王国の史料によれば、7世紀から8世紀においても、ネーデルラント北部からドイツ北部の海岸線に沿った地域はフリースラント王国が独立を保っており、その中心地はユトレヒトであった。734年のボールンの戦いでフランク王国がフリースラント王国を破り、現在のフリースラント州付近までがフランク王国の領土となった。その後、785年にザクセン公ヴィドゥキントがカール大帝に降伏し、ネーデルラントは完全にフランク王国の領土となった。この時点でのフランク王国の中心地は、現在のベルギーと北フランス一帯であった。, 843年にフランク王国が西フランク王国、中フランク王国、東フランク王国に分裂すると、ネーデルラントは中フランク王国に属することになった。その後、中フランク王国は再度分裂し、ネーデルラント(現在のオランダ語圏)は東フランク王国に吸収される。, 800年頃から1000年頃にかけては、激しいヴァイキングの侵攻に晒された。841年から873年にかけてはネーデルラントの大部分が占領され、ロリック率いる占領者がドレスタット(現在のユトレヒト付近にあった中世の町)からネーデルラント全域の統治を行った。, 10世紀から11世紀にかけては神聖ローマ帝国がネーデルラントを支配した。ナイメーヘンが皇帝の重要な滞在場所となるとともに、ユトレヒトが重要な商業港となった。ナイメーヘンでは何人かの皇帝が誕生し、そして死去した。1100年頃まで大部分の西ネーデルラント(現在の北ホラント州と南ホラント州付近)は未開の土地であった。1000年頃よりフランドル地方やユトレヒトの農民がこれらの沼地を購入し、排水して耕作地に変えていった。これらの土地は12世紀にはホラントと呼ばれるようになった。また、1000年ごろから農業技術の急速な発展に伴い、食糧増産が可能となった。それに伴い、人口も増加し商業も発展した。ギルドの形成や市場の設置も行われるようになった。通貨の導入も行われ、商業はますます盛んになった。このころのネーデルラントでは十字軍への参加も盛んに行われるようになっていた。, フランドル地方やブラバント地方では町が急速に発展し、領主から都市権を含む様々な権利を得るようになる。自治権などを持つ発展した街は、まるで独立国のようになっていった。このころ最も発達した街はブルージュとアントウェルペンであった(どちらも現在のベルギーの都市)。また、帝国内でそれぞれの領地を治めていた領主も帝国からの独立性を高めていった。神聖ローマ帝国はもはや各地を直接統治する権限を行使することが出来なくなり、単なる名目上のものになってしまった。ネーデルラントはホラント伯、ゼーラント伯、エノー伯、ヘルダーラント伯、ユトレヒト司教がそれぞれ治め、神聖ローマ帝国の宗主権下に入る形となった。また、フリースラントとフローニンゲンは半独立を保っていた。, 15世紀になるとブルゴーニュ公フィリップ善良公がこれらの伯領を統一し、ネーデルラント一帯はブルゴーニュ公国の一部(ブルゴーニュ領ネーデルラント)となる。この頃のネーデルラントは毛織物生産により経済的先進地となり、ヘント、アントウェルペンなどの富裕な都市を生みだしている。しかし1477年シャルル大胆公がナンシーの戦いで急に戦死し、ブルゴーニュ公家はここで断絶してしまう。一人娘のマリーはオーストリア大公マクシミリアン(後の神聖ローマ皇帝)と結婚し、ネーデルラント地域はハプスブルク家の所領となった。他方、ブルゴーニュ公領は、フランスのルイ11世(在位1461〜1481年)が接収した。, マクシミリアンとマリーの孫で自らもネーデルラントで生まれ育った神聖ローマ皇帝カール5世は、ネーデルラント17州すべての主権者として専制政治を行い、カール5世退位後にハプスブルク領がオーストリア・ハプスブルク家とスペイン・ハプスブルク家に分割されると、ネーデルラントはスペインの支配下に入った。, また、1530年代には再洗礼派がネーデルラントに流入し、アムステルダムを中心に勢力を伸ばした。1534年にはヤン・マティスを指導者として再洗礼派がアムステルダムを掌握、さらに再洗礼派にはヤン・ベーケルスゾンが指導者として加わり、ミュンスターを中心とした「ミュンスター千年王国」を建設したが、1535年にはプロテスタント諸侯とカトリック諸侯の連合軍によってミュンスターは陥落した。, 1545年、カール5世はネーデルラント諸州に異端審問官を設置、1550年にはこれらの異端審問官を皇帝直属機関とした。しかしこうした政策は主に経済面への悪影響を懸念するネーデルラント各都市からの反発を受けたため、カール5世によるプロテスタントへの圧力は弱まった。一方、1540年代にはカルヴァン派もネーデルラントに流入し、都市部の商人や手工業者を中心に勢力を広げた[1]。, このように、カール5世のネーデルラント政策はプロテスタントへの弾圧が目立つものであったが、一方でネーデルラント諸州が政治的一体性を持ち、また「ネーデルラント」としての統一的なアイデンティティを獲得し始めた時期にも相当する[2]。, カール5世は1555年にネーデルラント諸州を息子フェリペ2世に譲り、翌年にはスペイン王位も譲って隠居生活に入る。, フェリペ2世は1559年までネーデルラントに留まったが、この年に庶姉のパルマ公妃マルゲリータをネーデルラント全州総督に任命してスペインへ向かった。ネーデルラント諸州の政治はアラス司教のグランヴェルが事実上の最高責任者となった。一方、同年にはカトー・カンブレジ条約によってヴァロワ家とハプスブルク家の講和が成立したため、フランスからネーデルラントへ大量のカルヴァン派が流入を開始した。同年にはまた、ネーデルラント諸州の司教区再編が議論され、1562年には、それまでランス大司教区、ケルン大司教区、トリアー大司教区という、いずれもネーデルラント諸州外の大司教の管轄下に置かれていたネーデルラント諸州が新たにカンブレ、メヘレン、ユトレヒトの3つの大司教区に再編された。この結果、ネーデルラント諸州の貴族たちが持っていた教会関係の利権が失われることとなり、貴族たちの不満が募った。, 1566年、再び強化された異端審問に反発し、ネーデルラント諸州の下級貴族たち300名ほどがマルゲリータに異端審問の中止を要求した。マルゲリータはこの要求を容れたが、その結果、亡命中だったプロテスタントの指導者たちがネーデルラント諸州に舞い戻り、活発な野外説教を行うようになった。8月にはカトリックの教会や修道院を標的にした打ち壊しがフランドル州で発生し、他の州にも広がっていった(聖像破壊運動)。これらの一連の動きの背景には、この年の極端な冷害による食料不足もあった。, 1567年、フェリペ2世は事態を収拾するためにアルバ公を指揮官とする1万の部隊をネーデルラントに派遣した。8月にネーデルラント入りしたアルバ公は、徹底的なプロテスタントの取り締まりを行い、12月には穏健派のマルゲリータに代わってネーデルラント全州総督となった。一方、ネーデルラント諸州の貴族の中でも最有力者であったオラニエ公ウィレム1世は、アルバ公がネーデルラント入りする前の4月にドイツに逃亡していたが、アルバ公はオラニエ公およびそれに付き従った貴族たちの財産と所領を没収するという強硬策を採った[3]。, 1568年、オラニエ公ウィレム1世は弟ローデウェイクらとともにネーデルラントに侵攻し、アルバ公に戦いを挑んだが、これは失敗に終わり、フランスに逃げ込むことになった。フランスでユグノー勢力と合流したオラニエ公らは、軍船をかき集めて海賊船団を設立した。イングランドのドーバーやフランスのラ・ロシェルを根拠地として通商破壊戦を展開した。これがいわゆる「海乞食」(ゼーゴイゼン、ワーテルヘーゼン)である。, 1572年4月、26艘の船団に搭乗したおよそ250人の「海乞食」軍団はマース川の河口にあるブリーレの町の占拠に成功した。その後、ブリーレを根拠地に周辺の港町を幾つか攻略し、ホラント州およびゼーラント州内の水上交通網を押さえる戦略に出た。この結果、多くの都市がオラニエ公側に寝返り、7月までに26都市がオラニエ公側に付くこととなった。この月、ホラント州議会はオラニエ公ウィレムを州総督に任命する。, アルバ公側も反撃に出たが、オラニエ公側の守りを崩すことは出来ず、1574年10月のレイデンヘ攻防戦に勝利を収めたオラニエ公は、ホラント州およびゼーラント州を実効支配するに至った。その後、各地からプロテスタントがホラント州およびゼーラント州に逃げ込み、この2州の政治の実権はプロテスタントが握るようになった[注 1]。, 1575年、スペイン王フェリペ2世は2度目の破産宣告をした。この影響でネーデルラント派遣軍への給料支払いが滞ったため、スペイン兵たちはブラバント州で略奪行為に出た。この略奪を問題視したネーデルラント南部の諸州はスペイン軍の撤退を要求し、1576年11月にヘントの和平(オランダ語版)が成立した。しかしこの和平体制は長くは続かず、1577年にはオラニエ公と、アルバ公に代わって1576年にネーデルラント全州総督となっていたフアン・デ・アウストリアの間で戦闘が再開される。, 戦闘再開から間もなく、ユトレヒト州とアムステルダムはオラニエ公側に就くが、スペイン側も病死したフアン・デ・アウストリアの次のネーデルラント総督となったアレッサンドロ・ファルネーゼが主導して1579年1月にアラス同盟を結成、反乱州との対決姿勢を強めた。これに対し、反乱州は同じ月にホラント州およびゼーラント州でユトレヒト同盟を結成、翌年までにユトレヒト同盟は北部7州による同盟へと発展した。, 1580年9月、ユトレヒト同盟はフランス王アンリ3世の弟アンジュー公フランソワを新たにネーデルラントの君主として迎えることを決め(プレシ・レ・トゥール条約)、1581年7月にはユトレヒト同盟に参加した北部7州による連邦議会によって、フェリペ2世の統治権を否認する統治権否認令(英語版)を布告した。アンジュー公は1581年8月にネーデルラント入りしたが、ユトレヒト同盟側との意見の対立により、1583年6月にはフランスに戻ってしまう。更に1584年7月にはオラニエ公ウィレムが暗殺され、ユトレヒト同盟は指導者を欠く状態となった。, 1585年1月、ユトレヒト同盟はアンリ3世に北部7州の主権を委ねることを申し出たが、この申し出はアンリ3世に拒否される。同年6月にはイングランド女王エリザベス1世に同様の申し入れをするが、これも断られ、代替策としてイングランド貴族レスター伯ロバート・ダドリーが執政として北部7州に迎えられることとなった。8月に入るとスペイン軍の封鎖を受けていたアントウェルペンが降伏、開城に至って焼き討ちを受け、退去したプロテスタント市民が大挙して北部へと逃れた。これをきっかけとして10万から15万に達するとみられる難民がそれまでの商工業の中心だった南ネーデルラントから北部のホラントとゼーラントに移動する事態となり、ネーデルラントの経済の中心はアントウェルペンから資本と商業のノウハウが移転されたホラントの中心都市アムステルダムに移ることとなった。レスター伯は1585年12月に兵士5000人を率いてネーデルラント入りするが、やはり意見の対立が発生して1587年12月に帰国。ハプスブルク家と対抗出来る有力君主に北部7州の主権を委ねるという戦略は完全に破綻した。, 1585年にホラント州およびゼーラント州の総督に任命されたマウリッツ・ファン・ナッサウは、1591年までに更にユトレヒト州、ヘルダーラント州、オーファーアイセル州総督にも就任し、反乱側の指導者としての地位を確立する。1596年にはフランスとイングランドが北部7州を国家として事実上認める条約(グリニッジ条約)を締結し、うやむやのうちにネーデルラント連邦共和国が成立していたことになった[注 2]。, 共和国が成立してもスペインとの戦争は終わらなかった。ネーデルラント諸州は1602年、連合東インド会社(オランダ東インド会社)を設立してアジアに進出し、ポルトガルから香料貿易を奪取し、世界の海に覇権を称えた。このため貿易の富がアムステルダムに流入して、17世紀の共和国は黄金時代を迎えることとなる(オランダ海上帝国)。1609年にはスペインとの12年停戦協定が結ばれたが、1621年に停戦が終わると、独立戦争はヨーロッパ全体を巻き込んだ三十年戦争にもつれ込んだ。1648年、三十年戦争を終結させたヴェストファーレン条約の一部であるミュンスター条約で、スペインはネーデルラント連邦共和国の独立を正式に承認し、80年にわたる戦争は終結した。, オランダ東インド会社は、アジアだけでなく南北アメリカにも植民地を築いた。しかし各地の植民地でイギリス東インド会社と衝突し、ついには3次にわたる英蘭戦争となり、次第にイギリスより劣勢に立つことになった。, 1672年、イングランドがオランダに宣戦布告し(第三次英蘭戦争)、続いてフランス王国も宣戦を布告した(オランダ侵略戦争)。この国家的危機のため、1672年は「災厄の年(英語版)」と呼ばれる。オラニエ派(英語版)と共和派の対立も深まり、ついには1653年以来共和制の指導者であったヨハン・デ・ウィット兄弟が倒され、ウィレム3世が総督職に就いた。, 1688年、ウィレム3世はイングランドへ侵攻し、ジェームズ2世は国外へ逃れた(名誉革命)。ウィレム3世は妻メアリー2世とともにイングランドの共同統治者(ウィリアム3世)となり、イングランド(およびスコットランド、アイルランド)とネーデルラントは1702年までの20年余、ともに同じ元首を頂くことになった。18世紀始めに勃発したスペイン継承戦争ではネーデルラントはフランス・スペインを相手にイギリスとともに戦った。1747年、オーストリア継承戦争の最中、フランスに侵攻されたが、なんとか撃退した。, 18世紀末葉になるとフランスの啓蒙思想が共和国にも流入したが、オランダ総督のウィレム5世が優柔不断な態度を取っていたため、統領職を代々世襲するオラニエ=ナッサウ家に対する反感が高まった。さらにアメリカ独立戦争でイギリスと対立し、第四次英蘭戦争を起こして敗北(ただし、アメリカ独立戦争ではイギリスが敗北したため、オランダの損失は植民地のナーガパッティナムのみ)、1785年に愛国派(パトリオッテン)が蜂起する結果になった。, フランス革命が起こると、フランス革命軍は1793年にネーデルラント一帯を占領し、フランスへ亡命していた革命派やその同調者にバタヴィア共和国を樹立させたが、ナポレオンが皇帝に即位すると、1806年に弟ルイ・ボナパルトを国王とするホラント王国に移行した。しかしルイはネーデルラント人の利益を優先してナポレオンの命令に忠実でなかったため、ナポレオンは1810年に王国を廃止してフランス帝国の直轄領とし、総督ルブランがアムステルダムに駐在した。この混乱のなかで東インド会社は解散し、東インド植民地(オランダ領東インド)はフランスと敵対するイギリスが一時占領(1811年 - 1816年)した。この影響は遠く離れた日本の出島まで及び、オランダ国旗を掲げ(この時期、オランダ国旗を掲げている場所は、世界中で長崎の出島とアフリカ西海岸のエルミナ要塞しかなかった)オランダ船を装ったイギリス船フェートン号による侵犯事件も起こった(フェートン号事件)。, 1813年にナポレオン帝国が崩壊すると、イギリスに亡命していたオラニエ=ナッサウ家の一族が帰国し、ウィレム1世が即位して南ネーデルラント(ベルギー、ルクセンブルク)を含むネーデルラント連合王国を樹立した。これが現在まで続くネーデルラント王国(オランダ王国)の始まりである。しかしベルギーは独立戦争の後、1830年に分離独立した。1890年ウィレム3世が死去すると、王位を継承したウィルヘルミナ女王が幼少のため母后エンマが摂政となったが、その際にはルクセンブルク大公国が同君連合を解消して完全独立した。ウィルヘルミナ女王は1898年に18歳で親政を開始し、女王の統治時代は50年にわたって続くことになる。, 第一次世界大戦ではネーデルラント王国は中立を維持したが、第二次世界大戦では中立宣言にもかかわらずナチス・ドイツに占領された。このためウィルヘルミナ女王の政府はイギリスに亡命している。また1941年に太平洋戦争が勃発すると、12月8日に日本に対して宣戦を布告した[6]。東インド植民地(オランダ領東インド)は日本軍に占領された。南方軍司令官の今村均大将はオランダ側からの現地住民から身を守るための武装許可の要請を受け入れ、オランダ人の拳銃携帯を許可している。1945年の日本降伏後、オランダ軍は日本軍人をBC級戦犯として逮捕、拷問・処刑を行った(連合国中で最も多い226人の日本人を処刑、数千人を無期・有期刑で服役させた)。中には無実の者も含まれており、オランダの単なる報復行為の側面もあった。, 日本降伏後、スカルノら現地の独立派は独立を宣言し、オランダはインドネシアの独立を認めることなく再征服を目指したことによりインドネシア独立戦争(1945年 - 1949年)が勃発したが、結局インドネシアの独立を承認せざるを得なくなった。本国では1948年にウィルヘルミナ女王が退位してユリアナ女王が即位し、1980年にはユリアナ女王の譲位を受けてベアトリクス女王が即位している。, 各列内は五十音順。バチカンは国際連合非加盟。「その他」は国家の承認を得る国が少ない、または無い国であり、国際連合非加盟。国家承認を得た国連非加盟の国と地域の一覧・独立主張のある地域一覧も参照。, ネーデルラント連邦共和国は独立宣言を行っていないため、その成立の時期を特定することは出来ない, THE KINGDOM OF THE NETHERLANDS DECLARES WAR WITH JAPAN, 『統治権否認令(王権喪失宣言, オランダ「独立宣言」)(1581)』友清理士訳(歴史文書邦訳プロジェクト), https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=オランダの歴史&oldid=79872518. W. Swartにより「オランダの奇跡」と呼ばれている[1]。, 1568年、後にユトレヒト同盟 (オランダ語: Unie van Utrecht) に加盟することとなった7つの州が、フェリペ2世に対する反乱を開始し、オランダ独立戦争に発展していった。低地諸国がことごとく再占領される前、イングランドとスペインの間に英西戦争が勃発したことで、スペイン軍の進軍が止まり、ブルッヘやヘントといった貿易に重要な都市の支配に専念したが、当時間違いなく世界で最も重要な港であったアントウェルペンの支配権を失った。1585年8月17日、包囲戦の後、アントウェルペンが陥落(英語版)し、北ネーデルラントと南ネーデルラント(ほぼ現在のベルギー)の分割が確固たるものとなった。, ネーデルラント連邦共和国(ほぼ現在のオランダ)は、十二年の停戦まで戦った。停戦後も敵意が消えることは無かった。三十年戦争を終結させた1648年のヴェストファーレン条約により、ネーデルラント連邦共和国が公式に認められ、スペイン王国から独立した。, 1585年のアントウェルペン陥落時の条件で、プロテスタントの住民は、(改宗することが出来ない場合は)都市やハプスブルク領を離れる前に、問題を処理するために4年間の猶予期間が与えられた。[2] 他の場所でも同様の対処法がとられた。プロテスタントは特に熟練工や、ブルッヘ、ヘント、アントウェルペンなどの港町の金持ちの商人が多かった。1585年から1630年の間に、他のエリアに移動したカトリック教徒も多かったものの、カトリック教徒が他のエリアに移動するよりも多くのプロテスタントが北ネーデルラントに移動した。プロテスタントの多くは北に移りアムステルダムに住み着き、小さな港であったアムステルダムは、1630年までに世界で最も重要な港町、商業の中心となっていた。, 南ネーデルラントから大量のネイティブ住民が移動したのに加えて、特にポルトガルやスペインからのセファルディム、後にはフランスからのユグノーなど宗教的な迫害から逃れてきたネイティブではない多くの避難民の流入があった。ピルグリム・ファーザーズも、新世界への旅立ち前に、滞在していた。, この時期に、オランダにおいて貿易、産業、芸術、科学が花開いたことには、多くの理由がある。必要条件として、風車や泥炭から安価なエネルギーが得られたことで、運河によって簡単に都市に輸送できたことである。製材所の発明により[3]世界中の貿易で使用される巨大船や、共和国の経済的利益を守る軍事的な巨大艦の建造が可能となった。, 17世紀、有能な船員や優れた地図職人が伝統的に多かったオランダが、極東との貿易を開始した。彼らは徐々に世界の貿易において、かつてポルトガルやスペインが独占していた支配的なポジションを得るようになった。[4], 1602年、オランダ東インド会社 (Verenigde Oostindische Compagnie, VOC) が設立された。世界初の多国籍企業で、最初の近代的な証券取引場であるアムステルダム証券取引所を設立した株式を財源としていた。オランダ東インド会社により、アジア貿易をオランダが独占することとなり、この状態は2世紀にわたって続くこととなった。同社は17世紀の世界最大の営利会社となった。香辛料が大量に輸入され、彼らの努力、(航海の)危険性に加え、おそらく満たされることのない程の需要により、巨額の利益をもたらした。これは今日オランダの言葉で「peperduur (香辛料と同じくらい高価である)」として知られており、この言葉は、当時の香辛料の価格を例示して、ものすごく高価なものを意味している。この地域内での貿易の成長に融資をするために、1609年にアムステルダム銀行が設立され、この銀行は最初の中央銀行ではないものの、それの前身にあたる。[5], 貿易センターとしてのアムステルダムの支配的な地位は、長崎湾にある島であった出島の貿易拠点を介して行われた日本との貿易が オランダ東インド会社 (VOC) によって独占された1640年に確固たるものとなった。オランダは中国や日本と貿易し、将軍に対してtributeを支払った。1854年まで、オランダは日本の西洋への唯一の窓口となった。ヨーロッパから導入された科学的知見の集積は、日本では「蘭学」として知られていた。オランダは、当時ヨーロッパで興った産業革命、科学技術的革命の知見を日本に伝えるのに役立った。日本は、数多くの科学的書籍を、オランダから購入したり、翻訳したりして、西洋世界への好奇心や(時計などの)工業製品を得て、(19世紀の電気現象や気球などの)様々な西洋の発明品の実演を日本で行った。17、18世紀、おそらくオランダはヨーロッパ全土の中で最も経済的に豊かで、科学的に進んでいた国で、そのことにより、日本へ西洋の知識を伝える特権的なポジションを得ることとなった。, オランダはヨーロッパ諸国間の貿易も支配していた。低地帯諸国は、東西と南北の貿易ルートが横切る場所で、ライン川を通過して広大なドイツの内陸部へと繋がる場所を好んだ。オランダ人商人たちは、フランスやポルトガルから、バルト海地域へとワインを輸送し、地中海周辺諸国へと運ぶ穀物を積み込んで戻ってきた。1680年代、毎年、平均しておよそ1000隻のオランダ船が、バルト海へと入り[6]、衰退しつつあったハンザ同盟諸国の市場と取引をしていた。オランダは、初期段階にあった北米のイングランドの植民地との貿易の支配権を得ることが可能であった。1648年スペインとの戦争が終結した後、オランダと北米のイングランド植民地との貿易も、栄えていた。, 国家的な産業も拡大した。造船所や精糖所が最たる例である。より広大な土地が利用されるにつれて、特に湖をベームスター、スヘルメル、Purmerなどのポルダーに改造し、地域の穀物生産と酪農場が大きく増えた。, 信仰の自由と経済的、政治的な独立のために戦い、改革主義者の北部州の完全な独立という形で終結した八十年戦争としてよく知られているスペインに対する抵抗の結果として、国民意識が高まることとなった。スペインとの間で12年間続いた一時休戦の条約に署名した1609年には既に国民意識は成熟していた。, 17世紀のオランダでは、社会的なステータスは主に収入によって決められていた。 貴族のほとんどは開発中の内陸部の州に住んでいたため、土地の貴族制は比較的重要ではなく、オランダ社会を支配していたのは都市の商人階級であった。聖職者は、カトリック、プロテスタント双方とも、世俗的な影響はあまりなかった。ローマカトリック教会は、スペインとの八十年戦争の開始以来、多かれ少なかれ抑圧されていた。新興のプロテスタントの動向は、カトリック教会の下のエリアよりもより広大なエリアを社会的に支配していたとはいえ、ばらばらであった。, 貴族は社会的ステータスが無いと言っているのではない。その反対に、豪商は地主になったり、紋章や家紋を得たりすることによって、自身に高潔さを持ち込んでいた。貴族も財政的な理由多くの階層と交わっており、彼らは自分の娘を豪商に嫁がせて、自身も商人となったり、官公庁や軍の事務所を引き受けたりしていた。商人も、官公庁をより大きな経済力と特権の手段として評価し始めていた。大学は、官庁に入るための履歴(学歴)となっていた。裕福な商人や貴族は、息子をヨーロッパへのいわゆるグランドツアーに送り出していた。しばしば、家庭教師(科学者であればなお好ましい)を同伴させ、若い彼らは多くのヨーロッパの国の大学を訪問した。この上流階級や貴族の相互の交わりが、17世紀の後半に特に目立った。, 階層的には、貴族や上流階級の次が、プロテスタントの聖職者、法律家、物理学者、小規模商人、実業家、国家機関の事務員などから成る裕福な中産階級であった。低層レベルの人々としては、農家、職人、熟練工、店主、政府機関の官僚などであった。更に下層には、熟練労働者、メイド、給仕、船員、その他のサービス業従事者などであった。, ピラミッド構造の最下層は「paupers」で、貧農であり、彼らの多くは、都市において物乞いまたは日雇い労働者として、その運を天に任せていた。, 社会的ステータスを定義する上で富が重要であったため、階層間の分離はそれほど決定的なものではなく、他の地域に比べて、社会的な流動性がずっと大きかった。人間性は重要な美徳であると説いているカルビニズム思想も、社会的差異の重要性を減少させる傾向があった。これらの傾向は、引き継がれており、近代のオランダ社会は、世俗化しているとはいえ、多くの人に、かなり平等主義的社会であると考えられている。他のヨーロッパ諸国よりも収入の不平等性は小さいものの、港湾労働者のあばら家の1部屋と、アムステルダムの大商人の邸宅の違いは、コメントの必要もないほどかなり明確であった。, 労働者、作業員は、一般的に多くのヨーロッパ諸国よりも多い賃金をもらっていて、税金も高かったとはいえ、比較的生活の水準は高かった。農家は、主に市民や船員を支える換金作物を売ることで、栄えていた。, カルヴィニズムは、ネーデルラント共和国の国教であった。しかし統一性が存在していることを示しているわけではない。周辺諸国と比べてネーデルラントは寛容な国家であるにもかかわらず、富や社会的に高いステータスは、ほとんど独占的にプロテスタントが所有していた。ユトレヒトやゴーダといったカトリックの影響が著しく強い都市では、黄金時代の富を享受することはなかった。プロテスタントの町では、信念を統一することが、一般的であるとは言い難かった。世紀の初頭、厳格なカルビニズム派とレモンストラント派として知られるより寛容なプロテスタントとの間で激しい論戦があり、国を二分した。(反レモンストラント派として知られた)教義上の敵が、ドルト会議(1618年 – 1619年)において大きな勝利を得た一方で、レモンストラント派は予定説を否定し、良心の自由を擁護した。宗派の多様性が、宗教的な観念的不寛容性を生み出した可能性がある。, デジデリウス・エラスムス(1466年頃 – 1536年)が主要な提唱者であったルネサンス・ヒューマニズムも、確固とした基盤を持ち、寛容的な風土の部分的な要素となっていた。, スペインからの独立するために八十年戦争において、宗教が重要な役割であった(他の重要な動機付けとなった政治的、経済的な自由)ため、カトリックに対する寛容性を掲げることは簡単なことではなかった。しかし、不寛容な意志は、お金で解決することができた。こうしてカトリックは、秘密集会(目立たない教会としての機能のある家)において儀式を行う特権を購入することができたが、当然官公庁での購入は不可能であった。カトリックは、大きな集団の一つではあったものの、それぞれの町において独自の範囲内で活動することが多かった。例えば、カトリックの画家のフェルメールは、デルフトの町の「Papist corner」に住んでいた。アナバプテストやユダヤ教信者も同様の状態であった。, 全体として、ネーデルラントの寛容性が、他国からの宗教的難民、特に富を携えてきたポルトガルから来たユダヤ人商人を弾きつけた。1685年フランスのナントの勅令の廃止が、多くが店主や科学者であった多数のフランスのユグノーの移民(移住者)を生み出した。しかし哲学者のスピノザ(1632年 – 1677年)などの数人は、社会的不名誉による移住であった。, 知識に関して寛容である土地柄であったことにより、ネーデルラント共和国は、ヨーロッパ全土の科学者や思想家を引付けた。特に、有名なライデン大学(ライデンの八十年戦争中のスペインに対する勇敢な抵抗への感謝の証としてオランダ総督のウィレム1世によって1575年に設立された)は、知的活動の集積地となった。チェコの教育者で作家であるコメニウスは、教育理論で有名であるだけでなく、17世紀のチェコのプロテスタント思想のパイオニアとして有名である。対抗宗教改革から逃れるために、彼はネーデルラント共和国に移民として入り、北ホラントのナールデンに埋葬された。コメニウスはLaurens de Geerの招待を受け入れ、アムステルダムを訪問し、人生最後の14年間(1656年 - 1670年)をそこで過ごした。彼は 彼の出版物のおよそ半分にあたる合計43巻の最も重要な著作物をそこで出版した。フランス人の哲学者で数学者のルネ・デカルト(1596年 - 1650年)は、1628年から1649年までオランダに住んでいた。 彼も最も重要な著作物をアムステルダムとライデンで出版している。フランス生まれの哲学者ピエール・ベールは、1681年フランスを離れ、ネーデルラント共和国にやってきて、ロッテルダムの著名な学校で、歴史と哲学の教授となった。彼は1706年に亡くなるまでロッテルダムに住んでいた。バートランド・ラッセルが「西洋哲学の歴史(1945年)で述べたように、「デカルトは、ビジネスでフランスに数回、イングランドに一度行った以外は、オランダに20年間(1629-49)住んだ。17世紀における思索の自由のあった国としてのオランダの重要性は、強調しても強調しすぎることはない。トマス・ホッブズは、彼の著作物をここで印刷する必要があり、ジョン・ロックは、1688年以前のイングランドにおける最悪の5年間の反動期間、ここに避難していた。ピエール・ベールは、そこに住むことが必要であると感じ、バールーフ・デ・スピノザはオランダ以外の国では、彼の活動をすることはほぼ許されなかっただろう。」, オランダの法律家は、国際的な海事法と商法の知識で有名であった。フーゴー・グローティウス(1583年 – 1645年)は、国際法の基礎の確立に主導的な役割を果たした。彼は「Free seas」または「Mare liberum」の概念を考案した。世界の貿易の支配に関してオランダの主要なライバルであったイングランドにより猛烈な抗議を受けた。彼は彼の著作物「De iure belli ac pacis(戦争と平和の法)」の中で国家間の紛争に関する法律も策定した。, クリスティアーン・ホイヘンス(1629年 – 1695年)は、有名な天文学者、物理学者、数学者である。彼は振り子時計を発明し、正確な時間管理に重要なステップとなった。天文学への貢献としては、土星の環を説明したことである。彼は、光学分野にも貢献した。光学分野において最も有名なオランダの科学者といえば、おそらくアントニ・ファン・レーウェンフックであり、彼は初めて微視的な生命を系統的に調査した。彼はバクテリアの存在を記述した最初の人物であり、微生物学分野の基礎を築いた。「顕微鏡」は簡素な拡大鏡である、複合的な顕微鏡ではなかった。 彼のレンズ研磨のスキル(some as small as 1mm in diameter)により、拡大率は245倍までになった。[要出典], オランダの有名な水力工学者のJan Leeghwater(1575年 – 1650年)は、オランダの半永久的な海との闘いに重要な功績を残した。 Leeghwaterは、大きな湖の多くをポルダーに変え、風車を使って水をかき出すことで、相当多くの土地を共和国にもたらした。, 再び、オランダの寛容な風土により、書籍の出版社も栄えた。国外では論争の的になるような宗教、哲学、科学に関する多くの本がオランダで出版され、秘かに他国へ輸出されていた。このような理由で、17世紀のネーデルラント共和国は、ヨーロッパの出版社のようになった。, 低地帯諸国は、近隣諸国よりも目立った文化的発展を経験した。オランダの著名な劇作家Joost van den Vondelなどのいくつかの例外を除き、バロックのムーブメントは、それほど大きな影響を与えなかった。バロックの活力に溢れた様子は、多数派のカルヴィニズムの住民の質素さに合わなかった。, 芸術の新しい発展の主要な推進力となったのは、特に西部州、最初はホラント、次にホラントほどではないがゼーラントやユトレヒトを中心とした市民であった。他国ではしばしば裕福な貴族が芸術のパトロンであった一方で、オランダにはそのような貴族は少なかったため、パトロンの役割は、富裕な商人や上流階級の人々が果たした。, 文化的活動の中心は、都市の民兵組織(オランダ語で"schutterij")や、 chambers of rhetoric(オランダ語で"rederijkerskamer")であった。 "Schutterij"は、都市の防御や警備のために創られたものであったが、更には、目立つ役割を果たすことに誇りを持ち、集団肖像画としてそれを後世に残すことに多くのお金を払った富裕層の会合場所としての役割も果たしていた。"Rederijkerskamer"は、詩やドラマ、議論などの文学的活動を、時にはコンテストを通じて、養成する都市レベルの団体であった。都市は彼らの団体に誇りを持ち、それらを推奨していた。, 17世紀の間、都市の商人階級が、裕福な中産階級であるオランダ社会を支配していた。17世紀がオランダに繫栄をもたらした。オランダ黄金時代において、 中産階級の食事は、豊富で多様な料理であった。[7][8] オランダの歴史(オランダのれきし)では、北欧のネーデルラント(オランダ語: Nederland、英語: Netherlands; オランダ)王国の域内で展開した歴史について解説する。なお、「オランダ」はネーデルラント連邦共和国・ネーデルラント王国の日本における通称なので、以下の本文ではこの地域をネーデルラントと呼ぶ。 15世紀、オートキュイジーヌが登場し、これを食するのはほぼ貴族階級に限られていたが、17世紀以降、裕福な市民もオートキュイジーヌ料理を食することができるようになった。オランダ帝国は、香辛料、砂糖、外国の果物を、国内に輸入することを可能にした。17世紀後半までに、茶、コーヒーの消費が増加し、日々の生活の一部となった。茶はスイーツ、チャンディー、マジパン、クッキーなどと一緒に提供されていた。[9] 当時のオランダ富裕層の食事には、高価な料理や飲料が多く出されていた。[10], オランダ黄金時代の絵画は、ヨーロッパの他の地域で支配的であったカラヴァッジョ派や写実主義といったバロック絵画の多くの特質を引き継いだものであったが、静物画、風景画、風俗画などの分野に革新をもたらした。自画像も人気があったが、伝統的に絵画分野のヒエラルキーで最上位だった歴史画は、購入者を見つけるのに苦労した。教会芸術は事実上存在せず、他の種類の彫刻もほとんど創られていなかった。その一方で美術品収集や一般市場向けの絵画制作もオランダ各地で盛んであり、美術史家たちは、裕福なオランダの中産階級や、成功した商人層のパトロンの数が増加したことが、特定の絵画主題の人気の推進力として働いたと指摘している[11]。, 対抗宗教改革派の教会では、ヨーロッパのカトリック教国で芸術を後援していたパトロンが不足していたこともあって、数多くの風俗画や他の非宗教的な絵画が描かれることとなった。例えば、海を埋め立てた土地や共和国の黄金時代を特徴付ける貿易源や海軍力を反映する風景画や海洋画などである。オランダバロック絵画でかなり特徴的である一つの主題としては、特にレンブラントの「夜警」のような市民や民兵ギルドなどの集団を描いた集団肖像画である。特に静物画は、「pronkstilleven (オランダ語で「華美な静物」)」と呼ばれていた。これら華美な静物画の様式は、1640年代に、フランス・スナイデルス、オシアス・ベールト (Osias Beert)、アドリアーン・ファン・ユトレヒトやすべての年代のオランダ黄金時代の画家などのフランドルの芸術家によってアントウェルペンで発展したものであった。彼らは、無機物、花、狩猟の獲物など多様なものを描き、人と動物とを一緒に描くことで存在感を強調した静物を描くことも多かった。この様式は、すぐにネーデルラント共和国出身の芸術家たちが自身の作品に採用することとなった[12]。, 現代で最も知られているオランダ黄金時代の画家は、その時代の最も傑出した人物であったレンブラントや、デルフトの巨匠ヨハネス・フェルメール、革新的な風景画家ヤーコプ・ファン・ロイスダール、肖像画に生活を捧げたフランス・ハルスである。有名な芸術スタイルやトレンドには、ハールレムのマニエリスム、ユトレヒト・カラヴァッジョ派、デルフト派、ライデンの細密画派、オランダ古典主義などがあった。, オランダの建築は、黄金時代に新しい段階に入った。経済的に繫栄し、都市は大規模に拡大した。新市庁舎、貨物計量所、倉庫が建てられた。 財を成した商人が、多くの都市やその周辺で(防御と輸送目的で)掘られた新しい運河沿いに新しい家を発注し、その家は彼らの新しい社会的ステータスに合わせる形で装飾されたファサードを持っていた。田舎では、新しい城郭や風格のある家々が建てられたが、それらの多くは現在は残っていない。, 17世紀初頭、ルネサンスのモチーフと結びついた後期ゴシック様式の要素が、依然として行き渡っていた。20年から30年後、フランスの古典主義が注目を集めており、垂直的な要素が強調され、装飾は少なめで、煉瓦よりも天然石が好まれた。世紀末の数十年間、堅実性への傾向が強調されていた。1670年頃、邸宅の前面の特徴で最も目立ったのは、入口であり、両側に柱があり、おそらくその上にバルコニーがあったが、それ以外の装飾は無かった。, プロテスタント教会は1595年から発注され、それらの多くは今日も街のランドマークとなっている。, 最も有名な17世紀のオランダの建築家は、Jacob van Campen、Pieter Post、Pieter Vingbooms、Lieven de Key、ヘンドリック・デ・ケイゼルである。, 17世紀の彫刻に関するオランダの業績は、絵画や建築と比べると小さいものであり、周辺諸国に比べると、例が少ない。その大きな理由として、宗教改革における論争点の一つであったローマカトリックの偶像崇拝に対する反発があり、プロテスタント教会の内装に彫刻がないことが挙げられる。他の理由としては、貴族階級が比較的少なかったことである。政府の庁舎、私的建造物(しばしば邸宅の前部の装飾)、教会の内装など用などの用途で発注された。墓のモニュメントや胸像などの市場もあった。, ヘンドリック・デ・ケイゼルは、黄金時代の夜明け頃に活躍した数少ないネーデルラント生まれの彫刻家の一人である。1650年代から1660年代にかけて、フランドルの彫刻家のArtus I Quellinusは、クェリヌス家やRombout Verhulstなどの随行者とともに、王宮(現アムステルダム市庁舎)の古典主義装飾を任されていた。これはオランダ黄金時代の彫刻の主要な記念物として今も残っている。, 黄金時代は、文学の発展にも重要であった。Gerbrand Bredero、Jacob Cats、Pieter Hooft、Joost van den Vondelなどの人物がこの時代に活躍した。, London: published for the College by H. K. Lewis, [1969] and available online. 870年のメルセン条約で、現在のイタリア・ドイツ・フランスの原形がつくられました。 962年:神聖ローマ帝国 / 領邦国家の発展 RIVM Committed to health and sustainability. Helen Gardner, Fred S. Kleiner, and Christin J. Mamiya, Fernando Álvarez de Toledo, 3rd Duke of Alba, Baltic Connections: Mercantilism in the West Baltic, Oxford Dictionary of Art Terms: Pronkstilleven, Castles, palaces and stately homes in the Dutch golden age, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=オランダ黄金時代&oldid=75736734. オランダ黄金時代(オランダ語: Gouden Eeuw [ˈɣʌu̯də(n) ˈeːu̯])は、オランダの歴史において、貿易、科学、軍事、オランダ芸術が、世界中で最も賞賛された期間で、おおよそ17世紀にあたる。初めの半分の期間は、1648年に終結した八十年戦争により特徴付けられる。黄金時代は、17世紀の終わりまで、ネーデルラント連邦共和国で続いた平和な時代であった。, 1590年代の神聖ローマ帝国の領土から、世界で最も優れた海運国、経済大国になるまでの間のオランダの変遷は、歴史家のK. DutchNews.nl is a provider of quality Dutch news and current affairs in English for an international audience. オランダはヨーロッパ大陸の北端に位置し、南にベルギー、東にドイツと国境を接しています。海を挟んで西にはイギリスがあります。, このページでは先史時代から現代まで、いまオランダが位置する場所で起こった重要なイベントだけを追った簡単な通史をまとめました。オランダ旅行中にサッとひいて思い出すことが目的です。, オランダを旅行しているとローマ時代にさかのぼる遺跡の一部や発掘品も目にします。観光スポットのパンフレットには、「ローマ支配時代に…」とか「ブルゴーニュ公時代から…」「八十年戦争において…」「フランス併合時代は…」と書かれていることもあります。, オランダやヨーロッパの人にとっては常識かもしれないイベントも、遠いアジアから来たわたしには当初「それ、いつ?」状態でした。, ということで、旅のおともとして持ち歩けるよう、先史時代~現代までを通史と年表をまとめたものが以下になります。, ※おおよその位置を示す目的で現在の国名を用いる場合には、国名の前に「現」と付しています。また、現在のオランダ・ベルギー・ルクセンブルクが位置しているあたりは、土地が低いので『低地地方(ネーデルラント)』とも呼ばれます。, ネーデルラントに狩猟採集民が住み始めます。沿岸は湿地帯なので住める場所はかぎられていました。, 埋葬品の特徴から、現オランダ南部にケルト系、北部にゲルマン系が住んでいたといわれています。, 現オランダ北部の泥土に丘を作って住む人々があらわれました。それは満潮になると海に小さな島が浮かんでいるような光景だったといいます。, ローマ帝国の支配域の北の限界が現オランダです。南部はローマ帝国の属州になりましたが、北部に住むゲルマン民族は制圧されませんでした。, 400年頃ローマ帝国が衰退します。ついにネーデルラントから総督もいなくなり、各町の防衛力がなくなりました。さっそく北と東からゲルマン民族(サクソン人・フリース人・フランク人)が大挙して押し寄せました。, そのゲルマン民族のひとりクローヴィスがベルギー南部を中心に王国を建てます。フランク王国です。支配域はどんどん拡大して現オランダ~現フランスまでおよびました。, フランク王国の王はローマ人の統治の方法をまねて、キリスト教も積極的に取り入れました。, メロヴィング朝の重臣が玉座をじわりじわりと乗っ取ってカロリング朝フランク王国がはじまりました。, フランク王国には領土を兄弟で分割して相続する習わしがありました。カール大帝の孫の代で、兄弟間の領土の奪い合いの戦争になります。870年のメルセン条約で、現在のイタリア・ドイツ・フランスの原形がつくられました。, オランダを含む低地地方(ネーデルラント)は、ドイツ王国(神聖ローマ帝国)の一部になりました。, ネーデルラントの各領主はフランク王国時代から権力基盤を築いていましたが、思い思いに少しずつに勢力圏を広げてゆきました。, ネーデルラント北部(現オランダ)ではざっくり『ホラント伯領:西部』『ユトレヒト司教領:中央+』『ヘルレ伯領:東部』『ブラバント公領:南部』そして『フリースラント:北部』がしのぎをけずっていました。, 交易を通じて町が発展しました。領主にとって重要な資金源となるにつれて町は発言力を増し、自治権を獲得して都市になりました。君主の継承問題に口を挟むことさえありました。これは戦争になれば交易が阻まれて商売あがったりになってしまうからです。, ホラント伯家の男子の断絶によって伯位と領土が親戚を転々としました。内紛を経てホラント伯位はブルゴーニュ公爵のもとに落ち着きます。, ブルゴーニュ公国はフランス王家の分家として14世紀に創設されたのが始まりでした。巧みな婚姻政策、買収、相続などにより、ホラント伯領のみならず、ネーデルラントの大部分を獲得しました。, しかしまもなくブルゴーニュ公はフランス本国と仲たがいし、元来の土地がフランスに接収されます。ブルゴーニュ公の領土はほぼネーデルラントだけになりました。, ブルゴーニュ公爵が亡くなると、ひとりむすめのマリーが女公となって、ネーデルラントの広大な領土を相続しました。彼女はすでにハプスブルク家に嫁いでいました。, こうしてネーデルラントはハプスブルク家(オーストリア)の支配下に入るのですが、男子にしか相続権のなかったはずのホラント伯領も含んでいたため、条件が付されました。諸都市が女公マリーと交渉し、相続を認めるかわりとして大特権(大幅な自治権)を獲得したのです。, ネーデルラントを相続したハプスブルク家の男子がスペインの王女と結婚しました。そこにおもいがけず、王女にスペイン王位継承権が巡ってきました。王女が女王に即位したため、ネーデルラントを継承している夫がスペイン国王になりました(!), この2人から生まれた息子が、スペイン国王カルロス1世=神聖ローマ皇帝カール5世です。両親から相続した領土は、スペインとネーデルラントとオーストリア+α という広大なエリアにおよびました。, こうなると敵は真ん中のフランスです。カール5世は戦いに明け暮れました。疲れて引退すると、息子フェリペ2世が戦争を引き継ぎました。かさむ戦費をまかなうためにネーデルラントの税金があがりました。, カール5世はフランドル(現ベルギー北部)で生まれ育ちましたが、フェリペ2世はスペイン育ちのためネーデルラントには愛がなかったようです。, ネーデルラントの貴族オランイェ公ウィレム1世が、スペイン国王フェリペ2世の圧政に対して反乱を主導しました。これが80年もつづく戦争に発展し、結果として『ネーデルラント連邦共和国』として独立するにいたりました。すこしだけ詳しく書きます。, ヨーロッパは宗教改革で大混乱の時代。ネーデルラントでもプロテスタントが勢いを増しはじめていました。いっぽうでスペイン国王は、支配域をローマカトリックで統一しておきたいと思っていました。(ネーデルラントには当初、様子見で態度を保留する中央派も大勢いました。), スペイン国王はプロテスタントの弾圧にのりだしました。異端審問所をもうけ、身分を問わず多くの貴族や民衆を処刑しました。, 国王はさらに監視強化のため司教区を再編し、重役にはスペイン人を据えました。このためネーデルラントの中小貴族が権益をうばわれました。, ネーデルラントの反乱をうけて一度は退いたスペイン側でしたが巻き返しをはかります。ネーデルラント南部の諸州と諸都市をスペイン側にとりこんだのです。, 南部はカトリックを維持してスペインに忠誠を誓うアラス同盟を結成しました。これに負けじと北部諸州はプロテスタントを支持するユトレヒト同盟を結成します。なんとなく、今日のオランダとベルギーの原型です、あくまでも、なんとなく。, オランイェ公ウィレム1世を筆頭に、ユトレヒト同盟国の貴族がスペイン国王フェリペ2世に忠誠を誓わない旨を堂々発表(!)しました。, ただしこの時点では「独立」の意図はありませんでした。実はフランスやイギリスの国王や女王に統治権を委ねようとして断られたりするのです。手に余ると思われたんでしょうか…断られた理由はわからないそうです。, そんななか、オランイェ公ウィレムはスペイン国王から懸賞金をかけられ、デルフトで暗殺されました(1584)。, オランイェ公ウィレム亡きあとも戦争は続き、子孫が跡を継いで指揮をとりました。戦争の継続には同盟国内でも賛否両論ありひと悶着おきましたが、12年の休戦を挟んで戦争が再開され、ついに独立にいたります。, 戦争のあいだにスペイン側とオランダ側の都市が互いにとったりとられたりしました。終戦の時点で得ていた領土がネーデルラント連邦共和国となったので、元スペイン側だった都市は自由と自治権がおおはばに制限されました。, フェルメールやレンブラントなどがこの時代の画家です。オランダ人は船を作ってアジアへ繰り出し、経済的な成功をおさめ、黄金時代といわれる17世紀をむかえていました。日本の平戸に、続いて出島に、商館を建てたのもこの頃です。, フランス(ブルボン王朝)が領土拡大を図って、口実をみつけてはオランダに侵攻をくりかえしました。オランダがピンチの度にオランイェ家のリーダー性が民衆から求められました。期待に応えて活躍したオランイェ公もいれば、あっけなく早世した公、無為無策で役にたたなかった公もいました。, いっぽうで都市貴族(商売で成功した大富豪)が政治を牛知って私腹をこやしているとして、ここにも民衆の不満は高まってゆきました。, 1789年にフランスで革命が勃発しました。勝利したフランス革命軍はこの後オランダにも侵攻し、オランイェ公ウィレム5世はイギリスに亡命しました。, 無政府状態のオランダで愛国者運動派が臨時代表部をもうけて、フランスと(フランスに有利な)同盟を結び、オランダの地にバターフ共和国を樹立しました。(愛国なのか売国なのか難しい…。), 革命後のフランス内部は主義主張の異なる勢力が現れて大混乱に陥ります。このとき「対仏大同盟国」に対して抜きん出た軍事力をみせたナポレオンが、国民の支持を得ました。ナポレオンは1804年にフランス皇帝に即位します。皇帝はバターフ共和国を廃して、弟のルイ・ボナパルトを国王とするホラント王国をたてました。, ナポレオンがホラント王国を廃して、フランスに併合しました。アムステルダムはフランス帝国の第三の首都になりました。, イギリスとの通商を阻止するために、オランダ地方にも「大陸封鎖令」が課されました。これによって海外貿易がほぼ不可能になったにひとしく、海外貿易で繁栄したオランダにとっておおきな不幸でした。, 1813年、ナポレオンが欧州連合に敗れたのを機にオランダからフランス軍が撤退しました。すかさず3人のオランダ人貴族が暫定政府をたて、イギリスに亡命していたオランイェ公(当時ウィレム6世)を呼びもどしました。, ウィレム6世は国家元首ウィレム1世のち、ネーデルラント国王ウィレム1世を宣言しました。ネーデルラント王国にはベルギーとルクセンブルクも含まれていました。, 八十年戦争以来、ベルギーはカトリック教徒が多数を占める地域でした。また一部ではフランス語が話されています。宗教、言語、教育政策が異なる地域を統治するのは簡単ではありませんでした。, 1830年にブリュッセルで反オランダ暴動がおき、ベルギー臨時政府が樹立され、ベルギーの独立が宣言されました。国王は1839年に至って、ベルギーの独立をみとめました。こうしてネーデルラント王国はオランダ王国とベルギー王国に分離しました。, オランダ国王はルクセンブルク公を兼ねていたので、ルクセンブルクとは同君連合でした。しかし1890年にナッサウ公のアドルフがルクセンブルク公となって、オランダとの同君連合を解消したので分離しました。, (ルクセンブルク公国は女系の相続を認めていなかったので、国王ウィレム3世から次代女王ウィルヘルミナへは相続ができませんでした。), こうして、現在のオランダ王国、ベルギー王国、ルクセンブルク公国という、「ベネルクス3国」が形作られました。, オランダは中立の立場を守りつづけ戦場にはならずにすみました。戦場となったベルギーからは多くの難民がオランダに逃れてきました。, 中立を表明していたオランダに、ドイツ軍が宣戦布告なしに侵攻しました。ロッテルダムが爆撃され、オランダ政府が降伏しました。, 女王ウィルヘルミナはドイツ軍の捕虜にされる前にイギリスに避難しました。オランダ政府はイギリスに亡命政府をつくりました。, (いっぽうで日本によるハワイ真珠湾攻撃の報告を受けていちはやく日本に宣戦布告のは、アメリカでもイギリスでもなくオランダだったそうです(1941)。1ヵ月後に日本が応じて両国は戦争状態になり、オランダ植民地のジャワ島においてはオランダが日本に降伏する結果となりました。), オランダ人部隊を含む連合国軍によるノルマンディ上陸作戦が功を奏してオランダ南部3州が解放されるも、全土の解放までは月日を要し、飢えや燃料不足の苦しい越冬となりました。, 1945年、ドイツが敗戦しオランダ全土が解放され、女王がイギリスから帰国しました。, オランダ東部・ヘルダーラント州の町ナイメーヘンへ行ってきました。ドイツ国境に近く、古代ローマ帝国の北端に位置し、中世には神聖ローマ皇帝がたびたび訪れた街です。第二次大戦では、あろうことか同盟連合軍の空爆を受けていました(!)現地滞在8時間。19のスポットの場所や略史の他、新たに知ったこと・気になって調べたこと・感じたことを書き残しておきます。(勢い余って観光マップも作ってみました。), 洞窟クリスマスマーケット / (通年の洞窟&城ガイドツアー情報も) / ファルケンブルフ城 / サンタ村, 聖母教会 / 聖セルファース教会 / 地獄の門 / 聖セルファース橋 / ミッフィー専門店, ヒエロニムス・ボス美術館をたずねて 【セルトーヘンボス】 聖ヤン教会と北ブラバント博物館も☆, ヒエロニムス・ボス美術館 / 聖ヤン教会 / 街並み / 北ブラバント博物館 / 名物ボッシュ・ボルをほおばる!, 松山大学の教員有志の方が作成されたウェブサイトにおかれているオランダ史の概説です。用語の解説も含まれていてわかりやすいです。, Current information about the novel coronavirus (COVID-19).