コーヒー豆は200gや500gなど様々な量がグラム表記で売られていますが、一体何杯分なのでしょうか。, コーヒー1杯で使う豆の量はレギュラーコーヒーでも10g程度、エスプレッソでもシングルなら同程度の量になります。, この1杯の湯量は140g程度ですので、大きめのマグカップ1杯250cc~300ccで飲むなら18gほど使うことになります。, 1度に2杯以上淹れる場合は10g×人数分と考えてしまいがちですが、この量でドリップすると濃い目になってしまうので注意してください。, インスタントのように溶かすわけではなく、お湯を通して抽出するので、純粋に倍々とはなりません。, ちなみにインスタントコーヒーの場合は140ccの湯量に対し2gが美味しく飲める量です。, この量は1週間程度で使い切れる量を購入すべきとして提案している量になるので、1日あたりのコーヒー摂取量によって変わってきます。, コーヒー豆は焙煎してから数日たってからが使い時で、その後1~2週間程度で消費しってください。, 賞味期限の記載があるとは思いますが、1年以上のものもあり販売元によってばらばらであるため、美味しく飲むための基準としてはいかがなものとおもいます。, コーヒー豆は買ったら早めに使うべきということはお伝えしましたが、どうしても使い切れなかったり、そもそも使い切るまでの間どう保存すれば良いのか。, 1~2周間程度で使い切れそうな場合と1ヶ月以上かかってしまいそうな場合と2パターンについて解説していきます。, 1~2周間以内でコーヒー豆を使い切れそうな場合は、密閉したうえで乾燥した暗所で保存しましょう。, 冷蔵庫で保管を考えている方も多いとは思いますが、湿気や食品などの強い臭いが考えられますので家庭では避けた方が無難です。, また、コーヒー豆には消臭効果がありますので、冷蔵庫以外でも強い臭いがあるものの近くには置かないでください。, 合わせて抑えておきたいのですが、コーヒー豆をミルなどで粉状にした場合は劣化が豆よりも早くすすみますので、なるべく飲むタイミングに粉状にするようにしましょう。, 生鮮食品を長持ちさせるには冷凍するしかないですよね。ただし、解凍したコーヒー豆は急激に劣化していきますので、使う分だけ解凍するようにしてすぐに使ってしまうよう心がけてください。, 果実を洗浄・乾燥させて、焙煎したものがコーヒー豆ですから、生ものとイメージしていただくと良いと思います。, コーヒー1杯あたり10g程度のコーヒー豆を使用するので、一人暮らしの方は100g~200gくらい入りのコーヒー豆を買うのが最適解です。, 【忙しい一人暮らしにおすすめ】何よりも簡単に、しかも安く美味しいコーヒーを飲む方法とは?, コーヒーって1日何杯も飲むものですから、毎回淹れる時間と手間がかかるのは不便で避けたいですよね。, 特に朝に飲むことが多いですよね。忙しい朝にすぐできる美味しいコーヒーがあればとてもありがたくないですか?, また、美味しいコーヒーを飲むために立派なコーヒーメーカーを買っても、毎日仕事で忙しいし、掃除やコーヒー豆を買ってくるのが面倒で使わなくなりそうって思ったりしませんか?, わたしもそうなのですが、特に一人暮らしだとコーヒー豆(粉)が美味しいうち(買ってから1週間程度)には使い切ることができないんですよね。, そんな「あなた」にぴったりのコーヒーマシンがあります。それが、ネスカフェドルチェグストなんです。, このコーヒーマシンは専用カプセルをセットするだけの「カプセル式マシン」なので、素早く簡単に美味しいコーヒーが飲めちゃうんです。, 面倒なマシンの掃除やコーヒー豆の管理、豆を挽いたりする動作も一切なしの簡単仕様。専用カプセルはコーヒーを含み20種類以上あり、あなたにあった味わいのコーヒーを選ぶことができます。, また、ブラックコーヒーはすべてレギュラーコーヒー(コーヒー粉を使っている、インスタントではないコーヒーのこと)で、素人が下手に自分で淹れるコーヒーよりずっと美味しいんですよ。, ドルチェグストのリッチブレンドは元コーヒー店員の私が自分で淹れるより美味しいです。, そんなネスカフェドルチェグストですが、公式価格13000円と結構お高め・・・しかし今なら、1日1杯以上コーヒーを飲む方ならなんとタダで手に入れることができるんです。, 安いコーヒーメーカーは多々あれど、無料で手に入るものはないですよね。マシンをタダで手に入れる条件は毎日1杯分のコーヒーカプセルを定期購入するだけ、しかも一般価格より安く買えるんです。定期購入と聞くと不安になる方もいるかも知れませんが、電話1本でいつでも解約可能。そのため、まずはお試しといった使い方もコーヒーマシンを買わずに出来てしまうんです。, しかも今なら、2000円相当のラテグラスがタダでもらえるので、始めるには一番いい時期だと思いますよ。, 元コーヒー店員のバリスタネコです。コーヒーは忙しい毎日の相棒になっている方も多いと思いますが、コーヒー知識に関してはなんとなくで済ませているかたも多いはず。このサイトはそんな忙しい一人暮らしの方へ素敵なコーヒーライフを提案すべく立ち上げました。, コーヒー1杯で何グラムの豆を使うのか、一人ならどれくらいの量を買えばいいのかがわかる。, コーヒー豆の保管方法や分量に関しては昔勤務していた頃の知識と趣味で集めた知識になります。, 1~2週間以内で使い切れる場合・・・すぐに使い切れそうであれば密閉して暗く乾燥したところで保存すべき, 多少高くても美味しいコーヒーが簡単に飲めるようにしたいです。よろしくおねがいします。, 専用カプセルはコーヒーを含み20種類以上あり、あなたにあった味わいのコーヒーを選ぶことができます。, また、ブラックコーヒーはすべてレギュラーコーヒー(コーヒー粉を使っている、インスタントではないコーヒーのこと)で、, そのため、まずはお試しといった使い方もコーヒーマシンを買わずに出来てしまうんです。, 【澤井珈琲】ポイント10倍 送料無料!コーヒー専門店の200杯分入り超大入コーヒー福袋(ビクトリーブレンド/ブレンドフォルテシモ/コーヒー豆/珈琲豆), ◇スペシャルティコーヒー100g×2 フレンチブレンド ハウスブレンド 約20杯分 コーヒーギフト 送料無料 コーヒー専門店【伊東屋珈琲】スペシャルティコーヒー 珈琲 コーヒー効果 コーヒー豆 焙煎. 初心者でも美味しく淹れることができるコーヒーの作りをご紹介します。コーヒーに使用する豆の量は一人分か1杯分で水の量が変わります。一人分は飲むコップの大きさや飲む方の量に合わせて水や豆を調整するようにしましょう。1杯分なら10 (2)コーヒー豆の焙煎度によって重さが変わる コーヒー豆は、焙煎が深くなるほど水分が抜けて軽くなります。同じスプーン1杯に見えても実際に計量してみると、浅煎りの豆は目安の量よりやや重く、深煎りの豆はやや軽くなりがちです。 濃い味のコーヒーが好きな場合は、 一人分のコーヒー豆の量を12g〜14gがベストでしょう。 個人的にも濃いコーヒーが好きなため、かなりの頻度で12g〜14gあたりの量を試しています。 1人分のコーヒー豆の量は、10g です。ここでいう 1人分とはコーヒーカップ1杯分の約120cc を指しています。「コーヒー120ccに対してコーヒー豆10g」が適量と考えてください。ただし、一度に淹れる量が増えるとコーヒー豆の量は少なくて済み コーヒー1杯あたり10g程度のコーヒー豆を使用するので、一人暮らしの方は100g~200gくらい入りのコーヒー豆を買うのが最適解です。 また、保管方法について