Copyright ©  コーヒーとカフェ.net All rights reserved. それを飲むとたちまち爽快な気分になりました。その後、オマールの見つけたこの不思議な飲み物の噂は町へ伝わり、オマールは町へ戻ることを許されました。, アラビア人のカルディという山羊飼いはエチオピアの草原で放牧生活をしていました。ある日、気がつくと、自分の山羊が楽しそうに飛んだり跳ねたりしています。そこで調べてみると、あたりに茂っている木になった真っ赤な実を食べていることがわかりました。そこで自分も食べてみると、とても爽快な気分になります。カルディは山羊と一緒に毎日この赤い実を食べ、元気に楽しく働いていました。あるとき、通りかかったイスラム教の僧侶がカルディたちの様子を見て赤い実の不思議な力にびっくりし、これを僧院に持ち帰り、仲間の僧侶たちにも食べさせたところ、甘ずっぱいおいしさに加えて、眠気がとれ爽やかな気分に。それ以来みんなすっかり魅せられ、魔法の豆として、密かに愛用されるようになったということです。 WordPress Luxeritas Theme is provided by "Thought is free". ・お問い合わせ. 日本の治安の良さは、世界のランキングを見ても常に上位にランク... 世界のお金と市場を比較 ・インフォグラフィックデザイナー募集 日本の夏の風物詩と言えば「花火」ですね。一口に花火と言って... 世界最大の騒音 ヨーロッパにコーヒーが伝わるより先に、コーヒーが飲まれていたんですって。 世界初のコーヒーハウスがイスタンブールに開いたそうで( wikipedia 参照)、トルコとコーヒーの強い結びつきがわかります。 当時、地中海貿易を主導していたベネチアの商人を介して、それ以降ヨーロッパ各地に広がっていきます。 ヨーロッパにありながらオスマン帝国の支配下におかれていたハンガリーでは、16世紀の終わり頃からコーヒーの存在が知られていました。しかしハンガリーにとって、コーヒーはあまりいい印象ではなかったようです。 1541年、ハンガリーのブダがオスマン軍に制圧される直前、会談のためオスマン軍陣営にハンガリーの者が出向いた際、“黒いスープ”としてコーヒーが提供されたといいます。その直後にブダが陥落したことから、ハンガリー国内で“黒いスープ”は不吉な意味を持つ言葉となったそうです。 当時1ペニーを払えば身分に関係なく誰でも気軽にコーヒーを飲めるコーヒーハウスは人気を博し、17世紀末にはロンドンだけで3000店以上、1714年には約8000店も誕生したといわれています。最初に開いた、オクスフォードのコーヒーハウスは、ユダヤ人のジョブソンが受け継いでおり、その後もいくつかの店を出店するほど流行りました。オクスフォードにはエール・ハウス(酒場)が350件もあったようで、コーヒーは二日酔いの特効薬としても使われたとか?, 要するに、紳士的なマナーをお客たちに求めていたようです。コーヒーはお酒よりもリーズナブルにたしなめ、さまざまな病気に効能があるとの触れ込みで集客力を高めました。でも、女性は入店することを禁じられており、あくまでも男性が気分良く過ごせる社交場という存在でした。, もちろん経済効果だけではありません。世界中の植民地から集まる情報交換の場となり、新聞や雑誌などが置かれ、最新ニュースが提供されていました。しかも、字が読めない人のために、新聞や雑誌を朗読してくれる人までいたようです。自分と同じ趣向を持つ人同士が楽しく語り合える場所となり、政治を始め、文学や芸術など多彩な話題が飛び交っていました。, コーヒーは当時薬の一つとされており、宣伝に使われた場所がコーヒーハウスでした。コーヒーハウスで有名になった医者の逸話があります。スコットランドの洋服屋だった、ウィリアム・リードです。彼はアン王女の眼を治したとし、コーヒーハウスで大々的に宣伝しています。有名な眼科医となり、ナイトの称号も与えられています。でも、『ガリバー旅行記』などで有名な作家のスウィフトは彼のことを、「イカサマ医師」と断言しているようです。, でも、王権と議会の対立はその後もどんどん深まり、議会政治が始まりました。コーヒーショップでは、王の対策に反して、政治との関係がますます深まっていきます。当時議会政治の2大政党として権力をふるっていたのが、トーリーとホイッグでした。この2大政党の中からも、自分の政治的な思いを同じくする仲間同士が集まって、政治クラブが誕生します。彼らは、議会の開催地であるウエストミンスターホールの近くにあるコーヒーハウスで連日のように論議を繰り広げていたようです。, 最新の開示ニュースを発行するサービスを行ったことが、繁栄の要因だったとか。次第に保険引受業者(アンダーライター)が集まるようになり、ロイズ海上保険会社の先駆けとなっていきました。このことからも見えるように、立地などの条件から商人が出入りする店、芸術家が論争を繰り広げる店、法律家が集う店など、この頃のコーヒーハウスは、個々に特徴を持つようになっています。, 客が話すゴシップネタを集めた『コーヒー・ハウス・ガゼット』という新聞が、1729年にコーヒーハウスの店主の発案により発行されることとなりました。常連客たちは自分の話したことが記事になったと大喜びしたのです。いつしか記事に対する批判が殺到するようになり、情報を集める場としての信頼を失ったことも衰退の起因となりました。, 店舗は、酒場や宿屋、書店などに変わっていきました。コーヒーハウス自体はヨーロッパ各地でカフェという存在に変化していきました。カフェでコーヒーを楽しむ人は多いですよね。このようにカフェが成り立つ上でも、コーヒーハウスは大切な存在だといえます。ロンドンにはいくつもの名門クラブが残っており、現在もイギリスの政財界に影響を及ぼしているといえます。, 韓国釜山2泊3日のモデルコース。韓国リピーターがおすすめする定番から最新スポットまで, 今では気軽に飲めるコーヒーも、昔はお店でしか飲むことができない貴重なものでした。そんな時にできたのがコーヒーハウスです。ここでは人々が集まり、色々な話しをしながらおいしいコーヒーをたしなんだとか?ヨーロッパの人々がたまり場的存在としたコーヒーハウスって、どんなものなのか気になりませんか?今回は、コーヒーハウスについてご紹介したいと思います。, コーヒーハウスの始まりは諸説ありますが、一般的には1650年にユダヤ人のジェイコブズという人がオクスフォードに開店したことから始まったといわれています。, 近世のコーヒーハウスは、アルコールが禁止だったことはもちろんですが、雰囲気が悪くならないように賭博も禁止されていました。, コーヒーハウスが流行った頃は、英国を始めヨーロッパの政治において激動の時代でした。, 経済人やジャーナリスト、スパイまで足を運んでいたというコーヒーハウスは、お客にとっても店主にとっても楽しんでお茶をする社交場の役割から、真剣に仕事をする場に変化していきました。, コーヒーハウスは王政にとって危険な存在になると危惧し、チャールズ2世は自身が死ぬ1685年まで、ニュースの流布や国事を悲観することを禁じていました。, ロンドンにある世界有数の保険会社として知られるロイズですが、実はコーヒーハウスから始まっています。, 初期のコーヒーハウスは、庶民が気軽に訪れることができる上品な社交場といったものでした。, 時代の変化で、これまでアラビアのモカコーヒーが主に使われていたイギリスですが、ヨーロッパでは18世紀の半ばにジャワ・コーヒーが安値で取り引きされるようになります。, たった、50~100年の間に栄華を誇ったコーヒーハウスですが、イギリスの文化や社会に影響を与えたということは事実です。, イギリスから始まった、ヨーロッパの社交場!コーヒーハウスの歴史ってどんなものだろう, かつて、時代の先端を走りぬけたイギリスのコーヒーハウス文化は、イギリス社会に大きな影響を与えています. FOR SUSTAINABLE COFFEE PRODUCTION - コーヒーの未来に向けて -. コーヒーがヨーロッパでも広まる. 世界のコーヒー消費量 世界的に見てコーヒー消費エリアは、ヨーロッパが圧倒的に高いです。ランキングbest10のうち、9ヶ国がランクインしています。ランキング1位のルクセンブルクは、1日約7.5杯飲む … バゲットやフォカッチ... ハリウッドの映画経済事情 魚介類の1人当たりの1日の消費量が、世界で最も多い国はモルデ... 打ち上げ花火の形状 日本の県庁所在地&政令都市のコーヒー消費ランキング10 日本で一番コーヒーを飲ん ... エスプレッソマシン初心者の毎日飲むエスプレッソ エスプレッソはイタリア生まれのコ ... いろいろな珈琲の飲み方 コーヒーの発祥地は、9世紀のエチオピアとされています。昔 ... パスタとソースの関係 パスタは、紀元前4世紀頃にイタリアで生まれました。そんな歴 ... 223分でどこまでいける?図解1分でわかる富士山シリーズ第六弾! 富士山の周辺に ... インフォグラフィックはデザインを眺めているだけで楽しくなり、かつ知識としてために ... ユーザー行動やSEO要素にサイト速度が関係している Googleアナリティクスの ... 全国のお酢の使用調査を実施。日本で一番お酢を使う都道府県は? ミツカンが家庭用食 ... 日本の農業 オモテとウラ 会社に勤めるオフィスワーカーの多くの人が、毎日パソコン ... 牛の解体 食肉センターとは? 私たちの食卓に並ぶ牛肉は、食肉センターで「牛」から ... ・インフォグラフィック掲載依頼 洞窟で暮らし、食べ物も満足になかったオマールはある日、美しい羽根を持った小鳥が木に止まり、陽気にさえずるのを見ました。そして、手を伸ばした木の枝先には赤い実がついていました。空腹だったオマールが、その実を口にしたところ、たいそう美味でした。彼はたくさんの実を洞窟へ持ち帰り、スープをつくりました。 電車の通過音や犬の鳴き声、飛行機の離着陸など騒音は人間界だけで... カプチーノ:フォームミルク 40%、スチームミルク 30%、エスプレッソ 30% ※シナモン, カフェモカ:モカ(チョコレート)シロップ 10%、スチームミルク 70%、エスプレッソ 20%. By: waferboardコーヒーの歴史を振り返るにあたって、その発祥については数々の逸話が存在します。その中でも有力であるとされている説は大きく分けて二つに分けられます。 エチオピア発祥説 By: msafari2425まず一つ目は、エチオピアが発祥であるといった説で... By: McKay Savage今でこそ日本人の生活に根付いたコーヒーですが、初めて日本に紹介されてから一般的に広まるには少し時間がかかったようです。日本におけるコーヒーの歴史を振り返ってみましょう。 江戸時代江戸時代5代将軍徳川綱吉公の頃、西洋ではすでにコ... コーヒーの歴史を振り返る(1) 発祥から15世紀頃まで | コーヒーの効果.com. 2020 All Rights Reserved. ヨーロッパには紅茶より先にコーヒーが伝わっていましたが、ポルトガルからイギリスに嫁いだ王女キャサリンが紅茶と砂糖を持ち込んだことから、イギリスでの紅茶文化が発展しました。 オランダの貿易商ヴルフバインがヨーロッパに初めてコーヒーを輸入、アムステルダムで売り出す 《1644年》 コーヒーがフランスのマルセイユにp・ド・ラ・ロークによって伝わる 《1645年》 ベネチアで最初のコーヒーハウスが開店 《1650年》 世界の1日と日本の1日 1日で生じる出会いと別れ コーヒーの効果.com , Copyright KEY COFFEE INC ALL Rights Reserved. Copyright©   コーヒーのおいしさは時を経て、アラビアからヨーロッパへと伝えられていきます。始めはイスラム教徒の飲み物として抵抗があったものの、ローマ法王がこれを認めると、キリスト教徒の間にもあっという間に広がりました。 2015/12/10 普段はコーヒーを飲まない旅行者もポルトガルではコーヒーを好んで飲んでいた、という話もよく聞きます。 この美味しさは、豆のブレンドや焙煎方法に秘密があるのです。 また、より信頼できる文献としては、1782年(天明2年)に、蘭学者志筑忠雄が訳した「万国管窺」という本で、この中に「阿蘭陀の常に服するコッヒーと云ふものは形豆の如くなれどもじつは木の実なり」と書かれています。天明3年の「紅毛本草」にも、コーヒーが万病に効く薬だという意味のことが記されて、名を見せています。また、江戸末期に出島のオランダ商館に医者としてやってきたドイツ人のシーボルトは「日本人があまりコーヒーを飲まないのは、すすめ方が悪いからだ。コーヒーが身体に良いことをよく説明すれば、もっと飲むようになるだろう。」と言っています。非常に鋭い観察からきた面白い言葉ですね。, 明治になると、世はまさに文明開化の時代です。東京の町には西洋御料理店なるものが誕生し、こうした店で、コーヒーがしだいにメニューに加えられていきました。そして、1888年(明治21年)4月13日。東京・下谷黒門町に「可否茶館」という名前の、日本最初の本格的喫茶店が鄭永慶(ていえいけい)という人によって開店したのです。親が外交官だった永慶は、自分の家を洋館に改造し、コーヒーを一銭五厘、牛乳入りコーヒーを二銭で売り出しました。「可否茶館」は残念ながら3年足らずで閉鎖してしまいましたが、鹿鳴館の時代に一般庶民が利用できる喫茶店を開業した鄭氏の功績は、日本コーヒー史においても特筆されています。, 明治の中ごろからコーヒーを飲ませる店が少しずつ増え、明治の末には、東京・銀座に「カフェー・プランタン」や「カフェー・ライオン」が開店しました。中でもコーヒーの大衆化に最も貢献したのは「カフェ・パウリスタ」という、ブラジルコーヒーの販路拡大とPRのために開かれた喫茶店でした。明治41年に始まった、日本からブラジルへの移民の多くが、コーヒー農園で働いており、その見返りとして、ブラジル政府から無償のコーヒー豆が提供されました。その豆を用いて、コーヒーを低価格で提供した「パウリスタ」は、最盛期には20数店舗、従業員も1000名を越えるほど繁盛したのです。 コーヒーハウスが流行った頃は、英国を始めヨーロッパの政治において激動の時代でした。 1640年からはじまった「清教徒革命」、クロムウェルの独裁、王政復古、1688年の名誉革命によって議会政治が始まり、18世紀に興った産業革命に繋がっていきました。   2016/01/18, 14世紀中ば、世界最古のコーヒー店、「カーネス」がコンスタンチノープルに作られる頃には、コーヒーの人気は広まりつつありました。, 特に、戒律のせいでアルコールを飲めないイスラム教徒からの支持は篤く、お祈りの前にコーヒーを飲む習慣が広まっていました。, その高い人気に賛否両論が起こり、メッカの地方長官だったカイル・ベイが『コーヒー禁止令』を出しました。, しかし、当時エジプトの国王だったサルタンがコーヒー好きだったため、その禁止令を撤回するという事態に至ります。, その後もコーヒー弾圧が何度か繰り返されるのですが、そんなことを引き起こすくらいコーヒーには魅力があったということですね。, 初めてヨーロッパに紹介されたのは1583年、ドイツ人医師で植物学者でもあるレオンハルト・ラウウォルフがエジプトを旅行した際に知り、印刷物で紹介したときでした。, その17年後の1600年頃、キリスト教徒がコーヒーを飲むことをローマ法王が公認します。, それまでは異教徒であるイスラム教徒たちが熱狂的に飲んでいるコーヒーを、キリスト教徒が飲むということに大変な心理的抵抗があったようです。, 『キリスト教徒にとって聖なる飲み物であるワインを飲めないイスラム教徒は、悪魔からコーヒーを与えられるという罰を受けているのだ』と考えられ、コーヒーは『悪魔の飲み物』だと信じている人もいたそうです。, しかし、法王が公認したことによって何の問題もなく飲めるようになり、コーヒー人気は急速に拡がっていきました。, ヨーロッパに初めてコーヒーが伝わったのは1615年、ベネチアだったと言われています。, 当時、地中海貿易を主導していたベネチアの商人を介して、それ以降ヨーロッパ各地に広がっていきます。, 1640年にはオランダの商人であるヴルフバインが商業目的でアムステルダムへと持ち込み、販売し始めます。, その5年後の1645年にはベネチアでヨーロッパ初のコーヒーハウスが開業し、イタリアで一般的に飲まれるようになりました。, 続いて1650年にイギリスでもオックスフォードでコーヒーハウスが開業し、1652年にはロンドンにも開業します。, 更に1670年にドイツに、1672年にはフランスのパリにアルメニア人がカフェを開業し、パリでも飲用されるようになりました。, 1683年にはトルコ軍が残していったコーヒー豆を使ってウイーンにも初めての専門店が開業されます。, このカフェはパリのコメディ・フランセーズに開店したもので、後に多くの有名人がこのお店を訪れました。, このお店の入り口には帽子が一つ飾ってありますが、この帽子はあの有名なナポレオンがカフェの代金を支払えなかったために代金の代わりとして置いていったものだといわれています。, 現在は2階に、当時このお店に集っていた文化人達の肖像や実際に使っていた机などが展示されています。, この当時のコーヒーハウスは女性の利用が禁止されており、男性だけが利用することができました。, 男性たちの中にはコーヒーハウスに入り浸って家に帰って来ない人もいたというから驚きですね。, その後もロンドンでは社交・商取引の場としてコーヒーハウスが利用されていましたが、18世紀半ばからは徐々にクラブやティーハウスに取って代わられ、イギリスの家庭には紅茶が定着するようになります。, また、コーヒーハウスはドイツでも同じく女人禁制だったため、反対運動が起きています。, 世界にコーヒーを世界に広めることになったのは、オランダの商人たちが自らの栽培した豆を売って利益を得ようと考えたことが大きかったようです。, インドネシアのスラウェシ島、現在はスリランカとなっているセイロン島にコーヒーの苗木を持ち込んで栽培を試みたり、ジャワ島やバダヴィアでも栽培が勧められるようになりました。, 皮肉なことにそのイギリスから独立するきっかけとなったボストン茶会事件が、アメリカ国民の紅茶への関心を薄れさせ、コーヒーへと向かわせることになったようです。, その後の米英戦争で紅茶の供給が少なくなったことがそれに拍車をかけ、独立後にハイチやマルティニーク島、ブラジルからコーヒーが大量に輸入されることになったことでコーヒー文化が醸成される決定打となりました。, […]  コーヒーの効果.com コーヒーの歴史を振り返る(2) イスラム世界からヨーロッパ、そして世界へhttp://christopherwhitman.net/coffee/coffee-history-to-world/ By: Markイスラム世界で不動の人気 […], 今でこそ日本人の生活に根付いたコーヒーですが、初めて日本に紹介されてから一般的に …, コーヒーの歴史を振り返るにあたって、その発祥については数々の逸話が存在します。 …, コーヒーをゆっくりと楽しむ時間は、何物にも代えがたい至福のときですよね。 &nb …, 現在、日本で販売されているエスプレッソメーカーには、電気式と直火式があります。 …, 本州 送料無料 全自動コーヒーマシン デロンギ DeLonghi 全自動エスプレッソマシン エスプレッ...価格:51,980円(税込、送料込). 世界的に見てコーヒー消費エリアは、ヨーロッパが圧倒的に高いです。ランキングBEST10のうち、9ヶ国がランクインしています。ランキング1位のルクセンブルクは、1日約7.5杯飲む計算に。, しかし調べてみると、ルクセンブルクの人が、たくさんコーヒーを飲んでいるわけではないことがわかりました。, その理由は、ルクセンブルクは税率が低いため、近隣諸国のコーヒー好きの人たちがルクセンブルクでコーヒーを大量に買っているからだそうです。日本のような島国では考えづらい、国境のある国ならですね。その影響を考量した場合のランキングは、フィンランドが1位になるんでしょうか(笑)。, 日本にも店舗を構えている、ロバーツコーヒーはフィンランドを代表するコーヒーショップ。カフェオレやカプチーノなどの飲み方は、カフェで特別なときだけ。普段はペーパードリップ式のコーヒーメーカーでシンプルに淹れて飲むそうです。. 日本で1日に生まれる赤ちゃん... 日本の犯罪検挙率 コーヒーハウスが流行った頃は、英国を始めヨーロッパの政治において激動の時代でした。 1640年からはじまった「清教徒革命」、クロムウェルの独裁、王政復古、1688年の名誉革命によって議会政治が始まり、18世紀に興った産業革命に繋がっていきました。 ヨーロッパにコーヒーが本格的に普及することになったのはロンドンのトルコ人貿易商ダニエル・エドワードが、トルコから連れ帰ったパスカ・ロゼにコーヒーをいれさせ、お客にも振る舞っていたところ大評判となり、1652年にコーヒー店をオープンしたのがきっかけになりました。 国旗は国ごとに様々な色があり、その色は国の心情や感情... 世界のお茶消費量 ドイツの人は日常的にとにかく頻繁にコーヒーを飲みます。歴史的には、東アフリカを植民地にして、大規模なプランテーションによるコーヒー生産をしていたため、高品質のものが手に入るという背景があるからでしょう。水質は硬質のため、 ハリウッド映画の配給会社は、右肩上がりに成長していま... 国ごとに異なる色の感じ方 その「パウリスタ」で働いていた一人が、キーコーヒーの創業者・柴田文次です。「パウリスタ」の繁盛に、コーヒー事業の計り知れない可能性を見出した文次は、大正9年、横浜市中区に、「コーヒー商 木村商店」を開きました。以来、日本にコーヒーを普及させるため、コーヒーの製造・販売のほか、世界のコーヒーやコーヒー器具を紹介したり、更にはコーヒー農園事業までを手がけました。一方で、コーヒーシロップなどの新しい商品を開発、またコーヒーの啓蒙や広告宣伝を積極的に行い、日本のコーヒー文化の発展に大きく貢献しました。. ヨーロッパに初めてコーヒーが伝わったのは1615年、ベネチアだったと言われています。. もともと野生の木だったコーヒーに、どうして人々は気づき、生活に浸透させていったのでしょうか。コーヒーにまつわる逸話は多々ありますが、なかでも有名な二つの地のエピソードをご紹介します。, イスラム教の聖職者シーク・オマールは、疫病が流行っていたモカの町で、祈祷を捧げ、多くの人の病気を癒していました。ある時、モカ王の娘が病気にかかり、オマールが祈祷を捧げたところ病気は治りましたが、美しい娘に恋をしたオマールはオウサブという山中に追放されてしまったのです。 コーヒーの生い立ちを伝える話は、このほかにも沢山ありますが、どうやら最初はイスラム教の僧侶の眠気ざましの妙薬として広まったようです。また、今からおよそ1千年ほど前、アラビアの都バグダットの王立病院長だったラーゼスという人は、「古来、エチオピアに原生していた灌木、バンの種実(豆)を砕いて煎出した汁液バンカムは、一種の薬として胃に良い」と書き残しています。バンはコーヒーの豆のことですが、当時は薬として、とても珍重されていたんですね。, コーヒーは、初めは実をつぶして脂をまぜ、団子にして食用にしていましたが、その後、実と葉を一緒に煮て煮汁を飲むようになり、ついで、実の皮と種子を天日で乾かして使うようになりました。種子を煎って粉にして使うようになったのは13世紀頃からです。, アラビアを起源にイスラム教全土へと広まったコーヒーは、1510年頃、カイロに世界初のコーヒー店を出現させ、1554年には、トルコの首都コンスタンチノープルに「カヴェー・カネス」という著名なコーヒー店を誕生させています。この当時、トルコでは、コーヒー豆を煎り、それを石臼で挽いて煮出して飲む方法が広く親しまれていました。, ヨーロッパにコーヒーが本格的に普及することになったのはロンドンのトルコ人貿易商ダニエル・エドワードが、トルコから連れ帰ったパスカ・ロゼにコーヒーをいれさせ、お客にも振る舞っていたところ大評判となり、1652年にコーヒー店をオープンしたのがきっかけになりました。異国の飲物であるコーヒーの珍しさと独特の風味にひかれて大変な賑わいを見せました。 日本は世界に誇る、緑茶の国。しかし、消費量ランキングで見ると... 世界の魚介消費量 アの全てのアラビカ種の先祖となる。<やがて、ジャワ島が大供給地となる>. その昔、イスラム文化圏で飲まれるようになり、ヨーロッパへ伝播したコーヒー。その途中、エジプトで“砂糖”、オランダやフランスでミルクと出合い、キリスト教国へ広がっていきました。, 飲料としてのコーヒーは、生誕地アラビアでは「カーファ」と呼ばれており、これがヨーロッパで「カフィー」「コフィ」となったといわれています。いわゆるロマンス語地域(ヨーロッパ南部・西部)やドイツでは「カフェ」となり、イギリスやオランダでは「コフィ」、ロシアでは「コフェ」となりました。, コーヒーの名前が各地で変わっていったように、コーヒーの飲み方も現地でさまざまなスタイルにアレンジされて定着していきました。いまでは、国・地域によってコーヒーの飲み方に“お国柄”が歴然と感じられるようになりました。これは、国民性や気候・風土だけでなく、政治や歴史、社会、コーヒー豆の生産国との関係など、さまざまな要因が影響したと思われます。, ドイツの人は日常的にとにかく頻繁にコーヒーを飲みます。歴史的には、東アフリカを植民地にして、大規模なプランテーションによるコーヒー生産をしていたため、高品質のものが手に入るという背景があるからでしょう。水質は硬質のため、, ベトナムやカンボジアを植民地にしていたため、これらの地域からロブスタ種を多く輸入している時代がありました。かなり深く焙煎した豆を「フレンチロースト」と呼ぶことからも、フランスは深煎りコーヒーの国。フランスの朝食は、深煎り豆で淹れたコーヒーとホットミルクを半々ずつカップに注いで作る「カフェ・オ・レ」とクロワッサンが欠かせません。カフェでは、ドリップコーヒーのほか、イタリア生まれのエスプレッソも目につくようになった。, フランスのナポレオンは、イギリス製品をボイコットするために「大陸封鎖令」を発令し、イタリア国内にコーヒー豆が入らなくなりました。そこで、少量のコーヒー豆で淹れられるエスプレッソという方法が編み出されました。世界トップレベルの深さに煎った豆をごく細かく挽いて高圧抽出します。豆は、表面にコーヒーオイルがギラギラと浮き出すほど深く、この焙煎度を「イタリアンロースト」と呼ぶようになりました。コーヒーカップには、通常の2分の1サイズの「デミタスカップ」を使用するのが一般的です。, 1930年、スイスの大手食品メーカーのネスレは、コーヒー豆の過剰生産からくる深刻な値下がりを打破するために、ブラジル政府から豆の保存方法の開発を要請したことをきっかけにインスタントコーヒーが誕生しました。とはいえ、国民はドリップ式のコーヒーを中心に、イタリア生まれのエスプレッソも好評となっています。, 深煎りだが、軽いコーヒー(昔は煎り上がり時に砂糖を混ぜカルメラ色を添加していた)。ワンカップ分カートリッジにしたフィルターが普及している。, ヨーロッパには紅茶より先にコーヒーが伝わっていましたが、ポルトガルからイギリスに嫁いだ王女キャサリンが紅茶と砂糖を持ち込んだことから、イギリスでの紅茶文化が発展しました。ですが、戦後は若者が紅茶よりコーヒーを好むようになり、イタリア生まれのエスプレッソもイギリス人の日常に浸透してきています。. ただいまヨーロッパを自転車旅してます、どうも冨田隊長です。現在、イタリアの南端にあるシチリア島へ到着しました。ヨーロッパのローカルな食事や生活を垣間見て感じた習慣の違いをコーヒーカップから汲み取ってみたいと思います。 コーヒー発見には、数多くある伝説の内、二大伝説と言われるものがあります。 それはキリスト教国での説である「ヤギ飼いカルディの話(エチオピア起源説)」とイスラム教国の説である「僧侶シェーク・オマールの話(アラビア起源説)」です。 世界中にお金はどれくらい?世界で最も裕福な人々や世界屈... 世界のパンを覗いてみよう!世界の人気のパンってどんなの? これが近代的な喫茶店の誕生と言われています。しかもこれが、わずか10年で2000軒のコーヒー店をロンドン市中に林立させるという、熱いブームの発火点ともなったのです。ただし、この頃のコーヒーは依然として煮出して飲むターキッシュ・コーヒータイプでした。, フランスでもコーヒーはまたたく間に普及しましたが、フランスはコーヒーの近代化に重要な貢献をしました。ドリップ式の考案です。しかも、この方式を考え出したのは、驚くべきことにひとりの名もないブリキ職人だったのです。ポットの中にたらした布袋にコーヒーの粉を入れ、熱湯を注いで浸透させる器具の発明によって、煮出すコーヒーから漉(こ)すという、近代コーヒーの基盤が編み出されたのです。それは1763年、まさにコーヒーの一大革命でした。コーヒーの豊かな味と香りを最大限に抽出するこのドリップ式を考案してくれた一人のコーヒーファンのブリキ職人に、私たちは深く感謝して、語り継ぎたいものですね。, ところで、コーヒーは、日本にはいつ頃伝わってきたのでしょう。一説には、足利時代にキリスト教の布教のためにやってきたポルトガル人やスペイン人が伝えたといわれていますが、現在有力な説としては、江戸時代に入ってから長崎出島にオランダの商人が持ち込んだとされています。, 史実としては、出島のオランダ屋敷に招かれた蘭学者たちがコーヒーを賞味したという話が伝わっています。1797年(寛政9年)の「長崎寄合町諸事書上控」の中の、長崎丸山の遊女が貰った物の一つとして「コヲヒ豆一箱。チョクラート」という文章が最初です。