・コーヒー粉を入れたバスケットを、内側に入れます。 ・マシンの下にカップを置き、ボタンを押して抽出をおこないます。 (※フラスコを火にかけたままでいきなりロートを差し込むと、突沸(湯が吹き出す)することもあるので注意しましょう。), ※サイフォンは抽出する時の火加減と、時間で味が大きく変わります。強火で1分以上抽出すると、苦みやエグみが出やすくなります。火加減は弱火、抽出時間は1分以下に抑えてあげると、さっぱりした味わいのコーヒーになります。, 暖かい季節に試したいのが、ひんやり爽やかなウォータードリップです。コールドブリューとも呼ばれ、時間をかけてゆっくり味を引き出していきます。, ウォータードリップは、水を1滴ずつ垂らしてコーヒーを淹れます。静かにポタポタ滴が流れていくさまは、さながら専門店のようです。ガラス製の器材をセットしておけば、あとは自動的に抽出をおこなってくれるので、どなたでも簡単にプロの味が楽しめます。熱を加えていないので、癖の少ないさっぱりライトな味が特徴的です。, 1人分の目安は、約10g、水は100cc用います。イタリアンローストやフレンチローストなど、苦みのある深炒りの粉がよく合います。, ・使用する水は冷蔵庫で、よく冷やしておきます。 Copyright ; 2020 諒設計アーキテクトラーニング All rights Reserved. では、実際に目を覚ますにはどれくらいの, コーヒーマニアなら、いや入門者も、一度は訪れてみたい日本のコーヒーのメッカとも言うべき場所があります。それは東京浅草の道具屋街、合羽橋にある『ユニオン』、喫茶・厨房器具の総合商社を名乗る会社です。創業, カフェの店員さんは実はオシャレ! ・蓋をしめて、約4分待ちます。 ・少量のお湯を上から注ぎ、20秒くらい蒸らします。 アイスコーヒーで有名な抽出方法であるウォータードリップ。水で入れるので苦み成分の抽出を抑えることができるので、あまり苦みのないまろやかな口当たりを楽しむことができます。水出しコーヒー、ダッチコーヒーとも呼ばれます。 えっ?と振り返るような奇抜なファッションではなく、よく見ると素材のよさそうなシャツやお店に似合う色のコーディネートをしているのですね。  ◎覚醒作用 ・カップの上にプレスして、できあがりです。, ※プレスする時は時間をかけず、一気に押し出すのがコツです。押し切るように力強くプレスすると、最後の1滴まで美味しく飲めます。, サイフォンは蒸気の力を利用して、コーヒーを抽出していきます。時間をかけて抽出するので、マイルドな口当たりのコーヒーが楽しめます。ビームヒーターやフラスコなど、特別な器具を用意する必要がありますが、コーヒーが出来上がる過程が目でも楽しめ、演出効果が高いので、とても人気があります。, ・ボールチェーンをお湯に沈めて、お湯が沸騰したらロートを差し込みます。 ・コーヒーがサーバーに落ち切ったら、できあがりです。, ※使ったあとの金属フィルターは、粉をはらい水洗いします。網目が傷ついてしまう恐れがあるので、タワシの使用は控えておくのがおすすめです。, お洒落なカフェで、よく見かけるのがフレンチプレスです。プランジャーポットと呼ばれ、日本では紅茶を淹れるための器具として親しまれています。, フレンチプレスはつまみを引き下げた圧力によって、旨味や香りを引き出していきます。金属フィルターを通すので、鮮度のよいコーヒー豆の風味を丸ごと感じられます。, また抽出したあとは、蓋付きのポットとしてテーブルに置くこともできます。抽出の道具とポットが一体になった、とてもシンプルな淹れ方です。, 1人分の目安は12g、水は160ccです。金属フィルターを通すため、粒の大きい粗挽きタイプがおすすめです。, ・フレンチプレスにお湯をはり、容器を温めておきます。 ・濃厚なクレマのある、エスプレッソの完成です。, 直火式エスプレッソの特徴は、コスパの良さ。高価な電気式に比べて値段が安く、初めての1台として気軽に購入できます。水とコーヒー粉を入れれば、あとは煮出していくだけなので、飲みたい時に飲める良さがあります。, ・本体の下部分を外し、水を注いでおきます。 ひとくちにコーヒーといっても、実は様々な抽出方法があります。抽出の方法を変えることで、味の違いを楽しむことができるのもコーヒーの楽しみのひとつ。今回は基本的なコーヒーの抽出方法や種類、特徴などについてご紹介します。, コーヒーの抽出方法や器具には様々な種類がありますが、基本となる豆の分量などは同じです。, 様々な抽出方法について見ていく前に、まずは基本的な方法についておさらいしましょう。, まず、基本となるのはコーヒー豆の量です。浅煎りか深煎りか、さっぱりした飲み口がよいのか、苦味とコクをしっかり感じたいのかなどによって豆の量はことなりますが、基本的には一杯当たり10グラムを目安にしましょう。ただし、一杯だけ抽出するときはどうしても薄くなりがちなので、苦味やコクを感じたいという場合、12グラム程度の豆を使用するとよいでしょう。, 逆に二杯、三杯といった分量を抽出する場合、豆の量を一杯だけ抽出するときに比べて一割ほど少なくすると安定したコーヒーを淹れることができます。, コーヒーを淹れるときには、豆の量と同じぐらい大切なのがお湯の温度です。コーヒーを淹れるときの適温は82~83度程度と言われています。沸騰直後の高温のお湯で淹れた場合、コーヒー豆から苦味が強く抽出されてしまいます。また、雑味も出てしまうため、苦いコーヒーが大好きという人以外にはおすすめできません。, 逆に低い温度でコーヒーを淹れると、苦味は抑えられますが酸味が強くなりすぎてしまいます。, そのため、コーヒーを淹れるときには沸騰させてから少し冷ますか、別の容器に入れて温度を下げるなどの工夫が必要になります。, ただし、時間が経って風味が飛んでしまっているコーヒーの場合、高温で淹れたほうが味をはっきり感じることができることもあります。, コーヒーを淹れる方法として、もっとも一般的なのがペーパードリッパーによる抽出方法です。ペーパードリッパーは、ドリッパーにペーパーフィルターをセットして、そこにコーヒー豆を入れてお湯を注ぐ方法です。コーヒーの抽出方法としては、ネルの布を使ってフィルターの代わりにする「ネルドリップ」も有名ですが、ネルドリップが家庭ではやや敷居が高いのに対して、ペーパードリップはフィルターを使い捨てできるため、手軽に本格的なコーヒーを淹れることができます。, なお、ドリッパーの形状には「円錐型」「台形型」などがあり、少しずつ淹れ方や抽出した味も変わってきます。, ペーパーの代わりに金属製のフィルターを使用した抽出方法が「ステンレスフィルター」です。ステンレスフィルターの基本的な仕組みはペーパードリッパーと変わりません。ペーパードリッパーが紙の繊維によってコーヒーをろ過するのに対して、ステンレスフィルターの場合は金属のフィルターによってコーヒーのろ過を行います。, 家庭では馴染みがありませんが、ペーパーを使い捨てにするのではなく、洗浄すれば何度でも使用できることや、コーヒーを淹れる手間もペーパードリッパーと変わらないため、根強いファンを抱えています。, 日本では紅茶を抽出する道具としてのイメージが強いのが「フレンチプレス」です。しかし、フレンチプレスはもともとコーヒーを抽出するために用いられていた道具。イタリアで開発され、パリで多く使われていたためフレンチプレスと呼ばれるようになりましたが、「コーヒープレス」「プランジャー」などと呼ばれることもあります。, フレンチプレスでコーヒーを抽出する方法は紅茶と同じで、ポットに挽いたコーヒー豆をセット、お湯を注いである程度の時間が経ったらプレス下げてコーヒー豆とお湯を分離します。, フレンチプレスはお湯の温度と豆の量を守れば、誰でも手軽に美味しいコーヒーを淹れられることや、インテリアとしての役割も果たしてくれるため、最近人気を高めています。, 本格的なコーヒーを抽出するといえば、サイフォンを思い浮かべる方も多いことでしょう。サイフォンは熱したお湯がフラスコの中の膨張した気体の圧力によって押し上げられ、コーヒーの粉と混ざってコーヒーを抽出する方法です。お店などで見かけることもあり、見ているだけでも楽しいというのが最大の特徴で、気分も高めてくれるので、時間をかけて一杯のコーヒーを楽しみたいというときには最適の抽出方法です。, ペーパードリッパーを使用するメリットは手軽さとすっきりした味わいです。ペーパーでコーヒーをドリップした場合、ペーパーによってコーヒーの油分がろ過、雑味が出にくくなるため、コーヒー本来のすっきりとした味わいを楽しむことができます。, また、ペーパーフィルターには「漂白タイプ」「無漂白タイプ」があり、環境に優しいという観点から無漂白のタイプに人気がありますが、漂白タイプのものを使用した場合、紙のにおいを感じるという場合もあります。, ステンレスフィルターでコーヒーを抽出したときの大きな特徴は「コーヒーオイル」です。コーヒーオイルとは、コーヒー豆が含んでいる油分のことでペーパードリッパーの場合、紙の繊維にからめとられてしまうコーヒーオイルが、ステンレスフィルターではダイレクトに味わえます。, コーヒーオイルは、雑味の原因となる反面、コーヒーの強い風味がダイレクトに味わえるため、ペーパーフィルターでは楽しめない野生的な風味を抽出することができます。, ただし、ステンレスフィルターはペーパードリッパーと比べると目が大きくなるため、ペーパードリッパーではろ過されるコーヒーの細かい粉が混じり、ざらざらとした舌ざわりが気になることもあります。また、コーヒーオイルが含まれているため、どうしても味が濃厚になるため、深煎りのコーヒーを味わうときには、味が濃すぎると感じることもあります。, フレンチプレスも、ステンレスフィルターと同様にコーヒーオイルが楽しめるというのが特徴です。また、最後までしっぱりプレスすることで、コーヒー本来の風味や味を楽しむことができるという点でも人気があります。特にフレンチプレスの場合には、ペーパードリッパーやステンレスフィルターとは異なり、お湯を入れるときに気を使わなくてもいいというのがポイント。そのため、技術がない場合でも簡単に本格的なコーヒーを楽しむことができます。, ただし、フレンチプレスの場合もステンレスフィルターと同様にコーヒーの細かい粉をろ過しきれずざらざらした舌ざわりが生まれることや、抽出後の後始末や洗浄が面倒、入れられる杯数に限りがあるため大人数の場合には何度かに分けて入れなければならないといったデメリットもあります。, 家庭用のサイフォンを使ってコーヒーを淹れるのは非常に楽しい時間ですが、サイフォンで淹れたコーヒーは他の抽出方法よりも香りが楽しめるというメリットがあります。反面、お湯の温度が高いため、風味が失われるというデメリットもあり、豆の品種を選ぶ抽出方法だとも言われています。, コーヒーの抽出には様々な方法があり、それらを使い分けることも楽しみのひとつです。もし興味が出てきたという方は、さらに詳しい知識を学んでみてはいかがでしょうか。, コーヒーの魅力といえば、あの独特の香りと風味です。その魅力的な香りや風味を生み出しているのが「焙煎」。コーヒー豆は焙煎の方法や度合いによってさらに異なる味を楽しむこともできます。今回はコーヒー豆の焙煎, コーヒーにこだわりを持っている人の中には、豆を挽くところから始める人も少なくありません。実はコーヒーは豆の挽き方によっても味が大きく変わるもの。今回は豆の挽き方や分量による味の違いについてご紹介します, 多くのファンを持つ飲み物と言えばコーヒー。ひとくちにコーヒーと言っても、豆の種類や産地によって味わいが異なります。今回はコーヒー豆の産地や特徴についてご紹介します。コーヒー豆の産地コーヒー豆がどのよう, コーヒーを淹れるための器具は様々です。中にはキッチンに置いておくだけでおしゃれな雰囲気になるものも少なくありません。今回はコーヒーを淹れるための器具の種類についてご紹介します。コーヒーを淹れる基本道具, 様々な種類のあるコーヒー豆。自分に合った味を探したくても、種類が多すぎて全部の豆を試すのは難しいものです。実は自分の味覚に合ったコーヒーを探すときには、いくつかのポイントがあります。今回はコーヒーの味, ひとくちにコーヒーといっても、実は様々な抽出方法があります。抽出の方法を変えることで、味の違いを楽しむことができるのもコーヒーの楽しみのひとつ。今回は基本的なコーヒーの抽出方法や種類、特徴などについて, コーヒーチェーンなどに行くと、様々な種類のコーヒーメニューが並んでいます。自分好みのものを注文したいのに、種類が多すぎてよくわからないという方も多いのではないでしょうか。今回はコーヒーの飲み方の種類や, カフェが好き、コーヒーが好きという方の中には、自分でもカフェを経営してみたいという人もいらっしゃるのではないでしょうか。では、カフェを経営するためには、どのような資格が必要なのでしょうか。今回はカフェ, カフェが好きという方の中には、自分でもカフェを経営してみたいと思っている方も多いのではないでしょうか。それでは実際にカフェを経営するためには、どのような準備や資格が必要なのでしょうか。今回はカフェを経, 美味しいコーヒーやスイーツが提供されるカフェ。自分だけのお気に入りのカフェを持っている人も多いのではないでしょうか。そんなカフェを経営しているのがカフェオーナー。カフェオーナーは、実際はどのような仕事, カプチーノといえばすぐに思い浮かぶのが、表面に葉っぱや花、ハートなどの模様が描かれているイメージではないでしょうか。デザインカプチーノ、ラテアートと呼ばれるコーヒーの装飾について見ていきたいと思います, カフェオレとは?カフェオレとは「cafe au lait」というフランス語がカタカナ語になった言葉で英語で言えば「ミルクコーヒー」を表します。コーヒーを5割・ミルクを5割入れたコーヒーです。カフェラテ, 最近ではアウトドアを趣味にしている人くらいしか「パーコレーター」は使われませんが、かつてアメリカの家庭では非常に人気が有る商品でした。一昔前のドラマなどを見ていると、これでコーヒーを入れるシーンをよく, コーヒーチェーン店といえばスターバックス、というくらいに浸透してきたスターバックスコーヒー。ですが、コーヒーを飲まれる方は意外と少ないのではないでしょうか。スターバックスラテやキャラメルマキアートとい, コーヒーとひとことでいっても、お店にいくとたくさんの種類があって迷ってしまいますよね。どの国のコーヒーがどのような味なのか、どの地域のコーヒーが自分の口にあっているのかなんて、なかなかわからないと思い, 朝コーヒーを飲む3つのメリット とにかくかわいいエプロン!, 雨期を迎える少し前にパラパラっと雨が降ると、コーヒー農園には白く美しいコーヒーの花が咲きます。 ペーパードリップの特徴・使い方 ペーパードリップはポピュラーな抽出方法です。ドリッパーにペーパーフィルターをセットし、上からお湯 ・沸騰したら火からおろし、かき混ぜます。 ・フィルターにコーヒー粉を入れ、お湯を入れて30秒くらい蒸らします。 ・温めたカップに注ぎ、完成です。, ※美味しく淹れるポイントは「蒸らし」です。丁寧に蒸らしをおこなうと、コーヒー豆に含まれるガスが放出され、お湯がなじみやすくなり、コクのあるコーヒーを淹れやすくなります。, 18世紀のフランスで生まれたのが、ネルドリップです。ネルフィルターという布製のフィルターを用いて抽出していきます。, ネルドリップは肌ざわりのよいフランネル素材のフィルターに、お湯を入れて抽出していきます。柔らかい繊維が雑味を受けとめてくれるので、舌あたりの良い滑らかなコーヒーが淹れられます。使ったあとのネルは粉を取り煮沸する必要があるため、中級者から上級者におすすめの抽出方法です。, 1人分のコーヒー粉の目安は、およそ13gです。ゆっくり時間をかけて淹れるので、粒のあらい粗挽きタイプがおすすめです。, ・ネルにお湯をかけ、乾いたクロスで水気をふき取っておきます。ネルのしわを伸ばし、専用のサーバーにセットします。 ・少量の水で粉を湿らせ、マドラーで上下をかき混ぜます。 コーヒーを抽出する器具の種類. 器具はコーヒーの種類によっても異なる. 知らない抽出器具もあるかも? こんにちは、CoarsePaper管理人のほりー(@CoarsePaper)です。一言にコーヒーと言っても抽出器具や抽出方法は様々です。豆の個性や好みに合った淹れ方をすることができれば、コーヒーをより美味しく楽しむことが出来ます。 ・3回ほど繰り返し、とろみが出たら完成です。 ・下部分の水がなくなり、カラカラと乾いた音がすればできあがりです。, ※直火のため、本体はとても熱くなっています。ミトンを用意しておき、火傷に気を付けながらカップに入れてください。, イブリックは銅や真鍮で作られた、小さなひしゃく型の鍋をつかって煮出して抽出します。現地トルコでは、小さな鍋(ジャズベ)を裏返し、底に付いた粉のシルエットを見て、コーヒー占いをおこないます。酸味の効いた、濃厚な味わいが特徴です。, ・イブリックに粉と水を入れ、弱火にかけます。 ・ネルに粉を入れ、少量のお湯を入れて20秒ほど蒸らします。 コーヒーと言えばカフェイン。そしてカフェインといえば「覚醒作用」。朝眠気を覚ますために飲む人も多いですよね。 その実がなる少し前にその花は咲くのです。褐色の飲み物からは想像のできない, 古今、コーヒーが好きだという有名人は自称、他称を含めて数多くいます。その中で知名度、実績を考えると、その代表となるのは芸能人、俳優の高倉健でしょう。 「コーヒーを淹れる」と言っても、そのために使われる器具は多くの種類があり、器具によって抽出方法も変わってきます。コーヒーの抽出器具にはどのようなものがあるのか、代表的なものをまとめてみました。, ドリッパーにペーパーフィルターをセットし、そこにコーヒーの粉を入れ、湯を注いで抽出するペーパードリップが一般的です。ドリッパーは穴の数や形状でカリタ式、メリタ式、ハリオ式などがあります。, また、材質もプラスチックや陶器、金属など様々です。器具の扱い方などは簡単ですが、常に一定の味わいを出すには、練習が必要です。, 抽出の仕組みはペーパードリップと同じですが、ドリッパーが布製のフィルターに変わります。ネルは「フランネル」の略語で、起毛した織物のことを指します。香りも良く引き出され、まろやかでコクのある味わいと滑らかな舌触りになります。, 上のボールに水をセットし、一滴ずつ水を落としてコーヒー粉にしみ込ませフィルターを通し抽出します。時間はかかりますが、味はほどよく苦味が抑えられマイルドです。, ガラス製のフラスコとロートを使い、蒸気圧を利用して湯を移動させ抽出します。抽出の際の演出効果の高さが魅力です。ドリップコーヒーに比べ味わいは濃く、苦味が出やすくなります。, プレス容器にコーヒー粉を入れ熱湯を注ぎ、プランジャーと呼ばれる金属製のフィルターが付いた軸を押し下げプレスすることで抽出します。コーヒーの油分が多く抽出され、コクのある味わいになります。器具は持ち運びでき、アウトドアにも適しています。, 注射器のような器具です。チャンバーと呼ばれる筒の中に湯とコーヒー粉を入れ浸し、プランジャーと呼ばれるピストンで空気の圧力をかけることでフィルターに通し、抽出します。, フィルターは専用のペーパーや金属性のものがあり、フレンチプレスよりもなめらかな舌触りのコーヒーになります。, アウトドアに最適な、直火で使う循環式の抽出器具です。本体にはストレーナーと呼ばれる濾過器が付いており、火にかけ温められた湯が濾過器のパイプを循環することで抽出され、その繰り返しでコーヒーを濃くしていきます。, 濃さは好みに調節できますが、高い温度で抽出され、加熱され続けるので、味わいは強くなりがちです。, 銅や真鍮製のひしゃく型の抽出器具です。極細挽きにしたコーヒー粉を煮出して、上澄みをカップに注いで飲むトルコ式コーヒーで使われます。, 弱火でゆっくり煮出し、フィルターを通さないので、味は濃厚でコクと香りも強く出ます。, ペーパードリップと同じ抽出法を用い、ボタンを押せば自動で簡単に抽出できます。いつも一定の味わいにできる反面、面白みに欠けるとも言えます。, 高い温度と圧力で一気に抽出する電気式と、マキネッタとも呼ばれる飽和水蒸気を使用して抽出する直火式とがあります。電気式は濃厚なエスプレッソが抽出でき、甘さの素と言われるクレマ(泡)も作れます。形態は全自動~手動式まで様々です。, 直火式は安価で携行しやすく、アウトドアにも適しています。しかし、電気式ほど濃厚にはならず、クレマ(泡)も発生しません。また、イタリアでは直火式で淹れたものは「モカ」と呼びエスプレッソとは区別しているそうです。, 馴染みのない抽出器具もあったことと思います。それぞれ、違った手順や味わいが楽しめますので、新たな器具に挑戦すれば、自身の意外な好みも発見できるかもしれません。, Coffeemecca編集部です。Coffeemecca編集部はコーヒーをもっと趣味に、コーヒーをもっと好きになってもらう記事やコンテンツを鋭意制作中です!, CoffeeMecca[コーヒーメッカ]はコーヒーを飲む皆様にコーヒーをもっと趣味にしてもらう、コーヒーの総合メディアです。コーヒーの淹れ方・飲み方やコーヒーショップの紹介、コーヒーの健康法・効用などコーヒーに関わる様々なことを紹介していきます。, 面白さ×飲みやすさ「コーヒー豆の通販ショップ ゆう珈琲:スペシャルティ オリジナル ブレンド」, 日本が世界に誇るコーヒー総合機器メーカー Kalitaとロックバンド BIGMAMAのコラボレーションが実現!. ・「の」の字を描くイメージで、中央から外側にお湯を入れていきます。 ・スプーンを使い、バスケットに粉を入れます。 ・渦を描くように静かにお湯を入れ、抽出します。 ・小さな「の」の字を描くイメージで、真上からお湯を注ぎます。 ・フィルターにコーヒー粉を入れます。 ・つまみを下げてコーヒーカップに注ぎ、できあがりです。, ※フレンチプレスの油分が気になる時は、抽出時間を1分ほど早めて調整を。ザラつきが緩和されて、飲みやすい味わいになります。, 最短でコクのあるコーヒーと出会えるのがエアロプレス。空気の圧力を利用しているので、短時間でしっかりしたボディのコーヒーを淹れられます。, エアロプレスは海外で開発された、新しい抽出方法です。難しい技術が必要ないので、いつでも安定した味わいを楽しめます。抽出時間がとても短いので、慌ただしい朝にもおすすめです。, 1人分の目安はおよそ12g、水は160ccです。甘さと酸味のバランスが良い、中粗挽きがおすすめです。, ・エアロプレス一式を、お湯で温めておきます。 フレンチプレス; エアロプレス; ネルドリップ; ウォータードリップ; サイフォン; コーヒー通が持つその他の道具. ミルクピッチャー; ロースター; イブリック; まとめ ・フィルターを取り付け、蓋を閉めて1分おきます。 コーヒー資格検定のコーヒーソムリエ資格の資格概要、試験日や一覧、難易度、受験料・受験費用や受験資格、受験方法、合格基準を. ・出来上がったコーヒーをカップに注ぎ、少しおいて、コーヒーの粉が沈んでから上澄みを飲みます。, アウトドアで大活躍するパーコレーター。直火で煮だしていくので、コーヒー本来の強い味わいが楽しめます。, ・ポットに水を入れ、沸騰させます。 ・温めたカップに入れて、できあがりです。, ※新しいネル(布)をおろす場合は、事前にコーヒーを入れた鍋で20分ほど煮ておきます。繊維に付いた糊がおち、ろ過しやすくなります。, 紙や布に比べて、コーヒーオイルがフィルターに残りにくいので、コーヒー本来の強い味わいを堪能できます。ドリップにかかる時間が短いので、忙しい方にもおすすめです。メッシュ状のフィルターは、洗えば何度でも使うことができ経済的です。, 1人分の目安はおよそ13gです。中挽きもしくは粗挽きのコーヒー粉を使っていきます。, ・サーバーにドリッパーを置き、ステンレスフィルターをセットします。 コーヒー豆は木の実の種子。 コーヒーの油分が多く抽出され、コクのある味わいになります。器具は持ち運びでき、アウトドアにも適しています。 抽出器具6:エアロプレス. 抽出に必要な器具は、淹れ方によっても違います。ここでは、淹れ方の種類と必要な器具・その特徴を解説します。自分のコーヒースタイルに合った器具を選ぶ参考にしましょう。 誰でも簡単にできる フレンチプレス 数あるコーヒーの抽出法の中で最もポピュラーな、ペーパーフィルターを使用した「ペーパードリップ」をはじめ、「ネルドリップ」や「フレンチプレス」など、自宅で淹れられる10種類のコーヒーの基本をご紹介します。 注射器のような器具です。チャンバーと呼ばれる筒の中に湯とコーヒー粉を入れ浸し、プランジャーと呼ばれるピストンで空気の圧力をかけることでフィルターに通し、抽出します。 ・ウォータードリッパーのフィルターに、コーヒー粉を入れます。 高倉健は2014年に83歳で亡くなりましたが、1, コーヒー通だという芸能人はたくさんいます。 カフェ資格検定のカフェオーナー経営士資格の資格概要、試験日や一覧、難易度、受験料・受験費用や受験資格、受験方法、, コーヒーソムリエ資格試験日 コーヒーソムリエ 資格検定一覧 ・グラスに氷を入れ、抽出したコーヒーを注いでできあがりです。, ※ウォータードリップを美味しく作るポイントは、部屋の温度。暑い場所を避けエアコンの効いた涼しい室内で作ると、水が生ぬるくならずキレのある味わいになります。, エスプレッソマシンにはコーヒー粉を入れるタイプ、専用のカプセルを入れるタイプ、大きく分けて2つの種類があります。どちらもボタンやレバーを押すと、自動で抽出をおこなってくれるので簡単にカフェの味が楽しめます。誰かに自慢したくなる、お洒落なデザインも魅力的です。, ・コーヒーカップにお湯をはり、温めておきます。 ・フィルターに粉を入れて、タンピングをおこないます。タンパーを持ち、ぎゅっと上から圧力を加えて粉を固めていきます。 コーヒーの抽出方法の種類. 忙しい時でも自分のペースで勉強できるという点が魅力的でした。, カフェオーナー経営士資格試験日 カフェオーナー経営士 資格検定一覧 ライフスタイルやお好みに合わせた抽出方法を知って、最高に美味しい一杯にめぐり会ってみてください。 コーヒー抽出器具を1つずつ紹介します。 1. ロート、フィルター、フラスコなどからなるコーヒー抽出器具のひとつ。下のフラスコに水を入れて加熱すると沸騰したお湯が上部のロートへと移動し、ロートに入れてあるコーヒーの粉と接触して抽出される仕組み。「バキュームコーヒーメーカー」とも呼ばれる。 ・ボタンを押して、軽く湯通ししておきます。 「プレミアムな一杯が飲みたい」そんな時はコーヒー豆の香りをより一層引き立ててくれる、抽出器具にこだわってみるのもおすすめです。, ライフスタイルやお好みに合わせた抽出方法を知って、最高に美味しい一杯にめぐり会ってみてください。, ペーパードリップはポピュラーな抽出方法です。ドリッパーにペーパーフィルターをセットし、上からお湯を注いでサーバー内にコーヒーを抽出していきます。, ペーパードリップの特徴は、家庭で簡単に喫茶店風のコーヒーが淹れられること。少しずつお湯を足しながら抽出していくので、コーヒーのほろ苦い香りも同時に楽しむことができます。また使用したペーパーフィルターは、そのままごみ箱に捨てられるので衛生的です。, 1人分の粉の目安は12g、140ccの水を使います。ペーパードリップと相性のよい、キメの細やかな中細挽きがおすすめです。, ・フィルターの底と側面の縫い目部分を、外側と内側に折っておきます。 ・チャンパーとプランジャーを組み立てて、コーヒー粉を入れます。 ・パドルを入れて、手早く攪拌します。 ・ドリッパーにペーパーフィルターを敷き、サーバーにセットします。 ・本体にはめてコンロの上に置き、火をつけ沸騰させます。 それでは、コーヒーの様々な抽出方法について見ていきましょう。 最も手軽で普及しているペーパードリッパー. ・湯を捨てたフレンチプレスに、コーヒー粉を入れます。 コーヒーは、眠気を妨げヤル気を起こさせる効果があるため、創造力をかきたてる仕事の方にはファンが多いのです。 ・タンクに水を入れて、抽出を始めます。 最も名前がよくあがるのが、高倉 健さんです。, 忙しい時でも自分のペースで勉強できるという点が魅力的でした。 コーヒー資格 後藤知大さん27歳 受講のご感想 ・ゆっくりお湯を注いでいき、粉と湯をなじませていきます。 ・弱火で4分ほど煮出したら、できあがりです。, コーヒーの抽出道具それぞれの特性を知ると、さらにコーヒーの奥深い魅力に気づけるようになります。お気に入りの抽出器具を見つけて、スペシャルな一杯に出会ってみてください。, ※これまで様々なコーヒー抽出器具をご紹介しましたが、器具を揃えたり淹れ方をマスターするのが手間だな、と思われた方は、どなたでもボタン一つで間違いなく美味しく淹れることができるUCCのドリップポッドをどうぞお試しください。, カフェや喫茶店で、ふあふあのミルクが乗っているラテやカプチーノを飲むと幸せな気分になりますよね。あのふわふわなミルクを「自宅で作れたらいいな。」と思う人も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、自宅でフォームミルク を…, あなたは「スチームミルク」という言葉を聞いたことがありますか? カフェラテやカプチーノなどに使われるミルクのことですが、「フォームドミルク」との違いを知らない方も多いと思います。 この記事では、スチームミルクとは何なのか…, 日本でも日頃から親しまれているコーヒー。コーヒーを作るために必要なコーヒー豆はどこで作られているのでしょうか。 コーヒー豆の生産量など世界の状況を見ていきましょう。 世界のコーヒー豆の生産量国別ランキング 世界の国別生産…, 「アイスコーヒーを自分で淹れてみたい」 「どうやって淹れるんだろう…なんだか難しそう」 そんなふうに思っている方もいらっしゃいますよね。しかし、そんなことはありませんよ。アイスコーヒーは作り方さえおさえれば、誰でも美味し…, コーヒー豆の特徴を知りたいけど、豆の種類が多すぎて「どんな違いがあるのか分からない…」と思う方もいるでしょう。 そんな方のために、この記事ではコーヒー豆の産地別に特徴や違いを紹介します。コーヒー豆の生産地として有名な国か…. ・再びお湯を入れ、柄の長いスプーンで軽くかき混ぜます。