「とある出来事をきっかけに主人公の内面が変化する~」みたいな、信念の軽薄なものは好きじゃないからとても満足。悪役は悪役のままで悪党の美学を貫いて欲しい。 甘やかな芳香の中に微かな腐臭を漂わせる熟れきった果実、今まさに風に散らされようとしている満開の薔薇、そんな印象の物語だ。福田恒存による美文調の翻訳が、この作品にいっそう麻薬的な魅力を与えていることは、言うまでもない。, 新妻を迎えてすぐの王エロドが夢中になっているのは、新妻と前王の間の娘である王女サロメ。サロメは月光のもとで踊れというエロドの要求の見返りとして、地下に囚われていた預言者ヨカナーンの生首を所望する。 結局、『サロメ』は、1896年にルニュ・ポエによってパリで初演されたが、この時ワイルド は獄中にあって「僕の感謝をルニュ・ポエに伝えてもらいたい。 ‚éƒGƒsƒ\[ƒh‚͐¢‚É–Y‚ê‚ç‚ꂽB 王女の妖艶な空気の奥に、少女のような無垢を見た気がした。, 原田マハさんの「サロメ」を読んだので、こちらも。 ‚鐢‹I––‚Ì•¶Šw‚â”üp‚É‘½‘å‚ȉe‹¿‚ð‚à‚½‚炵‚½B, 1870”N Aƒ‚ƒ[‚͐ô—çŽÒƒˆƒnƒl‚̐¶ŠU‚ÉŠî‚­•¡”‚̏ê–Ê‚ð˜Aì‚Æ‚µ‚č\‘z‚µ‚Ä‚¢‚½‚ªA‚»‚ê‚͂₪‚ăTƒƒ‚Ì•‘“¥‚Ɛ¹ŽÒ‚ÌŽaŽñ‚Æ‚¢‚¤“ñ‚“Ɨ§‚µ‚½ê–Ê‚Ö‚ÆŽûÊ‚µ‚Ä‚¢‚Á‚½Bs˜S–‚̃Tƒƒt‚́A‚»‚¤‚µ‚½ƒˆƒnƒlŽaŽñ‚̃”ƒ@ƒŠƒAƒ“ƒg‚̈ê‚‚ł ‚éB‹óŠÔ‚ðc‚ÉŽdØ‚é’†‰›‚Ì’Œ‚É‚à‚½‚ê‚é‚悤‚É‚µ‚ăTƒƒ‚Í—§‚Á‚Ä‚¢‚éB‚¤‚‚ނ¢‚½‚»‚ÌŽ‹ü‚̐æ‚ɂ́A‚±‚ê‚©‚çŽñ‚ªÚ‚¹‚ç‚ê‚锤‚Ì–~‚ª‚ ‚éB’Œ‚̉EŽè‚ɂ́Aã‚֏¸‚éŠK’i‚ÆŒY‹ï‚ªƒŒƒ“ƒuƒ‰ƒ“ƒg•—‚ÌŒõ‚Ì’†‚É•‚‚©‚яオ‚èA¶‰œ‚ł́A¡‚Ü‚³‚Ƀˆƒnƒl‚ÌŽñ‚ª‘Å‚¿—Ž‚Æ‚³‚ê‚悤‚Æ‚µ‚Ä‚¢‚éB‘S‘̂̍\}‚́Aƒ‚ƒ[‚ª1873”N‚É—Fl‚̉æ‰ÆƒEƒWƒF[ƒkEƒtƒƒ}ƒ“ƒ^ƒ“‚Ì–º‚Ì‚½‚ß‚É•`‚¢‚½s¹ƒ}ƒ‹ƒOƒŠƒbƒgt‚ƍ“Ž—‚µ‚Ä‚¢‚éB, io“T: ‘—§¼—m”üpŠÙ–¼ì‘I. ユダヤの王様がヘロデだった時代、祭司の ザカリア とその妻、 エリサベト がいました。. その初演の時の逸話が面白い。歌手達は口々に「難し過ぎて歌えない」と訴え、市長夫人でもあったサロメ役の歌手は、演出家のいろいろな要求に対し「貞淑な家庭婦人でもある私には、そんな恥知らずのことは出来ません」と言い出したという。 最大ダメージを目指すために試す相手がいませーん!, @mthrisky @noll528 そら(FGOの低レアはパラメーターが低いだけで性能は上位レアと引けを取らないやつが多い)そうよ, — まっしゃん@虚数の団長 (@SI9fGBXLiAj0XN2) 2019年08月05日, — BalloonΣ(゚Д゚) (@Balloon54597979) 2019年08月05日, — 高機動型M氏@ズァークおめでとう (@DDougaEMUSI) 2019年08月05日, — 26tg(にろたぐ)@ねこカフェ (@aruma26847) 2019年08月06日, ※7 『Fate/Grand Order』に登場するバーサーカークラスのサーヴァント。 配信4周年記念キャンペーンの一環として、2019年8月4日よりフレンドポイント召喚に追加された7騎のサーヴァントの内の一騎を担当する。 これまでのFate作品においては、『Fate/ExtraCCC』パッションリップのスキルに彼女やヨカナーンの名前が使われるという形で登場していた。 93j. 月の光のもと、王女サロメが妖しくうつくしく舞う-七つのヴェイルの踊りの褒賞に彼女が王に所望したものは、預言者ヨカナーンの首。ユダヤの王女サロメの恋の悲劇を、幻想的で豊麗な文章で描いた、世紀末文学の代表作。ビアズレーの挿絵18点を収録。, オスカー・ワイルド作『サロメ』は、預言者ヨハネの斬首のエピソードを下敷きにした戯曲である。新約聖書マタイ伝に記された「聖者の生首を所望する姫」という猟奇的な逸話は、モローやシュトゥック、カラヴァッジオなど多くの芸術家に取り上げられてきた。その中でもワイルドの戯曲は、創作としてのサロメの決定版といった趣きがある。ビアズレーの挿絵と共に、世紀末芸術の代表的作品といっていい。 繰り返される月の描写をはじめ、格調高い台詞回しがとても印象的。サロメがヨカナーンに注ぐ比喩の称賛はその最たるもの。肌と髪は拒まれて罵倒に代え、三度目の正直とばかり唇に迫る。月明かりのもとだと思うとますます狂気的で慄然としてしまう。, 読む度にうっとり惚けてしまう。血のごとき赤く染まる月、熟れた無花果のごとき落ちかかる星。ヨカナーンの白い肌、赤い唇、漆黒の髪。同じ台詞を幾度も反復するサロメのルナティックな純愛。ピアズレーの挿絵がシナジーとなりより妖しく狂わしく美しく。はぁ‥耽溺。なのでダンゼン挿絵入りの岩波がおススメ。, 新約聖書をもとに預言者ヨナカーンの首を欲する美しきサロメと、サロメを取り巻くユダヤの王エロドとその妃エロディアス。どんどん先を読みたくなる岩波文庫の福田恆存訳。, 原田マハさんの「サロメ」を読んだので。戯曲なので、ついついセリフを口に出して読んでしまう。「あたしはお前に口づけするよ、ヨカナーン、あたしはお前に口づけする」「今すぐここへ、銀の大皿にのせて、ヨカナーンの首を」ゾクリとする。次は新約聖書も読み返したくなる。, 元祖ヤンデレ!? BƒAƒC[ƒ_EƒSƒƒX‚Æ‚¢‚¤–{•¨‚Ì•\Œ»ŽÒ‚𓾂߂ĉ”\‚Æ‚È‚Á‚½AŠÏ‚éŽÒ‚̐S‚ð‚©‚«—‚³‚¸‚É‚Í‚¢‚ç‚ê‚È‚¢‘@×‚©‚—Y•Ù‚ȉf‰æuƒTƒƒv‚Ì’a¶‚Å‚ ‚éB, 2002”Nƒ‚ƒ“ƒgƒŠƒI[ƒ‹‰f‰æÕŒ|pvŒ£Ü^2003”NƒXƒyƒCƒ“EƒSƒ„ÜÅ—DGƒIƒŠƒWƒiƒ‹ƒ\ƒ“ƒO, »ì”NF2000”N^»ì‘FƒXƒyƒCƒ“^»ìFƒ[ƒuƒ‰Eƒvƒƒ_ƒNƒVƒ‡ƒ“’ñ‹ŸF“ú–{ƒwƒ‰ƒ‹ƒh‰f‰æAƒeƒŒƒr“Œ‹ž^ƒTƒ“ƒgƒ‰FƒrƒNƒ^[ƒGƒ“ƒ^ƒeƒCƒ“ƒƒ“ƒg^‹¦—́FCARRERA y CARRERA^‹¦Ž^Fƒn[ƒQƒ“ƒ_ƒbƒc ƒWƒƒƒpƒ“Š”Ž®‰ïŽÐ^”z‹‹F“ú–{ƒwƒ‰ƒ‹ƒh‰f‰æ^“Á•Ê‹¦—́Fƒgƒ}ƒeƒB[ƒgAƒŠƒ„ƒhƒƒJƒ‰[^1ŽžŠÔ26•ª^5Šª^2372‚^ƒrƒXƒ^ƒTƒCƒY^ƒhƒ‹ƒr[SRD^Žš–‹–|–óFŒÃ“c —R‹IŽq^Žš–‹ŠÄCF¬¼Œ´—fŽq. 石3個使っただけでこうなるので という軽口はさておき、王女サロメの恋物語。 登場人物たちは皆、妖艶で美しいサロメに惹かれています。 ワイルド著書:「ドリアン・グレイの肖像」「サロメ」「幸福の王子」ほか, 日曜美術館でギュスターヴ・モローを観てから読みたくて仕方なかった。自分にとって悪女サロメのイメージはワイルドから(たぶん別の本で紹介されていたのを読んだ)。先行して絵画からも出ていたのね。 たぶん宝具によるダメージを抑えるためにレベル1なんだと思う “洗礼者ヨハネ”の生涯. @‹­—ó‚ȃTƒƒ‚Ì•¨ŒêA‚»‚µ‚ăzƒ‚ƒZƒNƒVƒ…ƒAƒ‹Ž–Œ‚È‚Ç‚É‚æ‚Á‚āAƒXƒLƒƒƒ“ƒ_ƒ‰ƒX‚ȃCƒ[ƒW‚Ì‹­‚¢ƒIƒXƒJ[EƒƒCƒ‹ƒh‚¾‚ªA”Þ‚Í‚Ü‚½A•n‚µ‚¢l‚½‚¿‚ɐS‚ð’ɂ߁AŽ©g‚Ì‘Ì‚ð”키‹à”“‚âA–Ú‚É“U‚Ü‚Á‚½•óÎ‚ðŽŸX‚ɉ‚ɉ^‚΂¹‚Ä‹~‚¤AuK•Ÿ‚ȉ¤Žqv‚̍ìŽÒ‚Å‚à‚ ‚éBŽ©g‚͏X‚¢‹à‘®‚̉ò‚É‚È‚Á‚Ä‚µ‚Ü‚¤‰¤Žq‘œA“ì‚É“n‚éŒQ‚É’x‚ê‚āA‘œ‚Ì‘«‚à‚Æ‚Å“€Ž€‚µ‚Ä‚¢‚­¬‚³‚ȉ‚à‚Ü‚½A”ނ̃yƒ“‚©‚琶‚Ü‚ê—Ž‚¿‚½B. それでは、洗礼者ヨハネの生涯を見ていきましょう! 洗礼者ヨハネの誕生. ~memo~ スリップダメージだけ見るなら宝具レベルすら1で良さげ, スキルや宝具に加えて五百年の妄執で呪いかけまくって © KADOKAWA CORPORATION OCした呪厄でズドンか・・・えげつねぇこと考えんな, 【FGO】全てのプレイヤーが確定で手に入れられる鯖は9騎だけだから共通の育成レールとかはないんだよな, 【FGO】Buster至上主義、Quick至上主義、Arts至上主義の3つに分かれ混沌を極めているFGO. サロメさんがスリップダメージ界をぶち壊しましたー! 石3個使っただけでこうなるので 最大ダメージを目指すために試す相手がいませーん! — はりすき (@mthrisky) 2019年08月05日. まあ、なんというか、普通じゃない感覚。, こういった登場人物一人ひとりが独自のベクトルを持っていて、象徴的な描写に富んでいるもの。いかにも戯曲的・構造的で好き。セクシー。ビアズリーの挿絵もエロティックで良い。 オスカー・ワイルド作『サロメ』は、預言者ヨハネの斬首のエピソードを下敷きにした戯曲である。新約聖書マタイ伝に記された「聖者の生首を所望する姫」という猟奇的な逸話は、モローやシュトゥック、カラヴァッジオなど多くの芸術家に取り上げられてきた。 余談。聞いた話によると、イスラム圏では、"S・L・M"の並びの音は「平穏・安寧」を意味しているよう。イスラム然り、ソロモン然り、スレイマン然り。. シュトラウスのオペラ「サロメ」の原典である本作。 絵画作品としても題材になるため、いずれは読もうと思っていた。 ギリシャ神話をモチーフにした〈絵画〉もあり、イメージしやすく、あなたの理解が深まります。「そうか!この絵はこのシーンだったんだ」と、ギリシャ神話・西洋美術の知識も広がります。オリュンポスの神々で分類し、珍しいギリシャ悲劇・喜劇もあります。 サロメさんがスリップダメージ界をぶち壊しましたー! 首だけのヨカナーンに語り掛ける言葉から、袖にされた復讐として首を求めたのではないことがわかる。詰り、勝ち誇りながらなお恋していると語るのに、きっとなんの矛盾もないんだと思う。 この戯曲の中では、サロメは処女でありながら、文学史上稀に見る淫婦として描かれている。ヨカナーンの首を前にして陶然と愛を語るサロメの姿は凄まじいというよりほかなく、さらにその唇に接吻するとあっては、冒瀆だとして作者の本国イギリスでの上演が禁じられたというのも、無理からぬ話と思われるのである。 16, せんせー! 自分に好意を寄せるナラボスを言葉巧みに操り目的を叶える計算高さを持ち合わせながらも、ヨナカーンに口づけするために首のみを望む心の未熟さなど、大人になり切れない危うい魅力を持ち合わせたサロメ。「純粋な狂気」というのが彼女の第一印象。気付けば読者もサロメの虜になっています。 @ T ̕ ́A ȑO u A g | X v ɂ B Ñネ [ } ̎ A K ̒n x z w f ɉł w f A A ̘A q ̃T ́A ėx ̖ ƂȂ B @mthrisky すごい(小並感 — 乱咲 (@midarezaki9696) 2019年08月05日 ・冥界の3王妃の神話, 性障害と禁断愛の神話 ベスト3, 1話5分で読める聖書 - アートバイブル, 写真で実感!井の頭公園ブログ, レコードジャケット - 和花写流, はとバスクラブ 日帰りバスツアー体験記. 裸体を見られたためにアクタイオンを鹿に変えたアルテミス、愛するエンデュミオンに不死の眠りを与えたセレネ、求婚者に難題を課して死に至らしめたかぐや姫の逸話もある。彼女らがみな月に関わりの深い女性だというのが興味深い。サロメがヨカナーンを誘惑し、その生首に接吻をしたのもまた、月の光のもとであった(さうだよ、月は生娘なのだよ)。 王女サロメのイメージが二転三転していくようで、実はそれら全部ひっくるめて「少女」であるのだと気づかされる。いやらしい目で見てくる継父を嫌い純潔を尊ぶこと、愛を乞うてくる相手になんでもない見返りを提示する驕慢な残酷さ、口づけしたいがために首を求める一途さ。これが「少女」でなくてなんだろうと。 2人とも神の前に正しい人でしたが、2人には子供がいませんでし た。. サロメ ( ヘブライ語 : Shalom, 平和の意)は、 新約聖書 『 マルコによる福音書 』<15章40節>、<16章1節>に登場し、 マグダラのマリア らと共に イエスの磔刑 を見守り、安息日が明けた日の早朝、その 墓 を訪ねた女性たちの一人 。 ギリシャ神話をモチーフにした〈絵画〉もあり、イメージしやすく、あなたの理解が深まります。「そうか!この絵はこのシーンだったんだ」と、ギリシャ神話・西洋美術の知識も広がります。オリュンポスの神々で分類し、珍しいギリシャ悲劇・喜劇もあります。 幻想的で神話のような描写がある一方、それぞれが抱える「欲」も垣間見えて妙に人間臭い。短い作品ながら色々な側面を見せてくれる印象深い1冊。 2019/8/6 求めただけなのに、好きになっただけなのに、訪れる結末がただただ哀しい。 宗教画は意外と面白い。ヨーロッパの美術館を楽しむには「ギリシャ神話とキリスト教」の基礎知識が少しだけ必要あるともっと楽しめる。ほんの少しの知識で美術館はもっと面白くなります。キリスト教の聖人画の決まり事を有名な作品を例に写真付きでご説明。 FGO, ネタ 若い娘が踊りの褒美に男の首を要求するという「サロメ」の話は、二千年以上昔、古代ローマ時代のガリラヤ地方の逸話として聖書に登場する。 そしてルネサンス以来、数多くの芸術の中でこのテーマが繰り返し描かれてきた。 “Œ‹ž, ‘—§¼—m”üpŠÙ, 2006. cat. myDate = new Date() ;myYear = myDate.getFullYear ();document.write(myYear); »ì‘ŽwŠö: ƒAƒ“ƒgƒjƒIEƒTƒEƒ‰AƒTƒEƒ‰Eƒƒhƒ‰[ƒm. 洗礼者ヨハネ(伊:San Giovanni Battistaサン・ジョヴァンニ・バッティスタ / 英:John the Baptistジョン・ザ・バプテスト)とは、その名の通り「洗礼」をする人。 「洗礼」は教会用語で「バプテスマ」とも言われます。語源はギリシア語で、本来の意味は「一体化」ということだそう。 現代では、一般的にキリスト教に入信する儀式のことを指します。 no. そしてビアズリーの挿絵も作品全体の雰囲気を高めてくれる良い潤滑油になっています。 一方で、倒錯もここまで極めれば、いっそ神話的であるともいえる。古来、処女性と残酷性とは、しばしば表裏一体のものとして描かれてきた。純潔を守るため、または愛の成就のため、あるいは愛の証明のために、乙女が男を理不尽に破滅させるのは、いにしえより語り継がれてきた物語の原型のひとつである。 サロメは、ヨハネを恨んでいたへロディアの指示により、「ヨハネの首を」と所望します。 ヘロデはヨハネの首を切らせ、その首は盆に載せて運ばれ、少女に渡されました。 文庫と電子書籍とで悩んで、ビアズリーの挿絵つきと聞いて文庫に決定。これは素敵。 名高いこのヨハネ斬首の逸話は、19世紀になってサロメ自身にヨハネの首を求める動機があったと解釈され、サロメは男性を破滅へと導く世紀末のファム・ファタルの代表となっていく。