2015/10/22, スペイン風邪の病原菌インフルエンザウィルスは、自己増殖を行うための遺伝子を組み込んだ生物テロだった。アメリカが細菌兵器として開発したウィルスで、1914年の第一次世界大戦の際にも使われました。, 人類が経験した最大の感染症は、1918年から3年間にわたって6億人の感染者を出したスペイン風邪がパンデミック(世界的大流行)と呼ばれる最初の大規模感染です。当時の世界総人口が18億人なので、全世界では33%が感染したことになり、そのうちの死亡者は5000万人とも1億人とも言われています。, 日本では当時の人口5,500万人のうち、約半数の2,500万人が感染を起こして48万人が死亡しています。患者は全て隔離されたため、実数の把握は困難になっています。, この「スペイン風邪」と呼ばれている感染症の発生源となったのは、アメリカです。第一次世界大戦の最中でもあり、アメリカで起きたインフルエンザの大流行は報道されませんでした。当時、中立的立場のスペインが世界に向けて情報発信を行ったため、現在でもスペイン風邪と呼ばれています。, 1918年3月にデトロイト・サウスカロライナで最初の感染が起こり、感染力の強さが影響して全米に感染者が広がります。, 8~9月にかけて死亡者が急増したため、アスピリン(鎮痛剤)の服用が海軍や陸軍、国民に推奨されたとのこと。通常の量ではなく、中毒量の4gに対し、8g~32gという過剰投与をしたようです。この頃に死亡者の急増が起きています。, インフルエンザに罹っている時にアスピリンを服用すると、ライ症候群や、肝障害、腎障害、脳障害などを起こします。アメリカ人はアスピリンが好きな民族で、血栓防止や尿酸排出などの作用があるので、痛みがなくてもアスピリンを愛用しています。, インフルエンザで呼吸が苦しい時にアスピリンを服用すると、肺水腫や重症肺炎によって死亡します。そして、アメリカ発のインフルエンザの死因はほとんどが肺炎なので、最悪の鎮痛剤を飲ませたことになります。, そしてアメリカは「医療先進国ではアスピリンで症状改善に成功している」と嘘の情報で販売促進のPRを行い、製薬会社はアスピリンの増産を始める。当時は武田薬品が独占販売権を持っていましたが、宣戦布告により独占販売は無効になるという経緯もあります。, インフルエンザの予防接種として、アメリカでは4,600万人に対して強制的にワクチンを接種したということですが、その注射液にはワクチンではなく、25種類の病原体が含まれていました。ワクチン接種を受けた者は何種類もの感染症を起こして翌日には死亡します。それを見た者はワクチン接種を拒むのが当然です。ワクチン接種を受けなかった者は誰も感染症を起こさず、死亡率もゼロに近いと言われています。, 米軍兵士は、ヨーロッパの風土病対策として25種類の病原菌を接種されてフランスに送り込まれます。(中立的立場のスペインには上陸しません)そして、5~6月の間にヨーロッパで蔓延を始めます。, 感染症が戦場のヨーロッパに広がると、インフルエンザとは関係のない黒死病(ペスト)や、チフス、ジフテリア・肺炎球菌、天然痘が流行を始めます。ポリオに感染して小児麻痺になった兵士も多く、明らかに不自然な症状だったと当時の医師が証言しています。そして、ヨーロッパの人口の33%が死亡します。, 5月~6月といえば、インフルエンザは流行しない時期です。その頃にインフルエンザとペスト、ジフテリアに感染したり、インフルエンザと肺炎球菌の最悪の組み合わせに感染したままという兵士もいます。ヨーロッパに進軍したのはいいものの、ふらふらと咳をしながらうろついたのか定かではありませんが、米兵が感染を拡大させた結果になっています。, そして第二波では1918年の秋から冬にかけて、アウトプレイクという突然変異を起こしたウィルスが世界中に撒かれる事になります。, 突然変異の結果、感染力が30倍にも増したインフルエンザウィルスが一気に世界中に広がります。医療従事者が最初にワクチン接種を受けて3割が死亡したため、医療体制の崩壊により感染拡大に拍車がかかったと言えます。, 25種類程の、どのウィルスが流行したのか不明ですが、インフルエンザの患者が天然痘などを合併症として発症することも考えられます。合併症により治療不可能な状態になったり、ウィルスによっては当然ながら隔離もあり得ます。スペイン風邪とは秋から冬に起きやすい感染症の全てを意味します。, インフルエンザのタイプとしてはH1N1亜型で、鳥インフルエンザの突然変異によるヒトからヒトへの感染なので、誰も抗体を持っていないというのも流行の原因になったようです。, 日本では1919年の春から秋にかけて、再び世界的な流行を見せた第三波の影響が最も大きかったと言われ、主な病原体の鳥インフルエンザが突然変異を起こしたものが原因になり、肺炎と免疫機能の低下による死亡者が多かったと最近になって予測されています。, このウィルス拡大が原因で第一次世界大戦は終結したとも言えそうです。そして、戦死者と病死者の区別が曖昧になった結果、感染者と死亡者の把握が難しくなりました。, 日本兵が帰国するとコレラやジフテリア、天然痘まで持ち帰ったとのこと。第一次世界大戦の終結と同時に日本の感染拡大に拍車をかけたようです。, スペイン風邪はアメリカ政府が自国民に対するテロ行為だけでなく、製薬会社の利益を誘導する世界的な感染だったようです。ワクチン接種と、ワクチン接種による副反応に対する薬、抗ウィルス薬、症状を抑えるアスピリンによって人を殺すというのはこの頃から始まっていたようです。, 200万人以上の女性が続々と痩せた!! Copyright© そのスペイン風邪の流行がピークに達したとき、すべての店、学校、事業が閉鎖 された。そして、医師たちや看護師たちもワクチンを接種うけており、そのスペ イン風邪に罹っていたため、病院も閉鎖され … 今回のコロナウイルスは中国の研究所で開発された生物兵器ですが、スペイン風邪はインフルエンザではなくワクチンによる副作用の症状だったそうです。 1918 年の「スペイン風邪」:ワクチン接種された者だけが死亡した このブログは抗ワクチンの解説ではありません。 読者にドキュメントを注意深く読んでもらい、十分な注意を払い、伝えられている内容を盲目的に受け入れないようにしてください。 スペイン風邪の病原菌インフルエンザウィルスは、自己増殖を行うための遺伝子を組み込んだ生物テロだった。アメリカが細菌兵器として開発したウィルスで、1914年の第一次世界大戦の際にも使われました。 人類が経験した最大の感染症は、1918年から3年間にわたって6億人の感染者を出したスペイン風邪がパンデミック(世界的大流行)と呼ばれる最初の大規模感染です。当時の世界総人口が18億人なので、全世界では33%が感染したことになり、そのうちの死亡者は5000万人とも1億人とも言われてい … 当時、開発中の細菌性髄膜炎のワクチンを大量の兵士や国民に投与したところ、副作用として細菌感染症になりワクチンの投与を受けた人たちが感染し亡くなったそうです。, この事実が隠蔽されてきた理由は巨額の利益を生むワクチンの詐欺ビジネスが明らかになることを防ぐためだったのでしょう。, インフルエンザワクチンも、感染を予防するためのものではなく新たな種類のインフルエンザ・ウイルスを生み出すためのワクチンだったりして??, https://vaccineliberationarmy.com/2020/08/30/1918-spanish-flu-was-a-bacterial-infection-caused-by-usa-vaccine-experiment/, 1918年に大流行となったスペイン風邪は(インフルエンザではなく)米国のワクチン実験で生じた細菌感染症でした!, 死因はインフルエンザではなく細菌性髄膜炎ワクチンが原因でした。 人類の医学史上、最も大きな謎の一つを解明したかもしれないと研究結果が4月28日に発表された。1918年に大流行したスペインかぜ(インフルエンザ)では世界中で5000万人が死亡したが、犠牲者が主に若い健康な成人だったのはなぜなのか、これまで明らかになっていなかった。 })(window,document,'script','https://www.google-analytics.com/analytics.js','ga');

1914年に勃発した第一次世界大戦末期、1918年、1919年に流行したスペイン風邪。実は、発症地は、アメリカだということを、 『Vaccination Condemned』(糾弾された予防ワクチン接種) Eleanor McBean(エリノア・マクビーン)著が告発している。彼女の覚醒が、最も優れていると感じられるのは、その後の、有害汚染ワクチン問題の所在と、どう対処したらよいかをまざまざと描き出している点である。すなわち、ワクチンこそが疫病蔓延の原因であったという鋭い観察と自然療法のみが、疫病に対抗しえる真の治療法なのだということを。, 「屈強な男たちが次々と感染して、次の日にはあっさりと死亡した。彼女は『この風邪は普通の風邪とは違う』と疑問を抱き、大人になってから独自の調査を行い、アメリカ政府が当時行なった予防接種にウィルスが仕込まれていたことを突き止めたのだ。」, 「私の家族はワクチン接種をすべて拒絶していたので、流行期間中も無事にすごすことができました。私たちは、グラハム、トレイル、チルデン、その他の人の健康法から、毒性のあるもので身体を汚染すればそれはかならずや病気につながっていくということを知っていたのです。インフルエンザの最盛期には、学校はもちろん、すべての店が扉を閉ざしていましたし、ばかげたことに病院までもが、医師や看護婦もまたワクチン接種をうけていたのでインフルエンザで倒れて、閉鎖されるというありさまでした。そんなわけで、医者もいない中、私たちの両親は、少しでも病人の世話が出来ればと家々をまわっていました。もしも細菌、バクテリア、ヴィールスやバチルスといったものが病気の原因になることができるのなら、私たちの両親は一日に何時間も病人と同室していたのですから、感染する機会はいくらでもあったわけです。しかし、私の家族はインフルエンザに罹ることはありませんでしたし、また、病原菌を持ち込んで私たち子供にうつすということもなく、何も引き起こしはしませんでした。私たちの家族は、深い雪の積もるその冬の間中、誰一人としてインフルエンザはおろか鼻風邪にさえかかる者もありませんでした。1918年のインフルエンザ大流行は世界中で5000万人もの人を殺したと言われています。しかし、実際には、医師たちが、いいかげんで致死的な処置と薬によって殺したのです。」, 1912年に海外から引き上げてきたある兵士は、陸軍病院は小児麻痺患者でいっぱいで、大の大人がなんで子供の病気に罹らなくちゃならないんだと思ったと彼女に話したそうだ。25種類もの疫病ウイルスを投与され、毒ワクチンを接種させられ、前線に送られた兵士たちは、現地の疫病に打ちのめされたのではなく、ワクチンに仕込まれた疫病の種、時限爆弾によって、陸軍病院に入院していたのである。, 鳥のウイルス、豚のウイルス、人間のウイルスは、それぞれに種特有の壁をもっているので、種を乗り越えて、感染を拡大させることはない。鳥インフルエンザ騒動、豚インフルエンザ騒動は、仕組まれたものなので、パンデミックにまでは至らせることはできなかったのだ。だからこそ、人間生物兵器が必要だからワクチンに仕込む必要があるのだという重要な視点を落としてはならない。人口削減計画は、人間をウイルス増幅装置となるように、その免疫防御システムそのものを破壊することを、何段階にもわたって仕込んでいるものなのだ。, もう一人の覚醒の星であるデイビット・アイク氏は、彼女の著作を熟読した上で、全容をこう描きます。, 「1918年3月、デトロイトやサウスカロライナ州付近で最初の感染者が発見されると、三か月後には、ボストンで感染の拡大が始まり、瞬く間に、フランスのブレストや西アフリカのシュラレネオにまで拡散し、世界的なパンデミックになった。このウイルスは、兵士たちにも感染が広がったことで、第一次世界大戦の戦場となっていたヨーロッパ地域にまで拡散され、世界では6億人が発症し、死者は、5000万人にも上った。, 「体力のある働き盛りの男たちが次々と発症し、翌日には死亡していた。その流行病は、黒死病(ペスト)の特徴だけでなく、チフスやジフテリア、肺炎、天然痘、麻痺、および、第一次世界大戦後の人々に接種された、すべてのワクチンの病気の特徴を併せ持っていた。」とエリノア・マクビーンは語る。, 彼女が最初に疑問を持ったのは、スペイン風邪が流行していた当時、予防接種を受けていた人ばかりが感染し、予防接種を受けていなかった人たちは、一人も感染しなかったこと。さらに、医師による治療で治るどころか、よりいっそう悪化した。医師による治療を受けていた人の致死率が33%に達した一方、薬物を使わずに、入浴療法や食事療法などの自然療法を行った人の回復率は、100%に近かったということ。より、感染が拡大したのが兵士たちの間だった。兵士の罹患率は、市民の7倍にも達していた。その原因として、彼らが戦場に向かう前に、ヨーロッパの風土病に対する予防接種ではないかと考え、調査した結果、25種類もの病原菌が予防接種に仕込まれていたことを、彼女は突き止めた。ただの風邪だと言われながら、チフスやジフテリアの症状を発症している人など、いろいろな症状がみられたのはそのためだった。彼女は、戦場から戻った兵士に聞き取り調査をした結果、ヨーロッパの戦場で兵士の多くが、小児麻痺を発症しており、しかも成人して体力のある男ばかりがなぜ、小児麻痺にかかるのか不思議だと彼らは話したそうだ。, 1918年のスペイン風邪は、ワクチン接種によってもたらされたのである。ワクチン接種に関するすべての医療機関および非医療機関は、ワクチンが予防すべき疾患の軽い症例を引き起こすように設計されていることに同意している。しかし、彼らはまた、事件が軽度であるか重度であるかを予測する方法はまったくなく、致命的であることも認めている。人々の生活そのものに対処する際のこのような不確実性により、ワクチン接種などの疑わしい手順を使用することは非常に非科学的で非常に危険だ。, 多くのワクチンはまた、それらが与えられているもの以外の病気を引き起こす。例えば、天然痘ワクチンは、梅毒、麻痺、ハンセン病、癌を引き起こすことがよくある。 ポリオショット、ジフテリア毒素抗毒素、腸チフスワクチン、麻疹、破傷風、および他のすべてのショットは、ワクチン接種後の脳の炎症、麻痺、脊髄髄膜炎、失明、癌(場合によっては2年以内)、結核(発砲後2〜20年)、関節炎、腎臓病、心疾患(発作後数分以内の場合もあれば、数時間後の場合もある心不全)。注射後、神経の損傷や他の多くの深刻な状態も起こる。, 数日または数週間の間隔で数回の注射(異なるワクチン)や混合ワクチンが行われると、体は血流に直接注入される大量の致命的な毒を処理できないため、一度にすべての疾患の強化された症例を引き起こす。医師はそれを新しい病気と呼び、症状を抑制するために、新たな薬剤によるコントロールを始める。, 口から毒が摂取された場合、内部防御システムは嘔吐によってその一部をすぐに排出する可能性があるが、毒が血管注射で体内に直接発射され、すべての自然保護手段を迂回すると、これらの危険なワクチンの中の毒は全身にすぐに循環する。ほんの数秒で、すべての細胞が毒殺されるまで循環を続ける。, 7人の男性が予防接種を受けた後、医者のオフィスに落ちたと聞いた。これは軍の収容所にあったので、検証のために政府に手紙を書いた。彼らは私にアメリカ国防長官、ヘンリー・L・スティムソンの報告書を送ってくれた。報告書は、ワクチンから死亡した7人の報告を検証しただけでなく、戦争のわずか6か月の間に黄熱ワクチンの直接的な結果として63人が死亡し、28,585例の肝炎があったと述べている。これは、兵士に与えられた14から25ショットの1つにすぎない。これらのショットすべてが男性に与えたダメージを想像することができる。, さらに、驚愕すべき悪魔の化身の計画は米国市民を標的として、国内での疫病蔓延を画策。第一次世界大戦の期間は影の帝国の指示に従う製薬会社にとっては短かったため、すべてのワクチンを使い切ることができなかった。彼らは、そのため、米国史上最大のワクチン接種キャンペーンを実施した。それを正当化する疫病の流行はなかったので、彼らは他のトリックを使った。彼らのプロパガンダは、兵士たちがあらゆる種類の疫病を外国から持ち帰ってきており、米国市民は、誰もがその疫病の感染に備えるために、ワクチンを打っておく必要があると主張したのである。, 帰国した兵士は確かに病気だった。彼らはそれが医者が作ったワクチン疾患によるものであることを知らなかった。帰国した兵士の多くは、これらの薬物誘発性の病気によって一生障害者となった。多くはワクチン接種後の脳炎からの狂気であったが。非常に多くの異なるワクチン接種が行われたことがそれまでにはなかったため、多くの毒ワクチンによって引き起こされた複合疾患は医師を困惑させた。新しい病気は、男性兵士に注射したワクチンに仕込まれた病気の症状があった。腸チフス特有の高熱、極度の脱力感、腹部発疹、腸障害があった。ジフテリアワクチンは、肺のうっ血、悪寒、発熱、偽膜で詰まった喉の腫れ、喉の痛み、息苦しさによる窒息性窒息、その後のあえぎと死が原因であり、その後、体は奪われた停滞した血液から黒くなった窒息段階の酸素。当初、彼らはそれを黒死病と呼んだ。他のワクチンは、麻痺、脳の損傷、ロックジョーなど、独自の反応を引き起こす。医師がより強力なワクチンで腸チフスの症状を抑制しようとしたとき、それは彼らがパラチフスと命名した腸チフスのより悪い形を引き起こした。しかし、彼らがそのワクチンを抑制するために、より強力でより危険なワクチンを作り上げたとき、彼らは名前がなかったさらに悪い病気を作り出した。彼らはそれを何と呼ぶべきですか?彼らはそれが本当は何であるかを人々に伝えたくありませんでした—彼らが彼らのワクチンと抑制薬で作った彼ら自身のフランケンシュタインのの怪物です。, 長年、ワクチン研究や製造に携わったアメリカの科学者、モーリス・ハイルマン博士は、生前、あるテレビのインタビュー番組でこう答えている。, 「ワクチンの中には、40種類以上の生きたウイルスが入っている。それは、不妊薬、黄熱病、白血病、エイズなど。その中には、長期間にわたって作用するものがある。」と。「それは何ですか?」との問いに、「癌ですよ」と即答した。」と。, アンドリュー・ウエイクヒィールド博士は、はしか、風疹、おたふく風邪の三種混合ワクチンと自閉症に関連する腸管障害の関連を初めて指摘した人である。このワクチンと称せられる化学物質のカクテルには、毒物、動物細胞やその血、中絶細胞のDNA,ウイルス、バクテリア(生きたものも含む)の形態で異種タンパクなどが入っている。, 免疫システムや脳の形成途上である2歳前の乳幼児に、現代では混合ワクチンも含めて、25種類ものワクチンが投与されている意味がどういうことかについて、考えてもらいたい。これは、肉体コンピューターをあらゆるレベルでダメージを与えるために、冷酷に計算されて行われていることだが、この狂気に気づき始めた多くの人々が、ワクチンを拒否し始めているために、彼らは、いっそう圧力をかけているのだ。そして、法律を作ることで、人々にワクチン接種を義務づけて、王手の駒を進めているのが明確に見て取れるはずだ。, 彼が、1998年、11名の医者と共に、自閉症の子ども12人の腸の症状と自閉症の関連の調査研究をまとめて発表すると、世界の医療界に波乱が巻き起こった。博士は、英国から米国に移住し、現在は、テキサス州にある自閉症センター、ソートフルハウスで研究を続けながら主に米国で活動を続けている。, ワクチンに入っている水銀は、子供の自閉症の進行に大きな影響がある。1989年から1990年後半にかけて、水銀入りのワクチンが増加したことに伴って、自閉症になる子どもの数も増加した。, イルミナティのファビアン協会のメンバーで、優生学者であるバートランド・ラッセル(1970年没)は、水銀などの物質が、どれほど脳を損傷し、明晰に施行する能力を奪うのに有効かを詳述している。, 大規模な削減、人間の間引きの基本は、人間の免疫システムを破壊することにある。そのために、ビックファーマーは、長年かけて、医療への影響力は支配力を増大させてきており、腐敗した政治家や医療専門家などに、賄賂などの資金を提供することで、政治的な方針をコントロールしてきた。, 現在、ビックファーマーは、すべての子どもだけでなく、すべての大人を含めての全ての人に漏れなく独ワクチンを仕込むために、ワクチン接種義務化法案の成立を目指している。これが、人間の免疫システム破壊を目指すイルミナティ爬虫類人とビックファーマーの最終段階なのだ。5Gのロールアウトもそのための仕掛け。テレビのデジタル化もその仕掛け。, 機能をオンにすると、画面の下部をタップする度に自動的にスクロールして読み進められます。. 2015 All Rights Reserved. 人類の医学史上、最も大きな謎の一つを解明したかもしれないと研究結果が4月28日に発表された。1918年に大流行したスペインかぜ(インフルエンザ)では世界中で5000万人が死亡したが、犠牲者が主に若い健康な成人だったのはなぜなのか、これまで明らかになっていなかった。 Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. ライフワークMAQIA ,   ga('send', 'pageview');

2015/10/18 戦後に行われた検視により1918年のスペイン風邪がインフルエンザではなかったことが証明されました。

. スペイン風邪ではワクチン投与を受けた人のみが死亡しました。 死因はインフルエンザではなく細菌性髄膜炎ワクチンが原因でした。 戦後に行われた検視により1918年のスペイン風邪がインフルエンザではなかったことが証明されました。 膨大な死者が出たスペイン風邪は中世紀の黒いペストを彷彿させ、人類にとって恐怖的でミステリーなパンデミックでしたが、今回の新型コロナウイルスの恐怖ポルノの展開で、初めてこの奇怪なスペイン風邪の真実がネット上に出てきました。, その当時すでに、医療業界がワクチンで世界的に儲けようとして失敗した、医学的には学者も医者も不能で(しかしエゴの塊)、間違っていた治療法を「建前、面子(メンツ)」のために、更にその失敗を隠そうとして嘘を立ち上げ、嘘と死が世界規模に巨大になっていった。, その結果、単に、ワクチンを受けた徴収された兵士達、一般市民、子供達が大量に死んで行った。, 関係者は今まで1人も罰せられなく、完全犯罪であり、治すという嘘の行為で殺人を公然と行った。, 医者は白い服を着た死刑執行人に化し、ワクチン注射は老犬を殺す安楽死注射になり、病院は治すところではなく死者を大量に出す工場になった。, 真実は1世紀ほど埋もれていたが、新型コロナウイルスの際に、医療産業と政府関係者、メディアがこぞって真実を隠蔽し、更に今回はロックダウンで経済的な崩壊、隔離、最終的に実験されていないワクチン(ADNが変更される)接種でスペイン風邪時のように大規模な死者が出る疑惑があり、ネットのおかげでスペイン風邪の真実がやっと出て来たのである。, 先日キャットさんがチャーリー・ワードとチャーリー・フリークの動画を転写した際にこう述べていた。, 「10年ほど前、私はサルーサを読んでいた。彼は、3Dから5Dに移る際に地球から25億くらいの人々が去る、と言った。このコロナウイルスのロックダウン中に、アドレノクロムのために世界中の子供達を誘拐した人々、子供の血が一滴でも口にある人間は逮捕され死刑執行される。誰も逃れられない…しかし、60%は表に出てこない…」と続いていた…, 私はそれを読みながらふと思った。日本のようにテレビかぶれで、これらのコープレイト情報を疑いもせずに受け入れ信じ、彼らの言う通りに忠実にマスクをつける「SHEEPLE:自分の意見がなく綿羊のように従順に人に従う」な国民性を示して、世界中が首を傾げる人間性を露わにした。日本はこの点から見て、だいぶ前から準全体主義社会に徐々に突入し始めていた。テレビや主要メディア、政府、自称専門家の嘘情報にも疑問に思わず鵜呑みし、主権者として受け入れられないことを拒否する気概もない無気力な地質は既に出来上がっていた…, もし、秋にグローバリストが計画するように、第二波のコロナウイルスロックダウンがあり、政府が(オーストラリアやニュージーランドで政府要人が言い出したような強制ワクチン接種とそれを受け入れない者を逮捕する)国民にワクチンを強制し、テレビやメディア専門家の勧めを鵜呑みにしてワクチンを受け入れる場合…さらに政府が計画する5Gが起動され死人が出るがコロナウイルスのせいにされる場合…, その場合には日本から大量の死者が出るだろう。サルーサの言葉…が現実になる平行世界もあるのかも知れない。, 日本人が助かる道は50%の日本人が覚醒し、トランプ大統領やホワイトハットが時間内に成功し、グローバリストの不吉な人類削減計画を失敗に終わらせ、5Dのタイムラインに進むことができる。, このブログは抗ワクチンの解説ではありません。 読者にドキュメントを注意深く読んでもらい、十分な注意を払い、伝えられている内容を盲目的に受け入れないようにしてください。, 1918年の「スペインのインフルエンザ」は、スペインとは関係がなく、まったくインフルエンザでなかった可能性があることを知り、驚いたり、心配したりしませんか? まあ、しっかり掴まってください。あなたは荒々しい騎乗にいます!, 歴史によれば、1918年のスペイン風邪は5000から1億人を亡くしたとのことです。当時、医学および医薬品の情報筋は、1347年の黒いペスト以降、推定2500万〜3千万人が亡くなって以来、最も恐ろしい病気のプロセスであると説明しています。, エレノア・マクビーン博士(ノースダコタ州)の本「ワクチン接種の非難」では、1918年の「スペイン風邪」流行時の個人的および家族の経験について詳しく説明しています。, マクビーンによる1918年の「スペイン風邪」の報道は、記者でありワクチン接種を受けていない生存者であるとして、「陰謀論」としてではなく、「髪に火をつける」という証拠とともに、事件の歴史的根拠を再考する必要がある。, 数年前、私はエレノア・マクビーンの別の本に出くわしました:「ワクチン接種…サイレントキラー」。マクビーンは、1918年の「スペインインフルエンザ」の歴史的出来事だけでなく、ポリオや豚インフルエンザの流行も易感染性であるという証拠を提供しています。, スペインは第一次世界大戦中に中立であり、戦闘国とは異なり、その報道を検閲しませんでした。その結果、スペインは最初に1918年のインフルエンザの流行を報告し、世界はスペインを情報源として「スケープゴート」した。このようにして、「スペイン風邪」が生まれました。, WW1に備えて、多数の以前に開発されたワクチンを含む大規模な軍事ワクチン接種実験が, 「ロックフェラー医学研究所」が後援する、誕生したばかりの製薬業界には、これまでにないような大量の人間の被験者がいました。米軍の最初の草案によって供給された、被験者のテストプールは600万人以上の男性に膨らみました。, 戦後の検死により、1918年のインフルエンザは「インフルエンザ」ではなかったことが証明されました。これは、実験的な「細菌性髄膜炎ワクチン」の無作為な投与によって引き起こされました。これは、今日まで、インフルエンザのような症状を模倣しています。兵士と民間人の準備ができていない免疫システムに対する追加のワクチンによる大規模な複数の攻撃は、「殺害戦場」を作りました。。予防接種を受けなかったものは影響を受けなかった。, 家に帰る兵士が家族に病気をまん延させるのではないかと恐れて、米国政府は史上最大のワクチン「恐怖」キャンペーンを推進しました。彼らは実験ワクチンをフィールドテストするための研究開発ラボとして人間集団を使用しました。, ワクチンを止める代わりに、医師はそれらを強化し、それを偉大な「1918年のスペイン風邪」と呼んだ。その結果、ワクチン接種された人だけが死亡した。, 「7人の男性が予防接種を受けた後、医者のオフィスで倒れて死にました。彼らが戦死したという手紙が家族に送られました。」-エレノア・マクビーン, ミネソタ・ウェルネス・ディレクトリhttp://www.mnwelldir.org/docs/vaccines/vaccinations_condemned_McBean.htm, WW1の米軍兵士は、14から25の試験されていない実験的ワクチンを互いに一度に1日以内に与えられた。医師たちはそれを新しい病気と呼び、追加の薬やワクチンで症状を抑えました。, 私の以前のブログで与えられた例では、「COVID 19:詐欺と秘密の歴史に新たな章」、, 歴史には、「顔を救う」または悪意のある目的のために、欺くために、意図的につかれている嘘がたくさんあります。 1918年の「スペイン風邪」も例外ではありませんでした, イギリスの科学者とロンドンのインペリ・アルカレッジのニール・ファーガソン教授(ビルゲイツ財団が資金提供した同じインペリアル・カレッジ・オブ・ロンドン)は、数学のパンデミック・コンピューターモデルの開発を担当しました。 COVID19パンデミック。, 世界はファーガソンの助言に従いましたが、彼のすべてのモデルは述べられていて誤解を招くものであることがひどく証明されています。, たとえば、ファーガソン氏は、スウェーデンが2020年6月までに10万人の死亡を経験するであろうとモデル化しました。これまでのところ、スウェーデンは合計で2,854人の死者を出しました。, *これらの数学的コンピューターモデルは、ワクチン製造の基礎となる…..hmmmm!https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3178755/, Facebook、Google、YouTube、およびその他の「私的」に所有されているコミュニケーション・アウトレットが情報の「保護者」(検閲者)と自己宣言しました。, 2020年4月26日、Twitterは、COVID-19の非薬用UV光線療法に関する情報を共有したことで上場されているバイオテクノロジー企業のアカウントを停止しました。YouTubeは、このテクノロジーがどのように機能するかを示すビデオも削除しました。, 「(YouTube)は、パンデミックに関する世界保健機関(WHO)のガイダンスと矛盾するビデオを禁止するか、偽の、または証明されていないコロナウイルスの治療法を共有します。」-Susan Wojcicki, CEO – YouTube https://www.reddit.com/r/autotldr/comments/g6n74n/youtube_ceo_susan_wojcicki_announced_that_the/, NewsGuardは最近、Merola.comを偽のニュースとして分類し、COVIDウイルスがバイオセーフティレベル4の研究所から漏洩した可能性があると報告した中国武漢市。, 「事実確認」は、検証済みの独立した情報源からではなく、製薬会社から支払われたライターによって提供されることがよくあります。, 「医療従事者は、医療の実践だけでなく、教育と研究の観点からも製薬業界によって購入されています。この国の学術機関は、製薬業界の有償代理店になることを認めています。不名誉だと思います。」-アーノルド・レルマン, ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシンの元編集者https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1126053/, ワクチンのプロモーターは、ワクチンが感染病をほとんど一掃したと主張している。歴史は私たちに別の話を教えてくれます。20世紀の初めには、衛生設備(下水道)の改善、水処理プラント、および大幅に改善された栄養素が導入されました。, 上記のサンプルグラフは、麻疹、百日咳、ジフテリア、腸チフス、ポリオなどの感染症は、ワクチンが導入される前はすべて最低レベルであり、低下していることを示しています。, 1918年の「スペイン風邪」は100年間不吉な秘密を保持していた。以前のブログ「COVID 19:欺瞞と秘密の歴史の別の章」に基づいて、COVID-19からの世界を変えるプロトコルにも隠された秘密が含まれている可能性があることを学ぶのだろうか?, https://operationdisclosure1.blogspot.com/2020/08/only-vaccinated-died-in-1918-spanish-flu.html, その当時すでに、医療業界がワクチンで世界的に儲けようとして失敗した、医学的には学者も医者も不能で, 」のために、更にその失敗を隠そうとして嘘を立ち上げ、嘘と死が世界規模に巨大になっていった。, 世紀ほど埋もれていたが、新型コロナウイルスの際に、医療産業と政府関係者、メディアがこぞって真実を隠蔽し、更に今回はロックダウンで経済的な崩壊、隔離、最終的に実験されていないワクチン, 接種でスペイン風邪時のように大規模な死者が出る疑惑があり、ネットのおかげでスペイン風邪の真実がやっと出て来たのである。, 億くらいの人々が去る、と言った。このコロナウイルスのロックダウン中に、アドレノクロムのために世界中の子供達を誘拐した人々、子供の血が一滴でも口にある人間は逮捕され死刑執行される。誰も逃れられない, 私はそれを読みながらふと思った。日本のようにテレビかぶれで、これらのコープレイト情報を疑いもせずに受け入れ信じ、彼らの言う通りに忠実にマスクをつける「, 綿羊のように従順に人に従う」な国民性を示して、世界中が首を傾げる人間性を露わにした。日本はこの点から見て、だいぶ前から準全体主義社会に徐々に突入し始めていた。テレビや主要メディア、政府、自称専門家の嘘情報にも疑問に思わず鵜呑みし、主権者として受け入れられないことを拒否する気概もない無気力な地質は既に出来上がっていた, もし、秋にグローバリストが計画するように、第二波のコロナウイルスロックダウンがあり、政府が, オーストラリアやニュージーランドで政府要人が言い出したような強制ワクチン接種とそれを受け入れない者を逮捕する, 国民にワクチンを強制し、テレビやメディア専門家の勧めを鵜呑みにしてワクチンを受け入れる場合, %の日本人が覚醒し、トランプ大統領やホワイトハットが時間内に成功し、グローバリストの不吉な人類削減計画を失敗に終わらせ、, 読者にドキュメントを注意深く読んでもらい、十分な注意を払い、伝えられている内容を盲目的に受け入れないようにしてください。, 年の「スペインのインフルエンザ」は、スペインとは関係がなく、まったくインフルエンザでなかった可能性があることを知り、驚いたり、心配したりしませんか?, 年の「スペイン風邪」の報道は、記者でありワクチン接種を受けていない生存者であるとして、「陰謀論」としてではなく、「, 年の「スペインインフルエンザ」の歴史的出来事だけでなく、ポリオや豚インフルエンザの流行も易感染性であるという証拠を提供していま, スペインは第一次世界大戦中に中立であり、戦闘国とは異なり、その報道を検閲しませんでした。その結果、スペインは最初に, 年のインフルエンザの流行を報告し、世界はスペインを情報源として「スケープゴート」した。このようにして、「スペイン風邪」が生まれました。, 「ロックフェラー医学研究所」が後援する、誕生したばかりの製薬業界には、これまでにないような大量の人間の被験者がいました。米軍の最初の草案によって供給された、被験者のテストプールは, 年のインフルエンザは「インフルエンザ」ではなかったことが証明されました。これは、実験的な「細菌性髄膜炎ワクチン」の無作為な投与によって引き起こさ, れました。これは、今日まで、インフルエンザのような症状を模倣しています。兵士と民間人の準備ができていない免疫システムに対する追加のワクチンによる大規模な複数の攻撃は、「殺害戦場」を作りました。。, 人の男性が予防接種を受けた後、医者のオフィスで倒れて死にました。彼らが戦死したという手紙が家族に送られました。」, http://www.mnwelldir.org/docs/vaccines/vaccinations_condemned_McBean.htm, 歴史には、「顔を救う」または悪意のある目的のために、欺くために、意図的につかれている嘘がたくさんあります。, イギリスの科学者とロンドンのインペリ・アルカレッジのニール・ファーガソン教授(ビルゲイツ財団が資金提供した同じインペリアル・カレッジ・オブ・ロンドン)は、数学のパンデミック・コンピューターモデルの開発を担当しました。, 万人の死亡を経験するであろうとモデル化しました。これまでのところ、スウェーデンは合計で, https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3178755/, 、およびその他の「私的」に所有されているコミュニケーション・アウトレットが情報の「保護者」(検閲者)と自己宣言しました。, 光線療法に関する情報を共有したことで上場されているバイオテクノロジー企業のアカウントを停止しました。, のガイダンスと矛盾するビデオを禁止するか、偽の、または証明されていないコロナウイルスの治療法を共有します。」, https://www.reddit.com/r/autotldr/comments/g6n74n/youtube_ceo_susan_wojcicki_announced_that_the/, 「医療従事者は、医療の実践だけでなく、教育と研究の観点からも製薬業界によって購入されています。この国の学術機関は、製薬業界の有償代理店になることを認めています。不名誉だと思います。」, https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1126053/, ワクチンのプロモーターは、ワクチンが感染病をほとんど一掃したと主張している。歴史は私たちに別の話を教えてくれます。, 世紀の初めには、衛生設備(下水道)の改善、水処理プラント、および大幅に改善された栄養素が導入されました。, からの世界を変えるプロトコルにも隠された秘密が含まれている可能性があることを学ぶのだろうか?, < ベンジャミン・フルフォード レポート:「エリート計画は、偽のパンデミックを継続的に進める」-2020年8月17日, 彼のすべてのモデルは述べられていて誤解を招くものであることがひどく証明されています。, 特別グローバル通貨リセット(GCR)・リポートによる共和国復興:全て(最重要)は逮捕され、ダブルとクローンによる世界大衆覚醒劇が進行中‼︎, 米国議会議員:食糧不足が来る。農業の恐怖、緑の安息日、気候の封鎖、病気のスーパー豚、そしてトイレを渦巻くDNAを監視するバイオボット。Ice Age Farmerによる素晴らしいビデオ!, 検閲は十分! 司法省は、ザッカーバーグ&ドーシーに、不正なバイデン犯罪ファミリーの公開爆弾であるNYポストの記事のブロッキングで逮捕し、Facebook&Twitterを押収する時です!, 過激な左翼グループが戦闘計画を投稿し、トランプが選挙に勝った場合、大規模なカオスを解き放ち、トランプの支持者を街頭で撃ちます, コロナウイルス法に基づくCovid-19に関連する死亡に対する5型書式の火葬証明書の削除.