ブナ科樹木の吸汁性害虫 ナラフサカイガラムシ 最大長約1mm.コナラやミズナラの枝や幼木の幹につく.動かない. ナラタマカイガラムシ ナラ類幼木の幹や枝につく. クリオオアブラムシ 体長最大5mm.クリやミズナラなどの若枝に群生する.成虫の一部は黒い翅(はね)を持つ. 「ブナの木」「大きく育った庭木」の芯止め剪定作業. 多くの人は、クワガタはクヌギに集まると思っています。でも、クワガタがクヌギにだけいる訳じゃないんです。クワガタが好む木を知れば、クワガタ探しの幅が広がりますので、クワガタを大量捕獲することも夢ではありません。クワガタが好む木は… Japan Wood-Products Information and Research Center. ブナとは . 朝からバックヤードガーデンのずい分大きくなった「落葉高木ブナの木」を芯止め剪定作業をしました。 © Copyright 2009-2013 うちガーデン All rights reserved.Design by Office Sasagawa Ltd. 雑木類のこと 2016年7月8日. かってブナ類は良質材とはされていませんでしたが、蓄積が多いことから、利用技術の開発が精力的に進められた結果、蓄積は非常に少なくなり、現在ではかつて、ブナに頼っていた家具工業はその代替材をさがすことに努めています。 木材 ブナ幹周測定法. ブナの花の開花時期や季節、特徴は? ブナの花は、 5月頃に葉が広がるのと同時に開花 するんですよ! 雌雄同株といって、 1本のブナの木に雄花と雌花が咲くんです 。 雄花 は枝先からぶら下がった柄の先に6~15個付きます。 朝からバックヤードガーデンのずい分大きくなった「落葉高木ブナの木」を芯止め剪定作業をしました。自然の中に身を置くことが大好きな、ブナに憧れていた家族が植えた木です。植えたときは幹回り15㌢、樹高1.5㍍程の小さいブナの木でした。20年後には幾度となく芯を止めても、樹高数メートルの高さになりました。作業はわずか20~30分程で終了。伐採した枝の束です。カットした枝は乾燥させ薪ストーブで燃やします。新緑のブナの葉はやわらかく、葉脈がはっきりしています。樹皮は滑らかで、縦に溝が入っています。色はグレーで白い大きな斑紋が入っています。(斑紋は木々によって違いがあるようです。)植えてから20年、幹回りは70㌢になりました。「ブナ」は落葉広葉樹の高木(30㍍)、庭植えにはちょっとためらいますよね。午後の雨に濡れた「ブナ」は斑紋がクッキリしています。雨水は「ブナ」の葉が受け、ブナの幹を伝って地下に蓄えられます。ブナの下草はクロユリ、ヤグルマソウ、ヒトリシズカ、破れ傘、クジャクシダなど山野草を中心に、いろいろな植物が育っています。余談ですが、過去に訪れた白神山地、八幡平、竜飛岬など手つかずの原生林に覆われた風景は、とっても神秘的でした。「ブナ」が、太古の昔からうっそうと茂っていたであろうことに、ブログを綴りながら、改めて思いを馳せその情景を思い出しています。とくに竜飛岬では竜泊ラインの灯台に上るラインは、まさに龍の背を登る感じで、眼下に見下ろす風景は神秘的で感動ものでしたよ。さて、われに返って。だいぶスッキリしましたね~。, 写真に写っている数本の枝を見て、新緑の美しい美人林(新潟・松之山のブナ林90年を経ているそうです)をまた思いだしました。ブナの樹齢は200~300年、700年の老齢の樹木もあるそうです。さて、猛暑日がつづく平地の夏にはブナも大変なおもいをしていますよ。猛暑には向かないブナです。北西に面した庭に植えてあるブナ。葉がチリチリ葉焼けし、地上に落ちてしまっています。やはり深山の樹木は、平地の夏の暑さに参ってしまうようですね。平地のブナの紅葉は綺麗とは言い難いです。葉をつけたまま春を迎え、芽吹きとともに古い葉は落葉します。. 例1:ブナの会ではこれを基本にし、その他の寸法も併記している。 1988年環境庁が、全国の巨樹・巨木林調査を行うにあたり統一した基準を定めました。これが今では一般的になっているものです。 <巨木の定義> 北海道南部から本州、四国、九州に分布します。同属の樹種にイヌブナ:F.japonicaがあり、本州、四国、九州に分布しています。かってブナ類は良質材とはされていませんでしたが、蓄積が多いことから、利用技術の開発が精力的に進められた結果、蓄積は非常に少なくなり、現在ではかつて、ブナに頼っていた家具工業はその代替材をさがすことに努めています。, 心材と辺材とも、正常な場合白色ないし淡桃色ですが、しばしば、不斉円形の濃色の部分をもっています。これを不正常な心材ということで偽心材と呼んでいます。この偽心材の部分には、何重にも、縞があり、菊花の模様となることがあります。肌目は精で年輪はどちらかといえばあまりはっきりしていません。放射組織が広く、高いので、板目面ではゴマのような濃い色の点となり、柾目面では帯状の模様(とらふ)となります。耐久性が低く、伐採後直ぐに薬剤処理をしないと、変色や腐朽をおこし易いのが難点です。また木材へ防腐剤を注入しにくく、鉄道枕木に使用するときは、材面に刃物ですじをつけて注入します。加工性は中庸で、乾燥によって狂いが出易い樹種です。この木材は曲木にし易い性質があり、その他の樹種では代替しにくいこともあり、曲木家具の代表的なものの一つとなりました。ブナは、家具(とくに脚のついたもの)として大量に用いられて大分枯渇してしまい、熱帯材で代替しようとしていますが、今でも曲木部分についてはブナ多くが使われています。, 家具、器具、合板、漆器木地玩具、曲木、靴木型、日用品、パルプなどがあります。手作りの木製の台所用品にはブナ製品が多いでしょう。, ※本文中の特性値の出所は、「日本の木材」木材工業編集部 公益社団法人 日本木材加工技術協会 1966 のため、上記の表と値が異なる場合があります。, Copyright © 2004-2020 All Rights Reserved 一般財団法人 日本木材総合情報センター 日本を代表する落葉樹のひとつで北海道南部~九州に分布します。端正な樹形と白くて美しい幹、『日本の美しい森』のイメージには欠かせない樹種です。白神山地の天然林は世界自然遺産として …