1 プラダを着た悪魔の結末の意味を解説! 1.1 ミランダが笑うラストシーンの言いたいことは? 1.2 アンディがミランダの元を去ったのはなぜ? 1.3 彼氏と最後別れるの?より戻したの? 2 プラダを着た悪魔の結末原作と映画の違いも紹介! 2.1 登場人物の設定 「プラダを着た悪魔」は、2006年にアメリカで公開された映画です。 「セックス・アンド・ザ・シティ」や「バンド・オブ・ブラザーズ」で演出を務めたデビッド・フランケルが監督をしました。 興行収入は、1億2000万ドルを超える大ヒットとなりました。 『プラダを着た悪魔』のラストについて 最後にアンディはなぜミランダの元を去ったのですか? 彼氏と別れてまでミランダの元で働くことを選んだのに、ミランダが編集長をクビになりそうになった時、そ … 【プラダを着た悪魔・解説】最後 (ラスト) でアンディと彼氏はよりを戻したの?別れたの? アンディがパリから帰国して、カフェでネイトと会います。 アンディは、ネイトに言います。 「あなたが言った通 … 『プラダを着た悪魔』(英語: The Devil Wears Prada )とは、2003年 4月に刊行されたローレン・ワイズバーガーによるアメリカ合衆国の小説作品、及び2006年に公開されたアメリカ映画。 「プラダを着た悪魔」アンディの彼氏ネイトはなぜ怒っていた? アンディと彼氏のネイトは同棲しながらお互いの夢に向かって頑張っていました。 ところが、アンディがファッション誌「ランウェイ」に就職してから関係がギクシャクしてしまいます。 『プラダを着た悪魔』のネタバレあらすじをラストの意味も含めて結末までご紹介。『プラダを着た悪魔』の結末までのあらすじをネタバレ込みで追うと深いテーマにも踏み込んでおり、主人公が夢を叶えるための行動や、ラストの意味は何なのか、早速見ていきましょう。 『プラダを着た悪魔』って何度も見たくなる映画ですね。 特に女性にとっては、ファッションセンスのいいお勉強になるので、参考のために何度も見たくなります。 アン・ハサウェイ演じるアンドレア・サックスの服装のセンスがどんどん洗練されていくのが心地よかったです。