ルカはミチルが好きで、同性愛者です。ミチルは自己肯定感が低いです。ソウスケは虐待の連鎖。タケルは実姉による性的虐待による女性不信。エリは不倫しちゃうし、オグリンは自分に甘い。問題がない人はいないと思います。特に若いうちはいろんなことに悩みますし、喉に刺さった小骨のような小さな悩みで頭がいっぱいになります。とにかく悩みます。でもこのドラマの登場人物たちが抱えている問題は随分とヘビーです。リアルタイムで観ていましたが、当時学生だった私は一人暮らしの友人をうらやましく思っていました。時々お泊まりをさせてもらって、それこそワンルームに大人数で集まり、雑魚寝をしたのを覚えています。ドラマの彼らと同じではないですが、似たような環境がより一層登場人物たちに感情移入させ、また抱えている問題の深刻さを除けば、幼少期から少なからず自分が体験したことのある環境もあったため、放送日はテレビの前でスタンバイしていました。友人のために何ができるか、をそれぞれが考えて、一斉に全員が人に寄りかかって立っていられるようなそんな状態だと思います。誰か一人が欠ければ成り立たない、ある意味危うい交友関係で常にハラハラして観ていました。ハッピーエンドではない静かな悲しみと後味の悪さがまたたまらないドラマです。, 心底他人を思いやれる人が集まったシェアハウスだなあと思いました。卒業したらアパート一棟を友人たちで借りて暮らそう!と話したことがあります。それは夢のような生活で、楽しくて楽しくてたまらない毎日が送れるだろうなと私も嬉々としてその会話に参加していました。しかし、こうしてドラマを観てみると、学生ノリだけでは共同生活をしていくというのはとても浅はかな考えだなあと思いました。みんなといると楽しいです。実際にドラマでも歓迎会をしたり、夜みんなで語らったり、青春のいいところを切り取ったシーンもあります。しかし、それ以外ではミチルとソウスケの問題を中心に、それぞれがきちんと自分の問題に向き合うんですね。本当だったら知らんぷりして楽しいことだけ考えれば毎日笑って過ごせますし、問題から生じる関係の不具合も起きずに済みます。時間が経てば一緒にいれなくなるということは全員が理解していることです。だからこそ気持ちから逃げず、問題が解消するだろう方へそれぞれが進みます。当然その過程で多く傷ついていると思います。タケルがルカに告白することでタケルもルカも違う方向へ一度行ってしまうけれど、その後きちんと修正します。和解もします。お互いがお互いを認め合い、受け入れる関係へと発展します。タケルに至ってはゲイだと言われても笑い飛ばしますしね。見せかけの強さでも、他人を傷つけず巻き込まない彼らのやさしさの強さはどんなことが起こっても壊せないと思います。, ソウスケが自殺を図り、死にます。そしてミチルのお腹には新しい命が宿っています。これはちょっと学生の私にはあまりに残酷に写りました。私は暴力による虐待を受けたことはありません。殴られることが当たり前だから他人を傷つけても普通だと思ってしまうのか、他人を支配したい一心で暴力に任せて言いなりにするのか。はたまた他人へ暴力を振るうことで相手が自分を見捨てるかどうか試しているのか。もしかしたら全てなのかもしれませんし、私が全く見当違いのことを言っているのかもしれません。ソウスケは児童福祉課で働く公務員です。虐待を受けている子どもがいないか日々熱心に仕事をし、子どもを気遣っています。本当はとても心根のやさしい人なんだとわかります。ですが、その反動ではないですが、自分の環境ではどうしても理性が働きにくい。ミチルを殴り、言いなりにし、監禁し、自分の思い通りに過ごさせます。同棲前では残業をするミチルを遅くまで待ち、優しく声をかけます。一緒に住むことと離れていることと、彼の中での一線を越えることが同棲であり、もう自分のものだから自分の意思通りに動くものと彼女という存在から所有物へと変わったんですね。自分の過去の虐待から立ち直るということは容易ではないことはわかっています。私はラストでソウスケが死んだことがとても不快で、なんとかならなかったのかと今でも思います。彼だけ救えずに終わってしまったドラマだと思います。死んでほしくなかったです。, 楽しい二人です。なんだかんだでお互い好きで、うまく行ったりすれ違ったり。他のメンバーがとてつもなく葛藤している時もイチャイチャしている二人が登場すると小休止のようにホッとします。はっきり言ってこのドラマは結構なトラウマです。重くて苦しくて悲しみばかりが続くドラマです。でもそんな中でも二人の恋は悩みながら背徳感も抱きながら進んでいき、オグリンのダメっぷりが視聴者を一息つかせてくれたと思います。歪な中に少しでもクッション役がいると呼吸をすることを思い出させてくれる、重要な人物だなあと思いました。, 歪んだ愛恋愛すると、独占欲が出てくるもの。それは好きの証。でもそれは時として愛する故に相手を苦しめる過重な愛情になってしまう。妬きもちと束縛や心配の具合が難しい。自分の愛情を押しつけるのは真の愛情じゃないと思う。相手の幸せを思い引く1歩も最大の愛情なんじゃないかと・・・気付かされた作品でした。縛り付けて居なきゃ居られないのは、信頼と自身の余裕の無さ。同じ愛情なのに歪んでしまうと悲しい結果になるんだな、と改めて考える時をくれた作品でしたね。親しい仲にも礼儀あり最初は微笑ましい恋愛ドラマだったのに・・・見ていくうちに心中複雑になる。不思議たな感覚に陥って。こんなに愛される幸せさと、愛され方の矛盾に気付いちゃう。友達が心配する中で今の現状が以上だと、DVだと気付いて居ながらも・・・自を思う気持ちゆえの事だと思うと周りの注意を理解しながらも、不思議と離れられない慣れて行く怖さの麻痺。体験した事あ...この感想を読む, シェアハウスというものがだんだん浸透し始めた頃の男女の関係を描く物語。しかし単純なものではなくて、一人一人が影を背負ってここで暮らし始めます。この作品で、当時話題となったのは、錦戸亮演じるDV男の演技のリアルさ。あまりの熱演に、ジャニーズファンから悲鳴が上がったほど。実際のDV被害者にも、本物に近い演技と称された程でした。DVから逃げてきた長澤まさみ演じる美知留が逃げてきたシェアハウスには同性愛者の瑠可を演じる上野樹里恋多き女性で奔放な不倫をするエリを演じる水川あさ。姉に怯え女性恐怖症になるタケルを演じる瑛太。シェアハウスには心に苦しみを持った者同士がわかりあえる絆がだんだん生まれていきます。そしてお互いを理解していくうち、傷つき合いながら、性同一性障害や性的暴行を理解していきます。エンディングには衝撃的なことが次々と起こり、本当に目が離せません。切なげなメロディーは宇多田ヒカル「Priso...この感想を読む, 登場人物みんなが悩みを抱えていて、重たいけど見たくなる、そんなドラマでした。個人的には宇多田ヒカルの主題歌がドラマの内容にマッチしていて大好きな作品です!その主題歌、Prisoner of love。日本語で言うと愛の囚人になるのでしょうか。そこに一番当てはまるのは宗佑ではないかなと思っています。美知留にDVをふるい、自分から離れていかないよう脅し、最終的には自殺してしまう。暴力はいけないことだし、自分勝手で酷い!とも思うのですが、彼の心の内を想うととても苦しくなります。本当はきっと普通に愛し愛され幸せに過ごしたいという気持ちを持っていたはずです。どこで歪んでしまったのか…そして自殺してしまう前にその歪みを解消してあげることはできなかったのか…。宗佑以外の主要人物には自分を理解してくれる仲間がいました。でも宗佑は一人。美知留までいなくなってしまったら困る、自分を一人にしないでという思いからあんな行動をし...この感想を読む. JAPANのサービスであり、ヤフー株式会社が株式会社GYAOと協力して運営しています。. Copyright (C) 2020 IPG Inc. All Rights Reserved. 瑠可の悩みを受け止めて ラスフレ最終回観ました☆ 先に感想結論言っちゃうと・・・ 私的には 最後が・・・ 最後の終わり方が・・・ なんかイラッとする終わりでした。 きれいにまとめ過ぎ?な感じ 最初、宗佑からの手紙は泣けた。 あの手紙は確かに美知留への愛で溢れてた 美知留が宗祐とまだ幸せだったころ。 とても可愛い。 去らないのか。そ... 以前はちらっと見ただけでしたが、今回しっかり見ました。 ラストフレンズのあらすじ (4) ラストフレンズの感想 (2) 花衣夢衣について (27) 無理な恋愛について (1) 最近の記事. そして、ダンプカーとあわやで軽症、 本放送から10年経っていますが、古さを感じません。, TiVo、Gガイド、G-GUIDE、およびGガイドロゴは、米国TiVo Corporationおよび/, 「Yahoo!テレビ.Gガイド」はYahoo! ドラマ「ラスト・フレンズ」についての感想が4件掲載中です。実際にドラマを観たレビュアーによる、独自の解釈や深い考察の加わった長文レビューを読んで、作品についての新たな発見や見解を見い出してみてはいかがでしょうか。 ラスト・フレンズの感想一覧. 「ラスト・フレンズ」の感想. このドラマの瑠可とタケルが大好き。 いいドラマでした。 全力で見守りたいと抱きしめたタケル最高! 昔のドラマだけどめっちゃキュンとした~, なんか全てが中途半端にしか思えない。 ラスト・フレンズの感想一覧. 子供を救出で電車とあわや接触で 手足負傷…って。事故を起こしかける ……やっぱ、そういう風に表現するのが精一杯の時代だったのかなぁ。. いつかまた見たいと思っていました。 ストーリーとしては、タケルの存在は大きい。 私の主観でお話してしまいますが、この作品を見たのは錦戸さんが出演するからというので見始めましたが、予告編では本当に怖いなぁって思いました。 「ラスト・フレンズ特別編」は2008年から連続ドラマとして放送され、その後2008年6月26日にSPドラマとして放送された長澤まさみさん主演、元NEWS、元関ジャニ∞の錦戸亮さん出演ドラマです。 長澤まさみさん演じる美知留は家や職場でも居場 登場人物皆さん大好きな役者さん達ばかり。 私の主観でお話してしまいますが、この作品を見たのは錦戸さんが出演するからというので見始めましたが、予告編では本当に怖いなぁって思いました。 嫉妬と暴力をした時点でなぜすぐに彼の元を けど、 Yahoo!テレビ.Gガイドでは「ラスト・フレンズ」に対するみんなの感想を見ることができます。感想にはネタバレが含まれることがありますのでご注意ください。 All Rights Reserved. とりあえず、樹里ちゃんのベリーショートが 再放送ありがとうございます! 心許し合う間ながら友達以上には発展しないもどかしさがなんとも言えない。 誰かに嫌なことが起こると、虫の知らせで Copyright (C) 2020 GYAO Corporation. リアルタイムで見ていたけど、 『ラスト・フレンズ』は、2008年 4月10日から同年6月19日までフジテレビ系列で毎週木曜日22:00 - 22:54 に放送されていたテレビドラマ、全11回。主演は長澤まさみ。略称は「ラスフレ ドラマ「ラスト・フレンズ」についての感想が4件掲載中です。実際にドラマを観たレビュアーによる、独自の解釈や深い考察の加わった長文レビューを読んで、作品についての新たな発見や見解を見い出してみてはいかがでしょうか。 でも、死を選んではだめだよ。 Copyright (C) 2020 Yahoo Japan Corporation. か主人公安倍 祥明(あべのしょうめい)が、東京都北区・王子稲荷商店街で陰陽道を用いて『よろず占い処「陰陽... 勢いのあるエンターテイメントとにかくこの作品には勢いを感じましたね。さすがクドカン!といったところで... 罪のバトンリレー前半の進行の仕方が好きでした。一人に復讐を果たすと、「いや、もっと悪いのはあいつだ」... 朝田の技術だけではなくて彼の人間性がこのドラマのキーこのドラマがが好きすぎて何度観てしまったことか。... 自分の大学時代を思い出すこのドラマは大学のキャンパスが主な舞台になっている。授業風景や仲良しの子が溜... 「問題がないことの方が珍しい」「真剣に向き合う」「死んだらいけない」「オグリンとエリ」等、長澤まさみのドラマラスト・フレンズを実際に観たレビュアーによる長文考察レビュー『ラストがどうしても受け入れられない。』を掲載しています。レビューンは、作品についての「理解を深める」ことができるレビューサイトです。登場人物の台詞の意味や、シーンの意図など、レビュアーによる独自の解釈や深い考察がされた感想を多く掲載しています。内容のネタバレや結末が含まれる感想もございますのでご注意ください。, レビューンは、作品についての理解を深めることができるレビューサイトです。小説・漫画・映画・ドラマ・アニメなど、自分が大好きな作品について深く考察して感想を投稿したり、他の人の解釈を読んで疑問を解決することでよりいっそう作品を楽しむことができるでしょう。さあ、あなたも一緒にレビュー生活をはじめてみませんか?, 当サイトではJavaScriptを使用しています。JavaScriptを有効にして再度アクセスしてください。. まあ、そういう風にしか表現できない時代だったのかなあって思ったりもする。 ドラマを立たせて歩かせる漫画が原作でした。「漫画が原作だろうな」とも思わなかったのが意外。いつも気づ... 堺さん演じる刑事も錦戸くん演じる鑑識も変わっててそのコンビが良かったなって思いました。杏ちゃんは堺さ... か主人公安倍 祥明(あべのしょうめい)が、東京都北区・王子稲荷商店街で陰陽道を用いて『よろず占い処「陰陽... 罪のバトンリレー前半の進行の仕方が好きでした。一人に復讐を果たすと、「いや、もっと悪いのはあいつだ」... これは、私が、二十代のときに鑑賞したドラマなんですけれども、4人の若者が仕事など家庭の悩み、恋愛の悩... 「ハッピーエンドともバッドエンドとも言い難い…」他、長澤まさみのドラマラスト・フレンズについての感想を一覧表示しています。実際にドラマを観たレビュアーによる長文考察レビューが4件掲載中です。レビューンは、「理解が深まる」レビューサイトをコンセプトとしているため、制作者の意図や作品の作られた時代背景をもとにした、レビュアーによる独自の解釈や深い考察の加わった長文レビューが多く掲載されています。内容のネタバレや結末が含まれる感想もございますのでご注意ください。, レビューンは、作品についての理解を深めることができるレビューサイトです。小説・漫画・映画・ドラマ・アニメなど、自分が大好きな作品について深く考察して感想を投稿したり、他の人の解釈を読んで疑問を解決することでよりいっそう作品を楽しむことができるでしょう。さあ、あなたも一緒にレビュー生活をはじめてみませんか?, 当サイトではJavaScriptを使用しています。JavaScriptを有効にして再度アクセスしてください。. 「ラスト・フレンズ」のレビュー・感想 フィクションだからこそ抱ける感情。宗佑について 「ラスト・フレンズ」を当時観ていた方にとって、ある意味トラウマになりかねないほど印象的だったのは、錦戸亮さん演じる及川宗佑だったのではないでしょうか。 観たような観たことないような…。 何かが割れる…が多かったなぁと。 笑 彼氏が同棲し始めてすぐに携帯チェックと JAPAN IDをお持ちのお客様が自己の責任で書き込みを行っております。従いまして、放送局が提供する情報とは一切関係がありません。また、投稿内容についての放送局へのお問い合わせは、ご遠慮ください。ご意見は. - ラスト・フレンズの感想ならレビューンドラマ 「問題がないことの方が珍しい」「真剣に向き合う」「死んだらいけない」「オグリンとエリ」等、長澤まさみのドラマラスト・フレンズを実際に観たレビュアーによる長文考察レビュー『ラストがどうしても受け入れられない。 元カレが手首?切... 夕方の再放送を視聴しています。 どうにか耐えて耐えて、こういうことしないような人になって、、と宗佑だけでなく、こう... 10年ぶりに見たけど、やっぱり私の中では一番心打たれたドラマ。ジェンダー、DV、愛、孤独、いろんな社会問題が詰まっていて人それぞれハマる所は違うと思うんだけど、人の心に響くドラマだと思う。浅野さん脚本のドラマは、ただおも... 8話ラスト 対象がデカくないか? 笑 それにそれぞれのキャスティングも素晴らしい。 ドラマ「ラスト・フレンズ」についての感想が4件掲載中です。実際にドラマを観たレビュアーによる、独自の解釈や深い考察の加わった長文レビューを読んで、作品についての新たな発見や見解を見い出してみてはいかがでしょうか。なお、内容のネタバレや結末が含まれる感想もございますのでご注意ください。, 歪んだ愛恋愛すると、独占欲が出てくるもの。それは好きの証。でもそれは時として愛する故に相手を苦しめる過重な愛情になってしまう。妬きもちと束縛や心配の具合が難しい。自分の愛情を押しつけるのは真の愛情じゃないと思う。相手の幸せを思い引く1歩も最大の愛情なんじゃないかと・・・気付かされた作品でした。縛り付けて居なきゃ居られないのは、信頼と自身の余裕の無さ。同じ愛情なのに歪んでしまうと悲しい結果になるんだな、と改めて考える時をくれた作品でしたね。親しい仲にも礼儀あり最初は微笑ましい恋愛ドラマだったのに・・・見ていくうちに心中複雑になる。不思議たな感覚に陥って。こんなに愛される幸せさと、愛され方の矛盾に気付いちゃう。友達が心配する中で今の現状が以上だと、DVだと気付いて居ながらも・・・自を思う気持ちゆえの事だと思うと周りの注意を理解しながらも、不思議と離れられない慣れて行く怖さの麻痺。体験した事あ...この感想を読む, 問題がないことの方が珍しいルカはミチルが好きで、同性愛者です。ミチルは自己肯定感が低いです。ソウスケは虐待の連鎖。タケルは実姉による性的虐待による女性不信。エリは不倫しちゃうし、オグリンは自分に甘い。問題がない人はいないと思います。特に若いうちはいろんなことに悩みますし、喉に刺さった小骨のような小さな悩みで頭がいっぱいになります。とにかく悩みます。でもこのドラマの登場人物たちが抱えている問題は随分とヘビーです。リアルタイムで観ていましたが、当時学生だった私は一人暮らしの友人をうらやましく思っていました。時々お泊まりをさせてもらって、それこそワンルームに大人数で集まり、雑魚寝をしたのを覚えています。ドラマの彼らと同じではないですが、似たような環境がより一層登場人物たちに感情移入させ、また抱えている問題の深刻さを除けば、幼少期から少なからず自分が体験したことのある環境もあったため、放送日は...この感想を読む, シェアハウスというものがだんだん浸透し始めた頃の男女の関係を描く物語。しかし単純なものではなくて、一人一人が影を背負ってここで暮らし始めます。この作品で、当時話題となったのは、錦戸亮演じるDV男の演技のリアルさ。あまりの熱演に、ジャニーズファンから悲鳴が上がったほど。実際のDV被害者にも、本物に近い演技と称された程でした。DVから逃げてきた長澤まさみ演じる美知留が逃げてきたシェアハウスには同性愛者の瑠可を演じる上野樹里恋多き女性で奔放な不倫をするエリを演じる水川あさ。姉に怯え女性恐怖症になるタケルを演じる瑛太。シェアハウスには心に苦しみを持った者同士がわかりあえる絆がだんだん生まれていきます。そしてお互いを理解していくうち、傷つき合いながら、性同一性障害や性的暴行を理解していきます。エンディングには衝撃的なことが次々と起こり、本当に目が離せません。切なげなメロディーは宇多田ヒカル「Priso...この感想を読む, 登場人物みんなが悩みを抱えていて、重たいけど見たくなる、そんなドラマでした。個人的には宇多田ヒカルの主題歌がドラマの内容にマッチしていて大好きな作品です!その主題歌、Prisoner of love。日本語で言うと愛の囚人になるのでしょうか。そこに一番当てはまるのは宗佑ではないかなと思っています。美知留にDVをふるい、自分から離れていかないよう脅し、最終的には自殺してしまう。暴力はいけないことだし、自分勝手で酷い!とも思うのですが、彼の心の内を想うととても苦しくなります。本当はきっと普通に愛し愛され幸せに過ごしたいという気持ちを持っていたはずです。どこで歪んでしまったのか…そして自殺してしまう前にその歪みを解消してあげることはできなかったのか…。宗佑以外の主要人物には自分を理解してくれる仲間がいました。でも宗佑は一人。美知留までいなくなってしまったら困る、自分を一人にしないでという思いからあんな行動をし...この感想を読む. 「ラスト・フレンズ」の感想. 毎回楽しみで久々... 苦しくて苦しくて、悲しくて悲しくて、誰に泣けるかって、宗佑が、宗佑が、、あんな風にしか生きられないことが、、 本当の優しさを見せつけられた感じだ。 瑠可を思いやるタ... 放送当時、諸々で忙しく飛ばし飛ばしで見ていたので再放送は嬉しい。 現在JavaScriptが無効です。Yahoo!テレビ.Gガイドのすべての機能をご利用いただくには、JavaScriptを有効にする必要があります。, ※「みんなの感想」はヤフー株式会社が独自に提供する機能であり、Yahoo! ラストフレンズのあらすじ (4) ラストフレンズの感想 (2) 花衣夢衣について (27) 無理な恋愛について (1) 最近の記事. All Rights Reserved. 美知留が目を覚ますと、宗佑は自らの命を絶っていた。 遺書には美知留を開放してあげるとある。 美知留は宗佑の遺体の前で泣き崩れた。 瑠可は全日本選手権で優勝する。 記者会見では週刊誌に書かれていた性同一性障害のことについて聞かれてしまった。 瑠可は否定も肯定もしなかった。 シェアハウスに美知留の母から電話が来る。 母は美知留がそこにいると思っていたようだ。 事情を知らないタケルは、その電話で宗佑の自殺 …