「不利益」というのは、「利益にならないこと・利益を失うこと・損失になること」を意味する表現です。 「不+利益=不利益」で、「利益にならないこと・儲けにならないこと・損すること」を意味しているのです。, 「不利益」の表現の使い方は、「利益にならないこと・ためにならないこと」や「損失・損害」を意味して使うという使い方になります。 その意味合いから、「不利益」という言葉は「利益の喪失・損失」という表現で言い換えることができるのです。, 「不利益」の類語・言い換えとして、「役に立たない・割を食う」があります。 『利鞘』の読み方は(りざや)と読みます。 『利鞘』(りざや)という言葉は 聞きなじみのない言葉ですね。 見たことがない聞いたことがない言葉ですが、なんとなく 安定した利益 のような意味になりそうですが。 Contents … ビジネスの世界では利益を損なわない為に、退職時に競業禁止の誓約書やNDAの契約書を締結するケースもあります。競業避止義務というルールがありますので、立ち振る舞いには十分な注意が必要です。, 「利益相反行為等」が挙げられると思います。また、言葉としては、ありませんが、正式な対義語としましては、「利益併存取引」と言うのが相応しいと思われます。, 利益相反取引では、一般的な取引だけに留まらずに会社内であっても、利益相反取引と言う形で、取締役が二つの顔を持つことから起因する利益相反も発生するので、ですので、単純に考えますと、牽制役と言う形で第3者となる、監査役や、少し違う形になると思いますが、外部から見守ると言う意味で相談役等が設けられているのであるのだなと思いました。その規模は、組織の規模が大きければ大きい程拡張される形になり、監査役の人数も当然、多くなります。巨額な資金が発生し、毎日取引されるからこそ、利益相反取引に関しての監査役が牽制役として必要になってくるでしょう。. 例えば、「戦前は国家の不利益になるような行為は、国家反逆罪や秩序紊乱罪に問われる恐れがありました」といった文章で使用できます。, 「不利益の相殺」という表現は、「損失を別の利益によって埋め合わせること」や「損した金額分を補償したり補填したりすること」を意味しています。 利益の反対の意味の言葉。・1.対義語・反対語利益⇔不利益意味享受できる得・儲けのこと被る損・害・迷惑などのこと同じ意味の言葉メリットデメリット2.対義語・反対語利益⇔損害3.対義語・反対語利益⇔損失 - 逆の意味の言葉や熟語を調べられる対義語辞典 “unprofitable”(利益にならない・不利益な・損失の) 「不利益」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。, 当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。, 「意味・読み方・分解して解釈・使い方・不利益を使った言葉・例文と解釈・反対語・類語(シソーラス)や言い換え・英語と解釈」, 「他人の失敗によって自分まで不利益を被る(こうむる)事態は、できるだけ避けたいです」, 「戦前は国家の不利益になるような行為は、国家反逆罪や秩序紊乱罪に問われる恐れがありました」, 「彼が今まで多くのミスや失言を繰り返したことで、我が社はかなりの不利益をこうむっているのです」, 「彼が今まで多くのミスや失言を繰り返したことで、我が社はかなりの損失・損害(得られるはずだった利益の逸失)をこうむっている」, 「あなたもチームの一員であるのであれば、チームの仲間の不利益になるような言動は控えるようにして下さい」, 「あなたもチームの一員であるのであれば、チームの仲間の損失や不利になるような言動は控えるようにして下さい」, “That way of business is a disadvantage to the company.”. 『利』の読み方は 音読み:り 訓読み:き(く)、するど(い)、と(し)、よ(い) となります。 『利』(り)という言葉は 普通に見かける言葉ですね。 なんとなく、利益、収入 と似たような意味になりそうですが。 Conte … ご利益の言い換えや別の言い方。・意義素類語神仏が人間に与える恵みのことご利益 ・ 御利益 ・ 御利生 ・ ご利生 ・ 霊験 ・ 天恵 ・ 潤色 ・ 天の恵み 例えば、「他人の失敗によって自分まで不利益を被る(こうむる)事態は、できるだけ避けたいです」といった文章で、「不利益」の意味を分かりやすく示せます。, 「不利益」という表現を「不」と「利益」に分解して、それぞれの意味を解釈していきます。 例文4.取締役である個人と会社の執行機関と言う二面性を二つの顔を取締役は持つ形になるので、慎重な行動が求められる 「鳴かず飛ばず」という表現は、「売れておらず人気(利益)が出ていないこと」や「何の活躍もしていないこと」を意味しています。 例えば、「株で大金を損しても、誰も不利益の相殺なんてしてくれません」といった文章で使えます。, 「彼が今まで多くのミスや失言を繰り返したことで、我が社はかなりの不利益をこうむっているのです」 利益相反取引の類義語 「利益相反行為等」が挙げられると思います。また、言葉としては、ありませんが、正式な対義語としましては、「利益併存取引」と言うのが相応しいと思われます。 利益相反取引の … 「利得」という表現は、「利益を得ること・得すること」を意味しています。 それらの意味合いから、利益にならないや損するを意味する「不利益」とは反対の意味を持つ反対語(対義語)として、「利益・利得」を指摘することができます。, 「不利益」の類義語・言い換えには、「利益の喪失・損失」があります。 「不」という言葉は、「名詞や形容動詞の語幹に付いて、それを打ち消して否定する意味を表す接頭辞」を意味しています。 例えば、「会社の不利益のリスクを考えたら、そんな無謀なM&Aに踏み出すことはできません」といった文章で使えます。, 「国家の不利益」という言葉は、「国家にとって利益にならないこと・損失になること・ためにならないこと」を意味しています。 それらの意味から、「不利益」とほとんど同じような意味を持つ類語(シソーラス)として、「役に立たない・割を食う」という表現を上げることができます。, 「不利益」の類義語・言い換えとして、「鳴かず飛ばず」があります。 「言葉の手帳」様々なジャンルの言葉や用語の意味や使い方、類義語や例文まで徹底解説します。 All Rights Reserved. 「不利益」というのは、「利益にならず役に立たないこと」を意味する言葉です。 例文5.利益相反取引となる行動はビジネスの世界ではタブーだ 例えば、「あなたが無責任なことをすれば、同僚や家族に不利益が及ぶ恐れがあります」といった文章で、「不利益」の表現を使用することができるのです。, 「会社の不利益」という表現は、「会社組織にとって利益にならないこと・損失・ためにならないこと」を意味しています。 「割を食う」というのは、「自分だけが不利な扱いを受けること」や「自分だけ損をすること」を意味する表現です。 「利益」という表現は、「得になること・益になること・利すること・儲け(もうけ)」などを意味しています。 その意味合いから、利益にならないことを意味する「不利益」の表現と近しい似た意味を持つ類義語(シソーラス)として、「鳴かず飛ばず」という表現を指摘できるのです。, 「不利益」という言葉を英語で書き表すと、以下のようになります。 利益の言い換えや別の言い方。・意義素類語ある一定の期間内で出費を超える収益の超過部分(減価償却と他の非現金出費を含む)所得 ・ プラス ・ 益金 ・ 利 ・ 純利益 ・ 得分 ・ 純利 ・ 得利 ・ 利潤 ・ 純 … この「不利益」を使った例文は、「あなたもチームの一員であるのであれば、チームの仲間の損失や不利になるような言動は控えるようにして下さい」ということを意味しています。, 「不利益」の反対語として、「利益・利得」を上げることができます。 例文3.私が通う大学においても、利益相反取引となる様な形が発生している要因が少なからずある この「不利益」を使った例文は、「彼が今まで多くのミスや失言を繰り返したことで、我が社はかなりの損失・損害(得られるはずだった利益の逸失)をこうむっている」ということを意味しています。, 「あなたもチームの一員であるのであれば、チームの仲間の不利益になるような言動は控えるようにして下さい」 「不利益」 とは、 「利益にならないこと・損になること」 を意味する言葉です。 「不利益」 の 「意味・読み方・分解して解釈・使い方・不利益を使った言葉・例文と解釈・反対語・類語(シソーラス)や言い換え・英語と解釈」 について、詳しく説明していきます。 「不利益」とは、「利益にならないこと・損になること」を意味する言葉です。 “disadvantage, disadvantageous”(利益がない・不利益な・不利な) 「不利益」の類語(シソーラス)・言い換えとしては、「利益の喪失・損失」「役に立たない・割を食う」「鳴かず飛ばず」などがあります。 「不利益」というのは、「個人や集団(会社など)にとって利益にならないことや損になること」を意味している表現なのです。 「不利益」の「意味・読み方・分解して解釈・使い方・不利益を使った言葉・例文と解釈・反対語・類語(シソーラス)や言い換え・英語と解釈」について、詳しく説明していきます。, 「不利益」という言葉は、「利益にならないこと・損になること」や「ためにならないこと・損失・損害」を意味しています。 “be against one's interests”(~の不利益になる), 「不利益」という言葉を使ったこの英語の例文は、「そのビジネスのやり方は、会社にとって不利益です」ということを意味しています。, 「不利益」という言葉について徹底的に解説しましたが、「不利益」には「利益にならないこと・損になること」などの意味があります。 例文2.本日の取締役会で、先般の利益相反取引についての報告を実施した 「利益」という言葉は、「益(えき)になること・ためになること・利すること(役に立つこと)」や「儲け(もうけ)・得」を意味しています。 “inadvisable”(得策ではない・不利になる・不利益な) 利益相反取引とは、一方にとっては利益になることを指し示しますが、その一方でもう一方の者は、利益を損なうことになってしまう状況を指し示します。取引先にとっては不利益を及ぼしてしまう状態であると言えます。依頼した側については、有利になるけれども、依頼された側については不利になる条件となり不利益を被ってしまうことなのですが、その場合に、中間となる代理人が居た場合については、利益が相反してしまう事態にどのように向き合って対処していくのかが重要になってくる部分であると言えます。, 利益相反取引の意味とは、利益相反と言えばごくごく当たり前の日常である光景であるかもしれません。私が単純に思う利益相反取引であれば、本当にごくごく単純明快に考えてみますと、どちらかが勝って、どちらかが負けると言う図式として表現するならば、ジャンケンが一番良い例であると思います。ジャンケンと言う行為をしたことにより、勝った方が利益を得て、負けた方が不利益を被ってしまう結果になりますので、この図式では、利益相反取引が成立するのではないかと思います。, 利益相反取引では、お互いが業務を行っている前提として、お互いがそれぞれ一つづつの役割を持っていることで、その二つの役割について、二つの役割は、当然異なります。二つの異なる役割からお互いのどちらかが利益と得て、お互いのどちらかが不利益を被ると言う形になりますが、由来としては、ベンチャー等事業において、利益と不利益が発生する場面が多かったことから想定された文言であると思われます。, 例文1.今日の会合で利益相反取引について、我が社と契約先企業での利益相反取引についての進め方が提示された