では協調性とはどのようなものなのでしょうか。 結論から言ってその努力はほぼ無駄になってしまうと思われるからです。 ここでは協調性がない人とは?また協調性がない人によくある原因、傾向と特徴などをまとめてみました。 子供ならともかく大人で我慢ができないと言うのはやはり協調性がないと思われても仕方がないと思います。, 利用すると言うとイメージがあまり良くないですが、協調性がない人は他の人と違うと言う意味では個性的だといえます。 また同じ目的を達成する為にや、仕事などでは自分の意思や考えは置いておいて周りとの協力や調和を優先しなければいけない場合が多いのではないでしょうか。 職場において「自主性を持て」という指示を受けることがよくありますが、「自主性」とは具体的にはどのような態度や性質のことを指すのでしょうか。また似ている言葉の「主体性」や「自発性」との違いや、自己PRでの使い方も気になります。, この記事では「自主性」の意味のほか、「主体性」との違い、類語・対義語なども紹介しています。, 「自主性」とは、他人から指示や援助を受けることなく、自ら率先してやるべきことを行う態度や性質のことです。「自」という文字には「みずから」「おのずから」という意味があり、「あるじ」「つかさどる」という意味の「主」と合わさって「自主」という熟語になりました。, 「自主性」は、よく自己PRの文面でも用いられます。例えば「私の強みは自主性があり、常に先回りして行動できることです」と言えば、「指示待ちではなく自ら判断でき、先々を考えて動ける」とアピールすることに繋がります。, 「自主」は、自分が自分を司るとことを表す語句です。たとえば、学校の先生に勉強しろと言われなければ勉強をしないような子供でも、勉強はやらなければならないものだということは分かっています。, したがって、自分の意思で率先して行動を起こすかどうかが自主性の有無の分かれ目で、自主性がある子どもは「言われる前にやる」けれど、自主性のない子供は「言われてから仕方なくやる」という結果になるのです。, 勉強が好きな子供は放っておいても勝手に勉強しますが、勉強が嫌いな子供は往々にして勉強したがりません。, しかし、自主性を持つ子供はやりたくない勉強でも「やらなければならない」と分かっているので、先生に言われなくても自分から取り組むのです。つまり、やる気の有無や好き嫌いを超越するものが「自主性」なのです。, 「自主性」と似ている言葉に、「主体性」というものがあります。「主体性」とは、自分の意思や判断で行動しようとする態度や性質のことです。, 「自主性」も自分の判断で行動することを指す言葉であるため、「主体性」との違いは少し分かりづらいかもしれません。「主体性」においては何をすべきであるかを自分で考えるという点で、「自主性」に比べると一段高いところから自らが関与しています。, 会社で業務の効率化を進めるようなケースだと、上司から指示された改善策を自分から積極的に行っている社員は自主性があります。, 一方、上司からの指示をトレースするだけでなく、さらに効率的な改善策はないかを自分で考えて取り組んでいる社員は主体性があるのです。, しかし、上司に無断でやっていいことの範囲を踏み外してしまうと身勝手な社員だと評価されてしまいかねないため、「提案」や「相談」という形で上司に判断を仰いでおいたほうが無難かもしれません。, 「自発性」とは、他人からの働きかけや影響ではなく、自己の内的動機付けにより行動する姿勢のことです。つまり「自発性」による行動は、好きだから・やりたいからということが理由となっているのです。, この点が、やるべきことを対象とする「自主性」との違いとなっていますが、個人の欲求が源泉となっている「自発性」をうまく活用できれば、忍耐や努力などに頼らなくても目的の達成までこぎつけることができそうです。, 「自主性」と似た言葉として、「積極性」が挙げられます。強い意欲を持ってものごとに取り組む姿勢のことを指しています。「自主性」との違いは、自発的であるかどうかについては問われない点です。, 他人から進められたり促されたりしたために行動を開始した場合、自主性に基づいた行動とはいえません。ところが「積極性」の場合は、行動に対する意欲の強弱が問われるだけで、仮に誰かの働きかけに応じたうえでのことであっても構わないのです。, 「受動性」とは、他からの働きを受ける状態や性質のことを指す言葉です。もっとわかりやすい言葉に直すと「受け身な状態や性質」となり、自分以外の外的要因によって左右されることをいいます。, つまり「受動性」は、自ら進んでものごとに対処する「自主性」とは反対の状態をいっているのです。, 「協調性」とは、自分とは異なる考え方を持つ人と助け合ったり譲り合ったりしながらものごとを行うという態度や性格のことです。, 他人の意見に左右されずやるべきことを率先して行う「自主性」とは反対の態度ですが、やるべきことをやるために、自主性に基づいて協調性を発揮しながら目的を遂行するということは可能です。, 「自主性」の意味のほか、「主体性」との違いや類語・対義語について紹介しました。「主体性」は言われなくてもやるということを指しているため、「自主性を持て」という指示は矛盾しています。, とはいえ、「自主性」が職場で求められている資質であることに間違いはありません。なんらかの指示を受けたときに、指示の内容をトレースしながら目的まで考えるようにすれば、「指示待ち」から脱皮できるようになるでしょう。. 相手に不快な思いをさせないようにといった気遣いがなく、その時の自分の機嫌が悪ければ相手にも愛想がなかったりするのです。 周囲と上手くやっていこうという気持ちがないようにも映ります。, 協調性がない人は、気が強くしっかりしたところがあるので思ったことははっきりと口に出すことができます。 自分が協調性がない人になっていないか時々は自己チェックしたいものです。 それでは一緒に見ていきましょう。, 協調性とは、同じ環境、もしくは違う環境の場合でも周りの人たちと協力していくことをいいます。 「協調性がない人とは一緒にやっていけない」 近い考え方、考えは違っているけれど方向性は同じというように妥協できる部分をお互いに探りながら上手く調和していく努力をしているのです。, 協調性のない人は優れていて、周りの人が頼りなく見えたりすることもあるでしょう。 焦らずに少しずつ変化させていくことが必要でしょう。 協調性があるので周りに合わせようと自分の意見を言うことを控えている人も多いのです。 またその方が周りと衝突することも迷惑をかけることもないのでお互いに平和だったりします。 周りに合わせて仕事を進めるより、一人で最初から最後まで取り組める方が気が楽であり得意なことが多いのです。, 協調性がない人は、人に合わせることが苦手ですが、逆に言えば人を頼ること、合わせることがなくても平気ということでもあります。 「排」は「おしのける」「除け者にする」、「他」は「当面のものや自分以外の事柄」「ほか」を意味します。「排他」は「他の者を排斥すること」、「的」は「名詞や句に付いて、その性質を帯びる、その状態をなす意」を表します。「排他的」の意味は「他の者を排斥(はいせき)する傾向があるさ … この記事は2020年01月24日に更新されました。, https://spitopi.com/blog/20180709180325.html. またあまりにも協調性に欠けた行動をしてしまうとコミュニケーション障害があると思われてしまう場合もあるようです。 その行動ができる人のことは「協調性がある」といい、できない人のことは「協調性がない」といいます。 「協調性がない」という言葉は一般的には褒め言葉として使われるのではなく、性格的に難がある場合に使われることの方が多いのではないでしょうか。 また「協調性がない」という言葉は共感力がない、自分勝手を遠回しに示す時にも使います。 ただ自分はこんな時はこうだけど相手はどうなのか、自分は必要ないけど状況としては必要かもしれないといった自分目線以外に想像を馳せる事ができるかどうかが違いになるのだと思います。, 協調性がない人はマイペースで自分空間で生きている人が多いため、自分が置かれている立場や状況、環境などを考えず過ごしている人が多いようです。 何もかも自分と同じ意見の人というのは案外少ないものです。 協調性がないことで何か言われたらどうしようと心配になることもありません。 突拍子も無い事を言われ不快になったり、突然空気の読めない行動をし出したとしても「そういう人なんだ」と存在だけ認識していれば必要以上に感情を使う事もなくなるでしょう。 周りを自分のペースに巻き込んで、自分が相手に合わせることはできません。, 協調性のない人は、団体行動が苦手です。 相手が自分に合わせるように求める傾向にあります。, 集団の中で仕事をすると、どうしても対人関係で上手くいかない傾向が強いのです。 本人からしてみれば必要な人間関係ではないと考えているのかもしれませんが、仕事や何かしらの人付き合いでその相手と付き合っている立場からすれば、こっちこそ好きで関係性を保っている訳じゃないですと思っても不思議では無いので益々不愉快になってしまうかもしれません。, やはり何と言っても、協調性のある人とない人の差は他人の事を考えられるかどうかという事に尽きるかもしれません。 本人としては悪気はなくても周りは嫌な気持ちになります。 協力したり誰かと何かやる時間があるのなら、自分が満たされる自分の事に時間や労力を遣いたいと思うようです。, 協調性がない人は他人との交流をあまり好まないため、人間関係に対し興味がなく疎かにする傾向が強い人が多いといえます。 むしろそれだけ自分空間で生きているのに、なぜ組織的な中に入ろうとするのかと疑問を持つくらい他人と合わせる事をしないので、それであれば合わせなくてもいい環境で過ごした方がお互いに気が楽になるかもしれません。, 協調性を使った会話にはどのようなものがあるのでしょうか。 全てに参加する必要はありませんが、時と場合を考えるといった空気を読む能力は備わっていませんし、臨機応変な対応もすることができません。 むしろその逆で一人で仕事をすると集中することができます。 人は他人に期待や感情があるから腹が立ち不愉快になるわけなので、最初から期待や感情を持たなければ協調性がなくても気にならなくなってくると思います。, 協調性は組織の中で過ごしていく為には非常に重要で大切なことになります。 空気を壊さずに調和を取りながら雰囲気を良くすることもできますし、仕事や作業をスムーズにするためにも必要なことになります。 ものごとにおいて自分側からしか考えず、相手の気持ちに寄り添って考えてみることができません。, 能力、才能に優れていて自分に自信があることで、周りの意見を見下してしまうところがあります。, 誰かの指図を受けたくない、言うことを聞きたくないという性格です。 自分の思うように行動したいので、結局は単独行動の方が性に合うのです。 空気が読めないので会話が噛み合わず意思の疎通も難しくなってきます。 本人もその方が精神的に楽で安定するかもしれません。 ですから、相手に合わせてあげるといったことができませんし、どうしてそんなことをしなければならないのかと思っているのです。 広辞苑では協調性とは【周囲の人とうまく協調できる性質】と定義されており、社会の中で周囲と協力して何かを成し遂げたり、作り上げたりする際に発揮される性質や行動の事を言います。 具体的には他人とのコミュニケーション能力や対応力などの事を指しますが、自分の意思とは違った事をしなければいけない状況や、好ましくない人付き合いに対しても、ある程度妥協できるかどうかの判断基準になるでしょう。 またあまりにも協調性に欠けた行動をしてしまうとコミュニケーション障害があると思 … また言葉では都合のいいこと、調子のいいことを言うわりにいざ行動となったら伴わないこともあります。, 自分が協力しなかったら、相手が困る、周りが困る、迷惑をかけてしまうといった考えができません。 他の人と同じにしたり、同じ方向性を望むから衝突や問題が生まれるわけなので、むしろそこを利用して単独でできるような作業や、本人が没頭できる役割をしてもらう事で責任感も生まれ、物事がスムーズに運ぶ可能性があります。 性格を表す時にはどちらかといえば悪い意味で使われることが多いですので使い方には注意も必要です。, 「非妥協的」とは自分の中にしっかりとした考えがあり、周りに影響されないことをいいます。 または自分の中に過去の出来事や印象深いものが残っていて、それに縛られて心と行動の自由を奪われてしまってしまう事。, 協調性というのは調和を保ちながら周囲とうまくやっていく能力のことですので、他人の気持ちを考えないと当然衝突や問題が起こるようになり、うまくいかなくなってしまうでしょう。 自分のプライベートの事なら勝手にすればいいですが、仕事や自分だけの問題ではない大切な事に、周りの話も聞かずに自分の意見だけで物事を判断して推し進めてしまうと万が一何かあった時に大変な事になってしまいます。 世の中は、意見が合わなくても妥協をして何とか同じ方向性で行動をしなくてはならないことがあります。 占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。, あなたは日頃の生活で協調性を心がけているでしょうか。 協調性がない人を協調性を持つようにする事はおそらく不可能であり、ただのお節介になってしまいます。 協調性という事は周りとの関わり方を意味するのでこの言葉が使われる環境は決まってくるかもしれません。, 少々辛辣な言葉ではありますが、会社や学校などで他人の協調性がない事を指摘する場合の使い方になります。, よく面接などで聞かれる質問に対するケースになりますが、このような面接の場で単純に協調性だけを長所として前面に押し出してしまうと、自主性や個性に欠けると捉えられてしまう可能性もあるので、会話の前後に上手に取り入れる事がポイントになります。, 協調性がないと言われてしまう原因の一つに発想が一方通行で柔軟な考え方ができない、受け入れられないというところがあります。 いつでも自分の思い通りになることばかりではありません。 協調性がなければ場を乱したり、相手の気持ちを考えず傷つけてしまうこともあります。 中にはやりたくない事や苦手な人物がいるかもしれませんが、そんな中にも自分の意思を通し、周囲に合わせない所謂「協調性がない人」が存在します。 しかし協調性のない人は、我慢はしないですし、協力もしません。 掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。 他人と会話をしたり、時間や空間を共有しているからといって協調性があるわけではありません。 日本人は特に協力をし合うことや相手を思いやることに対して美学を持つ人種なので、協調性は特に望まれる要素の一つかもしれません。 「自分の意見を押し付けすぎると、協調性がない人だと思われる」 人に従いたくないという気持ちが、周囲の和を乱すことに繋がってしまうのです。, 自分以外の人と関わりたくない、仲良くしたくないという気持ちが強いのです。 自分のこれまでの行動を思い返してみて、周りに対する言動を改めていけばいいのです。 協調するという事を、他人に迎合し自分を否定する事くらいに思っているようなので、そんな調子ではいつまでたっても他人からは避けられ、協調性がないと思われてしまうでしょう。, 学校や会社、それを巡る人間関係を続けていくには、自分の意思に反した事や我慢しなければいけない事など沢山あると思います。 普段は協調性を心がけていても、ちょっと疲れていたり、自分が忙しかったりすると協調性がなくなっている時があるかもしれないと心配がある人もいることでしょう。 自分が意見を言う時、言わずに合わせる時と、めりはりをつけるのもおすすめです。, 協調性のない人は、相手の気持ちを理解しようとする姿勢そのものが欠けていることがあります。 お互いにストレスが減り、メンタル面での余裕が生まれるのではないでしょうか。, この人は協調性がないと思ったら無理に付き合いをしようとしたり、理解しようとしたりせず放っておきましょう。 空気が読めない人物に一つずつ説明をしたり注意をしたところであまり効果はありません。 嫌と思えば徹底的に反対して、協力しません。, 協調性がない人は、人との約束事を破ることがあります。 そのかわり何かを判断したり決断する時は一任してもらうなどして暴走する事を防ぐようにします。 このタイプの場合は協調性という言葉の意味そのものを理解できていません。 自分の気持ちに反する事をしていると、気分が悪くなったり居心地が悪いと感じるのでしょう。 また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。 一人ではできないことも力を合わせることで、素晴らしい提案やアイディアが浮かぶ可能性も高まり、情報や知識も増え手段が広がるかもしれません。 誰だって社会の中では妥協をして合わせている部分はあるでしょう。 また要領の悪い方法で進めようしていると、つい自分がリーダーシップをとっていきたくなるかもしれません。 複数の人間が関わる事なので、それぞれの意見や希望を少しずつ採用して調和を取りながら物事を進めるようにしたり、最悪協調性のない人にはその物事から外れてもらうなどの処置が必要になるかもしれません。, 協調性のない人の最たる特徴に他人に合わせる事が出来ないという性質があります。 占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。, 人間関係というものは難しいもので、好きな人や楽な関係性ばかりで過ごせる訳ではありません。 みんなで決めた日に集まる時に参加すると言っておいてドタキャンする、それを悪いと思わないといったタイプです。 例文としては「彼は協調性がない」は「He is not cooperative」となります。, 協調性がない人は、他者に対しての共感力が足りない、ないということがあります。 正しくないことであっても、協調性が必要とされる場においては慎重に方法を考えていく必要があるのです。 他人の考えに同調できなくても、真正面から否定するのは考えものです。 また過剰にコミュニケーションを取る必要もないですし、他者との距離感を無理に縮める必要もありません。 逆を返せばある程度調和を保ち空気を読む事も、自分らしいペースで物事を進めることも時には大切なので、その出し方さえ心得ておけば協調性がないと言われる事はなくなっていくと思います。, ※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。 つまり、他人に合わせないということになります。, 「柔軟性に欠ける」とは、自分自身の態度やものの考え方などが一辺倒であり、改める、変える気配がないことをいいます。, 「社会性」とは人や周りと足並みを揃える能力、人と関わり協力していくことをいいます。, 「融通が利く」とはその場、その場において適切な対応ができること、臨機応変に対応できることといった意味があります。, 「社交的」とは人づきあいに対して積極的であり、またつきあい方が上手なことをいいます。, 「相互扶助(そうごふじょ)」とは社会、組織の中で人がお互いに助け合っていくことをいいます。, 「協調性」は英語で「cooperativeness」です。 結果的に協調性のない人に周りが合わせるか、協調性のない人が一人浮いてしまうかのどちらかになることが多いのです。, 他の人の気持ちや、事情を考えていません。 この記事は2020年01月24日に更新されました。, https://spitopi.com/blog/20180723154844.html. その上に他人の意見や話を聞かないので、益々距離感が広がってしまうでしょう。 協調性がないという自覚があるならば、自分の意見を言うのは最後、もしくは言わないままでいいというぐらいの気持ちでいた方が無難です。 他人に合わせるという感覚がわからないのか、コミュニケーションを取る事に何かしらの障害を感じてしまうのかは分かりませんが、周囲の人も好きで他人に合わせている訳でも、意思や希望を抑えている訳でもない事を分からない人が多いようです。 そもそも他人を気にするような人が協調性がないといった状態になる事はないと思いますが、いい言い方をするてマイペース・他人に流されない・自分を持っているのかもしれません。 誰だって「否定」されるのは不快ですし、「肯定」されることを望んでいるでしょう。 合わせるより、自分のやり方でやった方が効率が良いとか、結果を出せるといった気持ちもあります。 自分の意志を貫く強さを持っていることは素晴らしいことです。 それを指摘されても直す気もなく、周りが諦めて合わせる、妥協する、我慢するということになりがちです。, 人に対する態度もその時の気分次第といったところがあります。 まず大事なのは自分です。 ですからもちろん他人の気持ちなど分かりませんし、考えようともしないでしょう。 いくつかの物理的状態が矛盾なく程よい事。, 自分の意見などを頑なに曲げず譲らない事。 しかし、要領が悪くても、それまでその方法で上手くやってきたという思いが相手側にもあるのです。 合わせておけば今の状況が維持されて悪くはなりません。 そもそも空気が読めていないという事象自体を分かっていませんし、自分の何がそうなのか、どこがそう思われてしまうのか理解していません。 そのような行動の意味や大切さを協調性のない人は理解できないのです。, 協調性のない人は、他人の話を聞くのが苦手な傾向があります。 協調性がない人が、協調性を身に着けることはできるかといえば、それは努力すれば可能です。 途中まで聞いて遮ったり、何も発言しないからスルーしたいということが日頃からないでしょうか。 普段から気遣いができていなくて、人からも好かれにくいという特徴があります。 また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。 とにかく思考が浅く、範囲が狭い事は間違いないと思うので、他人のことはお構いなしという人が多いです。, 他の人が我慢している事を平気でやり出したり発言する、今ではない時に突然行動に移すといったタイミングや感覚がずれている空気が読めない特性のも特徴の一つでしょう。 他に例文としては ©Copyright TRANS.,Inc..All Rights Reserved. 相手は何も発言することがないのではなく、遠慮している可能性もあるのです。 ですがあくまでも本人は自分は正しく「良かれと思って」行動しているので、自己主張をしても人の意見に耳を傾けようとはしないでしょう。 また更に反抗的になる場合もあります。 またどうして協調性を持たなくてはいけないのかと開き直ってしまうこともあります。, 協調性がない人は、日頃から一人で過ごすことが多く、人と関わらなくても平気、むしろ人付き合いが苦手という特徴があります。 またそこまで考えが至っていない場合も少なくないかもしれません。 何でも自分の思い通りに変えていくとそれまでのバランスが乱れてしまいます。 一人でいる事で自分のペースを崩さず誰に文句を言われることもなく、やりたい事ができるわけです。 なぜ周りと合わせる必要があるのかわからず、意思や感情を曲げてまで周囲に協力したくないと考え、むしろ周囲の人の事こそ信じられないと思っているかもしれません。 褒め言葉としては「協調性がある」という方になります。 興味がないと他人との交流が少なくなるため、更に思考に偏りが出来てしまう事になってしまいます。 協調の言い換えや別の言い方。・意義素類語計画の共同作業を一緒にする協同 ・ 連携 ・ 和協 ・ 戮力 ・ 協力 ・ 共同 ・ 団結不信と憎悪を静めて打ち勝つ行為互譲 ・ 調停 ・ 譲歩 ・ 懐柔調和した音の特性調和 … 協調性がない人は、日頃から一人で過ごすことが多く、人と関わらなくても平気、むしろ人付き合いが苦手という特徴があります。 このような場合は無意識のうちに協調性がなくなっているので悪気はあり … 学校や職場においては自主性も大事ですが、人間関係を良くする為に求められるのは「協調性」ではないでしょうか。 自分の都合、考えを優先させることができるのです。 おそらく協調性のない人の殆どは一般的な感覚がわからないのかもしれません。 周りと合わせなくては、一人だけ違ったら恥ずかしいといった気持ちはありません。, 協調性がない人は、他人に合わせることはありません。 しかし、今このタイミングで言うのはちょっとまずいといった時でもお構いなしというところがあり、場の雰囲気が微妙なものとなることもあります。 自分の気が向かないこと、納得できないことには合わせるということができないのです。, 自分のペースでものごとを進めていきます。 しかし合わせずに衝突をすれば、今の状況よりもっと悪くなってしまう恐れがあります。 会社や組織は協調性がない人を積極的に採用したい、一緒にやっていきたいとは思わないことの方が多いでしょう。 つまりそんな状態なので、他人の事が気にならない人が多いようです。 冷たく自分中心に周りに思われているのですが、本人は気がついてもいないことがほとんどです。, 協調性のない人は、周りの意見を気にしない性格です。 協調性がない、あるいは持たないため単独行動が多くなるのは否めないと思います。 協調性がない人は基本的に想像力が乏しい傾向にあります。 社会で生きているという事は当然何かしらの組織に所属しているはずなのですが、例えば学校、会社、家族などがそれに当たりますが、協調性を備えている人は無意識のうちにその中の一員だという事を自覚して行動するため、周囲からみても違和感が生まれにくいのですが、協調性のない人はその無意識の部分が欠落しているために周囲からみると非常に違和感があり、極端な話協調性がある側からすると「自分達の事が見えていないのかな」と錯覚を持ってしまうような感覚に陥ってしまうようです。 自分勝手な人、ワガママな人のことを「あの人は協調性がないから、困る」といったように使います。 いくつか特徴をご紹介しましたが大まかにみるとやはり協調性がない人は周囲とのコミュニケーションが乏しいのではないでしょうか。 例えば職場の人達と仕事が終わってから飲みに行く誘いがあっても、何の躊躇もなく断りますし、相手の立場に関係なく何かプライベートの用事が出来たり都合か悪くなった場合は、平気で約束も破ってしまうでしょう。 はじめは聞いていても、すぐに自分の話にすり替えたり、気がつけば自分の話ばかりしているのです。 そうなると周囲も巻き込まれてしまうので、前もって何らかの対策が必要ですし対応を考えなければいけません。 このような場合は無意識のうちに協調性がなくなっているので悪気はありません。 協調性がないそのものといった感じですが、一応協調性を持つように努力をする人もいれば最初からそもそも合わせる事をしない人もいるかもしれません。 協調性がない人は自分の事が中心で自分の思ったまま行動するため、他人の思考や感情にあまり興味がありません。 「自主性」とは、他人から指示や援助を受けることなく、自ら率先してやるべきことを行う態度や性質のことです。「自」という文字には「みずから」「おのずから」という意味があり、「あるじ」「つかさどる」という意味の「主」と合わさって「自主」という熟語になりました。 「自主性」は、よく … 現在はパワハラやモラハラといった問題もありますが、やはり基本的には周囲と意見や意思を合わせ調和を保ちながら過ごしていくものです。 また好かれていなくても本人としては何も困ることはなく平気なのです。, 協調性がない人の原因、特徴、傾向などを理解していただけたでしょうか。 協調性のない人は他人なんてどうでもいいというよりは、"自分の意思や感情を優先させたい"という気持ちが強いので、人間性が悪いとか、倫理観や道徳観がないわけではないと思いますが、その人物を深く知らない人にとっては、やはり自分勝手で自己中心的、わがままで性格が悪いと思われてしまうでしょう。 「遠慮なく意見を言ってください」「何か聞かせてください」と相手に発言を促してみましょう。, 複数の人が集まっている時に、すぐに自分の意見を言おうとするのを控えてみましょう。 またこのコミュニケーションとは単純な相手とのやり取りではなく感覚的なものや想像力といった目に見えないものが欠けている場合が多いです。 具体的には他人とのコミュニケーション能力や対応力などの事を指しますが、自分の意思とは違った事をしなければいけない状況や、好ましくない人付き合いに対しても、ある程度妥協できるかどうかの判断基準になるでしょう。 確かに正論であっても人の気持ちを傷つけたり、見下しますと人間関係は壊れやすく、修復することは難しくなってしまいます。 「協調性がない」は「uncooperative」「not cooperative」もしくは「There is no coordination」となります。 職場やグループ、組織の中で協調性は求められます。 ですから平気で傷付けるような事を言ったり思いやりがないと思われるような行動を取るようになってしまうのです。, 他人の話や意見を全く聞かずに、自分の思った通りに勝手に進めてしまう人は協調性がない人と言われてしまうでしょう。 自分の考え方を変えることもありませんし、偏り、偏見があります。 「いつまで経っても協調性がないままだ」 合わせる、従うということをたまには経験してみるのもいいでしょう。 ですが他人と関わっても、結局は自分の意思を通して自由に行動するためあまり変わらないので、周りからしてみれば同じ事になります。 自分が否定されたらどのような気持ちになるか考えてみてください。, いかがでしたでしょうか。 ですが協調性がないとどうしてもそれが難しく、最初は頑張っていたとしても、馬鹿らしくなったり我慢ができなくなり自分の意思や感情を貫こうとしてしまいます。 その為、輪の中に入らずに一人だけ浮いていることもあります。, 自分以外の相手を信頼できない、心を開けないということで自分の殻に閉じこもってしまっています。, 「協調性がある」という言葉は自己アピールに使える言葉です。 協調性がない人がいると仕事や物事が上手く進まず皆が迷惑することもあります。 しかし仕事の能力がないわけではありません。 協調性がない人はそれができません。