例文としては 「夏バテや熱中症について啓蒙する」 「オンラインゲームのマナーについて啓蒙する」 「マキシブーストの家庭用で遊んでいるユーザーにはもっと啓蒙した方がいいのでは」 といった使い方が良さそうです。 『啓蒙』の語源 啓蒙の『啓』は 啓蒙は英語で「enlightenment」と書きます。「啓蒙思想」は「the Enlightenment」です。啓蒙思想の意味はのちほど説明します。 動詞の「啓蒙する」は「enlighten」と書き、宗教用語の「悟る」という意味もあります。語源は「en- +‎ light」すなわち「光を中に(照らす)」という意味で、光は理性を表し … 「啓蒙」という言葉に、どのようなイメージをお持ちですか。言葉が難しく、その意味について考えたことのある方も少ないのではないでしょうか。そこで、「啓蒙」の意味や「啓発」との意味の違い、啓蒙するための活動方法についてまとめてみましたので、参考にしてみてください。 例文1. 啓蒙と啓発の違いを分かりやすく言うと、啓蒙とは目上の人から目下の人に対して使う言葉、啓発とは誰に対しても使える言葉という違いです。 一つ目の啓蒙を使った分かりやすい例としては、「啓蒙思想を取り入れる人は多い」「大衆を啓蒙することにした」「省エネやリサイクルに対しての関心を高めるために啓蒙活動を行っている」などがあります。 二つ目の啓発を使った分かりやすい例としては、「路上喫煙のマナー向上のために啓発活動を実施しました」「自己啓発セミナーに騙されてはいけない … (啓蒙 から転送) 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/06 21:00 UTC 版) 啓蒙思想 ( けいもうしそう 、 ( 英: Enlightenment 、仏: Lumières 、独: Aufklärung )とは、理性による思考の普遍性と不変性を主張する思想。 その主義性を強調して啓蒙主義(けいもうしゅぎ)ともいう 。 啓蒙(けいもう)とは。意味や解説、類語。[名](スル)《「啓」はひらく、「蒙」はくらいの意》人々に正しい知識を与え、合理的な考え方をするように教え導くこと。「大衆を啓蒙する」「啓蒙書」 - goo国語辞書は30万2千件語以上を収録。 「啓蒙」とは、意味からも分かるように「人に知らないことを教えること」です。例えば、専門的な内容をその知識のない人たちに向けてセミナーをすることや本を書くことなどが当てはまります。言葉としては「啓蒙的」や「啓蒙事業」といった使い方もあり、「啓蒙的な本」や「教育の啓蒙事業」などと用いられています。その他にも個人的に教え導かれた時など「啓蒙された」といった使い方もします。ただ、基本的に上の … 2-2.「啓発」を使った例文 「啓発(けいはつ)」は、日常生活でほとんど使う場面がありません。 日常生活では、『4の「啓発(けいはつ)」の類語と例文』に書かれている「感化」や「成長」といったわかりやすい言葉を使用するからです。 [名](スル)《「啓」はひらく、「蒙」はくらいの意》人々に正しい知識を与え、合理的な考え方をするように教え導くこと。「大衆を啓蒙する」「啓蒙書」, 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/06 21:00 UTC 版), 啓蒙思想(けいもうしそう、(英: Enlightenment、仏: Lumières、独: Aufklärung)とは、理性による思考の普遍性と不変性を主張する思想。その主義性を強調して啓蒙主義(けいもうしゅぎ)ともいう[1]。ヨーロッパ各国語の「啓蒙」にあたる単語を見て分かるように、原義は「光で照らされること」である。自然の光(ラテン語: lumen naturale)を自ら用いて超自然的な偏見を取り払い、人間本来の理性の自立を促すという意味である。, ビジネス|業界用語|コンピュータ|電車|自動車・バイク|船|工学|建築・不動産|学問文化|生活|ヘルスケア|趣味|スポーツ|生物|食品|人名|方言|辞書・百科事典, Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA), All text is available under the terms of the. 啓蒙 の文章・例文. 「啓蒙活動」の例文1 「わが社では、積極的な是正措置を含む共同参画に関わる様々な啓蒙活動を行っています」 企業や自治体でも、今までの既成概念を覆すような是正措置を行う時にこのような表現をすることがあります。 例文としては 「夏バテや熱中症について啓蒙する」 「オンラインゲームのマナーについて啓蒙する」 「マキシブーストの家庭用で遊んでいるユーザーにはもっと啓蒙した方がいいのでは」 といった使い方が良さそうです。 『啓蒙』の語源 啓蒙の『啓』は 「啓発」という言葉を聞いたことがあるでしょう。この「啓発」とはどういう意味で、どのように使う言葉なのでしょうか。「自己啓発」などの言葉をよく耳にしますが、この言葉の意味や使い方、例文などをみていきますので、ご参照ください。 「啓蒙活動」の例文1 「わが社では、積極的な是正措置を含む共同参画に関わる様々な啓蒙活動を行っています」 企業や自治体でも、今までの既成概念を覆すような是正措置を行う時にこのような表現をすることがあります。 選挙に行くことの大切さを、SNSを使って大衆に啓蒙する。 [adsmiddle_left] [adsmiddle_right] 近頃暑いので、妹に熱中症にならないような対策を啓蒙した。 例文2. 啓蒙と啓発の違いや意味を正しく理解することは難しいです。そこで、今回は啓蒙と啓発の違いを意味や例文などを使ってわかりやすく説明させていただきます。啓蒙と啓発の違いは?辞書的意味から考察啓蒙と啓発の意味の違いを知るために、まずは辞書で意味を調 「啓蒙」を使った例文1 「子供たちのために、交通安全について『啓蒙』する」 この例文のように、親の立場や、地域の安全を守る立場に立てば、子供たちに 「啓蒙」 する機会があるかもしれません。 子供はまだ無知な存在のため、必要な情報を教える必要があるかもしれません。 啓蒙と啓発の違いや意味を正しく理解することは難しいです。そこで、今回は啓蒙と啓発の違いを意味や例文などを使ってわかりやすく説明させていただきます。啓蒙と啓発の違いは?辞書的意味から考察啓蒙と啓発の意味の違いを知るために、まずは辞書で意味を調 海外から帰ってきてからの彼は、啓蒙活動に躍起になっている 例文3.