いずれも理由は明白で、「そうしたほうが、JRの利潤が増えるから」です。 先に書いた通り年金にはじまる公的サービス肥大化が財投依存を生み、そのツケが一番発言権弱い国鉄に寄せられた 筆者は昭和35年生まれ。27歳の年に国鉄がJRに変わりました。 人生の半分は国鉄で、残りはJRという時代を生きてきていることになりますが、そういう年代の人間もだんだんと少数派になってきました。 国鉄がJRになるときに、国民にいろいろなことをお約束して「だから民営化することにご理解とご協力をお願いします。」「国鉄の借金を国民の皆様でご負担ください。」と言っていましたが、32年が経過して、はたしてそれら … twitter.com/marxindo/statu…, @hkakeya しかも全体の話を見ると、サービスの悪さも、スト頻発も、政府が独立採算制を盾に緊縮的な鉄道行政を敷いていて、それが運賃高騰と低賃金をパラレルに引き起こしていたというところの方が原因に見えて、そうなると問題は、公営であることよりも緊縮財政にあったのではと……。 現在JavaScriptが無効になっています。Yahoo!ニュースのすべての機能を利用するためには、JavaScriptの設定を有効にしてください。JavaScriptの設定を変更する方法はこちら。, ということは、今のJRの職員の大半は国鉄を知らないJR育ちの人たちということになります。, 今、JRで働く人たちは社会人教育も含め、JRという会社で教育された人たちがほとんどということは、国鉄時代のことなど知る由もありませんし、どちらかというと会社にとって都合が悪くなるような、民営化に当たって会社が交わした「国民とのお約束」も教育されていない可能性が高いと思いますので、そういう人たちに向かって、筆者としては「皆さんの会社の今の方向性は本当に正しいのでしょうか。」という問いかけをする使命があると考えています。, 人生の半分は国鉄で、残りはJRという時代を生きてきていることになりますが、そういう年代の人間もだんだんと少数派になってきました。, 国鉄がJRになるときに、国民にいろいろなことをお約束して「だから民営化することにご理解とご協力をお願いします。」「国鉄の借金を国民の皆様でご負担ください。」と言っていましたが、32年が経過して、はたしてそれら国民とのお約束のいくつが実現されたのかを思い出すと、民営化された「民間会社」は、ずいぶんと国民とのお約束を反故にしてきたのではないかという気もします。, なにしろその前後で日本全国80数路線が「赤字」「利用者減」を理由に片っ端から廃止され、国民生活に大きな変更を強いられていましたから、民営化されたらもっとひどいことになるのではないかと、地方へ行けば行くほど皆さん不安に思っていたのです。, 国鉄イコール国ですから、そんな不安を抱える国民に対して、当時の政府が国として国民に約束したのがこの新聞広告です。, 今日からJR各社は新ダイヤで運転されていますが、今日のようにダイヤ改正があるたびに、長年親しまれてきた列車や駅、あるいは路線が「赤字」「利用者減」を理由に廃止されていきます。, でも、田舎の鉄道が「赤字」というのは当初からわかっていたことで、それでもその田舎の鉄道をきちんと維持運営するという前提で、本州の会社には必ず儲かる「新幹線」を与えられ、大都会の駅ナカでテナントや権利ビジネスを展開できるのはそういうことであり、北海道、四国、九州には経営基盤を支えるための多額の基金が拠出されています。, これは廃止する理由をお客様のせいにしているということと筆者は理解しますが、民間会社というのは自社商品が売れなかったり、あるいは自分のお店にお客様がいらしてくれないことを、お客様のせいにするのでしょうか。, 仮にも民間会社というからには、自社商品をご購入いただくために、あるいはお店にご来店いただくためにはどうしたらよいかということを一生懸命考えて、日々たゆまぬ努力をするのが本当の姿と筆者は考えますが、そういう点から見ると今のJRという会社は、とてもじゃないけど民間会社と言えるとは思いませんし、お役所以上にお役所的と言ったら、お役所に失礼にあたると筆者は考えています。, さて、32年前の国民とのお約束が守られているかどうかは皆様方にご判断いただくとして、今の日本人が忘れてしまった国鉄時代の粋なサービスがあったことをダイヤ改正で古い時刻表を調べていたら見つけました。, 当時は東北上越新幹線はまだなく、在来線にはたくさんの特急、急行列車が走っていました。, このページは東北本線の仙台-上野間の上りですが、これだけ夜行列車が走っていたことがわかります。, これら多くの夜行列車は主として北海道からの連絡船接続や盛岡、青森方面のお客様にご利用いただいていた列車ですが、その中に1本、仙台と上野を結ぶ「新星」という夜行急行列車があったことを思い出しました。, 東京から仙台というのは距離にして約350km。東京ー名古屋間とほぼ同じですが、今では新幹線の「はやぶさ」が1時間半で結んでいる距離に夜行列車、それも寝台編成の列車が走っていたのですから驚きですね。, 仙台23:20 A寝台とB寝台(当時は3段式)編成で座席車が連結されていないのが「寝台列車」ということです。, この列車は仙台駅では発車時刻の1時間半も前にホームに入線し、そこからお客様はご乗車いただいてお休みいただいていたということです。, 仙台-上野間は今では新幹線で1時間半の距離ですが、当時でも夜行列車としてはちょっと短い距離です。, それでもビジネス需要が多かった仙台-上野間には寝台車を走らせる需要があったことは驚きですが、お客様に少しでも長く寝台でお休みいただけるように、国鉄では仙台駅に発車時刻の1時間半も前に列車を入線させ、「どうぞ、お早めに横になってお休みください。」というサービスをしていたのです。, という記事を書きました。その中で、「機内食など要りませんからゆっくり寝かせておいてください。」というお客様のご要望にお応えするサービス、つまり「何もしないサービス」というのをご紹介させていただきました。, この「新星」のサービスも、どちらかというとそれに近いもので、「どうぞお早目に列車にご乗車いただき、寝ちゃってください。」というものだと思います。, そう考えると、当時の国鉄は今の航空会社のビジネスクラスに匹敵するような先進的なサービスをしていたのだと筆者は考えます。, 夜行列車が走る距離ということは、もちろん当時の仙台空港と羽田を結ぶ航空路がありました。, 羽田-仙台間を1日4往復、B2(ボーイング727:約160人乗り)とB3(ボーイング737:約140人乗り)が飛んでいました。, でも、日本ではまだまだ航空輸送は一般的ではなく、人々は黙っていても鉄道を利用した時代です。, つまり、飛行機は競争相手ではなかった時代でも、国鉄の幹部の人たちは赤字に悩み、余計なコストが掛けられない中で、少しでもお客様にご満足いただけるようなサービスを心掛けていたということが、この「寝台を21:55から使用できます。」という記述に表れていると筆者は考えます。, 国鉄という名前を聞くとあまり良い印象をお持ちでないおじさんやおばさんが多くいらっしゃると思いますが、そういう方々はもうじき、おじいさん、おばあさんになります。, 筆者はそういう若い世代の皆様方に、運賃、設備、サービスのどれを取っても「JRだから仕方ないよ。」と思われたくはありません。, なぜなら、40年近く前の時代に当時のおじさんおばさんたちは、「国鉄だから仕方ないよ。」と皆さんほとんどあきらめ顔で、国鉄に対して何も期待していなかったわけで、その時代を生きてきた筆者としては、今の若い世代の皆様方に同じことを繰り返してほしくないからです。, 今の鉄道マンたちも、しっかりと安全輸送を支えるという使命を一生懸命されていらっしゃいますが、安全にお客様を目的地まで運ぶというのは最低限度の当り前の仕事であって、それだけやっていればよいというものではありません。, その最低限度の当り前の仕事をきちんとやったうえで、その上に立って、自分たちの会社が、あるいは自分たちの提供する商品が、どうしたらお客様に選択していただけるかを考えていただきたいと思います。, 急行ですから特急料金のような高い料金もかからず、寝台車の後ろに座席の自由席がついていますから、お客様が自分の懐具合と相談してどの車両に乗ろうか「選択」できた列車です。, 鉄道輸送がほぼ独占であった時代でも、その鉄道の中でお客様がご自身でどの列車に乗るか、あるいはどの車両に乗るかを選択できていたのです。, でも、「こういう列車は必要ではない。」と鉄道会社が自分たちで結論を出すことは正しいことなのでしょうか。, サービスを提供する側が、自ら工夫や努力をすることなく、「やめます。」と結論を出すことは、民間会社がすることではありません。, なぜなら、今、新宿のバスタを見ると、日中時間帯だけでなく、夜から深夜にかけて、全国あらゆる方面への夜行バスがたくさん発車していきます。, ということは、今の時代でも、日本には夜行で移動するという需要は明らかに存在しているということです。, そういう人たちがたくさんいるにもかかわらず、「夜行列車は面倒くさい。」とか、「安いお客は取りたくない。」と思っているようであれば、32年前の国民とのお約束を忘れてしまっている証拠ですね。, 何兆円という国鉄の借金を棒引きにしてもらい、その負債を国民に負わせて誕生した民間会社は、今、初心に帰るべき部分が散見されるようになってきたと筆者はダイヤ改正の度に感じます。, そして、そういうことを言い続けていくのが、国鉄とJRの両方の時代を生きてきた鉄道を愛する筆者の使命だと考えております。, 誰もが乗ってみたくなるような夢のある列車。特に小さな子供たちや、若い人たちが、乗って、楽しんで、思い出になるような、そういう列車を、特定のイベント列車ではなくて、日常的に気楽に利用できるようにする。, なぜなら鉄道というものは庶民の乗り物であり、その庶民の乗り物を次の世代にきちんとつないでいくことが、この国の鉄道を負の資産ではなく、価値ある資産として次の世代に引き継いでいく。インバウンドの時代を迎えた今でも、ローカル線を含め、鉄道というのは使い方次第で国の発展の基礎となる有効な手段であると筆者は考えているからであり、私たちの先輩である先人たちが100年以上にわたって築き上げた国鉄を引き継いだ会社にはそうなっていただきたいと筆者は願ってやみません。, ※注釈がある以外の写真は筆者撮影。時刻表は筆者所蔵の交通公社1976年8月号よりの抜粋です。, 1960年生まれ東京都出身。元ブリティッシュエアウエイズ旅客運航部長。2009年に公募で千葉県のいすみ鉄道代表取締役社長に就任。ムーミン列車、昭和の国鉄形ディーゼルカー、訓練費用自己負担による自社養成乗務員運転士の募集、レストラン列車などをプロデュースし、いすみ鉄道を一躍全国区にし、地方創生に貢献。2019年9月、新潟県の第3セクターえちごトキめき鉄道社長に就任。NPO法人「おいしいローカル線をつくる会」顧問。地元の鉄道を上手に使って観光客を呼び込むなど、地域の皆様方とともに地域全体が浮上する取り組みを進めています。, ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。, かつてのチームメイトが「0勝3敗から4連勝」を阻む!?  世界2位の経済大国になったのだから「経済(=私企業)は一流」だというわけです。 ]またこの手法により、鉄道経営を活性化する効果が見られた場合もあり、特に貨物輸送では、多くの事業者が新規参入するなど、その傾向が比較的強いとされている[要出典]。, ただし、ローカル輸送などの不採算部門の切り捨ては深度化していることや、輸送密度の低い既存在来線の高速化の遅れ、組織の細分化による技術力の低下(このことが結果的に、鉄道車両工業の寡占化を進めたとされる)など、これら諸国も日本と同様の問題に直面している。, ヨーロッパ諸国のうち、イギリスの場合は、非常に複雑な民営化手法を取り入れたが、株主配当に余裕資金をすべて回して経営者が高額配当を受け取り設備投資を削減した結果(「レールトラック」の記事を参照)、後に事故が頻発するなど、設備の劣化が深刻な状態になり、その結果、最近では民営化政策を一部見直して、国家が介入するようになっている。, 国鉄分割民営化の時点で、累積赤字は37兆1,000億円に達していた[41]。このうち、25兆5,000億円を日本国有鉄道清算事業団が返済し、残る11兆6,000億円を、JR東日本・JR東海・JR西日本・JR貨物・新幹線鉄道保有機構(1991年解散)が返済することになった。経営難の予想された、JR北海道・JR四国・JR九州は、返済を免除された。, 国鉄改革最大の目的といわれた巨額債務の解消であるが、結果は失敗ともいえる。一つには、国鉄時代からの累積赤字は利子が複利を生み、雪だるま式に膨れあがって行き、利払いだけで年1兆円を超えるなど、手の施しようがない巨額に達していたという事情がある。これについては、赤字額が小さいうちに、日本国政府が介入をしていれば防げた事態である。しかし前述の通り、政府は独立採算の建前から、補助金の交付は最小限にして、国鉄自身に借金させる仕組みを続けさせていた。単年度に限って言えば、国鉄末期の1984年度に旅客部門は黒字に転換した[42]が、累積赤字を返済するには焼け石に水どころか、利子の返済すら全く足りなくなっていた。, 民営化により市場原理を活用したことにより、本業である鉄道での収益は好転した。また、JRにとっては返済可能な程度に負担額が抑えられたこともあって、有利子負債の返済は順調に進んだ。, 一方で、国鉄清算事業団による返済は進まなかった。清算事業団による土地売却は、資産価値は14兆7,300億円といわれていたが、ほぼ半額の7兆7,000億円で売る見積もりを立てているなど、その計画は非常に不自然であった(詳細は日本国有鉄道清算事業団の項目を参照)。実際には、その後のバブル景気による地価高騰により、さらに資産価値は上がっており、1988年3月時点で実勢価格は、一時期30兆円を下らないと主張する評論家もいた[43]。, しかし、土地売却による都市再開発が、さらに地価高騰を悪化させるとする主張がなされた結果「その地域の地価の異常な高騰が沈静化するまでこれを見合わせる」とする中曾根内閣の閣議決定など政治介入があり 中曽根元首相の死去が報じられる。1954年、原子力予算を最初に国会で提出したのも問うべき経歴だが、国鉄分割民営化強行の首相としても記憶される。 6)そもそも鉄道のユニバーサルサービスの側面が道路交通の進化で失われた ーー全部ウソだった。 pic.twitter.com/03QqXcoePM, 若い人は知らないと思うが、国鉄職員の態度は信じられないほど横柄だった。民営化で窓口の対応は劇的に改善した。運賃も私鉄の倍あったが、ほぼ差がなくなった。国鉄時代の記憶がある人は、概ね民営化を評価していると思う。国鉄の負の歴史はちゃんと後世に言い伝えねばならないと気づいた。 twitter.com/pioneertaku84/…, @hkakeya 「国鉄は民営化したことでサービスが良くなった」説にいまいち乗れないのは、PsycheRadio先生が言うように、別に民営化されていない公共セクターも軒並みサービス改善してきたという事実があるからなんです。 民営化によるものなのか、労働者全体の質的変化によるものなのか。 1)運賃設定に政府介入がありなかなか上げられなかった反面一旦上がったらとめどなく上がった  しかし、本当に「民営化」はサービス向上を招くのでしょうか。, 一番分かりやすい例は国鉄とJRの違いでしょう。 「誌面ビューアー」は、紙の雑誌と同じレイアウトで記事を読むための機能です。ウェブブラウザーで読みやすいようにレイアウトされた通常の電子版画面とは異なり、誌面ビューアーでは雑誌ならではのビジュアルなレイアウトでご覧いただけます。スマートフォン、タブレットの場合は専用アプリをご利用ください。 詳細を読む, 「クリップ機能」は、また読みたいと思った記事や、後からじっくり読みたいお気に入りの記事を保存する機能です。クリップした記事は、メニューから「マイページ」を開き「クリップ」を選ぶと一覧で表示されます。 詳細を読む, 日経ビジネス電子版では、閲覧を制限している状態を「鍵が掛かっている」と表現しています。有料会員としてログインすると、鍵の有無にかかわらず全ての記事を閲覧できます。登録会員(無料)でも、月に一定本数、鍵付き記事をお読みいただけます。 詳細を読む, 記事の内容やRaiseの議論に対して、意見や見解をコメントとして書き込むことができます。記事の下部に表示されるコメント欄に書き込むとすぐに自分のコメントが表示されます。コメントに対して「返信」したり、「いいね」したりすることもできます。 詳細を読む, 記事末尾の「投票」ボタンを押すことで、その記事が参考になったかどうかを投票する機能です。投票できるのは1記事につき1回のみ。投票の結果はすぐに反映され、トップページの記事リストなどにも表示されます。評価の高い記事を選んで読むといった使い方ができます。 詳細を読む, 「この連載の続きが読みたい」「この議論の展開を見届けたい」と思った時に便利な機能です。「連載をフォロー」「シリーズをフォロー」は、その連載の新着記事が配信された際に、「議論をフォロー」は、その議論に新しいコメントがついた際に通知されます。 詳細を読む, 国内初導入となる関西国際空港の新LCCターミナル「第2ターミナルビル(国際線)」のウォークスルー型ショッピングエリア(写真:吉川 忠行、以下同様), 『宇宙兄弟』の登場人物でいえば、あなたは誰? 本来は、政府レベルの国土計画として、他の交通手段と整合的な鉄道戦略が練られるべきだったところを、独立採算事業として切り離してしまったことで色々と歪みを生んでいる。  さらに、大手流通企業の店舗は、本部が採算があわないと判断したらあっさり撤退します。既に、出店に伴い、地元の個人商店などは壊滅状態になっているため、地域の人々の多くは「買い物難民」になってしまいます。 同じ「お客さん」扱いであったにも関わらず、何故サービスが劣悪だったのか(あるいは、その後改善していったのか)、というところがポイントだと思うのです。, @motidukinoyoru @hkakeya そうでしたか。私の経験だと、経営陣も現場も本当のお客さん思考になるのはたとえ民間でも大変な意識改革が必要なので、危機感の醸成や社内プロセスの整備(アカウンタビリティーや見える化など)、色々な要素が働いたんだと思います。そのトリガーはあったと思います。, @spotprawns @hkakeya 上記で私が仮説として挙げたのは  にも関わらず、「民営化万能論」的な発想で、公共サービスを私企業に担わせる事に熱心な政治が行われています。その目的が住民サービスの向上でなく、別の所にある可能性が高いのでは、と思っています。. Copyright © 2020 Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved.  それを無視して、「民営化万能論」とでもいう手法で公的サービスを変えてしまった結果、さまざまなひずみが出ている、というのが現状です。 さらに一括管理の無理は国営では解消不能ですし, @pstar7bob @spotprawns @hkakeya 公共サービス拡充と均衡財政維持の両立という矛盾が、財政投融資に依存するという歪みを生んだものと理解しています。(事実上の赤字財政支出を行いながら、財政赤字ではないという”体”を取る手段として、財投は利用されていたので……。).  いずれも、「利潤を追及した結果」として生じた事です。このことからも、「私企業は利潤を追求するから公務よりサービスが良くなる」が事実に反している事は明白でしょう。, 国や地方自治体の提供するサービスには、収益が出ないものも多々あります。 民営化することによりサービスは向上する」という宣伝がなされました。 そこで作られた「世論」を後押しにして、国鉄・電電公社・専売公社などの「民営化」が進められたわけです。そして、それぞれ、JR・NTT・JTといった「民営企業」になったわけです。 @hkakeya 「国鉄は民営化したことでサービスが良くなった」説にいまいち乗れないのは、PsycheRadio先生が言うように、別に民営化されていない公共セクターも軒並みサービス改善してきたという事実があるからなんです。 民営化によるものなのか、労働者全体の質的変化によるものなのか。 … 会社間をまたがっても乗り換えもなく不便にもならない All Rights Reserved.  その結果、新幹線停車駅を除いた沿線住民は、新幹線開通により、鉄道の利便性が悪化しています。  そして、「民間企業は優秀で官公庁はダメなのだから、国有企業などを民営化すれば改善される」「公務員は利潤追求する必要がないからサービスが悪い。民営化することによりサービスは向上する」という宣伝がなされました。 [44]、資産売却は予定通り進まなかった。, その後のバブル崩壊によって、土地の時価総額が急減し、土地が塩漬けにされている期間に有利子負債が嵩み、かえって債務総額は増えた。1998年(平成10年)10月22日の清算事業団解散時には、国鉄から引き継いだ時に比べて、2兆8,000億円増の28兆3,000億円に達していた。結局、借金返済は独立行政法人・鉄道建設・運輸施設整備支援機構の「国鉄清算事業本部」が清算事業団を承継して行っている。, 清算事業団解散時にあった28兆3,000億円の借金のうち、16兆1,000億円の有利子債務は、国の一般会計(たばこ特別税)に承継、つまり日本国政府の借金となった。残る債務のうち、年金等将来費用3兆4,000億円を国鉄清算事業本部が、厚生年金移換金など7,000億円をJRが、これまでの負担分とは別に返済することになり、その残りは債務免除となった。, 「巨額の債務で身動きできない限界まで来ていた。結局、『自民党の右翼バネが働き、国鉄のリストラ・再生の為に左翼運動がダシにされた』という見方もできる」, 上下分離方式や公設民営方式が採用されなかったのは、政治的な圧力によって不要不急の地方路線が多数建設されるといった弊害を防止するため。, 夕張支線は、「夕張線」だった時代の石炭輸送により、国鉄再建法での区分は「幹線」であった。, 理論上は、保安装置の技術水準が向上していることを考慮すれば、時代が進むにつれて事故率は自ずと下がってゆくことになる。, 神戸新聞「安全の行方(2)労働組合 職場にも影落とす対立 巨大鉄道会社の半年」2005年10月21日, 神戸新聞 「安全は築けるか 検証・JR西日本(5)労組 現場で続く対立、差別」2006年4月19日, 国鉄は根本的整備が必要である―産業計画会議第4次レコメンデーション(1959年) ASIN: B000JATA1Q, 経済往来社, 国鉄は日本輸送公社に脱皮せよ―国鉄問題に関する第2次勧告(1968年) ASIN: B000J9R3HA, 経済往来社, 日本の地方鉄道の存廃問題における国の鉄道政策に関する考察 : 国鉄地方鉄道対策の展開過程とその連続性を中心に, 昭和61(ワ)7204等 国鉄清算事業団担務指定損害賠償 平成6年08月26日 大阪地方裁判所, 平成16(ワ)27670 損害賠償等請求事件(通称 鉄道建設・運輸施設整備支援機構職員再就職差別損害賠償) 平成20年1月23日 東京地方裁判所, http://www.asahi.com/articles/ASJD44KFLJD4IIPE009.html?iref=com_alist_8_02, http://mainichi.jp/articles/20160930/k00/00m/040/021000c, https://www.asahi.com/articles/ASM303WN8M30IIPE00J.html, JR東海の元社員が語る「入社時にピラミッドに組み込まれ“ロボット人間”が好まれる会社」, 2002年11月7日「国労に人権と民主主義を取り戻す会 」が「国労本部執行部に対する公開質問状」を提出, 今後における行政改革の具体化方策について(行政改革大綱)昭和57年9月24日閣議決定, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=国鉄分割民営化&oldid=79758859. 2)戦後引き揚げ失業者の雇用受け皿(JGPの先取り?)になったがそれが圧力団体化して誰も止められなくなった ア・リーグ優勝の行方は第7戦へ(宇根夏樹), 週末の羽田空港、Go To除外解除の回復傾向で駐車場も満車表示。ホットコーヒーの機内提供も各社再開へ(鳥海高太朗), 新型コロナウイルスによる経済への影響を多方面からさぐる(2020年10月17日時点)(不破雷蔵), バルサは「配置換え」でグリーズマンを適応させられるのか?メッシの存在とクーマンの新たなプラン。(森田泰史), “東大乱立”の中、東大を出て芸人をするということ。「田畑藤本」が語る今の本音(中西正男), PS5のボイスチャット録音・通報機能にPS4ユーザー“監視”と不満 「嫌がらせ対策」が誤解(河村鳴紘), アクセルの踏み間違い、それとも車の異常? 池袋暴走事故裁判から、筆者が思い返す24年前のある死傷事故, <朝ドラ「エール」と史実>藤堂先生は“戦死しなければならなかった”…古関裕而は軍歌をどう総括したか?, 元「ブルゾンちえみ」藤原しおりが勇気を出して声を上げたこと―アマゾン大炎上と肉を食べるということ, 海上自衛隊の最新鋭3000トン型潜水艦「たいげい」が進水――旧日本海軍の潜水母艦「大鯨」が艦名の由来, <朝ドラ「エール」と史実>「前線の慰問中に襲撃されて恩師死亡」の衝撃。どこまで事実がベースか, 雅子さまの思いやりに骨折の痛み忘れるほどの驚き スケート指導者が明かす4つの思い出, 1日3リットルの水を飲み、300リットルの水を使い、3000リットルの水を食べる日本人, 杉田水脈議員が陥った「保守ムラ」の罠~「オタサーの姫」とそれを利用する中高年男性~, 実は生活保護制度では自動車保有を認めたり、親族への連絡をしない事例が増加 生活保護申請も検討を, 10月17日の関連記事スクラップ/学術会議会長と首相会談/大学中退は減少/授業実施で大学名公開.  もちろん、公務サービスや国営・公営事業に改善すべき点がある事は確かです。しかし、それが「民営化」によってのみ解決できるものではない、というのは、これまでの事例から明白なのではないでしょうか。 ②公的干渉と独立採算制の矛盾が国鉄のサービスと労働待遇を圧迫しており、それらが解消された。[ただし、民営化がその手段として必須だったわけではない], @spotprawns @hkakeya サービス維持向上、労働待遇改善、そしてユニバーサルな公共交通供給を実現するベターな方向性は、むしろ独立採算制という半端な切り離しの取り止めだったと思うのですが、実際には全く逆方向(完全な切り離し)に向かったというのが興味深いというか、不思議なところです。  国鉄として作られた新幹線(東京ー博多・盛岡・新潟)において、並行在来線は全て国鉄として残されました。 日本国有鉄道(国鉄)をJRとして、6つの地域別の「旅客鉄道会社」と1つの「貨物鉄道会社」などに分割し、民営化するもので、これらの会社は1987年(昭和62年)4月1日に発足した。  NTTも同様で、「利潤追求」のために、それまで無料だった番号案内を有料化しました。また、胡散臭い会社と代理店契約をし、不必要なサービスを売りつけられる事例が多発するようになりました。, 実際に利用者として企業のサービスを普通に受ければ、「利潤追求をする民間企業のほうがサービスがいい」などという事がいかに非現実的かという事はわかります。 民営化してなかったらJR北海道みたいに未だに赤字でストばっかサービスも低レベルだったろうなと思う。というか、国営ならローカル路線残してくれるというのはないだろう。むしろ経営改善できないままどんどん廃線されそう。, サービス面の話もですけど、社会保障費が増大していてどうしたものかとか、国民一人あたりの国債が!とかヤイヤイ言ってて、景気対策そちのけでプライマリーバランスがーとか言う中で、国営鉄道が無事でいられたと思います?, というか、国鉄改革って当時中心になって動いてた人の著作がある訳よ。JR各社の元社長だったりのさ。だから正直なところ、門外漢があーだこーだ理屈をこねるならまずそっちを読んだ方が早いと思うのよ。, 過去に Atsasebo の人がまとめたのがたくさんあるのでそっちを先に読んだほうがいいよ こういうの。, 非常にわかりやすい「廃線」、つまり走らなくなるという、サービス低下の中でも最悪なのが進んでるからなあ、民営化以降はさ, 国鉄ストや順法闘争は労働者の権利だとしても、列車の遅延・不通により迷惑を被った労働者はどうなるのか?そりゃ首都圏国電暴動起こされてもしょうがねえだろう?, 財政支出ケチる←ほーそれで、赤字を垂れ流す国鉄に財政出動して納得する国民がどれだけおるのやら?「無駄を省く」ってなんじゃろ?, 公共財生産で単体採算を取ることって、あんまり経済学的には最適ではないんですよね←「サービスが良くなったかどうか」と争点がズレつつあるな。質疑防衛法の使い手と話してると消耗だから去るわ。, 赤字かどうかと職員のサービス(運営)が適切かは別の話なので、タイトルがこれでは議論にならないよ, 少なくとも四国に関しては国鉄のままなら予土線みたいな超閑散区間は2000年前後に廃止されてただろうし、特急列車も振り子式車体傾斜車両は投入されずに高速バスにボコボコにされて岡山〜松山・高知ですら1日10往復以下とかのレベルになってたとは思う, 国営化のまんまでローカル線存続したとして、その原資は税金だからな。高齢化・過疎化が進んでる昨今だと維持費はますます増えてるだろうし、その分増税進むだけじゃねぇの?, 国営は国全体を見るから地方毎の事情に目を向けなくて国営のままだったら四国は弱小地域として無視されて廃線の第一候補に挙げられていたはず!ってのは分からなくはないけど、それは国がやることだったら弱小地方を無視しても仕方ないってロジックでしょ。んなわけねえだろ、四国だって日本だ。日本の一部であることを国家が捨てるなら、四国だけオーストラリアの一部になっても文句言うなよ?みたいな話ですよ。地方毎に分割して、全て国営でも良いわけですよ。民営ってのは、国がケツ持たねえ宣言でしょ?, 某国人の観光マナーが非難されると「日本だって昔はマナーが酷かった!」言う人が出てくるけど、じゃぁ国鉄や第三セクターがマナー向上の啓発をなんかやってたのかしら?, http://www.mlit.go.jp/tetudo/kaikaku/01.htm, https://twitter.com/Yuriy_Julius/status/1200647814839037952, https://www.itmedia.co.jp/business/articles/1704/07/news021.html, https://blog.goo.ne.jp/blackcat_kat/e/ac2f49aa6828f007062ef3f4068840af.  しかしながら、JRになってから開通・延長された新幹線では、極めて高い確率で、並行在来線の第三セクター化が行われています。 本来、公共サービスとは、国民の生命、安全と直結しており、効率だけで行われるべきものではない。経済学者の宇沢弘文が喝破したように、それらは「社会的共通資本」であり、市場原理に委ねるべきものではない。 中曽根政権時代に実行された国鉄民営化では、国鉄が保有していた土地が� ①労働者自体の全体的な質的変化があった(民営化されていない公共サービスも全般的に改善しているため)。  そこで作られた「世論」を後押しにして、国鉄・電電公社・専売公社などの「民営化」が進められたわけです。そして、それぞれ、JR・NTT・JTといった「民営企業」になったわけです。 ブルートレインなど長距離列車もなくならない 5)郵貯の高金利維持する(続く, @motidukinoyoru @spotprawns @hkakeya 承前)ために財投が活用され国鉄が運用先に狙われたが財投が使われた事業の収益計算がザルで高金利払えなくなった(だから民再のような破産的再生もできなかった。郵貯が連鎖倒産するから)  よく使われたのは「経済は一流、政治は三流」という宣伝文句でした。  たとえば三菱自動車の問題が発生した理由は「不正をしたほうが儲かるから」の一言に尽きるわけです。 欧州では公共財として公費つぎ込む代わりに空港や道路とのすり合わせは常に考えてますから, @pstar7bob @spotprawns @hkakeya MMTはここでは関係ありませんが、おっしゃる通り、均衡財政路線が背景にあって、それによる破綻、という面もあったと思うんです。  一方、当時、徹底的に報道されたロッキード事件などの不祥事から「政治(=官公庁)は三流」と定義しました。 twitter.com/motidukinoyoru…, @motidukinoyoru @hkakeya まあ少なくとも乗客を給料を払ってくれる「お客さん」と見るか、乗せてやる「貨物」と見るかの違いはあると思いますよ。, @spotprawns @hkakeya 先ほども述べました通り、”一応”国鉄は独立採算制だったので、民営化以前も一貫して乗客は「お客さん」ではあったんですよ。 大阪市交通局などが、地下鉄と路線バスの補完的運営に取り組んでいたのとは全く対照的に思います。, @motidukinoyoru @spotprawns @hkakeya むしろ逆な感想を持つものです 民営化というと、30年前の1987年4月1日に実施された国鉄(日本国有鉄道)の分割民営化が思い浮かぶ。民営化前は、運転手が列車を運転中に運転台から離れるなど、今では考えられないほど現場の腐敗が進んでいたが、jr発足後はサービスが向上したと感じる人も多いだろう。 なので、金融業や不動産業といった他事業と抱き合わせという形を取るしかなかった。(旧郵政公社に見るように、営利業務と抱き合わせるのに民営化は必須ではないですが), @pstar7bob @spotprawns @hkakeya そこもポイントですね。 まだあるけどこの辺で, @pstar7bob @spotprawns @hkakeya 全体的に、「公共財供給なのに独立採算でやらせようとし、しかも公的介入(運賃決定に介入、副収入を認めないetc)もする」というところに色々と矛盾があって、 twitter.com/motidukinoyoru… で挙げた旧郵政公社のような相当高度デザインなものでないと、独立採算自体が無謀だったのではないかと思う。, 国鉄民営化後も、営団(現メトロ)と都営地下鉄で職員の対応に大きな差がありました。京都市バス・地下鉄の職員も酷かった。公共セクターの改善は、民営化が進んで彼らが少数派になったことの影響が大きいと思います。なお、NHKのように未だ職員の態度が改善されない公共セクターの存在も要注目です。 twitter.com/motidukinoyoru…, @pstar7bob @spotprawns @hkakeya なので、サービス向上、労働待遇改善、ユニバーサルな供給という3点を同時成立させる『妥当な』方向性は、どちらかというと独立採算制の取り止め・公的再編だったのではないかと思うんですが、おそらく小さな政府路線の「ウケ」もあって、全く違う方向に振れた、というところなのでしょうね。, @motidukinoyoru @spotprawns @hkakeya 独立採算性の取り止めやったとしても累積債務の根元である郵貯(年金)→財投→国鉄が残ったら債務が政府にツケ回しされて消費税導入に始まる「緊縮」が早まっただけでしょう。昭和にはMMTなど影も形もありませんでしたから, @motidukinoyoru @spotprawns @hkakeya あと無視できないのは「公共財でありながら代替財の道路空港とのすり合わせをやらず全部盛りにこだわった」 国鉄分割民営化(こくてつぶんかつみんえいか)は、中曽根内閣が実施した行政改革である。日本国有鉄道(国鉄)をJRとして、6つの地域別の「旅客鉄道会社」と1つの「貨物鉄道会社」などに分割し、民営化するもので、これらの会社は1987年(昭和62年)4月1日に発足した。, このほか、同時期に日本電信電話公社や日本専売公社を含めた三公社の民営化が自由民主党によって進められた。, モータリゼーションの進展による地方での「国鉄離れ」が進んだことや、国が戦争引揚者の雇用対策として、国鉄で大量に採用させた職員の労働コストの上昇により(国鉄の賃金体系は勤続年数に応じて賃金が上がる年功序列型であったため職員の高齢化がコスト上昇に直結することとなる。)、日本国有鉄道として、1964年(昭和39年)から赤字に転落した。同年は東海道新幹線の開業した年でもある。昭和40年代後半には、生産性改善運動である『マル生運動』の失敗などもあり、労使関係が悪化して順法闘争やスト権ストが発生した。, 1949年(昭和24年)に、国鉄は鉄道省から分離され、独立採算制の公共企業体として発足した。これにより政府は国鉄収支についての経営責任を負わなくなったが一方で、運賃や予算、新線建設、人事など、経営の根幹ともいえる「重要な決定事項」については、国会の承認が必要だったために、政治の介入を強く受けた。, 例えば、選挙対策やインフレーションの防止などを狙って、政府が運賃の値上げを中止させたり、民業を圧迫するという理由で、運輸業以外の他業種への参入が認められなかった。また、田中角栄首相の日本列島改造論や「我田引鉄」と言われた、政治家の選挙区に鉄道を誘致させる見返りに票を得る利益誘導のために、地方のローカル線の建設要求は強く、当初から採算の見込めない赤字ローカル線の建設が続けられ、新規建設が凍結されたのは1980年(昭和55年)になってからだった。, また政府は国鉄の独立採算の建前から、国鉄が赤字転落しても補助金の交付を避け、国鉄自身に鉄道債券などの借金をさせた。大都市部(特に首都圏)では急激な人口集中によって鉄道通勤事情が極度に悪化しており、対策を求められた国鉄では「通勤五方面作戦」を展開するなどして輸送力の増強に努めたが、これに要する費用には国からの補助金はほとんどなく、国鉄の自己負担となっていた。新幹線の建設にも巨額の費用が投じられ、建設費はそのまま国鉄の債務として積み上がっていった。しかも、大蔵省(現:財務省)は日本国政府が責任を持つ財政投融資を制限し、政府保証の無い特別鉄道債券を発行させたので、国鉄はより高利の負担が必要になった。有利子の借金で資金調達を行う仕組みを続けた結果、国鉄の赤字を急速に拡大させた要因となった[1]。1969年から工事費に政府の補助金交付が開始され[2]、1976年からローカル線維持費である「地方交通線特別交付金」などが追加されたが、既に「焼け石に水」の状態であった[3]。, 日本鉄道建設公団の発足以降、こうしたローカル線の建設費用は国が負担するようになったが、営業開始後の赤字は国鉄の負担であった。  確かに、新幹線が増えたり、東京や大阪の都心部に新線ができるなど、便利になった点はあります。しかしながら、別にそのような事は、国鉄時代にもやっていました。 昭和50年代からは、それまでの運賃抑制分を取り戻すように50%の運賃値上げが行われ、その後も毎年運賃値上げが行われた。だが、首都圏の路線や新幹線においても利用者が減るなど国鉄離れを招いてしまったため、収支改善にはつながらなかった[4]。, 政府は1980年(昭和55年)に、「最後の自主再建プラン」と評された日本国有鉄道経営再建促進特別措置法(国鉄再建法)を成立させた。この中で人員の削減や地方の新規路線の建設凍結、輸送密度による路線の区分(幹線・地方交通線・特定地方交通線)と、それに基づく措置(特定地方交通線の国鉄からの分離・バス転換、地方交通線への割増運賃の導入[注釈 1])といった施策を盛り込んだ。, その一方で、1981年(昭和56年)、鈴木善幸内閣は諮問機関として第二次臨時行政調査会(第二次臨調、土光敏夫会長)を設け、国鉄改革など財政再建に向けた審議を行わせた。7月10日に出された「行政改革に関する第1次答申」では、政府の「増税なき財政再建」を志向し、国鉄への補助金も削減されるようになった。さらに1982年(昭和57年)2月5日、自民党は「国鉄再建小委員会」(三塚博会長)を発足させた。, 第二臨調では、第四部会(加藤寛部会長)で国鉄改革の実質的な審議が行われた。審議するだけでなく、加藤部会長は「国鉄解体すべし」(『現代』1982年4月号)、屋山太郎参与は「国鉄労使国賊論」(『文藝春秋』1982年4月号)を発表するなど、分割民営化を前提に活発に情報発信を行った。, 1982年(昭和57年)7月30日、第二次臨調は基本答申で「国鉄は5年以内に分割民営化すべき」と正式表明し、国鉄そのものの消滅へと大きく舵を切った。鈴木内閣は9月24日、答申に従って分割民営化を進めることを閣議決定した[5]。, 自民党内[注釈 2]でも、運輸族の加藤六月、田村元など、分割民営化反対論は少なくなかったが、同年11月27日に発足した中曽根内閣は、積極的に分割民営化を進めていくことになる。11月30日、国鉄再建監理委員会の設置を決め、1983年5月13日、国鉄再建監理委員会設置法が参議院で成立し、6月10日、正式に発足した(亀井正夫委員長)。国鉄内部では、松田昌士、葛西敬之、井手正敬らが分割民営化を推進し、松田らは「国鉄改革三人組」と称された。一方、分割民営化に反対する国鉄経営陣などは「国体護持派」と呼ばれた。, しかし、中曽根はなおも慎重であった。実質的に自民党のキングメーカーになっていた、田中角栄は民営化は容認したが、分割には反対していたからである。国鉄経営陣や国労は、田中を頼り、非分割民営化を落としどころにしようとした。1985年(昭和60年)1月10日、国鉄が国鉄再建監理委員会に提出した「経営改革のための基本方策」はそうした内容だった[6]。しかし、内容は事前に分割民営化派に漏れており、メディアからは厳しい批判を受けた。経営側は秋山光文資材局長に命じて、非分割民営化を主張する極秘資料を作らせ、国会議員やメディアなどに配布した。また、「改革派」の井手を1984年9月21日に東京西鉄道管理局に、松田を1985年3月15日に北海道に左遷し、分割民営化派を抑え込もうとした。, 2月6日、中曽根首相は塚本三郎(民社党)の質問に対し、国鉄案を「親方日の丸」と答弁し、「けじめをつけなければならない」と処分を匂わせた[7]。田中角栄の権力は、竹下登の造反で動揺しており(創政会)、自身が2月27日に脳梗塞に倒れたことも、分割民営化論を勢いづかせた。1985年12月に発足した第2次中曽根改造内閣では、前記の自民党国鉄再建小委員会会長だった三塚博を運輸大臣として入閣させている(1986年の衆参同日選挙に伴い退任)。1986年5月27日、国鉄の太田知行常務理事は、朝日新聞記者に「オフレコ」だとして、「国鉄改革三人組」や亀井正夫を非難し、非分割民営化の根回しはしてあると述べた。この発言は葛西に漏れ、さらに屋山太郎を通じて中曽根に通報された。中曽根はこれを見て、仁杉巌総裁以下、分割民営化に反対する国鉄首脳陣8人の更迭を言い渡した。6月21日、表向きは自発的に仁杉らを辞職させ、後任の国鉄総裁に杉浦喬也を据えた。「国鉄改革三人組」など左遷された者は本社に呼び戻され、国鉄経営陣は分割民営化推進派が勝利を収めた。, それまでに累積した債務に掛かる利子がさらに雪だるま式に債務を増やしていく悪循環に陥ってしまったことから、1982年8月2日、運輸省の1983年度概算要求の中で、債務補填の見返りとして職員の新規採用停止などが確認された。なお、1985年(昭和60年)のみ「民営化後の幹部候補生」として大卒者のみ採用が行われた。翌年は再び大卒を含め採用中止した。, 巨額の累積債務を、民営化して経営改善したJR各社の負担や国鉄資産の売却、これに日本国政府からの税金投入などで処理することは、国鉄分割民営化の大きな目的であった。ただし、中曽根はその後、国鉄分割民営化の真の目的は、労働組合の解体にあったと述べている。, 国鉄の累積債務は、37兆円に達していた。意図的な虚報であるという主張も、分割民営化に反対した労働組合側からなされているが[8]、利払いだけでも年1兆円を超えるなど、実際にはバブル景気で急激に土地価格が上昇した時期に、保有資産を売却しても到底債務を解消できる額ではなかった。, 国鉄の輸送シェアは1960年には約50%を占めていたが、長年に渡り全国で画一的な輸送による地域ニーズとのミスマッチや技術革新の遅れ、さらに相次ぐ値上げや道路網整備による自家用車の普及、航空・高速バスの発達などにより、1985年には約23%と半分以下にまで低下した[9]。, 国策で戦争引揚者を大量に雇用した結果、高い人件費率が問題になり、国鉄再建監理委員会は、新会社は18万3千人体制にしなければならないとした。1986年4月時点で、国鉄職員は約27万7千人であり、9万4千人が「余剰人員」と見込まれた。, このうち、約7万人が希望退職に応じた。希望退職者には、公務員や特殊法人、民間企業、他鉄道会社などへの再就職が斡旋され再就職した。その結果、民営化時には約20万人が採用された。新会社を不採用となり、国鉄清算事業団に送られたのは7千人あまりであった。不採用となったのは、余剰が深刻な北海道・九州で地元採用を要求した者(地元採用要求や、白紙回答が国労の方針でもあった)、国鉄経営陣によって「昭和五十八年度から六十一年度までの間に停職処分二回以上、または停職六ヶ月以上の処分を一回でも受けた者、それ以外に採用基準に適合しないという理由がある者」とされた者などであった。, 公務員のキャリアに相当する幹部採用者は約1600人いたが、JR各社に引き継がれたのは約1100人であった。, 「国鉄改革三人組」が実権を握った国鉄は、各労組に労働協約である「雇用安定協約」を締結するために「労使共同宣言」を提案した。, 1986年1月13日、杉浦総裁室に各労組の代表が呼ばれ、国労、全動労は拒否し、動労、鉄労、全施労は同意した。国鉄側は「労使共同宣言」拒否を理由に国労、全動労との雇用安定協約の破棄を通告し、失効した。, 当時の国労は、1985年4月1日現在で、187,592人の組合員を抱える日本最大の労働組合であり、野党の日本社会党(現社会民主党)の主要な支持母体である総評の中心的な存在でもあった。その一方、中核派や革マル派などの過激派セクトが組織に入り込み、一部セクトは公然と社会主義革命を主張していた。しかも国労は彼らを自力で排除できなかった。, さらに、雇用安定協約を破棄した国労は雇用不安から組合員の脱退が相次いだ。1986年4月13日、「真国鉄労働組合」(古川哲郎委員長)が分裂し、動労、鉄労の協力の下、結成大会を開いた(真国労は革マル派系組合員だったとされる[10])。, 国鉄はさらに「第二次労使共同宣言」を持ちかけた。従来の宣言に加えて、民営化後も「健全な経営が定着するまで」の争議の自粛、労組側が経営側を相手取った訴訟を取り下げる代わりに、経営側は国労、動労を相手取ったスト権スト損害賠償請求の取り下げを提案した。総評は第二次労使共同宣言受諾に従う方針を出したが、国労の反主流派は激しく反発した。10月10日、国労は修善寺で開いた臨時大会で、労使共同宣言に従う「緊急対処方針」案を賛成101、反対183、保留14で否決した。山崎俊一委員長は辞任し、反主流派は六本木敏を委員長に選出した。そして、山崎ら従来の主流派は国労から脱退した。分割民営化時には、国労組合員は6万2000人にまで減っていた。, 国鉄とJRは別会社とし、JRに国鉄職員の採用義務はないとされた。法律上、旧国鉄と新会社は無関係であり、旧国鉄を退社して新会社に応募した者とされた[11]。, 地元以外のJR採用や政府機関、特殊法人、民間企業への採用を拒否し、国鉄清算事業団に行った約7000人のうち、国労組合員は70.8%だった。残りは全動労、動労千葉の組合員だった。清算事業団は1998年に解散したが、本州JR採用や公務員、民間企業、他鉄道会社への就職を拒否し続けた1,047人が残った。その多くは国労組合員であった。国労、全動労、動労千葉は中央労働委員会に救済申立を行い、救済命令が認められると、JR各社はこれを不服として中央労働委員会に異議申立をした。中労委も、全てでは無いが救済命令を出したので、JR各社は「国鉄とJRは無関係」として中労委を訴え、最高裁でJR側の勝訴が確定した。しかし、旧国鉄の法的責任については訴訟が続き、2010年(平成22年)、民主党の鳩山由紀夫内閣のもと、和解金として一世帯あたり2200万円支払うことで一応の決着が図られた。なお、国労執行部は政治決着後、訴訟に加わった組合員を追放してしまった。, 分割・民営化反対論者からは「国家的不当労働行為」[12]と批判する者もいた。また国労・全国鉄動力車労働組合・国鉄千葉動力車労働組合所属組合員などによると、当時の国鉄職員局次長(葛西敬之)は国労など分割・民営化反対労組解体が不当労働行為に該当することを認識しつつ、法の抜け穴を利用して「うまくやる」といったと主張している[注釈 3]。しかし、葛西はこの発言を否定しており、のちの不当労働行為の有無を争った裁判でも、事実かどうか裁判所の判断は分かれている[13][14][15]。, 国労は、サービス低下を理由に国民に分割・民営化反対を主張した。政府側は、ヤミ休暇・ヤミ休憩・ヤミ超勤手当・カラ残業・酒気帯び勤務の常態化、服装規定違反などに代表される「民間企業ではあり得ない怠惰な労働環境や職員厚遇の維持である」と訴え、マスメディアは、相次いで国労批判のキャンペーンを張った。, 1970年代に国労や動労が中心となって起こした、いわゆる遵法闘争は、国鉄のサービスの低下に繋がり、国民の怒りを買い、上尾事件や首都圏国電暴動などが起こるという事態まで起きており、職務怠慢といえる事故も多発した。それらによって利用者の信頼を失った状況のなかで、国鉄運賃・料金の度重なる値上げが行われたこともあって旅客や貨物の他交通機関への逸走をも招いた。また国労は、動労と内々に交わしたスト戦術の放棄すら、労働大会で決められないなど、組織内の路線対立が顕著で、意思統一が困難な状態に陥っていた。これらの結果として、国労の主張に対して利用者・一般国民からの賛同は、全く得られなかった。, 一方、“国労排除・解体の為の分割民営化”という名目に対して、本来こちらこそが先に上げた“巨額債務の解消の為の分割民営化”に対する正当化の為の口実にされたとする見方もある[注釈 4]。, 全国一元の組織の国鉄を地域ごとに分割することは、1つの会社の経営規模を小さくして地域密着を図るためであった。, 様々な分割地点を案として出しながら、分割される会社の経営規模や要員数などを算出して検討が行われた。特に複雑に線路が絡み合い運行系統が設定されている本州については、2分割、3分割、4分割、5分割など分割する数についても検討され、それぞれにさらに分割点を様々に変えた検討がなされた。分割数を増やすと境界が増えて問題となることや、直通旅客数の多い東海道新幹線を途中で分断しづらいこと、鉄道工場や指令所を共用している東北新幹線と上越新幹線も分割しづらいことなどが勘案され、東京本社の本州東部(甲信越以東)と大阪本社の本州西部(東海・北陸以西)に2分割とする案が決まったが、超ドル箱路線の東海道新幹線が本州西部会社帰属になると本州東部会社の収益が本州西部会社を下回ると判断されたため、最終的に本州西部会社と予定されていた地域のうち東海道新幹線を含む東海地方及び、本州東部会社に予定されていた地域のうち山梨県・長野県のそれぞれ南部地域を名古屋本社の別会社とする案が実施されることになった。, さらに、異なる会社へ直通する列車の乗務員の交代、車両の保守管理の担当、車両使用料の精算、運賃の計算と精算、担当する車両基地の割り振り、設備の分割と使用経費の分担など様々な問題に対して、新たなルールの制定が必要となった。, 会社間の実際の分割場所は、境界駅の場内信号機外方(駅から見て外側)となった。1つの駅の設備についてはすべて1つの会社で担当するという考え方としたためである。東海道本線来宮駅についても丹那トンネルの中にある東海道本線上りの場内信号機が境界であり、その内方(東京方)がJR東日本、外方がJR東海となるが、トンネル構造物は分割できないため、トンネル全体をJR東海が管理している[注釈 6]。なお、東海道本線米原駅は下り場内信号機をJR東海とJR西日本の境界とすると複雑になりすぎることから、東京方下り第一閉塞信号機が境界である。また、亀山駅については、JR東海の管轄駅であるが、駅構内西側にある亀山機関区はJR西日本の路線となる関西本線亀山駅以西を担当していたため、JR西日本に帰属することになった。これは、廃止予定であった伊勢機関区が、この地域におけるJR東海の車両基地を維持するために一転して存続となるという副次的な効果をもたらした。(なお伊勢機関区は2016年3月31日に廃止。), 左翼陣営が結束して反対。1985年(昭和60年)11月29日には中核派が国電同時多発ゲリラ事件を起こして首都圏と京阪神の国電を1日麻痺状態に置いたが、中曽根内閣の決意は変わらなかったばかりか、逆に国民世論は国鉄の分割・民営化を強く支持する結果となった(分割民営化そのものには反対だった日本共産党などもこのようなテロまがいによる運行妨害は批判した[注釈 7])。公明党・民社党は自民党案に賛成し、社会党は分割に反対(民営化は容認)、日本共産党は分割・民営化そのものに反対した。1986年7月6日に実施された衆参同日選挙で、国鉄などの三公社五現業の民営化を公約に掲げた自由民主党が圧勝し、日本社会党をはじめとする野党が惨敗したことで、分割民営化が事実上決まった。, 労働組合では、元から労使協調路線であった鉄労が早々に民営化を容認したが、それ以外の組合では意見が割れる事になる。動労は当初は民営化に反対していたが、スト権スト以降の国労との亀裂や、衆参同日選挙で分割民営化が事実上決まったことから松崎明委員長の「協力して組合員の雇用を守る」という方針の下で、民営化賛成に転じることになる。その中で国労は民営化賛成派と反対派が対立し、意見が一致しなかった。, 国労は1986年10月9日に臨時大会を開き、五十嵐中央執行委員率いる非主流派(旧社会党系左派)と、徳沢中央執行委員率いる反主流派(共産党系)が足並みを揃え、激論の末採決に持ち込まれ、投票の結果は分割・民営化反対が大多数を占めた。結果として山崎俊一委員長は退陣に追い込まれ、後任として盛岡地方本部から六本木敏が選出された(修善寺大会)。山崎率いる主流派である分割・民営化容認派(右派)は国労を脱退し、やがて鉄産総連を結成した。この修善寺大会をきっかけに国労は内部崩壊を起こし、力を大きく失った。鉄産総連結成は、JRに採用されるための次善の策として、社会党側の働きかけもあったとされる。一方で、全面対決一本槍の六本木体制や国鉄の労使関係に失望し、職場単位で脱退が相次ぎ、国労からは分割民営化までの間に国鉄そのものを退職した人を含めて20万人以上の組合員が脱退、合理化により職員(社員)の総数も大幅に減少しているものの少数組合に転落した[16]。, 上記の通り、分割民営化議論に先立って1980年に成立した国鉄再建法に基づき、当時すでに輸送密度の低い不採算路線の廃止が進められていた。1981年より、3次にわたって廃止対象となる特定地方交通線の選定が進められ、最終的に83線が選定された。沿線住民などの反対があったが、1983年の白糠線を皮切りに、45路線が廃止(バス転換)、36路線が第三セクター化、2路線が私鉄に譲渡され鉄道として存続した。この措置は分割民営化が正式に決定されても継続され、民営化後の1990年、宮津線の第三セクター・北近畿タンゴ鉄道への転換[注釈 8]、鍛冶屋線、大社線の廃止を最後に、各路線の処遇は決着した。かつての「赤字83線」廃止に比べると、かなり順調に廃止が進んだと言える。この路線の整理は分割民営化とは無関係に始まったものであったが、民営化会社がこれらの不採算路線をほとんど引き継がずに発足する結果をもたらした。しかし、当時からほとんどの優等列車が経由していた伊勢線(現伊勢鉄道)が第三セクターへ転換されたりした一方、これらよりも利用率が低いにも関わらず、独立した路線名を持っていない他の線区の支線であったがために廃止を免れる区間があったりと、廃止路線の選定については当時から「実態に一致しない」との声もあった。なお、既存の民間運輸事業者に譲渡された2路線(下北交通大畑線、弘南鉄道黒石線)はその後赤字の増加などで廃止された。第三セクター化路線も2006年4月全廃の北海道ちほく高原鉄道を皮切りに神岡鉄道・三木鉄道・高千穂鉄道が利用者の減少に伴う赤字の増大や自然災害による被災などを理由に全線廃止、のと鉄道は路線の大半を廃止している。黒字を計上しているのは大都市圏に近く条件に恵まれた愛知環状鉄道(愛知環状鉄道であっても、愛知県からの補助金を差し引くと黒字計上できた期はほとんどない)などごく一部に限られており、各社に給付された転換交付金も金利低下による運用益の減少などで大きく目減りしている。2000年代以降にはいわゆる「上下分離」方式により、線路の所有と運営企業を分離した路線(若桜鉄道若桜線・信楽高原鐵道信楽線)や、従来の事業者が線路の所有のみとなり運営企業を変更した路線(北近畿タンゴ鉄道宮津線)も出現している。, 1986年(昭和61年)11月には、国鉄改革関連8法(日本国有鉄道改革法、旅客鉄道株式会社及び日本貨物鉄道株式会社に関する法律、新幹線鉄道保有機構法、日本国有鉄道清算事業団法、日本国有鉄道退職希望職員及び日本国有鉄道清算事業団職員の再就職の促進に関する特別措置法、鉄道事業法、日本国有鉄道改革法等施行法、地方税法及び国有資産等所在市町村交付金及び納付金に関する法律の一部を改正する法律)が成立し、法的に分割民営化する準備が整った。, このほかに、上記した赤字路線の廃止などで余剰職員を多く抱え、なおかつ地域経済の衰退で雇用の機会に乏しい北海道・九州では職員配置の適正化を目的に、余剰職員を本州三大都市圏の電車区、駅、工場などに異動させる広域異動(後に東北・中国・四国も対象)が1986年(昭和61年)5月 - 12月に行われ、さらに新会社発足前後には本州3社による広域採用が行われた。特に北海道の場合は、家族を含めて6000人以上が鉄道従業員としての雇用を維持していくために異動した。また、多数の余剰人員が当時人手不足が深刻化していた私鉄、民営バス、民間企業などに受け入れられている。他にも実家に戻り家業を継ぐという選択をしたり、国家資格などを取得して専門的な職に就いたり、国鉄職員時代に培った知識や技能などを生かして独立開業する者もいた。, 民営化が事実上決まった後に実施された1986年11月1日ダイヤ改正以降、各地域の特性に合わせたダイヤの設定や新型車両の投入が行われた。そのほか、縦割り的なダイヤ設定の解消が図られた[注釈 9]ことにより、ニーズに合った列車設定がなされるようになった。また、増発や新駅の設置、駅舎改良も積極的に実施されたことにより混雑は大幅に緩和された。[17]また、折からのバブル景気の追い風もあって利用者は本州3社は約20%増となり、国鉄時代は減少が続いていた3島でも九州約10%増、四国約20%増、北海道約25%増(1987年 - 1995年比)と大幅に増加した[18]。また、都市近郊区間を中心に複線化や電化が行われている[注釈 10]。, 国鉄時代は、それまで運賃値上げが抑制されていたこともあり、1976年10月に約50%もの運賃値上げを実施し、1978年以降、1983年を除き、1986年までほぼ毎年運賃値上げを繰り返した。しかし、民営化以降は本州会社は基本制度としての運賃値上げを行っていない(消費税導入時の1989年4月、1997年4月と2014年4月と2019年10月の消費税率改定時に、運賃に消費税分の金額上乗せを実施)。一方、経営環境が厳しい三島会社は1996年の運賃値上げ、及び本州会社とまたがって乗車した場合の加算運賃追加が実施され、2019年10月にJR北海道の消費税増税分を上回る運賃値上げを行い、これ以降運賃体系は三島会社と本州会社間をまたがって乗車した場合を除き全国一律ではなくなった。, 国鉄の輸送機関別のシェアは凋落の一途をたどり、鉄道は「斜陽産業」とも言われた。だが、民営化以降は減少が止まり、微増に転じたことから「鉄道の復権」とも言われるようになった。[19], 国土交通省は広報文書の中で、「国鉄末期には、国が多額の補助金(1985年で6000億円)を投入しても、なお1兆円を超える赤字を計上していたが、JR7社で2005年度には約5000億円の経常黒字となり、国及び地方自治体に対し、法人税等として約2400億円(2005年度)を納めるまでになった」と評価している[20]。, 既述のように、分割民営化以前に決定された特定地方交通線の整理は民営化から3年以内に完了したが、その後地方ではそれ以外の赤字ローカル線についても過疎化や少子高齢化、道路網整備によるモータリゼーション化の進展による利用者の減少により一部で廃止された[注釈 11]。, 1999年に鉄道事業法が改正され2000年3月から施行されたことにより、赤字路線の廃止手続きが、これまでは国の許可が必要であったものが、届出で可能に改正され簡略化された。法改正以降は、JR地方交通線のうち、可部線の末端部が2003年に廃止され[注釈 12]、2010年の災害から運休となっていた岩泉線が2014年3月限りで廃止、2014年5月12日に江差線の木古内駅 - 江差駅間も廃止された[注釈 13]。江差線と岩泉線は沿線地元自治体の同意を得て廃止届が出されている[21][22]。, このほか、2009年に災害で運休となった名松線の末端区間について、JR東海が廃止を地元に打診(その後自治体の協力を条件に存続)したり、2010年4月にJR西日本社長が定例会見で一部のローカル線のバス転換について関係自治体に打診済と述べるなど、一部に廃止を検討する動きが2010年代より出始めた。JR北海道は、江差線に続いて留萌本線の末端部に当たる留萌駅 - 増毛駅間を廃止する意向を2015年8月に表明し[23]、2016年6月29日に提出した廃止届により、同区間は2016年12月5日付で廃止となった[24]。, JR西日本は三江線について、2016年9月30日に廃止届を提出し、2018年4月1日付で廃止した[25]。JR北海道は経営難から、乗客の少ない13の路線・区間を「維持困難路線」として2016年11月に発表して路線の所在する自治体と協議に入り、そのうち石勝線夕張支線(新夕張駅 - 夕張駅)は2019年3月限りで廃止となった[26][注釈 14]。, 東日本大震災で被災した路線のうち、気仙沼線と大船渡線は一部の路盤を専用道路に転用の上、バス・ラピッド・トランジット(BRT)で暫定復旧された。この2路線について、JR東日本は2015年7月にBRTでの運行を継続し、鉄道としての復旧をおこなわない意向を表明した[27][注釈 15]。, 同じく運休中であった山田線(宮古駅 - 釜石駅間)については、2014年12月に地元がJR側の示した三陸鉄道への運行移管案の受け入れを表明し、JRからは分離されることになった[28](2019年3月23日より、三陸鉄道リアス線として復旧)。, また、幹線であっても、整備新幹線の開業を理由として、第二の国鉄を造らないため赤字になる幹線をJRから経営分離する路線も出てきた。新幹線開業により観光客やビジネス客が大幅に増加し、地元経済の発展に大きく寄与したが、在来線を利用していた地域住民にとっては、新幹線が開業しても手放しでは喜べないという事態も一部で生じた(小諸駅や阿久根駅の項目も参照)。, 国鉄時代より、並行する大手私鉄との激しい競争に晒されていたJR西日本では、ローカル線で日中に保線を行う際に列車を運休する[注釈 16]。なお、対象となる時間帯は閑散時間帯とされる平日日中で、あらかじめ告知された月1回のみの実施である。信楽高原鐵道列車衝突事故やJR福知山線脱線事故などの事故は、市場原理を優先するあまり安全性を軽視したことが遠因ではないかとの指摘がある。これに対しては、国鉄時代でも事故は多発していたこと、統計によれば民営化後に鉄道事故は減少していること、JRグループよりも私鉄各社の方が事故が少ないことなどから、民営化とは関係ないという反論がある[29][注釈 17]。国鉄時代の安全投資については、自動列車停止装置(ATS)について見た場合、大手私鉄は1967年(昭和42年)1月に運輸省から出された通達により「速度照査機能」の付加と「常時自動投入」が義務化されたのに対し、国鉄は都市部の区間に導入されたS形を除いて速度照査をおこなわず閉塞区間への進入時に非常制動がかかるのみであった。, 国鉄末期、自立再建が不可能なことが明らかになったことで新職員の採用はできなくなり、JR発足当時も再生できるか不明で、新入社員の採用どころではなかった。採用再開後のJR各社は、社員の年齢構成が30代後半から40代前半(2010年現在で)の中堅社員が極端に少ないという現象を生んだ。そのため、例えば運用指令に20代の現場採用の職員が配置されるといったことも、国鉄時代と比較して珍しくなくなったと言われる[30]。, 労使関係では、分割民営化に協力した全日本鉄道労働組合総連合会(JR総連)が現場の主導権を握った。後に方針の対立から、鉄労系中心の日本鉄道労働組合連合会(JR連合)が分裂発足する。どちらも連合に加盟している[注釈 18]。なお、国労は全労協に加盟している。, 加えてバブル崩壊により、JRも含めた公共交通での先鋭的な労働争議は困難となった。結果として、ストライキや順法闘争の影響力をほぼ皆無にすることには成功した(ただし、国鉄時代は違法であったストライキは民営化によって合法的なものになっているため、ストライキ後に経営側が出す「おわび」からも、国鉄時代にあった「違法なストライキ」という言葉が消えた)。唯一の例外は動労千葉の組合員が運転士の多数を組織している、千葉県の房総半島地域である。, JR総連が多数派の会社では、他労組へ移籍した者に対し戻るよう執拗に詰め寄ったり、他労組の者と交流をした組合員を非難し、退職させた事例もあった[31][32]。, 一方、JR連合が多数派の会社においては、他労組に所属する者に対して昇進差別や日勤教育で、恫喝や罵声を浴びせて自殺に追い込ませる事例が報告されている[33][34][35][36][37]。, 2002年5月27日、国労組合員である中核派幹部や活動家が、同じ国労組合員に殴る、蹴る、首を絞めるなどの暴行をしたとして、10月7日、警視庁公安部は国労組合員8人を逮捕した。東京地方検察庁は勾留満期の10月28日に6人を起訴、さらにその翌日の29日、警視庁公安部は、中核派幹部である国労組合員2人を逮捕した。11月18日、2人とも起訴された[38][39]。, 分割民営化に反対したため、採用されなかった国労などの組合員のうち、解雇時まで清算事業団に残った1,047名が「国労闘争団」を組織。不当労働行為であるとして、地方労働委員会に裁定を申立てた。地労委はJRに救済命令を出したが、JRは拒否して再審査を申立てた。中央労働委員会でも闘争団側の主張は大部分認められたが、JRは逆に労働委員会を東京地方裁判所に訴えた。民営化に賛同したJR総連やJR連合も、その経緯から会社側に対し、裁定を受け入れないよう迫った。2004年、最高裁判所はJRの主張を認め、JRに責任は無い判決が確定した。先鋭化した闘争団と、国労本体との対立も深刻化した(詳細は国鉄労働組合を参照)。, 少数派に転落した国労は、「国鉄」がなくなった現在でも「国鉄労働組合」を名乗っている。ただし、JRが国労を相手に提訴していた損害賠償を取り下げる条件のため、国鉄の分割民営化を1995年になって認めた。分割民営化に反対した組合の労働者の排除が認められたことで、累積債務は37兆円以上に達していたが偽装倒産[40]による解雇を可能にする前例を作ったと主張するジャーナリストもいる。, 国鉄の分割民営化は、その後の日本道路公団や郵政民営化の手本となった。実際にJR東日本の松田昌士会長が、国鉄分割民営化の成功者としての実績が認められ、道路公団民営化推進委員に選ばれている。, ヨーロッパ諸国では、日本の教訓に学び、日本とは異なった形で民営化がなされている。イギリスのように分割民営化を行った国もあるが、ドイツのように1社による民営化を行った国がほとんどである。日本の手法と異なるのは、「上下分離方式」(経営主体を、インフラストラクチャーと列車運行に分離し、前者を国家(あるいはそれに準ずる組織)が保有し、列車運行は会社組織が線路使用料を払って行う)と「オープンアクセス」(列車運行への参入を自由化すること)を採用している点であり、欧州連合 (EU) の指令として実施されているものである。, もともと、国際寝台車会社(ワゴン・リ社)やプルマン社、ミトローパ社のような、自前の寝台車や食堂車を持ち、列車運行を行う民間会社が存在した歴史もあって、この様な方式を取り入れやすい地盤があったのかも知れない。[誰?