人形の中でも恐怖を感じる人形 【24JAPAN/日本版24】2話のネタバレと感想!完コピが仇、チープで不自然!? 娘の宵子(ヨイコ)が歓迎してくれます。, そして家の中を案内され、 人形に金槌で頭を殴られた真人(萩原利久)も気を失っているだけ。 石頭だなぁ。 父親(萩原聖人)の隙をついて逃げ出す二人。追いかける人形の姿の父親。 真人は足を怪我していて思うように逃げられない。絶体絶命の二人。 そこに銃声が。 惨殺される生徒達…一体彼らに何が起こるんでしょうか…。, この村で何とも恐ろしい 女子大生の由梨(小坂菜緒)の趣味はカメラ撮影、いつも幼なじみの真人(荻原利久)と楽しく撮影して過ごしています。そんなある日、差出人不明の招待状が由梨の家に届きます。パーティーに参加すれば10万円差し上げます。このように書かれた招待状は真人の元にも届いていました。 怪しいと思いながらも、お金が必要だった真人のためにと由梨も参加することにしました。由梨と真人が指定された場所に到着すると、同様にパーティーにやってきたと思われる人達が集まっていました。 涼太、徹、玲奈、ま … 作品なんですが、この「日本人形」 ですが、この幸神村…異様としか思えません。, そして村民達も一見ニコやかな 「日本人形」が大量に登場する いますので、是非読んで頂きたいと思います。, では、この何とも不気味な 【キワドい2人】最終回の視聴率とネタバレ!感動×ロスが入り混じり続編希望の声も多数!, 【タリオ】2話のネタバレと感想!西城秀樹・ウインクほかトリック彷彿の小ネタ満載で話題!, 【24シーズン1/日本版原作】の全話ネタバレ・結末!スパイの正体と胸糞エンドとは?, 【30歳・魔法使い(チェリまほ)】2話のネタバレと感想!黒沢(町田啓太)の恋声が切なくて, 「そういえば1年前、アシカガの名前でメールを送り、私を殺そうとしたのはあなたですよね」. 小坂菜緒、萩原利久、黒羽麻璃央、水上京香、近藤雄介、石川瑠華、福島雪菜、黒沢あすか、粟根まこと、萩原聖人, 【作品概要】 日本人形が一人・・また一人と血祭りにあげてゆく!怨念で巨大化した日本人形は、次々と残虐な殺人を繰り返していく・・ 映画「恐怖人形」は、ヒエェェェェェ~と恐怖の声がこだまする絶叫映画です。恐怖人形のネタバレやあらすじ! 豪雨の中、一台のバスが「人形峠」 見ても、ゾクッとしますからね〜。, 怖い系の話しには必ず人形系の ホラー映画お馴染みの恐怖アイテム「人形」。恐ろしい念を秘めた人形は、時に人を呪い、時に動き出し人を襲います。, ところが映画『恐怖人形』に登場する、恐るべき日本人形の正体とは?この人形、マジヤベェ…。, 【キャスト】 アンブレラアカデミー(Netflix)全話ネタバレや感想!7人の能力とキャストについて!. 案内してるんですが、客人をこんな 怪しげな招待状に誘われ、パーティ会場であるキャンプ場に集められた人々。その前に現れた不気味な日本人形が巻き起こす、恐怖と惨劇のサイコサスペンス・ホラー。, 映画初主演の小坂菜緒の相手役を、映画『十二人の死にたい子どもたち』と、ドラマ『3年A組 今から皆さんは、人質です』に出演した萩原利久が務め、若き出演者陣を黒沢あすか・粟根まこと・萩原聖人の実力派俳優が支えます。, 監督はドラマ・映画に幅広く活躍する宮岡太郎。長編映画初監督作『gift』は、「SKE48」と「乃木坂46」の元メンバー・松井玲奈が、初主演を務めた作品で、続く宮岡監督作映画『めがみさま』でも主演を務めています。, 誕生日を祝われる女の子。彼女は日本人形を大切に抱いていました。そして女の子は繰り返し人形に語りかけます。「大きくなあれ、大きくなあれ」と…。, ある夏のよく晴れた日。平井由梨(小坂菜緒)は公園で、中川真人(萩原利久)と写真を撮っていました。真人に対して、悲しいことを忘れられるような、明るい写真と撮りたいと語る由梨。, 2人は由梨の自宅に向かいます。彼女がポストを開けると郵便物があふれ出ますが、その中に赤い封筒が入っていました。, 差出人は表記されず、ただ由梨の名だけが記された封筒の中には、謎の人物からのパーティーへの招待状が入っていました。, パーティーに参加すれば10万円を渡すと記された招待状。文章は“お久しぶりです”の言葉から始まりますが、由梨には送り主の心当たりがありません。, 同様の招待状は真人にも送られていました。由梨にはイタズラとしか思えませんが、10万円を奨学金の返済に充てたい真人は、怪しければ逃げ帰るつもりで参加を考えていました。, 出発の日、荷づくりをしていた由梨は、玄関の外の物音に気付きます。ドアを開けるとそこには日本人形が置いてあり、それを目にして息をのむ由梨。, 人形をそのままにして由梨は部屋を後にします。しかし背後で音がします。振り返った彼女の目に、倒れた人形の姿が目に入ります。人形の目は由梨を見つめていました。, 由梨と真人は指定された場所、のどかな田舎にある弟切駅に到着します。駅前には2人と同じく、パーティーに招待された同じ年頃の男女が集まっていました。, 2人はそこにいた、いかにも軽薄そうな涼太(黒羽麻璃央)、トイレに行っていた徹(近藤雄介)、派手な雰囲気の玲奈(福島雪菜)に控え目なまどか(石川瑠華)、クールな印象を与える美咲(水上京香)と声を交わします。, ただ1人年頃の異なる中年の男性、北沢(萩原聖人)も招待されていました。皆同じ招待状を受け取っていましたが、互いの面識はありません。涼太はしつこく皆に、会ったことがあると話しかけますが、誰も心当たりがありません。, 一同の前に車が現れます。運転していた麻生美智子(黒沢あすか)が、彼ら8人を乗せパーティーの会場へと案内します。, どんどん山奥へ入ってゆく車。彼らが質問しても、麻生は何も答えません。やがて一行は人里離れたキャンプ場に到着します。, 由梨はキャンプ場の入口で、皆から写真に撮って欲しいとせがまれます。しかしファインダーを覗いた由梨は、その中に日本人形の姿をとらえていました。驚いて彼女がカメラから目を離しますが、そこには何もありません。, 麻生はこのキャンプ場の女管理人でした。麻生は皆に10万円を配り、パーティーは24時からと説明します。しかし麻生は主催者でなく、パーティーの内容も知らないでいました。, 金を受けとった北沢は、パーティーに参加せず帰ろうとしますが、歩いて駅までは半日かかる距離。送迎車が出るのは明朝と聞き、やむなくこの場に残ります。, 用意されたコテージに入る一同。涼太は真人に由梨と付き合ってるかを訊ねます。真人が戸惑いながら、恋人では無く幼馴染だと答えると、彼女にアタックすると宣言する涼太。, 玲奈は皆にパーティーに参加した理由を聞きますが、金のためではなく、確かめたい事があって来たという美咲と、険悪な雰囲気になります。そこに涼太たちが現れ、彼女らを川遊びに誘います。, 何か気になる記憶に捉われ遅れた美咲に、管理人の麻生はキャンプ場の敷地外に出ないよう注意します。この辺りは熊の生息地で、熊用のワナが残っていて危険だと言う麻生。, 川遊びに興じる一同ですが、やはり由梨は何かが引っかかっていました。そして林の中で用を足していた徹は、奇妙な視線を感じます。, 徹は林の中で拾った、「アメリカキャンプ村」と描かれた看板を拾ってきます。徹はその名で子供の頃、このキャンプ場を訪れたことを思い出しました。真人も由梨と共に10年前、小学3年生の頃この地のサマーキャンプに参加していました。, 他の者もそのサマーキャンプに、北沢も引率者として参加していました。パーティーに招待された面々は10年前の夏、皆この場所にいたのです。, 一同は管理人室にあったアルバムを借りて、10年前の写真を眺めます。写真にはここにいない、1人の女の子が映っている事に気付きます。由梨はその子の名は、よし子だと思い出します。, コテージの扉を開けたまどかは悲鳴を上げます。皆が駆け付けると、そこには日本人形が置いてありました。, 今朝家の外に同じ人形が置いてあった、と訴えるまどか。由梨だけでなく、皆が同じ経験をしていました。悪質なイタズラで、おそらく犯人はよし子だと考えます。, SNSにあげた、玲奈がキャンプ場の入口で自撮りした写真に、多くの反応が集まっていました。確認すると、皆写真に写り込んだ日本人形に反応していました。それを知り一同は驚愕します。, コテージから出ようとすると、またも人形があります。しかも、何故か一回り大きくなっています。どこかに運ぼうとしますが、皆気味悪がって近づく事ができません。, そこに「やめろ!」と叫ぶ声がします。見るとそこには怪しい風貌の老人、和田教授(粟根まこと)の姿がありました。教授は皆に人形を触らせません。, 教授はここにあるのは、本物の呪いの人形だと語ります。長年こういった現象を研究している教授は、呪いの器は人の形に近づくほど、呪いを集める事ができると説明します。つまり、人形こそ呪いを純粋に伝えることが出来る器だと力説します。, この人形の呪いのキャパシティは凄まじい、と言葉を続けた教授。呪いが膨れ上がり、人形を大きくしていると語り、一同を困惑させます。, そこに管理人が現れ、部外者の立ち入りは困ると説明しますが、教授はキャンプ場に宿泊する事で管理人を納得させます。, よし子について気になった由梨は、事情を知っている美咲に訊ねます。美咲はよし子と同じ団地に住んでいました。, 幼い頃暗く、人と付き合う事の無かったよし子。彼女は肌身離さず日本人形を持っていました。しかしよし子はあの夏のサマーキャンプの後、口をきかなく寝たきりとなり、親が看病していたものの、去年亡くなったのです。, コテージに麻生が現れ、管理棟の電話が使えなくなったと告げます。他の電話の確認に現れたのですが、先程まで使えていた皆のスマホも、今は電波が無く使えない状態です。, 状況が判るまで、皆一緒にいるよう指示する管理人。配線の仕事をしている北沢が、様子を見ようと提案します。北沢と麻生は管理棟に向かいます。, 人形を手に入れた教授は、それをコテージのテーブルに縛りつけます。おもむろに人形にスタンガンを当てる教授。和田教授は人形に自分を恨ませる事で、更に呪いを増幅させようとしていました。, 次は人形に釘を打ち込んで責め立てる教授。人形は涙を流し、それが床に水たまりを作ります。その様に狂喜する教授。, さらに責められて、ついに痙攣し始める人形。夢中になるあまり、教授は床に落ちたスタンガンが涙の水たまりに触れた事に気付きません。そして感電した教授は意識を失います。, 気分を変えようと、涼太は外でのバーベキューを提案します。しかしショックを受けたまどかと、彼女を世話する玲奈は部屋に残ります。2人だけになると、まどかにキスをする玲奈。, 和田教授が意識を取り戻した時、テーブルの上に縛った人形の姿はありません。呪いの力によるものと教授は更に狂喜しますが、肝心の人形の姿が見えず慌てます。, いつしか体を重ねたまどかと玲奈。事を終え、まどかはシャワーを浴びていました。するとコテージの玄関のノックする音が。玲奈が扉を開けます。, シャワーを浴びて髪を乾かしたまどかは、リビングのソファーにいる玲奈に声をかけますが、返事はありません。玲奈は既にこと切れていました。, 悲鳴を上げたまどかを、見下ろすように立っている巨大な日本人形。人形はまどかに斧を振り下ろします。, 由梨と真人、涼太と徹と美咲はバーベキューを行っていました。しかし由梨は、サマーキャンプのあの日は、よし子の誕生日だと思い出します。その日、何が起きたのかを。, あの時子供たちだった一同は、よし子の日本人形を無理やり取り上げ、投げて遊んでいました。由梨と真人は参加していませんが、黙って見守るしかありませんでした。, 北沢もそれを黙認していました。やがて人形はキャンプファイヤーに投げ込まれて炎に包まれ、よし子は泣き叫びます。, 由梨は真人に私たちはよし子に呼ばれ、恨まれたと訴えますが、彼は自分たちは止めようとしたと語り、彼女をなだめます。そして真人は、玲奈とまどかの様子を見に行きます。, その頃徹は外で小用を足していました。その背後に現れた日本人形は、ワイヤーで徹の首を絞めます。やがて首から血を噴き出し、地に倒れる徹。, 涼太は美咲にタバコを取りに行かせ、由梨と2人きりになります。そして彼女に付き合うよう迫りますが、由梨は断わるとコテージの様子を見ると言って立ち去ります。, タバコを取りに向かった美咲は、管理棟の扉が開いている事に気付きます。管理人の麻生と北沢は、電話回線の様子を見に行ってから姿を見せません。, 管理棟に入った美咲に、どこからともなくハッピーバースデーの曲を奏でる、オルゴールの音が響いてきます。その音が響く部屋の扉を開けると、北沢の遺体が倒れてきます。, 息をのむ美咲の背後に巨大な日本人形が立ち、彼女の肩にミートフォークを突き立てます。美咲はフォークが刺さったまま逃げ出します。, 逃れた美咲は現れた人形をやり過ごし、逃げようとして熊用のワナを踏んでしまいます。絶叫を上げた美咲の前に人形が現れ、彼女を何度もフォークで刺します。, バーベキュー場に1人残された涼太の前に、巨大な人形が走って現れます。驚きながらも角材を掴み、何度も人形に振り下ろす涼太。人形は倒れますが、彼が近寄ると立ち上がります。, コテージで誰も見つけられなかった由梨は、徹の遺体につまずき怯えます。そこに真人が現れたので、彼女は思わずすがりつきます。, ところが由梨は、真人の手に血が付いていると気付きます。彼が信じられなくなった由梨は、走って逃げ出します。, 由梨が逃げ込んだ小屋には、既に涼太がいました。涼太は彼女に、化け物のような人形に襲われたと説明しますが、話を信じる事ができない由梨。, 自暴自棄になった涼太は由梨に迫りますが、そこに真人が現れ由梨は彼と共に逃げ出します。真人はコレージで玲奈とまどかの遺体を見つけ、手を血で汚したのでした。, 何者かが人を殺していると告げる真人。そこに包丁を手にした、涼太が話していた巨大な日本人形が現れます。, 信じられない光景にへたり込む由梨。その彼女に向かって人形は駆け出しますが、由梨は立ち上がる事の出来ません。あわやという瞬間、真人がスプレーから放出したガスに火を点け、炎で人形をひるませます。, この隙にコテージに逃げ込んだ2人。その扉を涼太がノックし、開けてくれと叫びます。人形を警戒した2人がようやく扉を開けると、傷を負わされ倒れ込んでくる涼太。, ドアを閉めようとした真人の手を人形が掴みます。真人は由梨を逃がしますが、真人は小屋の中で人形に襲われます。彼女は真人の指示通り、彼を残し逃げるしかありません。, 由梨は出会った和田教授に助けを求めますが、自分の研究した呪いが、目の前で実現されている事に狂喜した教授は、彼女を捕え人形に殺させようとします。, チェーンソーを手に迫る巨大な日本人形。由梨が博士から逃れると、人形は博士の体にチェーンソーを突き立てます。絶叫する博士の姿を彼女は目撃します。, 人形に追われた由梨は、美咲たちの遺体に遭遇します。ついに追い詰められた彼女は、チェーンソーの音を聞きながら意識を失います。, 由梨が意識を取り戻した時、彼女はロウソクを飾り立てたテーブルに座っていました。よく見るとテーブルには、仲間の遺体が縛り付けられています。そして中心の席には、ミイラ化した娘の死体が。そこに誕生ケーキを手に現れる日本人形。, 椅子に縛られた涼太は、まだ生きていました。その傍らで、ハンマーで鉄琴を鳴らす人形。絶叫する涼太の頭に、人形はハンマーを振り下ろします。, 涼太の最期を見せられた由梨。彼女に人形が迫りますが、まだ生きていた真人が意識を取り戻し、椅子ごと倒れかかって人形を倒します。はずみでミイラも崩れ落ち、縛られ監禁されていた、管理人の麻生も転がり出ます。, 2人は何とかロープを解き、逃げようとしますが人形が迫ってきます。真人の身に危険が迫り、由梨は必死に人形の頭にハンマーを振り下ろします。, 転がり落ちる人形の頭。中から現れた者を見て、由梨は戸惑います。そこには中年の男の顔がありました。, 北沢かと思った由梨。しかし10年前のあの日、誰かがいた事を思い出します。「あなたは、誰?」と口にする由梨。, その男はハッピーバースデーの歌を歌い始めます。よし子の誕生日の思い出を語りだす男。誕生日に人形を与えられ、夢中になってゆくよし子。しかしあの夏の日の、8歳の誕生日がやって来ます。, あの出来事の後、何も語らなくなったよし子。衰弱した彼女はついに死を迎えます。男はよし子の父親でした。彼はよし子の、ミイラ化した遺体にすがり付き泣き出します。, そして由梨に迫るよし子の父。彼女は斧を手にして男を何とか殴り倒し、意識を取り戻した真人を救い出します。, 由梨は思い出していました。あの日がよし子の誕生日と知り、人形と孤独に過ごしていた彼女を、寂しいだろうと無理に誘い出したのは由梨でした。自分が誘わなければ、よし子が悲劇にみまわれる事はなかったと悟る由梨。, 私が余計な事をしたせいだ、とすすり泣く由梨。真人は誰かを思いやる気持ちに、罪はないと彼女を慰めます。, 突如チェーンソーの音が響きます。よし子の父は、改めて人形の頭を被るとチェーンソーを手に、2人に襲い掛かります。しかし助け出された管理人の麻生が、巨大な人形に猟銃を放ちます。, 何発も銃弾を浴びても迫る日本人形。しかし1発の銃弾が頭部をとらえ、ついに人形は倒れます。チェーンソーから漏れ出たガソリンに火が移り、人形とよし子に父は炎に包まれます。, 後日。由梨の写真は展覧会に出品され、受賞していました。そして今も公園で写真を撮っている由梨と真人。, 去って行く2人の傍らで、西洋人形を抱えた少女がいました。少女は繰り返し人形に語りかけます。, 上に紹介したあらすじとネタバレ紹介に、ツッコミという名の解説を入れたくて、ウズウズしています。, 『恐怖人形』の上映中、場内は静まりかえっていました。実に緊張感のある、見事な恐怖演出です。, しかし上映が終了すると、あちこちから安堵したかのような、笑いが巻き起こった映画です。この状況に勝る、この作品の紹介は無いでしょう。, 冷静に考えて下さい。大の大人が入るサイズの巨大な日本人形が、襲ってくるんですよ!こんな大きなもの、絶対に家の中ではマトモに動けません。その鬱憤を晴らすかのように、野外では全力疾走しています。, しかもこの人形、ホラー映画の有名どころの殺人鬼と同じ凶器を持って襲ってきます。どう考えても笑うしかない状況です。, 『恐怖人形』が笑える映画としての市民権を得て、場内の観客が安心して笑える上映があれば、まさに“爆音上映”ならぬ“爆笑上映”が可能となる作品です。, では『恐怖人形』は、いわゆる“おバカ映画”なのでしょうか?そうでないところに、この作品の面白さが存在します。, 「日向坂46」の小坂菜緒を含む出演陣は、真剣に恐怖を演じています。息抜きとなるコミカルなシーンもありません。その結果、映画全編に緊張感が漂っています。, ホラーとしてスラッシャー映画の緊迫感と、Jホラー作品の哀しさを併せ持った作品であり、それが場内に静けに包んでいました。ただし、恐怖の相手は「巨大な日本人形」ですが。, この映画には、観客を欺く仕掛けがあります。1つはこの映画がオカルトものだと強調するミスリードで、もう1つがこの映画はキャンプ場を舞台とした、典型体スラッシャー映画をイメージさせる環境です。, 他の出演者が日常感の延長にある、リアルな恐怖を演じている中、前者の仕掛けを代表するのが粟根まことで、後者の仕掛けを代表するのが黒沢あすか。この2人だけは典型的な役柄をエキセントリックに演じ、観客を思い込みへと誘導します。, この仕掛けに引っかかった人が、日本人形の正体を知った時には…。それはもう、開いた口が塞がらないでしょう。, Jホラーのスタイルで作られ、スラッシャー映画へのオマージュに満ち、緊張感を操る映画が『恐怖人形』です。, この物語の基になる原案、そして映画に漂う緊張感を編集で操った宮岡太郎監督の、狙い通りに完成した会心の作品でしょう。, クライマックスのテーブルを囲むシーン、あれはJ・リー・トンプソン監督の『誕生日はもう来ない』へのオマージュだと見ました。『誕生日はもう来ない』も、典型的な学園を舞台にしたスラッシャー映画でありながら、奇妙なオチを迎えるひねった作品です。, 冷静に考えれば無茶も破綻もある、ツッコミ入れ放題の『恐怖人形』ですが、高度に計算された仕掛けと、恐怖と共に笑いを楽しむべき作品です。, そしてこのユニークな作品に真剣に向き合い、監督の期待に応える演技を披露した小坂菜緒。映画初主演作に、この映画を選んだセンスには脱帽です。, それにしてもあの場面では、皆が小坂菜緒と同じ心境になるでしょう。「あなたは、誰?」…。, “ジェーン・ドウ”それは、“身元不明な女性”のことー。 全米最大のジャンル映画の祭典である「ファンタスティック・フェスト」にて、最優秀作品賞を受賞。 数々の映画祭で注目を集めた作品『ジェーン・ドウの解 …, ギレルモ新作ホラー映画『スケアリーストーリーズ怖い本』ネタバレあらすじと感想。ラスト結末も, 映画『Scary Stories to tell in the Dark』は2019年8月9日全米公開。 今回ピックアップするのはギレルモ・デル・トロが製作を務めた注目のホラー映画です。 ポスターを見 …, 【ネタバレ感想】ハロウィン(2018)|ホラー映画の怖さとオススメな魅力の根源を再認識せよ, 映画『ハロウィン』2019年4月12日(金)全国ロードショー! 1978年ジョン・カーペンター監督の手によって生み出された、ホラーアイコン“ブギーマン=マイケル・マイヤーズ”。 シリーズ誕生40周年の …, 映画『貞子』ネタバレ感想と評価。結末で見せた「リング」シリーズ の新たな時代への挑戦, 世界的なホラーキャラクターとなった貞子による、新たな恐怖を描いた映画『貞子』。 映画『リング』で貞子を生み出した、中田秀夫監督が、新たな貞子の恐怖を描いた本作をご紹介します。 スポンサーリンク CON …, 座敷牢の少女が『メリーさんのひつじ』を口ずさむ時、世界は歪み、見てはいけないものが現れる…。 若き才能・今野恭成監督によるサイコホラー『心魔師』をご紹介します。 中国主導による日中若手映画人合同プロジ …, 以下、『恐怖人形』のネタバレ・結末の記載がございます。『恐怖人形』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。. 恐怖人形のネタバレやあらすじ!キャスト小坂菜緒のプロフィールや演技評価もまとめてみました。, ptioned data-instgrm-permalink=”https://www.instagram.com/p/ByL_VJ8jgs3/” data-instgrm-version=”12″ style=” background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% – 2px); width:calc(100% – 2px);”>, "令和"どら焼きいただきました。ありがとうございます #チャッキー#chucky #チャイルドプレイ#令和#dorayaki, ✞Kurumi✟さん(@kuruminomiya)がシェアした投稿 – 2019年 6月月1日午後5時30分PDT, 夜・・電気を消した時、部屋の日本人形が気になってな眠れなくなることも・・あるある!, 表情も無くどこか不気味で得体が知れない・・その人形に邪悪な悪魔の魂が宿ったり、怨霊がのり移った映画はたくさんあります。, 死霊館シリーズのアナベル人形や、チャイルドプレイシリーズのチャッキー人形など、その異常なまでのしぶとさと残忍性から狙われたら最後、もはや安全な場所は無い!, 特にチャッキーシリーズに出てくるグッドガイ人形の恐ろしさは、その最凶ぶりで人形嫌いになるほどです。, 映画「恐怖人形」は、日本人形が巨大化して殺人を繰り返すという設定なので、これまでに無い面白さが期待できますネ!, なみき りょうさん(@ryo.naminami)がシェアした投稿 – 2019年 6月月3日午前1時46分PDT, 女子大生・平井由梨は幼なじみの中川真人と趣味のカメラで日常風景を撮影する日々を過ごしていた。, そこからワゴン車に乗ってキャンプに向かった8人は、引き返す事のできないパーティに参加させられる事になる。, なおちゃん映画初主演おめでとう #小坂菜緒 #なおちゃん #こさかな #恐怖人形 #主演 #日向坂46 #日向坂46好きな人と繋がりたい, かんたく⊿⁴⁶さん(@kanchan_shiho)がシェアした投稿 – 2019年 6月月2日午後3時38分PDT, 本作の主演は、人気アイドルグループ「日向坂46」の小坂菜緒が映画初主演を飾ります。共演はドラマ「3年A組 今から皆さんは、人質です」で知られる萩原利久が共演します。, 日向坂46の #小坂菜緒 さん初主演映画「#恐怖人形」の脚本を担当しています。 念願の初タッグを組めた、同窓である #宮岡太郎監督 の容赦ない演出でヤバイ作品になること間違いなしです。 是非劇場で叫んでください 続報をお待ち下さい!, Yuta Okuyamaさん(@rorie0980)がシェアした投稿 – 2019年 6月月2日午後8時03分PDT, 小坂菜緒さんは、アイドルグループ・けやき坂46改め「日向坂46」のセンターに抜擢されたとってもかわいいアイドルです・・あだ名は「なおてつ」で親しまれています。, 本作で映画初出演にして初主演を務め、怪しいパーティに参加し恐怖体験をする女子大生を演じます。, あやなさん(@aya_aya228)がシェアした投稿 – 2019年 5月月10日午前2時13分PDT, 萩原利久さんは、2008年に「レゴブロック」のCMで芸能界デビューし、長い芸歴がある役者さんで、だんだんイケメン俳優に変貌しています。, 「暗殺教室」や「ちはやふる」など、数々のドラマや映画の話題作にも出演しているブレイク必須の俳優さんです。, さかみちさん(@sakamichi78)がシェアした投稿 – 2019年 6月月2日午後3時11分PDT, 小坂菜緒さんは大阪出身でハーフ顔が人目に引き、高校1年生から雑誌・セブンティーンのモデルとして活動を始めました。ハーフ顔といってもご両親は純日本人です。, 性格はかなりおとなしく、人見知りの引きこもりタイプでオーディションへの応募動機も「人見知りで、人前が苦手なのでそれを変えたくて」という事だったそうです。, 2002年9月7日生まれの高校生ですが2017年に、けやき坂46追加メンバーオーディションに合格しランウェイデビューを飾りました。, 小坂さんはドラマや映画の出演経験はほとんどなく演技はほぼ初体験だが、映画の製作側から「今、最も輝いているグループで活躍している大注目のアイドル」として熱いオファーを受けました。, 撮影は無事終了したようですが、その謙虚で真面目な性格から、宮岡監督をはじめとするスタッフからの評判は良いようです。, せいやさん(@seiya707)がシェアした投稿 – 2019年 6月月3日午前5時09分PDT, 映画「恐怖人形」は、アメリカンホラーとジャパニーズホラーが融合された絶叫映画です。, 何よりも映画、ドラマ、漫画本が大好きで暇があれば見るようにしています。 ネットで映画やドラマ、本などが見られるようになってからはPCひとつで何でもできるようになりました。 運動不足が否めないです。, しかし読者様におススメの作品、また無料(おトクに)で映画、ドラマ、漫画などの電子書籍を見る情報も紹介したいと思います。. 『恐怖人形』 小坂菜緒のプロモ? 悪食 30点 今年 141本目 監督、原案 宮岡太郎 脚本 奥山雄太 ... ここからネタバレ満載でいきますからご注意を‼ カメラが趣味の由梨(小坂菜緒)。今日も幼馴染みのまさと(萩原利久)を連れて撮影をしに 【24 JAPAN/日本版】1話のあらすじネタバレと感想!名場面と池内博之のトニーが原作通り!? 2020年10月10日に放送された【恐怖新聞】最終回のネタバレと感想をまとめました。自分の運命と向き合うことに決めた詩弦ですが、最後どうなったのか?それぞれの運命が今夜完結します。 ここからはネタバレ含んでお話し トップクラスに位置する「日本人形」です。, 美しいとは思いますが、あの 「日本人形」が物語の鍵になっています。, 絵柄はあっさり系の可愛い感じの 『クワイエット・プレイス PARTII』の予告編が解禁されました!日本公開日も決まったので記事にしたやで!... 映画好きな四十郎のおっさん999がフィリピンのホラー映画『生き人形マリア』のネタバレなし&ネタバレあり感想を書いたやで!... たった4ページ、だけど天才二人のストランドに涙する。『創作する遺伝子 僕が愛したMEMEたち』, 設定もストーリーもラストも中途半端すぎた映画『NEXT ネクスト』のネタバレあり感想, 2分先の未来が見えるニコラス・ケイジ主演の映画『NEXT ネクスト』のネタバレなし感想, 映画『TENET テネット』鑑賞後に視聴をオススメしたいメイキング映像とネット記事, IMAXで見て欲しいクリストファー・ノーランの独特なSF映画『TENET テネット』のネタバレなし感想, ユニバーサル・スタジオ・ジャパン ハロウィーン・ホラー・ナイト2019の詳細が決まったよ! | 日本最大級の映画まとめランキングサイト. 農業体験学習が始まるワケ 庭先にある蔵について訊ねた時。, さてこの後、賢澄はと言うと… 二人の青年が何かから追われているのか、 表情で、よそ者である賢澄達を 監督:宮岡太郎 出演:小坂菜緒(平井由梨)、萩原利久(中川真人)、黒羽麻璃央(涼太)、水上京香(美咲)、石川瑠華(まどか)、福島雪菜(玲奈)、近藤雄介(徹)、黒沢あすか(麻生美智子)、粟根まこと(和田教授)、萩原聖人(北沢)、ほか, ここからは映画「恐怖人形」のネタバレを含んでいます。あらすじの結末まで解説していますのでご注意ください。, 女子大生の由梨(小坂菜緒)の趣味はカメラ撮影、いつも幼なじみの真人(荻原利久)と楽しく撮影して過ごしています。そんなある日、差出人不明の招待状が由梨の家に届きます。パーティーに参加すれば10万円差し上げます。このように書かれた招待状は真人の元にも届いていました。, 怪しいと思いながらも、お金が必要だった真人のためにと由梨も参加することにしました。由梨と真人が指定された場所に到着すると、同様にパーティーにやってきたと思われる人達が集まっていました。, 涼太、徹、玲奈、まどか、美咲、そして若者の中に一人交じる中年の男・北沢。由梨と真人を含め、8人がそこに集められていましたが、互いに面識はないようです。, 迎えの車がやってきて彼らを人里離れた山奥のキャンプ場に連れていきます。運転手だった麻生はこのキャンプ場の管理人でした。それぞれに約束の10万円を渡し、パーティーは24時からだと話します。詳しいことは何も知らないようです。, 時間までおのおのが自由に過ごしています。徹がどこかで見つけてきたアメリカキャンプ村という看板を見て、徹が以前サマーキャンプでこの地を訪れていたことを思い出します。不思議なことに由梨や徹も同じようにこの地を訪れていたことを思い出すのです。他の者も同様でした。北沢も引率者として参加していました。つまり10年前に皆同じ場所にいたことになります。, 管理人室に行きアルバムを見ると、写真にはここにはいない者がいることに気付きます。写真では日本人形を抱いていて名前はよし子というようです。まどかがコテージの扉を開けると、そこに日本人形が置いてあり、驚いたまどかは悲鳴をあげてしまいます。, 朝来る前にも日本人形が置いてあったと皆話したので、犯人はよし子ではないかと皆話しますが、美咲はあり得ないと言います。なぜならよし子はすでに死んでいるからだと言うのです。, 怖くなりコテージから出ようとすると再び日本人形が置いてありました。今度は心なしか少し大きくなっているようです。誰かが人形を触ろうとすると、血相を変えて止める怪しい男がいました。和田教授というその男はこういった現象を研究していました。教授が言うには本物の呪いだと話します。人形は教授に委ねることにしました。, よし子について気になった由梨が、何か知っていそうな美咲に尋ねます。美咲はよし子と同じ団地に住んでいました。小さい頃、大人しく友達もいなかったよし子は、いつも日本人形を大事そうに抱えている女の子でした。そんなよし子がサマーキャンプの後、口をきかなくなり、寝たきりになってしまい、昨年の夏に息を引き取ったというのです。, 麻生がやってきてコテージの電話が使えなくなったと話します。さらには、皆が使っていた携帯電話も使えなくなってしまうのです。その頃、教授は人形の呪いを増幅させる実験を繰り返しています。次第に狂気じみてきて、熱中するあまりスタンガンが水に濡れているのに気付かず意識を失ってしまいます。その間に人形はいなくなっていました。, 次に日本人形が現れた時には、人間よりも大きな姿になっていました。その後、玲奈とまどか、徹と次々に人形の犠牲になっていきます。由梨はよし子の呪いだと訴えますが、周りは信用しようとしません。しかし美咲や北沢さえも人形の犠牲になってしまいました。, 残されたのは涼太と真人、由梨でした。残された者の中に犯人がいるかもしれないと、由梨は疑心暗鬼になり、誰も信じられない状態になってしまいます。しかし人形は確実に彼らを追い詰め、涼太を亡き者にしてしまいました。, 真人が犯人かもしれないという誤解は解け、傷ついた真人を助けるため必死の抵抗をする由梨。振り下ろしたハンマーが人形に当たると顔が転げ落ちます。中身は中年の男でした。誰か分からない由梨に、男はその真相を語り始めます。, その中年の男は死んだよし子の父親でした。孤独だったよし子を、寂しいだろうからとサマーキャンプに無理やり誘ったのは由梨でした。そして大事にしてた日本人形を取り上げられ、キャンプファイヤーに投げ込まれてしまったのです。それをしたのが今回参加した犠牲者達であり、それを見過ごしていた北沢だったのです。, よし子の父親はその復讐をするために皆を集めたのです。再び人形の顔を被り襲いかかろうとする男。襲いかかる男に猟銃を放ったのは麻生でした。何発受けても凄まじい執念で向かってきます。しかし一発が頭部に直撃すると男は倒れ、持っていたチェーンソーから漏れたガソリンに引火し、火に包まれていきます。, 全てが終わり、麻生に助けられた由梨と真人はキャンプ場を後にします。その後、今日も由梨は真人と楽しそうに公園で写真を撮っています。公園を去っていく傍らで西洋人形を抱き抱えた少女がこう語りかけています。「大きくなあれ…」, 映画ネタバレあらすじ一覧  |  お問い合わせ  |  利用規約©2020 映画ウォッチ. 纏わる都市伝説的なお話しや怖い 人形の中でも恐怖を感じる人形 トップクラスに位置する「日本人形」です。 私は人形の中でも特に、この 「日本人形」が苦手ですね。 美しいとは思いますが、あの 無機質な瞳や陶器の様な白い肌に物凄い恐怖を感じます。 友人の家の玄関に飾られてる レビューに書かれていたので、さっそく読んで見ました。, あんまり言うとネタバレになって (C)2019 映画「恐怖人形」製作委員会 【公開】 2019年(日本映画) 【監督・原案・編集】 宮岡太郎 【キャスト】 小坂菜緒、萩原利久、黒羽麻璃央、水上京香、近藤雄介、石川瑠華、福島雪菜、黒沢あすか、粟根まこと、萩原聖人 【作品概要】 怪しげな招待状に誘われ、パーティ会場であるキャンプ場に集められた人々。その前に現れた不気味な日本人形が巻き起こす、恐怖と惨劇のサイコサスペンス・ホラー。 映画初主演の小坂菜緒の相手役を、映画『十二人の死にたい子どもたち』と、ドラマ『3年A組 … S県の幸神村を訪れる事になります。, パーカーのフードを常にかぶっている、 何とも病弱そうな青年の深沢皐(フカザワ サツキ)。, 自宅を訪ねると、賢澄達と年頃の 「恐怖新聞」 :読めば寿命が縮む、未来が描かれた新聞にとりつかれた鬼形礼の物語。 「恐怖新聞Ⅱ」 :二代目は女性主人公。 前作で死んだ鬼形とともに恐怖新聞に立ち向かう。 「恐怖新聞 平成版」 :初代の生まれ変わりの 鬼形がまた恐怖新聞に取り憑かれる。 宵子との約束破って、蔵に近づき 不気味な部屋に泊まらせるとかおかしいでしょう。, 賢澄も悪寒を感じるんですが、 話しを聞いて、しばらくリカちゃん こんな気持ち悪い部屋見たら誰だって、悪寒感じますよ(笑)。, そして更に宵子の本性が 農業体験学習の為、三泊四日で 見事に詰め込んだ作品となって だけ妙にリアルに描かれてるので、 松井玲奈さんが映画初主演を果たした『gift』に続く、メディア・ミックスジャパンの企画「Mシネマ」の第2弾!松井玲奈さんと新川優愛さんのW主演が注目の映画『めがみさま』をご紹介します。映画『めがみさま』の作品情報【公開】2017年(日本)【監督】宮岡太郎 【... 上に紹介したあらすじとネタバレ紹介に、ツッコミという名の解説を入れたくて、ウズウズしています, しかし上映が終了すると、あちこちから安堵したかのような、笑いが巻き起こった映画です。この状況に勝る、この作品の紹介は無いでしょう, 大の大人が入るサイズの巨大な日本人形が、襲ってくるんですよ!こんな大きなもの、絶対に家の中ではマトモに動けません。その鬱憤を晴らすかのように、野外では全力疾走しています, では『恐怖人形』は、いわゆる“おバカ映画”なのでしょうか?そうでないところに、この作品の面白さが存在します, この映画には、観客を欺く仕掛けがあります。1つはこの映画がオカルトものだと強調するミスリードで、もう1つがこの映画はキャンプ場を舞台とした、典型体スラッシャー映画をイメージさせる環境です, この物語の基になる原案、そして映画に漂う緊張感を編集で操った宮岡太郎監督の、狙い通りに完成した会心の作品でしょう, クライマックスのテーブルを囲むシーン、あれはJ・リー・トンプソン監督の『誕生日はもう来ない』へのオマージュだと見ました, そしてこのユニークな作品に真剣に向き合い、監督の期待に応える演技を披露した小坂菜緒。映画初主演作に、この映画を選んだセンスには脱帽です, 『朝が来る』原作小説ネタバレと結末までのあらすじ。映画で母としての女性の生き方はどう描かれるか考察|永遠の未完成これ完成である7, 【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決, 『きみの瞳が問いかけている』ネタバレ感想とラスト考察。映画は横浜流星のキックボクシングに魅了される, 『罪の声』小説あらすじネタバレ。犯人9人は映画化キャストで誰になるのか⁈【予想解説】, 映画The Witch魔女|ネタバレ感想。ラスト結末までノワール・SFサイキック・バイオレンスが作り込まれた秀作, 『82年生まれ、キム・ジヨン』原作ネタバレ感想とラストまでのあらすじ。映画で小説結末のその後は描かれるのか?, 『異端の鳥』映画考察と内容解説。ラストまで目が離せない発禁書にある鑑賞厳禁な美しい残酷|映画という星空を知るひとよ11, 『ミッドナイトスワン』感想と考察評価。タイトルの意味解説と草彅剛×服部樹咲で描く母子愛|映画という星空を知るひとよ21. 廊下を走っている所から物語は始まります。, 一人はケガをしてるのか、具合が しまうので、ここでは控えさせて 無機質な瞳や陶器の様な白い肌に物凄い恐怖を感じます。, 友人の家の玄関に飾られてる 垣間見れるのが、賢澄が見つけた という山道を走っています。, 賢澄達は自身の通う高校での 悪いのか、もぅ一人の青年の肩を貸してもらっています。, 舞台は変わって、3日前。物凄い 人形で遊べなくなった事をフッと思い出しました。, しかもこの作品に登場するのは、 ©Copyright2020 MoviesFan.All Rights Reserved. 「日本人形」なんか昼間の明るい所で オトナの土ドラ【恐怖新聞】最終回のネタバレと感想!いよいよ【恐怖新聞】の最終話!恐怖新聞の契約者に戻った詩弦(白石聖)に襲った恐怖は、世間からの誹謗中傷。詩弦は姿を消してしまう。歌子(黒木瞳)は勇介(佐藤大樹)に詩弦が残した言葉を伝える。詩弦はどこに?勇介とは?ラストまで怖いけど目が離せない!2020年10月10日放送【恐怖新聞】最終回のネタバレと感想を紹介します。, 【恐怖新聞】の見逃し配信はFODプレミアムで視聴できます。(2020年10月現在、最新情報はFODサイトでご確認ください。), 再び恐怖新聞が届くようになった詩弦(白石聖)は、人々を救うために動き出す。落雷の記事を見た詩弦は、現場に行き雷が落ちる場所に行き、人々を避難させる。詩弦の誘導で、新聞で死ぬとされていた人々の命は助かった。, 篠崎(駿河太郎)は詩織の部屋を訪ねるが留守。隣人から「ネットで騒がれているから逃げたのだろう」と言われ、ネット検索をする。すると詩弦の周りで変な死に方をしている人間がいる、と書き込みがある。詩弦の身元も「京都の大学生、名前はS」とまで書かれてあった。, 目をひんむき書き込みをしている女がいる。その女が詩弦のことをネットで暴露しているのだ。, 鬼形礼は「ある日突然恐怖新聞が届くようになった。それまで経験したことのない様々な出来事を体験した。そして、恐怖新聞を届けるようになった。運命にはあらがえない」, そこに、女が消火器を運び屋上に現れた。その女はネット掲示板に書き込みをしていた女。消火器を屋上から落とそうとしている。詩弦が止めると女は、詩弦のことに気づき「本当だったんだ、お節介な女がいるって。英雄気取りでいるけど、幼馴染はバラバラ、父親は変な死に方して、恋人は罪を犯して。全部あんたが悪いんだ。あんたなんかいなくなればいいんだ」とあざ笑う。, 歌子(黒木瞳)は、拘置所に入っている勇介(佐藤大樹)を訪ねる。詩弦とは1年くらい会っていない、と歌子は言う。誰かのために生きたい、と詩弦が話していたと勇介。, 篠崎は詩弦を探して歌子のカフェに来た。自転車の事故を起こしたときの犯人は桃香だった、と篠崎。, 再び、歌子と勇介の場面に。歌子は勇介に「詩弦にメールを届けた「アシカガ」は篠崎。詩弦が死ねば、恐怖新聞の契約者は冬夜(猪野学)の妹になる。そうすれば、簡単に恐怖新聞にサインができると考えた。あの刑事は恐怖新聞でお金を儲けようとしたのだろう」と話す。, 歌子は篠崎に、恐怖新聞の契約者になってほしい、と頼み、わら半紙とペンを差し出した。すると、篠崎はニコニコしてサインをする。篠崎の目の前に恐怖新聞の記事が浮かびあがる。, 「そういえば1年前、アシカガの名前でメールを送り、私を殺そうとしたのはあなたですよね」と歌子。, その報いを受けるがいいわ、歌子は恐怖新聞をばら撒く。すると、篠崎はみるみる歳をとってしまい、倒れてしまった。, 警察や救急隊がカフェにやってきた。「知らない人が急に倒れた」と歌子は言い、難をのがれた。, 歌子が部屋に戻ると詩弦が咳をして寝ている。詩弦はすでに年令を経ていて歌子と同じ姿。, 「もう、あと少ししか生きられない」という詩弦。「歳とったらお母さんそっくりになるなんて」と二人して笑う。, 「結局、1回もデートできなかったな」という詩弦に歌子は「勇介に会ってきたら」という。, 歌子のふりをした詩弦は祐介に「私のことは忘れて。嬉しかった、俺がお前を守る、あのことば本当に嬉しかったって」と詩弦からの伝言を話す。, 布団をはぐと、そこには真っ赤な目をした桃香(片山友希)がいた。拘置所の中で勇介は白目をむき変死体として死亡。, 詩弦はもう歩くことできず横たわっている。付き添う歌子に「生まれてきてよかった」と涙を流す。「私もよ、あなたが娘で良かった」, 「まだ前世の罪が償えていない。生まれ変わって来世でも呪われた人生をおくる。もうひとつ、恐怖新聞の配達人になること。恐怖新聞の配達は、必ず契約者に新聞を届けなくてはいけない。届けられない場合は、ペナルティーがある」, 歌子に詩弦が恐怖新聞を配達する。「お母さん、配達人になったの。お願い、早く次の契約者を探して」と詩弦が言うと、歌子は「いいの、また詩弦に会えるから」と詩弦を抱きしめた。, 歌子の死によって、恐怖新聞は冬夜の妹に届く。届けるのは詩弦だ。妹はそれをコピーし、アンケート用紙とみせかけ街でアンケート募集をする。行き交う人がアンケートに名前を記入。, アイリは恐怖新聞が届くようになった、と友達に話す。友達は詩弦が落雷から人々を助ける動画を見せる。アイリは詩弦の姿を見て、詩弦が虐待から助けてくれたことを思い出す。, アイリが近寄ると「恐怖新聞には関わりたくはない」と逃げ出し「もう話しかけないで」と親友にも去られてしまう。, 「なんで私なのよ、どうしてこんなことするのよ。こんなことなら、あの時、見捨てればよかったじゃない。どうせ死んでたんだから、どうして助けたのよ」, 「この子は今、生きている。それだけで私の人生の実になったと思う」歌子の言葉を思い出し、詩弦は涙流す。そして、恐怖新聞を目の前で破り捨てた。, 「契約者に新聞を渡さなかったね。君は役割を放棄したわけだ。あははは、はははは」鬼形礼は、生まれ変わってなんかいなかった。, 「信じたわけだ、あんな戯言を」鬼形礼は人間の過去はなく、件くだんによってつくられた操り人形だった。今まで言ってきたことはすべて嘘。「俺の本当の正体を知りたいかい」鬼形礼は醜い鬼に変身する。, 恐怖新聞、登場人物みんな死ぬという救いがないドラマだった。久しぶりに結末が読めないドラマでハラハラした, 最後の最後まで怖い連続でした。まさかの展開は、まったく考えも及ばない真実。鬼形礼役の坂口涼太郎さん、気弱な男に見えてじつはとっても怖い。人間ではないのだから、それはもう怖いしかないですが。勇介の死も恐怖でした。勇介の死は不可解な部分もありますが、おそらくは桃香の呪い。怯える勇介の佐藤大樹さんの演技が素晴らしい。黒木瞳さんは二役。最後に詩弦に会えるからと死んでしまう、悲しい結末でした。恐怖新聞というホラーではあるけれど、ネット炎上、誹謗中傷など、現代の問題も織り込まれています。アンケート調査など気軽にしてしまうは怖いかも。世のあちこちで起きている不可解なことは、もしかしたら、恐怖新聞のせい!?恐怖の終わりに、再び、いつかこの物語が始まる予感もします。, 白石聖さんのクランクアップは歌子(黒木瞳)とのシーン。撮影中、勇介役の佐藤大樹さんが体調など気遣ってくれたことに「感謝しています」とコメント。佐藤大樹さんのクランクアップは5話の江戸時代のシーン。「今回いろんな人が評価してくれて自信につながったし、俳優業として自分が思った数倍ステップアップできたと思います」とコメント。歌って踊る佐藤大樹さんとは別人。勇介の白目も怖く、佐藤大樹さんの演技も魅力的でした。, オトナの土ドラ【恐怖新聞】の最終回ネタバレと感想!全話の放送日とネタバレ、動画配信、相関図、最終回予想、などの紹介。つのだじろう氏の同名漫画の実写化。中田秀夫監督のホラー作品。主演は白石聖。各話放送後に考察、マンガのとの違いなどを最終回まで更新。最終回放送後に感想を掲載。, ドラマ【恐怖新聞】キャストとあらすじ!オトナの土ドラで白石聖が背筋凍る恐怖体験!?, ドラマ【恐怖新聞】のキャスト、あらすじ、放送日、動画配信、主題歌。オカルト漫画【恐怖新聞】(作者・つのだじろう)のドラマ化。主演は白石聖。キャストは黒木瞳ほか。読売テレビ・フジテレビ系「オトナの土ドラ」の初ホラーを「リング」の監督、中田氏が手掛ける。脚本、見どころなども。, 【恐怖新聞/恐怖新聞2】の原作漫画ネタバレ!オトナの土ドラ【恐怖新聞】の原作漫画は、つのだじろう氏の同名漫画。恐怖新聞を読むと寿命が縮むというホラーミステリー漫画です。【恐怖新聞】全9巻と【恐怖新聞2】全6巻のネタバレ、作者、登場人物、感想などを紹介。. 感じの宵子なんですが、この後に奇妙な言動が…。, ってゆーか、宵子ちゃん、普通に 余計に恐怖心を煽ってくるんですよ。, 私が幼い時に、リカちゃん人形に 迎え入れてくれるのですが、 前回の記事では『マンディ 呪われた人形』について、ネタバレなしで感想を書いてみました。, まだ本作を鑑賞していない方は、ぜひとも、この感想をお読み頂く前に、『マンディ 呪われた人形』を鑑賞して、絶望してから、この感想をお読みくださいまし。, この映画、まず冒頭で、どのような経緯で呪われたマンディ人形が誕生したのかを簡単にかつ明瞭に描写しております。, マンディ姉さんのベビーシッターをした若い女性とその恋人が、マンディ姉さんにより惨殺されてしまいます。, この時点で、この映画の全てを語ってしまっているので、ここで完結しても問題なかった。, この映画、その蛇足が終わったかと思うと、さらにテロップで「3ヶ月後」と出てきます。, でも、このエピローグ、長いんですよ。体感時間で、冒頭のオープニングのカップルの場面と同じくらいの時間が用意されています。, 蛇足のさらに蛇足という事で、もはや監督や脚本家の自己満足以外の何者でもないシーンを見せつけられます。, さらに、オチも意味不明って事で、最後の最後まで、悪い方向での点数稼ぎをしまくる奇跡的な映画。, 見せ場を全く用意せず、冒頭の10分程度で映画本編を終わらせ、後はひたすら意味のない物語を展開。さらに用意周到に意味不明なシーンを最後にねじ込む丁寧さ。, 本作では登場する全てのキャラクターがクズです。それはネタバレなし感想でも書きました。, 出所してきた主人公が、なし崩し的にお姉さんたちの計画に加担するっていうのは納得できます。, その後、お屋敷に突撃し、無事に家主が出かけた後、主人公は「あぁ、自分が居眠りしている間にマンディちゃん、誘拐された!」って事で大騒ぎします。, 家主さんに電話して事情を説明したところ、遠回しに「マンディ=お人形」である事がわかり、ほっと一安心……じゃねーよ!, 映画の後半、同じようなシーンでは、なぜか「声がしたのよ!Do you understand?!」みたいな事を言っているので、こりゃあかんってなりました。そこは拾うなよ、無視しなよ!, せっかく命からがら助かり、後もう少しで脱出できる!って時に、「わたしのmoney、どこ?!」と喚いて、マンディ姉さんのいる家に戻ります。, 確かにお金を奪うために屋敷に侵入したのだけど、それは命があって初めて価値のあるものです。, それなのに、なぜかためらいもせずに屋敷に戻り、なんかガス?が充満している部屋で絶命する姉。, わたしの予想では、脚本、行きあたりばったりで執筆しちゃったのではないかと思っております。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 元大阪在住、現在愛媛県住みの四十郎のおっさんが書く、映画館やDVDで鑑賞した映画の感想。レビューじゃないよ感想だよ?.