ふだんよりも学校にいる時間が短く、縮まることを言います。 「未定」は「まだ決まっていないこと。定まっていないこと」 1.暫時それと決めること。永久でないこと 「暫定」という言葉をご存知でしょうか。ニュースやスポーツ番組などでも「暫定政府」「暫定トップ」「暫定ランキング」といったように聞いたことがあると思います。「暫定◯◯」「暫定的に◯◯する」という形でよく使われます。では、「暫定」の意味についてしっかりと理解しているでしょうか。また、「臨時」や「一時的」といったような言葉と何が違うのか疑問に思うかもしれません。「暫定」には似た言葉がたくさんあるため、意味をきちんと知っておく必要があります。そこで今回は「暫定」の意味や使い方、類語との違い、反対語について解説していきます。「暫定」を適切に覚えて、上手く使えるようにしましょう!, 「暫定」は<ざんてい>と読みます。 どれも似ていますがすこしずつ異なりますので、用法をよく見ていきましょう。, 延伸は、時間や距離についてのばす、のびることだと示しました。 落着 鮮明 ここでは「延伸」の意味や類語、使い方などを紹介しています。 急場しのぎ 「とりあえず皆に連絡をしておく」 「彼をメンバーに入れることで一件落着した」, 「暫定の」は英語で「interim」といいます。 確立 私鉄の線路が広がるときなどに、「線路の延伸を行う」という使い方ができる、ということになります。 「暫定」は「正式に決定するまで、仮として何かを決めること」を表します。 二つを合わせると、「あくまでもしばらくの間、一時的な措置」となります。, 「暫」は「わずかの間。しばらく」という意味です。 「その場限りの喧嘩だから明日には仲直りしているよ」 (意味:物事のきまりがついて終わりになること) 「優遇」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。, 当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。, 「意味・読み方・英語と解釈・対義語・使い方・優遇を使った言葉の意味・例文と解釈・類語や類義表現・優遇と優先の違い」, “favorable treatment、give favorable treatment to”, “This organization gave favorable treatment to mechanical engineer. ✔︎「暫定」の類語には、「内定」「仮定」「とりあえず」などがある, 暫定チャンピオンであった彼は今回の大会で圧倒的に勝つことができ、真の優勝者となった。. 「歓待」とは「好意的に迎え入れること」であり、「ホスピタリティー」とは「手厚いもてなし」を意味しています。 「短期のアルバイトそする」 「暫定」は「正式に決定するまで、仮として何かを決めること」を表します。, 「一時的」は「しばらくの間であるさま。その場かぎりで、長続きしないさま」を意味します。 他にもよく使われる表現には、 (意味:十分な対処は後回しにして暫定的に対応するさま) 「彼の場当たりな計画で今日北海道に行くことになった」 「臨時バスを出す」「臨時収入を手に入れる」などと言いますよね。 「暫定的」・・・確定するまでの間・しばらくの間、仮に定めるさま。一時的 「待遇」には「身分・立場に応じたもてなし(必ずしも特別待遇ではない)」のニュアンスがありますが、「優遇」の方は「特別に手厚いもてなし」のニュアンスがあるという違いがあります。, 「優遇」と「優先(ゆうせん)」の違いは、「優遇」は「人よりも手厚い待遇・特別に良い扱いをすること」を意味しますが、「優先」の方は「他のものよりも先に扱うこと」を意味するという違いがあります。 「暫定対応」・・・とりあえず行った一時的な対応で、次に正式な対応があること 上記の例を使用すると、「1日のテニスの試合は台風で順延になった」となり、これは1日がだめになったので、2日に、それがだめなら3日に、というのばし方になります。 この「優遇」を使った例文は、「SEの経験者を優先的に良い条件で採用するという内容の求人情報を見つけて、さっそく応募した」ということを意味しています。, 「優遇」の類語や類義表現には、どのようなものがあるのでしょうか?「優遇」の類語・類義表現について、分かりやすく解説していきます。, 「優遇」の類語・類義表現として、「厚遇・歓待(かんたい)・もてなし(ホスピタリティー)」があります。 社会に出るのは不安ですが、あまり延伸しすぎると、爪弾きにされそうでもあります。 また、延期や延長、順延など、似ているけれどすこしずつ異なる意味を持ったことばがあることもわかりました。 「彼と付き合っていると仮定して妄想する」 「避難場所に仮設トイレを設置する」, 確定 「予定は未定です」「日時は未定です」などと使います。 となります。 (意味:その時だけのことで、あとには関係しないこと) 例えば、「家を建て直す間は、仮の住まいとして友人の家で暮らす」といった場合「家を建て直す間は、当分の間に合わせの住まいとして友人の家で暮らすことになった」という意味になります。 「暫」は「わずかの間。しばらく」、「定」は「物事を決めて変えない。さだめる」を意味します。 ”車”と”日”と”斤”で成り立っています。「車の象形」と「太陽の象形」と「曲がった柄の先に刃をつけた刃物の象形」から、切りとられた時間=日を切り取る=しばらくの間。わずか、という意味になりました。 あとに二年のほうを、「延伸期間」と言います。 仮説 「優遇」という言葉は、他の人よりも好条件で対応したり、その人に有利になる扱いをしたりする場合に使うことができるのです。 “pay a good salary to〜”(「企業が〜に良い給料を支払う」から、「〜を給与面で優遇する」を意味します。) 「因縁の相手と決着をつける」 「再テストを設けて合否を判定する」 「態度を鮮明にして政策に取り組む」 ✔︎「暫定的」「暫定トップ」「暫定対応」などと使う さて、延長も同様に、期間について使うことができます。 しかし延長には、哲学的な意味を持つものがあり、その場合には延伸との言い換えは不可能になります。, 延期とは、「決めている予定、物事を先に延ばす」「期間や期日を先に延ばすこと」を言います。 逆に延伸授業、となると、ふだんでいう放課後まで残って、学校で学ぶことになります。, こちらは、小さく縮めること、また、縮まることを言います。 ここでは、延伸の類語と、その類語が、どういう意味の場合に使えるものなのかを見ていきます。 措置制度は、福祉サービスを受ける要件を満たしているかを判断し、また、そのサービスの開始・廃止を法令に基づいた行政権限としての措置により提供する制度。 これに対し契約制度は、利用者が福祉サービスの提供者(事業者)との契約に基づいてサービスを利用する制度である。 「急場凌ぎで予定をたてる」 となります。 ただ、伸展に関しては、その広げる範囲が、勢いや勢力の及ぶ範囲、というものになる点が、延伸と異なる点と言えます。 ✔︎「暫定」は「本式に決定せず、しばらくそれと定めること。臨時の措置」を意味 縮小コピー、などとよく言います。 正しい日本語の理解の一助となれたなら、幸いです! 物事がはっきり決まること・物事をはっきりと決めることを表します。 “This IT company pays a good salary to persons with programming experience. ですが、よく見渡してみると意外に身近なところで使われていることばでもあります。 「一時的」は特定の期間を指していて、「暫定的」は今仮に定めているだけで期間は決まっていません。, 「臨時」の意味は、 新幹線の総距離がのびたり、新しい自動車道ができたり、いろんなところで「延伸工事」が行われます。, たとえば、「契約期間二年で職に就いたときに、二年後に更新試験を受け、受かればさらに二年まで働くことができます」 1.定期のものではなく、その時その時の必要によって行うこと。定まった時でないこと 場当たり 短期 (意味:さし迫っていること。さしあたり) という条件があったとします。 これまで何気なく知ったり知らなかったことばでも、理解が深まると、これまでよりも積極的に日本語の機微を考えるようになりますよ。, 延伸は、のばすこと、のびることを意味します。 この「優遇」を使った例文は、「彼は特別に成績が優秀だったので、学費免除の特待生として特別に有利な扱いを受けていた」ということを意味しています。, 「システムエンジニア(SE)の経験者優遇という求人情報を見つけて、さっそく応募してみることにしました」 「暫定」は「正式に決定するまで、仮として何かを決めること」 “treat〜well、treat〜favorably”(「〜をよく扱う・〜を優先的に扱う」から、「〜を優遇する」を意味します。) 例えば、「当社では経験者を優遇します」や「優遇されたければ実力をつけなさい」などの文章で、「優遇」の意味を示せます。, 「優遇」の英語とその意味の解釈は、以下のようになります。 2.真正のものでないこと。にせ のびる、のばすの反対は、縮む、縮めるという意味を持つことば、ということになります。 「定」は「物事を決めて変えない。さだめる」という意味です。 「恒久の平和を願う」「恒久の愛」などと言います。 こちらの本では、日本人が陥りがちな効果の薄い勉強方法を指摘し、科学的に正しい英語の学習方法を紹介しています。読んだらすぐ実践できるおすすめ書籍です。短期間で英語を会得したい人は一度は読んでおくべき本です!, 授業では教わらないスラングワードの詳しい説明や使い方が紹介されています。タイトルにもされているスラングを始め、様々なスラング英語が網羅されているので読んでいて本当に面白いです。イラストや例文などが満載なので、この本を読んでスラングワードをマスターしちゃいましょう!, 職場で英語が必須な方や海外留学を検討している方など、本気で英語を学びたい人にオススメの英会話教室、オンライン英会話、英語学習アプリを厳選した記事を書きました!興味のある方はぜひご覧ください。, 「暫定」について理解できたでしょうか? Steve Jobs became the interim CEO when he is back at Apple. 「延伸」イコールのびる、だとわかっていると、ものの形状など認識しやすい場合もありますね。 (意味:問題のある事柄や、ごたごたした事件などを、うまく処理すること) 一口に「のびる」と言っても、いろんな「のびる」があるということです。 (意味:制度・組織・計画・思想などを、しっかりと打ち立てること) 「決定」は「その後変更されることがなく、物事をはっきりと決めること。決まること」 反対の意味を知ることで、もとのことばの理解が深まりますね。, 短く縮まること、縮めること、という意味があります。 「臨」は「その場、その時に直面する」、「時」は「ある一定のとき。そのとき。おり」を意味します。 こちらは時間や距離をのばすわけではありませんので、「事業が延伸する」とはなりませんね。, 延伸は、「延伸」にするを組みあわせた、「延伸する」のかたちで使われるほか、「延伸工事」などのように、ほかの名詞との組みあわせで使用する場合もあります。 (意味:物事の締めくくりをつけること。後片付けをすること) 具体的にのばすものは、時間や距離についてです。 ”今後変わってしまう可能性がある”というニュアンスが含まれます。 ここでは縮小の対義語として、拡大、という語が使われますね。 「優遇を受ける」という言葉は、「自分を優先的に扱ってくれるような良い待遇(特別待遇)を受けること」を意味しているのです。 「今日は短縮授業で昼までで帰宅する」なんてこと、学生時代に経験があるのではないでしょうか。 (意味:必要に応じて仮に設けること) 「こないだ発生した強盗事件を解決する」 「旅行の日程を決定する」「この漫画は実写映画化が決定した」などと言いますよね。 「暫定」は「正式に決定するまで、仮として何かを決めること」を表します。, 「決定」の意味は「はっきりと決めること。はっきりと決まること。きまった事柄」です。 「優遇」の類語・類義表現としては、「厚遇・歓待・もてなし」「特別扱い・特別の配慮・VIP待遇」などがあります。 (意味:短い期間。短期間) 拡大は、のびる、というよりも広げて大きくする、というような意味合いが強いことばになります。 また、「二年だと聞いていた単身赴任の任期が延伸することが決まった」など時間の長さについても使われます。, なかなか普段遣いにはむずかしそうだ、という延伸ですが、身近に使われているものもあります。 「優遇」の言葉の意味は、「手厚いもてなし(厚遇)をすること・好意的に有利に扱うこと」です。 なにかの時間や距離についてのばしたい、という場合には、「延伸」を使うことができます。 「暫定」は「正式に決定するまで、仮として何かを決めること」を表します。, 「予定」の意味は「行事や行動などを予め定めること。前もって見込みをつけること」です。 ”, 「特別な感情・意図・条件などによって、その人が必ず有利になるように考えられた手立て・処置(処遇)」, 「彼は特別に成績が優秀だったので、学費免除の特待生として特別に有利な扱いを受けていた」, 「システムエンジニア(SE)の経験者優遇という求人情報を見つけて、さっそく応募してみることにしました」, 「SEの経験者を優先的に良い条件で採用するという内容の求人情報を見つけて、さっそく応募した」. “This organization gave favorable treatment to mechanical engineer. ニュースで聞く「暫定政府」は、「正式な政府が決定するまでの臨時の政府」ということになります。 こちらものびる、のばすという意味を持つ延伸とは真逆の意味になりますので、対義語と言っていいでしょう。 縮小コピー、などとよく言います。 ここでは縮小の対義語として、拡大、という語が使われますね。 拡大は、のびる、というよりも広げて大きくする、というような意味合いが強い 仮定 延には、長くすること、引きのばすこと、また期日に遅れること、といった意味があります。 ”(このIT企業はプログラム経験者を給料面で優遇します。), 「優遇(ゆうぐう)」の対義語として、「冷遇(れいぐう)」が上げられます。 以下にもいくつか紹介していますので参考になさってください。, 「あのフィルムを延伸したことにより、機械性能は抜群によくなった」これは距離つまりものの長さをのばす、という意味で使われる「延伸」になります。 「臨時」は”その場の状況に合わせて”ということなので、”突然・急に”といったニュアンスとなります。, 「仮」の意味は、 「暫定」はニュースやバラエティ番組などでもよく使われています。 決着 広義では拡大も、延伸の類義語と言えるかもしれませんね。, 大学を卒業したものの、社会に出ていくだけの気概が持てず、大学院に入るなどして猶予期間をつくることを比喩的に「モラトリアム期間」などということがあります。 (意味:はっきりと定まること。また、定めること) 「暫定トップ」「暫定政権」「暫定ランキング」「暫定チャンピオン」などとなんとなく聞いたことがあると思います。 「今年の目標を確立する」 その場かぎり この例では延伸との言い換えが可能になります。 「優遇」の言葉の意味は「特別に有利な扱い・配慮をすること」であり、その人を特別な重要人物として処遇する「VIP待遇(Very Important Personとしての待遇)」の意味合いもあります。 例えば、「来月の会議の日程を決定する」といった場合は「来月の会議の日程を決める」という意味になります。 「私は社長に気に入られて優遇を受けることになりました」や「優遇を受けると、同僚にやっかみを買うことがあります」などの文章で、「優遇を受ける」の言葉が使えます。, 「税金を優遇する」の言葉の意味は、「税金の支払いにおいて有利な処遇をする」や「税金を安くする」になります。 「暫定」は「正式に決定するまで、仮として何かを決めること」を表します。 例えば、「今年の夏は沖縄へ旅行する予定だ」といった場合は「今年の夏は沖縄へ旅行することが前もって決まっている」という意味になります。 これは、距離についてのばしたいときの例文になります。, 延伸は、「えんしん」と読みます。 「優遇」という言葉は、他の人よりも良い条件で優先的に処遇すること、特別に手厚いもてなし(その人に有利な対応)を与えることを意味しているのです。 解決 特殊なときに使うことば、とレッテルを貼らず、自分の知っている語彙の一つのバリエーションとして覚えておくと、ぴったりのタイミングで使うことができるでしょう。, 「A駅から延伸工事がされることで、私鉄のF駅と繋がるという構想があるという」 ✔︎「暫定」は<ざんてい>と読む 工事現場や駅などで、「延伸工事」についての看板やけ掲示板の貼り紙を見かけることがありますが、延伸って、日頃使わないことばですよね。 例えば、「成績優秀者は学費が優遇されます」や「彼女は社長に優遇されていました」などの文章で、「優遇」の言葉を正しく使用することができます。, 「優遇」を使った言葉である「優遇措置」「優遇を受ける」「税金を優遇する」の意味を、分かりやすく解釈していきます。, 「優遇措置(ゆうぐうそち)」の言葉の意味は、「その人に有利になるような特別扱い」や「優先的にその人が得をするように処遇すること」になります。 「一時的」は「少しの間だけで、長くは続かないさま」 「永久」や「永遠」などと同じ意味です。 ”(その組織は、機械関係のエンジニアを優遇しました。) 「なかなか決着が着かないので試合が延長している」というような場合、期間がのびるという意味で延長が使われています。 当面 判定 (意味:前もって準備せず,その場の思いつきで間に合わせる) (意味:物事にきまりがついて落ち着くこと。決着) ”, “preferential treatment、give preferential treatment to”, “This IT company pays a good salary to persons with programming experience. とりあえず 始末 特別に優先的かつ有利な扱いをする「優遇」の類義表現として、「特別扱い・特別の配慮・VIP待遇」を上げることができるのです。, 「優遇(ゆうぐう)」と「待遇(たいぐう)」の違いは、「優遇」は「優先的に良い扱いをすること・手厚くもてなすこと」を意味しますが、「待遇」の方は「もてなすこと」や「雇用者の勤労者に対する取り扱い」を意味しているという違いがあります。 伸には、屈んでいる、縮んでいる状態から引きのばすこと、のびること、という意味があります。 「イタリアへの旅行は今年の夏を予定している」「海外の大人気グループが来日する予定である」などと使います。 「冷遇」とは「冷たく不利な待遇をすること」であり、「専務に冷遇された彼は、出世の可能性を絶たれた」などの文章で使えます。, 「優遇」の言葉の使い方は、「優先的に良い扱いをする場合」や「特別に有利な扱い(もてなし)をする時」に使うという使い方になります。 行事や行動を前もって定めること・あらかじめ決定されていた事柄を表します。 「定」を用いた言葉には、「定員」「定期」「定刻」「推定」などがあります。, とりあえず仮の・本決まりではないがほぼ確定しているという場合に「暫定」を使います。 「一時的に仲直りする」「一時的な現象」などと使います。 ”宀”と”疋”で成り立っています。「屋根の象形」と「国や村の象形と立ち止まる足の象形」から、まっすぐ=家屋がまっすぐ建つ=さだまる、という意味になりました。 「仮の話だが......」「仮の措置」「____(仮)」などと聞いたことがあると思います。 「予定」は「前もって決めておくこと」を表します。, 内定 物事が長続きしないさま、少しの間のみ、その場かぎりということを表します。 「旅行先を確定する」 「仮」は「一時の間に合わせであって、正式なものではないこと」 「優遇措置」というのは、「特別な感情・意図・条件などによって、その人が必ず有利になるように考えられた手立て・処置(処遇)」のことを意味しているのです。, 「優遇を受ける」の言葉の意味は、「手厚いもてなしや待遇を受けること」になります。 工業用語としてはかなり多用されています。 (意味:事が差し迫っているとき、一時の間に合わせでその場を切り抜けること) 何かの大会で一番上ではあるが、後から追い越される可能性がある場合「暫定トップ」もしくは「現在トップ」と言います。 2.一時的であること。その場かぎり もっとも「延伸」の意味に近いのは「延長」かと思いますが、「どんなのばし方をするのか」で、使われることばが変わってきます。, こちらも、意味合いとしては、「のばし広げること」などを意味しますので、延伸の類義語と言えるでしょう。 延期を使うと、1日に行うつもりにしていたが、繰り越して5日になった、という場合ののびる、になります。 正式な決定がなされるまで、仮の措置としてとりあえず定めること・現時点で仮に決定している状態を表します。 急場しのぎであって、正式なものではないさまを表します。 例えば、「仕事を辞めた後のことは未定です」といった場合は「仕事を辞めた後のことはまだ決まっていないです」という意味になります。 「仮」は”その場をしのぐために”というニュアンスになります。「暫定」にはこのような意味合いは含まれません。, 「未定」の意味は「まだ決まっていなこと」です。 まだ決まっていないこと・まだ定まっていないことを表します。 例えば、「暫定トップ」は「変わる可能性があるが、とりあえず今のところはトップ」という意味になります。 「暫定的」は「正式に決定するまで、しばらくの間仮として何かを決めるさま」を表します。 「優遇」は「手厚くもてなすこと・優先的に有利になるように扱うこと」を意味しますが、「冷遇」は反対に「冷たく対応(待遇)すること・一切の配慮をせずに不利になるような扱いをすること」を意味しているのです。 (意味:物事を判別して決定すること) 「延長」では、たとえば1日から5日までだったものが、5日を過ぎても終わらず、7日までかかる、という場合ののびる、になります。 「臨時」は「いつも行っているわけではなく、その場の状況や必要に応じて行うこと」 「税金を優遇する」は、「税金が安くなるような特別に良い待遇を受けること」を意味していて、「政府は四月までエコカー購入者の税金を優遇するとしています」などの文章で用いることができます。, 「彼は特別に成績が優秀だったため、学費免除の特待生として優遇されていました」 「優遇」 とは、 「優先的に良い扱いをすること」 や 「手厚くもてなすこと・有利な扱いをすること」 です。 「優遇」 の 「意味・読み方・英語と解釈・対義語・使い方・優遇を使った言葉の意味・例文と解釈・類語や類義表現・優遇と優先の違い」 などについて、詳しく説明していきます。 (意味:正式の発表の前に内々で定まること) などがあります。, 「恒久」は<こうきゅう>と読みます。 当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。, 「契約期間二年で職に就いたときに、二年後に更新試験を受け、受かればさらに二年まで働くことができます」. どちらものばすことを意味することばを重ね、強調したことばが延伸、ということになります。, 「延伸」は馴染みがないので、ほかの言葉に言い換えたいということもあるでしょう。 「優遇」とは、「優先的に良い扱いをすること」や「手厚くもてなすこと・有利な扱いをすること」です。 手厚くもてなす「優遇」の類語として、「厚遇・歓待・もてなし(ホスピタリティー)」を指摘できます。, 「優遇」の類語・類義表現として、「特別扱い・特別の配慮・VIP待遇」があります。 事業が軌道に乗り、勢力が大きくなっていくことを、「事業が伸展する」というわけです。 「1日のテニスの試合は台風で5日に延期になった」という使い方ですね。, 順延は、順繰りにのばす、ということを言います。 「暫定」は本来の手続き通りに物事が進まずに、何かトラブルが発生したというときに使われることが多いです。 例えば、「捨て猫は警察に一時的に保護された」といった場合は「捨て猫は少しの間だけ警察に保護された」という意味になります。 “favorable treatment、give favorable treatment to”(「有利な待遇・好都合な扱い」から、「優遇・〜を優遇する」を意味します。) (意味:未定のこと、不確かなことを仮にこうと定めること) ワークアラウンド【workaround】とは、次善策、回避策、迂回措置、予備の手段、一時しのぎの対処法、などの意味を持つ英単語。問題が発生した際、根本的な解決策をすぐには実施できない場合に、応急的に問題を回避したり悪影響を低減したりする措置のこと。 “preferential treatment、give preferential treatment to”(「優先的な扱い・特別扱い」から、「優遇・〜を優遇する」を意味します。) 「5日でセールは終わりだと思っていたら、7日まで延長していた」というような場合です。 これを日本語で言えば、ちょうど「延伸」を使うことができるかと思います。 どれも知ってはいるけれど、違いを説明するとなると閉口する人が多いでしょう。 (意味:あざやかではっきりしているさま) 「interim」は形容詞になります。. 「優遇」の「意味・読み方・英語と解釈・対義語・使い方・優遇を使った言葉の意味・例文と解釈・類語や類義表現・優遇と優先の違い」などについて、詳しく説明していきます。, 「優遇」の意味は、「他の人よりも優先的に良い扱いをすること」や「手厚くもてなすこと・特別に有利な扱いをすること」になります。 始まったとき(起点)からひとつづきになって、当初の終わりよりも先に終点がある場合、あとの期間のことを言うことになります。, 「延伸」がのばすこと、のびること、だとすると、対義語はどうなるのでしょう。 「暫」を用いた言葉には、「暫く(しばらく)」「暫時」「暫且(ざんしょ)」などがあります。 これは、工事期間がのびる、という時間ののびではなく、工事をすることで線路の距離がのびる、という意味で使われています。 小規模にすることや、そうなることも意味しています。 「暫定」の意味は「本式に決定せず、しばらくそれと定めること。臨時の措置」です。 「当面はそのことについて問題はなさそうだ」 予め定めていたことではなく、その時々の事情に応じて行うさま・その期間だけであるさまを表します。 「恒久平和」とは「永久に変わらない平和」、「恒久不変」は「いつまでも変わらないこと」という意味になります。 正式な決定がなされるまで、仮の措置としてとりあえず定めること・現時点で仮に決定している状態を表します。 ”今後変わってしまう可能性がある”というニュアンスが含まれます。 「暫」は「わずかの間。しばらく」、「定」は「物事を決めて変えない。さだめる」を意味します。 二つを 延伸もほどほどにしなければいけないときもありそうですね。. こちらものびる、のばすという意味を持つ延伸とは真逆の意味になりますので、対義語と言っていいでしょう。 「花火をしたあとは火の始末を忘れないように」 「◯◯者への就職が内定した」 「恒久」は「久しくかわらないこと。永久」を意味します。 「優先」の言葉は「優先度が高いこと」や「他のものよりも順番が先であること」に意味の重点がありますが、「優遇」の方は「他のものよりも特別に有利な扱いをすること」に意味の重点がある違いがあります。, 「優遇」という言葉について徹底的に解説しましたが、優遇には「優先的に良い扱いをすること」や「手厚くもてなすこと・有利な扱いをすること」などの意味があります。 ある状態が永く変わらないこと・物事の状態が不変であるさまを表します。 延伸はのばすこと、のびることを意味するのだとわかりましたね。 「恒久」は「久しく変わらないこと。状態が不変であること」