中曽根康弘内閣により民営化。 日本専売公社(専売公社) → 日本たばこ産業(jt)、塩事業センター; 日本電信電話公社 (電電公社)→ nttグループ; 日本国有鉄道 (国鉄)→ jrグループ、日本国有鉄道清算事業団(1998年(平成10年)10月22日解散) それは、国や地方公共団体が運営していた事業を、民間会社に託すこと。これまでの例では、日本国有鉄道(国鉄)がJR各社に、日本電信電話公社がNTTに、日本専売公社が日本たばこ産業(JT)に、それぞれ民営化された。 日本専売公社(にっぽんせんばいこうしゃ)は、かつて存在した特殊法人である。 「三公社五現業」の一つ。単に専売公社とも呼ばれた。 大蔵省の外局だった専売局が1949年(昭和24年)に分離独立し、同省の外郭団体として発足した。1985年(昭和60年)に民営化され日本たばこ産業株式会社 が設立された。 「三公社五現業」の一つ。単に専売公社とも呼ばれた。, 大蔵省の外局だった専売局が1949年(昭和24年)に分離独立し、同省の外郭団体として発足した。1985年(昭和60年)に民営化され日本たばこ産業株式会社 (JT) が設立された。, 日本専売公社の時代に「たばこは心の日曜日」のキャッチフレーズで売りだしていた。また、「たばこは市(区、町、村)内で買いましょう」とのキャッチフレーズもあり、各地方公共団体の市町村たばこ税の税収増益を図った。, 1973年、専売公社全国一万人の大学生を対象にたばこに関するアンケート調査を郵送。このアンケートには同年1月から発売された紙巻きたばこ「マリーナ」が4本同封されていた。日本消費者連盟などはアンケートの名を借りた宣伝行為であり「非道徳的」だとして専売公社を批難した[5]。, 1965年(昭和40年)7月に行われた第7回参議院議員通常選挙には、OBである小林章が立候補。組織をあげて支援した結果、選挙後に幹部職員を含めた40数人が公職選挙法違反(公務員の地位利用)で逮捕される事態となった。違反の中には小売業者に対し、営業許可を引き合いに出して投票を依頼する悪質なものが含まれていた[6][7]。, Japan Tobacco and Salt Public Corporation, 「大人事異動に発展? 日本専売公社(にっぽんせんばいこうしゃ)は、かつて存在した特殊法人である。 専売公社が民営化されたのには二つの要因がある。1つは、経済のグローバル化がすすみ、公社という非合理的な形態ではもはや世界のたばこメーカーと戦えなくなりつつあったこと。そして2つ目はアメリカや外資系のたばこメーカーからの圧力である。当時の日本政府は、 検挙者続出の専売公社 頭かかえる幹部連」『日本経済新聞』昭和40年85日.15面, 「大学生相手に見本付きアンケート調査 専売公社 当然の企業活動」『朝日新聞』昭和48年(1973年)2月8日朝刊、13版、3面, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=日本専売公社&oldid=79658726.