「鳥」には横棒がありますが、「烏」という字にはありません。 これは、烏の体の色が黒いので、目がどこにあるのかわからないことがその理由だそうです。 a.赤:体が黒い 「鳥」の字から一本引いて「烏」 真ん中の横棒は、目を表すもので、カラスは黒くて目がどこにあるか わからないから この字になった! さて、早速カラスの漢字について紹介します。 カラスの漢字は・・・ 烏 です!! 烏(カラス)の漢字が鳥の横線がない理由 烏は鳥に比べて「ない」わけではない… 答え:目を見つけにくいから カラスは体が黒 そう、ほとんど鳥と一緒の漢字です。 鳥の上部分である『白』の真ん中の棒(一)を抜いたのが、烏(カラス)になります。 ・・・うーん、ほとんど一緒ですね。 小説のように小さい文字で書かれていたら、パッと見ただけではどちらの漢字か気づかないかもしれません(^^;) このように、カラスの漢字は鳥とよく似た烏が正解となります。 案外、見たことのある方も多いのではないかと思います。 さて、カラスですが、実はもう一 …