これはマダオ以外の何者でもない. 声優の立木文彦さん、実は世界の果てまでイッテQのナレーションも立木文彦さんなんですよね。実写版銀魂2のマダオという役を本人が出演することで話題になりました。アニメ版では立木文彦さんが声を担当されていたんですが、実写版銀魂2でも本人がマダオを演じることに。 マダオとは「まるでダメなおっさん」から来ているそうなので、立木文彦さんの雰囲気も役柄にあっていると判断されたのではないでしょうか。 ともあれアニメファンからも評価が高く、現場でも「本物だ… Copyright© 情報をお届け! , 2020 All Rights Reserved. 「まるでダメなオッさん」略して「マダオ」。 元ネタは、空知英秋原作の少年漫画『銀魂』の登場人物“長谷川泰三”を表した、言い得て妙な3文字。 原作の第十六訓で、不祥事で幕府の局長職を失くした長谷川に対し神楽が言い放ったのが始まりで、 その後も他の人物からマダオと度々呼ばれている。 長谷川泰三も参照。 立木文彦さんはマダオ以外にもポケモンのルンパッパやエヴァの碇ゲンドウ、bleachの更木剣八など、本当に様々なキャラクターをしっかり演じ切っていました! 立木さんの声優としての実力がよくわかりますね! これからの活躍に期待しています! ツイート. そんな立木文彦さんの声はマダオ(マジでダンディなお声)としても有名で、一部からは声優界のマダオと呼ばれることもあるそうです。 立木文彦とは日本の男性声優である。1961年4月29日生まれ。通称「ふーみん」。(ちょwww) アニメに限らず洋画の吹き替え、テレビにおけるナレーションなど活動の場は広い。 最初に有名になったのはアーティストとして「TAKADA BAND」に参加したことである。3×3EYESの原作者である高田裕三氏が3×3EYESのドラマCD化の時に音楽にもこだわっていたたため(いきさつについては「TAKADA BAND」を参照)、実力派として推薦されたことがきっかけである。そして、声優として有名になったのは1… マダオというのはもとは彼が演じた 印象的なキャラ のあだ名が元。 1982年、『 戦闘メカザブングル 』でデビュー。 『 まさにダンディなお声 』で知られ、アニメ『 新世紀エヴァンゲリオン 』の 碇ゲンドウ 役で有名。 立木 文彦(たちき ふみひこ、1961年4月29日 - )は、日本の男性声優、ナレーター 。長崎県南松浦郡(現:五島市)出身 。大沢事務所所属 。 はじめまして。poire(ポワール)といいます。アラサー&一児の母でIT系の会社勤め。趣味は日々気になったことを調べることです。. 登場当初、エリート官僚として生活していた長谷川泰三だが、曲がりなりにも地球人より上級として扱われる天人であり、かつその中でも地位の高いハタ皇子を殴ったため、失職した上家族とも離ればなれになり、住む家も失ってしまうという転落人生ぶりを披露してしまった。 そしてその没落した後で初めて会った神楽にグチるものの、その後別れ際に彼女が 「オメーに言われたく無いんだよ負け組が。 じゃーなー、まるでダメなおっさん略してマ・ダ・オ!」 と呼んだのが始まり。 後述にもあるが、マダ … ──今回、オファーいただいたときはどう思いましたか? 立木:まずビックリしました(笑)。事の重大さを色々感じて、そしてすぐに浮かんだのが、自分が演じている役を僕が演じるということよりも、そのまま僕が出ちゃうという部分も反響ですね。 シェア. シェア. 〜 マダオ について、 立木文彦 立木 文彦 ( たちき ふみひこ 、 1961年 4月29日 -)は、日本の 声優 で、「 ま るで ダ メな オ ッサン」が由来とされる「 マダオ 」と言う二つ名を持つ御仁であるとも言われて … ここではアニメ『銀魂』で長谷川泰三(マダオ)の声を担当している声優・立木文彦について紹介。立木文彦本人が長谷川泰三役で出演した実写映画『銀魂』についてや、立木文彦の有名なナレーションについても見ていきます。また、立木文彦が 「イッテQ」のタイトルコールや、コーナーを盛り上げるナレーションでおなじみの声優・立木文彦さん!, 「イッテQ」以外にもさまざまなお仕事されていますので、誰しもが「あ!この声聞いたことある!」となる方ではないでしょうか。, タイトルコールの「謎解き冒険バラエティ 世界の果てまでイッテQ〜!」から始まり、全コーナーの出演者に対してテロップと共に的確なツッコミを入れている声優の立木文彦さん!, どんな声か分からない……という方はこちらのみやぞんさんのモノマネとその後のナレーションをぜひ。, これ好きみやぞんが立木文彦さんのマネしてそれをマネする立木さん似すぎててみやぞんのを使ったように聞こえるww#イッテQ pic.twitter.com/NJurV2o5Wy, 立木文彦さんは、イッテQのナレーションをするときには、“生身の人間” として芸人さんたちにツッコミを入れているそうで……。, 「個性を出さないと面白くならない」とオリコンニュースのインタビューでも発言されていました。, とくに手越祐也さんが出演するコーナーでは、立木文彦さんによるイジリが恒例といっていいほど話題となっています。, 手越祐也さんが展望台から見える海外の美しい街並みをバックに「ティアーモ(愛してる)」と視聴者に語りかければ、ナレーションの立木文彦さんが「後ろに落ちてしまえばいいのに」とツッコミを入れたり、カイトサーフィンにチャレンジしている手越祐也さんが自信満々のコメントをすれば「神様。どうか成功しませんように」と失敗を願う始末(笑), さらにチャレンジもので手越祐也さんが失敗しようものなら、立木正彦さんがすかさず「イェーイ!」「ナイスゥ〜」とイジり倒しています。, まるで映像とナレーションの掛け合い漫才のようで、見ている視聴者は思わず笑ってしまう構図になっていますよね。, ひとつの番組をナレーションという立場から、さらに盛り上げてくれているのが立木文彦さんのナレーションなのではないでしょうか。, そして立木文彦さんといえば、「イッテQ」以外にさまざまな有名作品に参加されています。, ご自身でもインタビューで答えていましたが、アニメのキャラクターではなぜかサングラスをかけている人物の声を担当することが多いんだとか。, たしかにマダオ、ウォッカはサングラスをかけていますよね。また、更木剣八は眼帯、碇ゲンドウは色付きメガネ、となぜか目元に何かをしている人物が多い印象です。, どちらかと言えば年かさだったりガタイが大きかったり、という傾向も見受けられました。, アニメの「銀魂」で長谷川泰三(マダオ)の声を担当されていましたが、dTV配信のオリジナルドラマ「銀魂2〜世にも奇妙な銀魂ちゃん〜」には、長谷川泰三(マダオ)役として立木文彦さんご本人が役者として出演なさいました。, マダオとは「まるでダメなおっさん」から来ているそうなので、立木文彦さんの雰囲気も役柄にあっていると判断されたのではないでしょうか。, ともあれアニメファンからも評価が高く、現場でも「本物だ!」と喜ばれたそうですから、「マダオと言えば立木文彦さん」というのが現在では当たり前になっているのでは?と感じました。, ご本人が公言しているワケではないのであくまでも予想となりますが、2015年に5ちゃんねるに書かれていた推理は以下のようになっていました。, ざっくり計算して月540万円超え・・・コレを12ヶ月だと6500万円弱になります。, こちらは2015年時点での内容となっているので、2020年では変動が出ている可能性があります。, 前段でご紹介したとおり、俳優としてのお仕事をされていたり、ナレーションではなくご本人がゲストとしてバラエティ番組の出演などもしています。, 立木文彦さんは、同じ声優の森川智之さんと2人で「2HEARTS」というユニットを組み音楽活動をされています。, 2HEARTS_Spica_PV_sm16482784_-_from_Nico_via_Offliberty pic.twitter.com/X3xkMQav9l, 低めですがよく通る声で、伸びやかな感じも「うまいなぁ〜」と関心してしまいますよね。, 近年の活動としては、2018年にPRECIOUS SMILE NO.1!(プレスマ)という野外音楽イベントでライブも披露されています。, また、「3×3EYES」(サザンアイズ)のアニメ主題歌を歌う「TAKADA BAND」にも参加されていました。, 実はこの「TAKADA BAND」、原作者の高田裕三さんが「主題歌はサザンオールスターがいい」と希望されていたのですが、残念ながら実現せず。, そのため「KUWATA BAND」ならぬ「TAKADA BAND」と名前が決まったそうです。, 「TAKADA BAND」は「3×3EYES」の主題歌以外にも、「BLUE SEED」の主題歌「CARNIVAL・BABEL 〜カルナバル・バベル〜」も歌っていましたので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。, 生年月日:1961年4月29日 出生地:長崎県南松浦郡(現:五島市) 身長:174㎝ 血液型:A型, 声優さんのことを調べていると、あの役とこの役が同じ方なんだ!というちょっとした驚きが得られるのがとても楽しいですよね!, イッテQに限っては、頭の中でナレーションが勝手に再現されるほど耳に馴染んでしまっているのが自分でも分かりました(笑).