・興奮状態となり、手を広げて部屋を駆け回り、意味のわからないことを言う ・人に襲われる感覚を覚え、外に飛び出す ●抗インフルエンザウイルス薬の種類に関係なく、異常行動が現れる, インフルエンザにかかった際は、抗インフルエンザウイルス薬の種類や服用の有無にかかわらず、異常行動に対して注意が必要です, 実際、当ライターの子供も何回かインフルエンザにかかり、高熱を出しましたが、リレンザを服用していたにもかかわらず、うわ言・幻覚を見るなど異常行動を起こしました。 ・突然笑い出し、階段を駆け上がろうとする, こういう時の子供は親が気づかせようとしても全く目に入らない様子で、何か別のものが見えているようです。 ・興奮して窓を開けてベランダに出ようとする (兄弟により差があったので、異常行動を起こしやすいか否かも違いがあるのかもしれません) インフルエンザ治療薬のタミフルで異常行動が、多くみられます。 タミフルの異常行動の件数が多いのも、処方されている薬の多さがタミフルが一番なのを思えば、不自然な数値とは言えないかもしれませんね。, また日本の研究班が2006年以降に集計したインフルエンザ異常行動についての集計では、患者の異常行動はシーズンで50〜270件ほど起きており、このうち10%以上の患者はインフル治療薬を飲んでいないにもかかわらず、このような行動を起こしたとの結果が報告されています。, ・突然立ち上がって部屋から出ようとする インフルエンザ治療薬による異常行動? ※写真はイメージです。1歳の子ではありません。 インフルエンザ治療薬のタミフルで異常行動が起きることがあるのは有名ですが、今回処方されたオセルタミビルにも、 異常行動に注意をしてください という記載がありました。 (実際後から聞くと、記憶がある場合「あの時は自分は変だった」という自覚があるようです), もし異常行動を起こした場合は親の制御がきかない状態にあるので、対策はしっかりとらないといけませんね。, ・玄関や全ての部屋の窓の施錠を確実に行う(内鍵、補助錠がある場合はその活用を含む。) インフルエンザの異常行動まとめ. ママと子供の病気 ; 子連れのお出かけ ... インフルエンザで異常行動が起こる原因として、推定されていることは主に以下の3つです。 ・高熱による脳の機能障害 ・インフルエンザ脳症の前兆の症状 ・抗インフルエンザ薬の副作用. ・ベランダに面していない部屋で寝かせる ・変なことを言い出し、泣きながら部屋の中を動き回る ・自宅から出て外を歩いていて、話しかけても反応しない ・窓に格子のある部屋で寝かせる(窓に格子がある部屋がある場合), つまり発熱中は、窓などの開閉を厳重にチェックした上で、なるべく一人にはするなという事ですね!, 子供に見せているその動画、もしかしたら”エルサゲート”かも… ?子供向けを装った不適切動画にご用心!. また今年もインフルエンザの季節がやってきました。 幼稚園や学校で、あっという間にひろがるインフルエンザ。 予防接種をしていてもかかってしまうのは致し方ありませんが、最近はとにかくインフルエンザにかかった児童生徒が起こす異常行動に注目が集まっていますよね。 インフルエンザで異常行動が起こる原因として、推定されていることは主に以下の3つです。 ・高熱による脳の機能障害 ・インフルエンザ脳症の前兆の症状 ・抗インフルエンザ薬の副作用 これらの内、どれが本当の原因なのかははっきり解明されていません。 どれも正しいという可能性もあるのですが、現時点では抗インフルエンザ薬を内服していた方と、内服していなかった方で異常行動の頻度があまり変わらなかったことから、 … 次に、インフルエンザの異常行動の原因ってなんのでしょうか。 インフルエンザの異常行動の原因とは? 予防接種をしていてもかかってしまうのは致し方ありませんが、最近はとにかくインフルエンザにかかった児童生徒が起こす異常行動に注目が集まっていますよね。, 一時期はインフルエンザ薬、タミフルのせいではと疑われていましたが、その後の調査ではどの薬でも未成年者が異常行動を起こすことがわかっています。, 2017年の厚生労働省のインフルエンザ治療薬を使った患者の異常行動についての調査では、54件の異常行動が報告されています。, このうち二人の10代の患者は、マンションからの転落などで死亡し、服薬していたのはリレンザとイナビルだったとの事です。, インフルエンザに関するQ&A|厚生労働省ホームページでも以下のように書かれています。, 抗インフルエンザウイルス薬の服用が異常行動の原因となっているかは不明ですが、これまでの調査結果などからは、以下のように報告されています。, ●インフルエンザにかかった時には、医薬品を服用していない場合でも、同様の異常行動が現れる 抗インフルエンザ薬のタミフルを服用後に死亡につながる大きな事故が起こったニュースを記憶している人も多いのではないでしょうか。 厚生労働省では、異常行動の発生状況のデータから「抗インフルエンザ薬の種類や使用の有無と異常行動には特定の因果関係がない」としています。 しかし、抗インフルエンザ薬との因果関係は確認できなくても、インフルエンザの患者に異常行動がでることは事実としています。インフルエンザを発症した場合は、異常行動が起きないように注意することが大切です。 … インフルエンザにかかってしまった場合、10代のお子さんのお母さんは要注意です。 看病のため仕事を休まなくてはなりませんが、異常行動のため仕方ありません。 何かあってからでは、後悔してもしきれませんから。