EXCEL VBA 重複データを削除・チェック・抽出・別シート(RemoveDuplicates メソッド) はじめに EXCELファイルを複数のユーザーで共用 利用してデータを登録すると、複数のユーザーでデータを入力する事で、誤ってデータを重複登録する事もあると思います。 この中から「重複している名前」をチェックするにはどうしたらいいでしょうか。 上の例では、 ということです。さて、どうしましょう。 For Nextを二重にして、1行目のデータがその下に存在するかを確認してはどうでしょう。 たとえば、次のように。 重複データを削除するには「重複データを削除する」をご覧ください。 エクセルの重複データを抽出する方法を紹介します。重複しているデータとしてないデータのどちらも抽出できます。1 列でも 2 列でも複数の列に対応できます。重複しているデータに色を付けることができます。 1. エクセルの重複データを抽出したいのですが、単純に列Aのデータから抽出するのではなく、列AとBとCなど列全体から重複しているかどうかを判別したいです。英数字の文字列のデータを大量に扱うのですが、上限の104万行を越える為、 「重複データのチェック1」でb列の値を上から順に1つ1つチェックしていたのにくらべ、処理速度はずっと高速です。 a列、b列とも1行目は見出し行とします。 a列の2行目以降にデータを入力し、重複データも用意して実行してください。 Excel(エクセル)VBAでのデータ抽出の例。重複なしのデータを取り出す各種方法 ... このページの各コードはSheet1のA列に重複したデータがあり、Sheet2へ各種方法で重複なしのデータとして抽出します。 ここでは、処理速度が遅いものから順に書いています。