Twitterの自分のツイートが『不適切(センシティブ)な内容が含まれている可能性があるため表示できません。』と出てフォロワーさんに表示されない!いままでは表示されていたのになぜ?その原因と解消方法を実体験から書きました。 ブラウザ版のTwitterで設定変更を行い、本来的にはすぐさま更新されているはずですが、 Twitterのアプリを起動しつづけていた場合、その 設定変更が反映されず、引き続きセンシティブな内容が見れない状態 になることがあります。 Twitterの「センシティブ」とは? なぜ表示される? Twitterでは「センシティブな内容」として定めているものに対して、画像やツイートが表示される前に警告メッセージを表示するようにしています。 Twitterで時々「このツイートは、センシティブな内容が含まれている可能性があるため表示できません。」というメッセージが表示されることがありますよね。 見れないのなら仕方ないか…。と諦める方も多いかと思いますが、実は設定をすればツイートが表示されるようになります。 Twitterを使っているとたまに「センシティブな内容が含まれている可能性が含まれているため表示できません」というメッセージが出てくるのをご存知でしょうか。 なんだそれ?センシティブって?と、表示されない画像にイラついている人もいるかもしれません。 Twitterには閲覧にあたって注意が必要と判断された画像・動画の投稿に対し、「この画像/動画はセンシティブな内容を含んでいる可能性があります」と警告メッセージが表示される機能があります。 Twitterを利用している時「センシティブな内容が含まれるツイートです」と表示されて、一部のツイートが閲覧不可能になることがあります。ここでは、Twitterでセンシティブな内容を含むツイートを解除し、閲覧可能にする方法をスマホ・PCごとに紹介します。 Twitterのセンシティブな内容のツイートが見たい。 だけど、どうやって解除するの?英語表記で分からない。 解除の仕方は簡単。これを読めばすぐにセンシティブなツイートを解除することができます。 Twitterでは、画像が正しく表示されない不具合が発生しています。センシティブな画像ではないのに、センシティブな画像として扱われてしまい、正常にツイートが表示されません。この不具合はアップデートにより発生していますが、プライバシー設定を変えることで簡単に見ることができます。 Twitterをしていて、まれなパターンなのですが、自身のツイートの全部が「センシティブな情報・画像を表示しない設定になっており、元々センシティブな情報・画像を表示しない設定をしている人にとっては、ツイートの内容が一切確認できなくなるケースがあります。